プロミスは手数料無料で返済できる!知らなかった手数料と利息の話

コンビニやデパートには必ず設置してある便利なATMですが、提携していなATMを利用すると手数料が必要となります。

もちろん、そもそも手数料が無料にならなかったりと必ず手数料を支払わなければならないサービスもあります。

しかし、プロミスでは基本的に手数料を無料でATMを利用することができるのです。

お金を借りて、利息もプラスをする形で返済をしているのにATMで手数料をさらに支払うのは嫌になりますよね。

返済をするのであれば、1円でも多く返済をして早めに終わらせたいところです。

そこで今回は、プロミスの返済手数料の無料について紹介します。

プロミスではATMの種類によっては手数料無料で返済ができる

プロミスでは提携しているATMを利用すると手数料無料で返済をすることができます。

そのため基本的に手数料無料となるATMで返済を行えば、お得に返済をすることができるのです。

ただ、すべてのATMで対応しているわけではないので、まずはプロミスの返済で手数料が無料となるATMを紹介します。

プロミスATM

プロミスATMは、プロミスが設置をしているATMとなります。

各地に設置してあるプロミスATMが一番返済するにはわかりやすいATMとなりますが、基本的にプロミスとわかる見た目となっています。

提携銀行ATM

プロミスが提携する銀行ATMでも無料で返済することができます。

完全提携で手数料が無料となるのは三井住友銀行ATMのみで、他の銀行ATMでは返済時に手数料が発生します。

提携コンビニATM

セブン銀行、ローソン銀行など各コンビニで設置をしてあるATMでもプロミスは返済をすることができます。

そのため近くにプロミスATMや提携銀行ATMが無い場合でも、お近くのコンビニから返済することができるのです。

ATMごとの手数料

では実際に、各ATMごとの必要手数料を紹介します。

無料のものもあれば手数料が必要となるATMもあるので、事前に確認をしておくようにしましょう。

プロミスATM

プロミスATMは手数料を無料で利用することができます。

そのため進んで利用すればお得に借り入れ金を返済することができます。

三井住友銀行

提携ATMである三井住友銀行ATMでも、無料で返済することができます。

お近くにプロミスATMが無い場合でも、三井住友銀行ATMがあれば無料で返済することができます。

その他の銀行

プロミスが提携している三井住友銀行以外の三菱UFJ銀行やイオン銀行、各地方の銀行でも返済をすることができます。

しかし手数料が必要となるので、

  • 1万円以下の返済:110円
  • 1万円以上の返済:220円

上記の手数料が必要となります。

コンビニATM

セブン銀行やローソン銀行、各コンビニに設置をしてあるATMの利用でも手数料が発生します。

  • 1万円以下の返済:110円
  • 1万円以上の返済:220円

上記の手数料がコンビニATMでも必要となります。

コンビニのメディア端末

ローソン、ミニストップ、ファミリーマートに設置されているメディア端末を利用すると、手数料が無料で返済をすることができます。

そのため上記のコンビニの場合にはATMを利用するよりもメディア端末の方がお得に返済をすることができます。

プロミスポイントを利用するとATM手数料を無料にできる

プロミスの返済で手数料がかからないのは基本的にプロミスATMと三井住友銀行ATM、メディア端末での返済となり、以外と選択肢が少ないのです。

しかし、プロミスにはプロミスのサービスを利用することで貯められるプロミスポイントがあり、このプロミスポイントを利用することで提携ATMの手数料を無料にすることができます。

プロミスポイントはプロミスポイントサービス申込み時やプロミスのインターネット会員登録時に受け取ることができ、40ポイントで最大60日間提携ATMの手数料を無料にすることができるのです。

毎月返済額を多めに返済しておくと利息を抑えられる

プロミスの返済でお得にするためには、返済時にかかる手数料を無料にすることが効果的ですが、他にも利息を押さえてお得にする方法があるのです。

それは毎月の返済額を多めに返済しておくことで、利息を抑えることができます。

プロミスの利息は、返済時の返済残高によって計算されるため、毎月の返済金額が多ければ多いほど翌月の返済時にかかる利息を抑えることができます。

それと、毎月多めに返済していくことで返済回数を減らすこともでき、結果的に利息を抑えることにもつながります。

手数料がかからないプロミスの返済方法

プロミスの返済で手数料が掛からないのは提携ATMでの返済だけではありません。

口座振替やインターネットによる返済などで、手数料無料で返済することができます。

ここからはプロミスの返済で手数料が掛からない返済方法を紹介します。

口座振替

口座振替であれば返済時の手数料を無料にすることができます。

口座振替であれば、返済を忘れていたとしても自動的に返済されるので安心することができる反面、毎月決まった金額しか返済されないため多めに返済しようと思うと他の方法で追加分を返済しなければならないのです。

プロミスATM

プロミスATMは手数料無料で返済することができます。

しかし、プロミスATMはプロミスとわかる場所に設置してあったり、利用していることが他の人にばれやすいので、その点について心配な人は気を付けなければなりません。

コンビニのマルチメディア端末

コンビニATMは手数料がかかりますが、コンビニのマルチメディア端末であれば返済手数料はかかりません。

しかし、マルチメディア端末を操作して返済金額などを入力し発見される各種収納代行申込券をコンビニのレジで支払う必要があります。

そのため他の返済に比べると手間がかかるなどのデメリットもあります。

インターネット返済

インターネットによる返済であれば、プロミスでは無料で返済することができます。

インターネット返済とは、口座をもっている金融機関のインターネットバンキングを利用した返済方法であり、あらかじめインターネットバンキングが利用できる状態でなければ返済することができません。

しかし、インターネットを使った返済なので好きな時間好きな場所で返済することができ、非常に便利なので一番おすすめの返済方法となります。

お客様サービスプラザ

お客様サービスプラザとは、プロミスが設置をしている店舗となります。

こちらの店舗でも返済をすることができ、返済時にかかる手数料は無料となっています。

さらに、他の返済方法ではできない返済計画などの相談をすることができ、現在の返済金額が自分に合っているのかなど、細かいことまで相談することができます。

しかし、お客様サービスプラザは設置場所が限られており、自分が住んでいる近くに無い場合があったり、対面での返済が必要となる点には注意が必要です。

プロミスの返済方法をはじめての方にも分かりやすく解説

プロミスは賢く利用すれば返済に手数料はかからない

以上がプロミスの返済手数料についての紹介となります。

1回の返済にかかる手数料は110円や220円程度かもしれませんが、回数が重なればその金額は大きくなります。

10回も返済していると220円の場合、2200円もの金額となりこの金額を返済に充てておいた方が賢いと言えるでしょう。

そのため、プロミスの返済をする場合には賢く手数料が掛からない方法を選択するようにしましょう。

便利だからと言って、近くのコンビニで毎回毎回手数料を支払っていては損をするばかりです。

今回紹介をした手数料が無料となる返済方法で、なるべく返済をし早めに完済できるようにしましょう。

プロミスの返済額はどれくらい?借入額ごとに変動するので借りすぎには要注意