プロミスって借りたらヤバいですか?実際の利用者の口コミ・評判

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

プロミスって借りたらヤバいですか?

プロミスは消費者金融としてサービスを提供しており、銀行系よりも高い金利が適用されています。

低金利で借りられる会社と違い、大きな利息を支払う可能性が非常に高いのです。

利息が大きくなると、支払いがとても大変な状態となってしまいます。

支払いの計画を立てて、しっかり返済を続けることが重要だと考えましょう。

ここではプロミスが本当にヤバい会社なのか説明します。

同時に計画を立てないで借りてしまった人の体験談も同時に紹介します。

プロミスは借りたらヤバいって本当?

プロミスは高い金利を適用しているため、かなり返済額が多くなります。

返済額が少なすぎると、毎月の利息が多くなってしまい、支払いにとても苦労してしまうでしょう。

小さい利息で返済するには、事前に計画を立ててしっかり返済を続けたほうがいいでしょう。

ローンの中でもプロミスは高い金利が適用されており、別のローンを利用したほうが金利を抑えられる可能性があります。

消費者金融としてサービスを提供している以上、プロミスは利息収入が一番重要なポイントなのは間違いありません。

無利息期間を設けていると言っても、利息収入が必要なプロミスは、高い金利が適用して多くの利息を取るのは仕方ないことです。

もちろん返済計画をしっかり立てておけば問題はありませんし、返済がスムーズに進めば利息自体もそこまで多くなりません。

一方であまり考えずに利用していた場合に多く発生するのが返済の遅延です。

利息が多くなってしまい、毎月の支払いにも苦労するようになります。

同時に利息が増えてしまったため、返済がいつまでも続いてしまい、時々起きる返済日を忘れる問題で遅延が発生するのです。

信用情報に不利な情報が掲載される可能性もある他、借りているだけでも信用されない可能性があります。

より高い信用を得たいと思っているなら、絶対に返済計画を立ててからプロミスで借りましょう。

無計画に借りると返済が遅れる可能性もあります。

住宅ローンや自動車ローンと比べると圧倒的に高金利

住宅ローンや自動車ローンに比べて、プロミスの金利はかなり高くなっています。

住宅ローンは会社によっては1%台、多くの会社が2%程度での利息を適用している場合が多く、そこまで大きな金利を適用していません。

自動車ローンも低いところは1%程度で提供してくれるので、金利面では相当低くなっています。

一方でプロミスの場合、利息収入で経営を続ける必要がある以上、金利は高く設定されています。

一番低い金利でも4%台、高い金利は上限ギリギリの17.8%と高い数字が設定されるのです。

この金利は毎日適用されてしまい、どんどん利息を増やしてしまいます。

銀行が提供しているカードローンに比べても3%以上金利が高くなる場合もあり、気軽に借りられる代わりに金利面で厳しい状況に陥る可能性もあります。

自分が利息をしっかり払って、完済できるめどをつけないと返済で問題が起きてしまうのです。

プロミスの金利は他社と比較して高い?利息はいくらかかるのか徹底解析!

50万円借りたら毎月いくら返済すればいい?

