プロミスの金利は他社と比較して高い?利息はいくらかかるのか徹底解析!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

プロミスの金利は他社と比較して高い?

プロミスは消費者金融の中でも金利が低く、借りやすい会社です。

これからお金を借りたいと考えていて、すぐに借りられる消費者金融を使いたいと考えているなら、プロミスを検討するといいかもしれません。

ここではプロミスの金利について説明します。プロミスの金利は低い傾向にありますが、本当に低く設定されているのか理解しなければなりません。

消費者金融だけでなく、大手のカードローンと比較した時の数字を含めて、お金を借りる際にはしっかりと金利を知っておいた方がいいでしょう。

プロミスの金利は他社と比べて高い?

プロミスは消費者金融の中では金利が低く設定されています。現在プロミスの金利は4.5%~17.8%に設定されています。

金利の数字を確認すると、大手のカードローンよりもやや高く設定されていますが、消費者金融の中では低金利で借りられる会社です。

消費者金融は金利による利息が重要な会社であり、利息がしっかり確保できないと経営が厳しくなってしまいます。

そのため金利が18%に設定される会社も多数あります。しかしプロミスは17.8%という数字でサービスを提供しているため、金利自体は他社よりも低くなっているのです。

ただ、大手のカードローンと比べると金利は高くなります。

利息収入をそこまで気にしていないカードローンに比べて、消費者金融は利息収入が非常に重要と判断しているのです。

収入面を優先して金利を設定している消費者金融は、どうしても銀行カードローンよりも高くなってしまいます。

低金利で借りられる会社では決してありませんが、消費者金融では少し優遇されている金利でサービスを使えると考えてください。

ただ銀行系よりも高くなるのは仕方ないと判断し、少し高い金利でお金を借りる覚悟が必要でしょう。

プロミスの金利を大手消費者金融と比較

ここからは大手の消費者金融と比較します。大手の消費者金融との金利差を確認しておくと、プロミスを利用したほうがいいと感じられるかもしれません。

先にプロミスの情報を紹介します。

プロミス

プロミス

実質年率 4.5%~17.8%
無利息期間 あり(ポイントにより2回目以降の借入も無利息あり)
10万円借りた際の利息 1,463円(1ヶ月で返済した場合の数字)

同条件で借りた場合の金利なども紹介しますので、大手の消費者金融を使う際は参考にしてください。

アコム

アコム

アコムは消費者金融最大手に該当する会社です。

プロミスよりも最大で借りられる限度額が高く設定されており、大きな借入にも対応しています。

そんなアコムの条件は以下の通りです。

実質年率 3.0%~18.0%
無利息期間 無利息期間あり(初回のみ)
10万円借りた際の利息 1,479円(1ヶ月で返済した場合の数字)

プロミスよりも上限金利は高く設定されているため、返済額は増えてしまいます。

ただ、返済額が増えると言っても、1ヶ月で返済した場合は数円程度増えるだけであり、あまり変わらないと考えてください。

長期的に返済を考えている場合だけ、プロミスよりも金利の影響を受ける可能性が高いと判断し、なるべく返済を早めるように心がけましょう。

アイフル

アイフル

消費者金融でも大手に該当する会社で、独立して経営を続けている珍しい消費者金融です。銀行の傘下に加わらずに経営を続けるだけの安定感を持っています。

実質年率 3.0%~18.0%
無利息期間 無利息期間あり(初回のみ)
10万円借りた際の利息 1,479円(1ヶ月で返済した場合の数字)

条件はアコムと変わりません。アコムとの違いは銀行系の傘下にある消費者金融なのか、それとも独立して経営しているのかの違いです。

また、アイフルの場合は多数のローンを提供できるメリットがあります。色々なローンを検討したい方にお勧めです。

SMBCモビット

SMBCモビット

プロミスと同じく三井住友グループに属している会社です。WEB完結という簡単に契約できる方法を採用している会社なので、ネットで簡単に契約したい人にお勧めです。

実質年率 3.0%~18.0%
無利息期間 無利息期間なし
10万円借りた際の利息 1,479円(1ヶ月で返済した場合の数字)