プロミスから50万円を借りたのであれば、毎月どれくらいの返済をしておけばいいのか、少し考えたほうがいいかもしれません。

考えずに返済をしていると、毎月の返済額が足りていないと判断するまでに時間がかかり、大きな利息が残ってしまう可能性もあります。

50万円を借りる場合、大半の人は金利が17.8%に設定されます。

この金利は非常に高く、大きな利息を生みだす可能性がとても高くなっています。

従って利息を増やさないためにも、できる限り少ない期間で返済したほうがいいでしょう。

返済期間を1年と考えている場合、毎月の支払いは最低でも45,000円が必要です。

この返済額を出さないと1年間で返済できない可能性があり、かなり返済に時間がかかってしまいます。

短い期間で返済を完了させたいなら、毎月4万円から5万円ほどの返済を考えておきましょう。

なお半年で完済したいと考えているなら9万円ほどの支払いが必要です。

これだけ大きな返済額になってしまうと、毎月の生活に支障をきたしてしまいます。

半年ですべて返そうという思いは持たず、まずは1年間で返済していく方針を考えましょう。

1年でも厳しい場合は2年くらいの期間を目途に考えてください。

2年間で返済するなら毎月25,000円を払えばしっかり達成できるため、負担はかなり軽減できるでしょう。

毎月の返済分を借りるようになったらヤバいです…

毎月の返済分を自分で稼げなくなると、ついお金を借りて返済したくなる人もいるでしょう。しかしこの方法は非常に危険です。

理由は多重債務によって、他社の返済も一緒にしなければならないのです。

つまりプロミスの返済で他の会社から借りてしまうと、借りている会社も含めて返済を続けなければならず、どんどん返済額が増えてしまうのです。

何よりも一番問題なのは利息です。もう1つの会社から借りると利息が増えてしまい、2つの会社に対して大きな利息を支払う可能性があります。

特に消費者金融で借りていると、利息はかなり多くなってしまいます。

低金利で借りられる会社ならいいものの、消費者金融で借りているなら低金利は実現しません。

従って返済額を借りるためにまた大きな利息を負担しなければならないのです。

毎月の返済分を借りて返済する方法は非常に危険ですし、問題となる可能性が高いのです。

毎月の返済が厳しいと感じているなら、まずは返済額をしっかり調整するなどして、確実に返済を続けられるようにしましょう。

間違っても借りて返済する方法は避けてください。

返済が遅れると信用情報に傷がつくので要注意

返済が遅れてしまうと、その時点で信用情報に返済が遅れた情報が残ってしまいます。

返済が遅れてしまった場合、他の会社にもその情報を知られる可能性が高まり、審査に影響してしまいます。

これは返済遅延後に返済を完了させ、プロミスを完済したと判断されても情報が残ってしまうので、あまりいいイメージを持たれなくなってしまいます。

信用情報に傷がつくと、返済に関わる問題を抱えていると判断されます。

返済に関連する問題は他の消費者金融や銀行からも悪いイメージで見られてしまい、審査に落とされる可能性が急激に高まります。

信用情報を傷つける問題だけは避けるようにしましょう。

借りているだけで信用審査で不利になる可能性もある

借りているだけで信用情報では悪いイメージを与える可能性も出てしまいます。

その理由はお金を借りている時点で、返済をしっかりしてくれないのではないかと思われるからです。

また、返済能力が足りないと判断されたり、借入の返済がとても大変だから、これ以上は貸せないと判断される可能性もあります。

また、消費者金融の場合は総量規制が適用されてしまうため、借入額が多いと他社から借りられなくなってしまいます。

信用審査だけでなく、それ以外の部分でも不利な状況を作りやすくなるので、安易に借りてしまうと本当に借りたい会社から借りられない問題を作ってしまうのです。

プロミスを実際に利用している人たちの口コミ・体験談

ここからはプロミスを実際に利用して大変な思いをした人の体験談を紹介します。

無計画で借りてしまうと大変な思いをする可能性がありますので、無理な借入は避けるほか、気軽に借りるという気持ちは持たないほうがいいでしょう。

安心してプロミスを利用するには、失敗している人の問題点を理解し、自分なりに対策を立てるのです。

軽い気持ちでプロミスを利用してしまった大学生Aさん

私はプロミスが借りやすいという話を聞いて、簡単に借りられる会社だと思ってしまいました。

まだ大学生で返済能力もそんなにないのに、お金を借りられればいい生活ができると思ってしまい、軽い気持ちでお金を借りてしまいました。

借りた金額は10万円ほどですが、毎月の支払いもかなり遅くなってしまい、どんどん利息が増えてしまいました。

返済額がほとんど借りている額を返済できていない状態となり、毎月お金を返しても返済が終わらない問題を抱えてしまったのです。