金利面ではアコムやアイフルと同じですが、無利息期間が用意されていません。

つまり初回の借入から利息をがっつり取られてしまいます。

利息を取られたくないと思っているなら、SMBCモビットは使わないほうがいいでしょう。

レイクALSA

レイクALSA

以前は新生銀行カードローンとして提供されていましたが、最近になってまた消費者金融にサービスを切り替えています。

無利息期間が長く採用されている会社として知られており、無利息での契約をしたいと考える方にお勧めです。

実質年率 4.5%~18.0%
無利息期間 無利息期間あり(初回のみ。180日間の無利息もあり)
10万円借りた際の利息 1,479円(1ヶ月で返済した場合の数字)

金利はプロミスより上限金利が高くなっています。借りられる限度額が最大500万円で、プロミスと同じ条件で契約する会社です。

レイクALSAは条件次第で無利息期間が180日間に増えるメリットを持っており、より無利息期間を多くしたいなら考えたほうがいいでしょう。

主要銀行カードローンと比較

続いて主要カードローンとの比較をします。プロミスと銀行系のカードローンを比較するのは大きな差が生まれると思われがちですが、実際のところはどうなのでしょうか。

メガバンクが提供しているカードローンを中心に紹介します。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

プロミスの親会社に該当する三井住友銀行が提供しているカードローンです。

多くの方が利用しているカードローンの1つですが、審査が厳しくそう簡単に借りられない会社です。

実質年率 4.0%~14.5%
無利息期間 無利息期間なし
10万円借りた際の利息 1,191円(1ヶ月で返済した場合の数字)

返済額は金利が低く設定されているため、プロミスよりも少なくなっています。

プロミスとは金利の差が3%以上もついているので、上限金利で借りても返済額がかなり抑えられます。

その反面下限金利は高くなっており、銀行系でも支払い額が多くなります。

なお無利息期間は用意されていないので、初月から利息の支払いが生じます。

三菱UFJ銀行バンクイック

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

以前は即日融資を可能にしていたカードローンでしたが、銀行系カードローンの審査が厳しくなったためすぐに借りられなくなりました。

現在は多少審査が早い程度の会社と考えてください。

実質年率 1.8%~14.6%
無利息期間 無利息期間なし
10万円借りた際の利息 1,200円(1ヶ月で返済した場合の数字)

金利はプロミスよりも全体的に低くなっています。

三井住友銀行カードローンよりも上限金利は高いものの、下限金利は低く設定されているので借りやすい会社です。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

メガバンクでも大きな借入が期待できる会社です。最近は色々なサービスとの提携を続けており、新しい消費者金融の立ち上げにも貢献している銀行です。

実質年率 2.0%~14.0%(住宅ローンと契約すると0.5%引き下げ)
無利息期間 無利息期間なし
10万円借りた際の利息 1,150円(1ヶ月で返済した場合の数字)

金利は大手の消費者金融に比べると4%も低く設定されており、上限金利の数字はメガバンクでは一番低くなります。

無利息期間はないものの、低金利で大きな借入が期待できる銀行です。

住宅ローンと契約していればより低金利での借入が期待できるでしょう。

プロミスなら初回借入は無利息期間が適用される

プロミスは初回の借入で無利息期間が適用されます。銀行系カードローンにはない魅力でもありますし、消費者金融でもSMBCモビットは採用していない方針ですので、無利息で借りられるだけでも非常にありがたいものです。

無利息期間を有効に使いたいなら、プロミスとの契約を考えるといいでしょう。

銀行系カードローンは無利息期間を設けない代わりに金利が低く設定されており、低金利で返済して最終的な利息を軽減できます。

一方で消費者金融は金利が高く設定されていますが、大半の会社が無利息期間を設けており、多少利息の支払いを免除してくれます。

ただ金利は高くなっているので、無利息期間にあまり頼らないほうがいいでしょう。

無利息期間を使うには条件を満たさなければなりません。

条件を満たせなかった場合は無利息での契約は不可能です。無利息期間をしっかり設けてほしいと思っているなら、プロミスが無利息にしてくれる条件を確実に満たしておきましょう。

プロミス無利息期間の条件

プロミスで無利息期間を付ける場合は、以下の条件を満たさなければなりません。

  • プロミスと初回の利用契約をすること
  • メールアドレスを登録すること
  • 利用明細などの書類をマイページで確認すること

以上の条件を満たさなければなりません。1つでも条件を満たせていない場合、プロミスの無利息期間は適用されず、初回から利息は支払わなければなりません。

つまり無利息期間が適用されず、最初からプロミスの利息を取られて損をしてしまいます。

一応プロミスは2回目以降の無利息サービスも準備していますが、大半の人は初回の無利息期間しか使えない場合があります。

つまり2回目以降は考えないようにして、初回の利用契約だけ考えておけばいいのです。

メールアドレスや利用明細の確認など、ちょっとした設定を間違えると無利息にならない場合があります。

必ず利用前にメールアドレスの登録をする、利用明細はネットで確認するという条件をしっかり満たしておきましょう。

プロミスから10万円借りたら利息はどれくらい?

プロミスから10万円を借りた場合、どれくらいの利息がかかるのか知っておくといいでしょう。

利息がかなり多くなる可能性もあるので、返済期間を考慮して計画を立てるように心がけてください。

なお、この返済で無利息期間は無いものとします。

1ヶ月で返済した場合

1ヶ月で返済した場合、利息は1,463円です。

利息は大手の消費者金融では少ないものの、あまり利息が減っているような印象は感じないでしょう。

銀行系カードローンに比べると200円以上利息を取られてしまうため、銀行系よりは支払う額が増えてしまいます。

半年で返済した場合

半年で返済した場合、利息は5,254円です。この利息は銀行系だともっと抑えられる可能性があるものの、消費者金融では少ない方に該当します。

消費者金融でも返済額を抑えたいと思っているなら、プロミスを選んだほうがいいかもしれません。

1年で返済した場合

1年間で完済した場合、利息は9,894円です。

利息だけで1万円近く取られるようになり、かなり利息が多いように感じられるでしょう。

その代わり、返済額はある程度抑えられるので、毎月の返済は楽になります。

返済の楽さを取るか、それとも利息の支払い額を減らすのかゆっくり考えましょう。

2年で返済した場合

2年で完済した場合、利息は19,578円です。この利息はあまりにも多すぎる数字ですし、借りた額の2割も利息として支払わなければなりません。

その代わり返済は月5,000円程度で抑えられるのですが、利息のリスクを考えるともう少し返済期間を短くした方がいいかもしれません。

返済をゆっくり進めたいなら、これだけの利息を取られるものと考えて計画を立てましょう。

プロミスは金利の引き下げができる?

プロミスは限度額を高くすると金利を引き下げられる場合があり、後から増額審査を受けると金利を変えられます。

現在の金利に不満がある場合は、まず増額審査を受けて限度額を増やすように心がけてください。

高い限度額を得られるようになれば、自然と金利が引き下げられて、より借りやすくなります。

プロミスは限度額ごとに金利が設定される仕組みです。限度額が一定のラインを超えると、金利の適用範囲が変わります。

つまり金利を下げたいと考えているなら、高い限度額を狙って増額し、金利を下げられるように心がければいいのです。

ただ、プロミスは限度額ごとの金利適用条件を示していないので、詳細な範囲までは利用者が確認できません。

金利の引き下げは可能ですが、ある程度プロミスを使っていないと増額は期待できません。

増額したいと考えているなら、まずはプロミスの利用を積極的に考えていくといいでしょう。

プロミスの限度額ごとの金利表

プロミスが限度額ごとに適用している金利表は、ホームページには公開されていない非公開情報です。

従って100万円以上の金利はかなり幅があると考えてください。

1万円~10万円 17.8%固定
10万円~99万円 10.0%~17.8%
 100万円~ 4.5%~15.0%

実際に適用される範囲は、限度額によってある程度変わります。

99万円以下でも信用されれば10%を切る可能性もありますが、あまり期待はしないでおきましょう。

多くの方は17.8%が多いので注意したほうがいいかもしれません。

なお、100万円を超えると最大でも15%しか金利は適用されません。

これは利息制限法のルールにより15%以上の金利が適用できないためです。従って100万円の限度額を超えれば、どれだけ高くても金利は15%です。

プロミスの金利の特徴

プロミスの金利には以下の特徴があります。

  • 大手の消費者金融よりも多少低い上限金利を持つ
  • 銀行系カードローンに比べると圧倒的に金利が高い
  • 限度額による金利の適用範囲が広い
  • 返済期間が長くなると金利の影響を受けて利息が増える
  • 増額すれば金利は抑えられる

以上の特徴を持っています。金利の特徴を理解して契約したほうがいいですし、銀行系カードローンも含めて金利を考えて契約したほうがいいでしょう。

多少大手の消費者金融よりも金利は低いものの、それでも消費者金融は高い金利で契約しなければなりません。

高い金利が適用されると考えたほうが契約後の金利で一喜一憂しなくてすむかもしれません。