返済がしっかりできないのは非常に問題だと感じてはいましたが、返済能力がないのでそこまでお金を返せなかったのです。

色々と返済を早めようと考えましたが、それでも返済は完了できませんでした。

毎月の支払いに苦労してしまい、しまいには返済できないような状況に追い込まれそうになりました。

それくらい気軽に借りたのはいいものの、返済では相当苦労することとなったのです。

親に相談をして肩代わりをしてもらった

結局親に相談し、借金をしているという話をしました。借金について厳しく叱られましたが、親が肩代わりに完済するという方針を出してくれました。

とても助かりましたし、親には感謝しきれません。

プロミスを完済してから、お金を借りる行為は禁止されました。

親からもお金を借りないようにと常に言われているほどですが、自分なりにこれ以上お金を借りてはいけないという気持ちは常に持っています。

今後もあまりお金を借りないように心がけたいと思います。

ネットショッピングがきっかけでプロミスを利用したBさん

ネットショッピングにハマってしまい、毎月の支払いがとても大変になってしまいました。

その理由はクレジットカードを使っていたからです。

クレジットカードを使ってしまうと、毎月の支払い額がわからなくなってしまい、返済できないほど利用している場合もあります。私はその状態に陥ってしまいました。

その結果、お金を借りるしかないと判断し、プロミスでお金を借り続けました。

限度額は50万円ほどありましたが、50万円という枠はすべて使い切ってしまい、ついには借りられなくなりました。

クレジットカードの返済もしなければならないのに、プロミスでも返済しなければならない状況に陥り、とても生活ができる状態ではありませんでした。

債務整理をしてクレジットカードも解約に…

結局返済ができない状況に陥ってしまい、プロミスから取り立ての電話がかかってきました。

これ以上は厳しいと思ったので弁護士に相談したところ、債務整理という方法がありますという話を持ち掛けてくれました。

私は債務整理をあまりいいものと思っていませんでしたが、返済のためには仕方ないと思い、任意整理で返済額を減額しました。

この影響でクレジットカードは解約されてしまい、ネットショッピングはほとんどできなくなりました。

ただ、プロミスの返済は任意整理で減額したためかなり楽になりました。

返済は楽になったので良かったですが、その分不便な生活も続いており、安易に借りてはいけないんだなと実感することが多くなりました。

クレカの返済に追われてプロミスを利用したKさん

クレジットカードの返済ができなくなり、返済目的でプロミスを利用しました。

最初のうちは簡単に返済できるからいいなと思っていましたが、どんどん利用していくうちにプロミスの利用額がかなり増えており、返済ができないほどの額まで借りてしまいました。

毎月の返済は続けていましたが、生活にも大きな影響を及ぼすようになり、会社の仕事に支障をきたしてしまいました。

その結果、今の会社で仕事ができなくなり、新しい会社で働くようになりました。

すると収入が減少してしまったため、プロミスの支払いができなくなりました。

プロミスの返済遅延寸前となり、これ以上は危ないという気持ちが常に頭の中にありました。

民意再生にまで追い込まれてしまった

最終的に個人再生という方法を採用して返済額を減らしてもらうこととなりました。

プロミスの返済額を大きく減額してもらう代わりに、私は大きな代償として信用情報に問題を起こした人という情報が残される形になりました。

当然ですが返済もまだ続いており、なかなか完済できないもどかしさを感じています。

かなり大きな債務整理に踏み切りましたが、債務整理をしてよかったと思っています。

返済できないまま放置しているともっと大変な思いをすることとなったので、しっかりと返済できる状況を作れるだけでも良かったのです。

その代償はクレジットカードも利用できない、お金を借りられないという問題もありましたが、それでも債務整理で返済額を下げたのはよかったです。

友人の結婚式前にプロミスを利用したOさん

結婚式前にお金が足りず、お金を借りるしか結婚式に出せるお金を作れないと考えていました。

気軽に借りられる会社もそこまでないと思っていましたが、近くにあるプロミスで契約できるとわかり、最終的にプロミスで契約してお金を借りました。

借りた額も2万円ほどだったので、そんなに大きな借入ではありません。

ゆっくりと返済しようと考えてはいましたが、ネット上には早く返したほうがいいという情報も多数ありました。

どちらの方法を取るべきなのか悩み、私はすぐに返す選択をしました。

無利息期間中に無事完済してノーダメージ

プロミスには無利息期間が存在し、初回の利用だけなら30日間の無利息を得られます。

私はこの期間に返済が完了したため、利息を支払う必要がありません。

利息を支払わずにお金を返せたので、ゆっくり返している場合よりもかなり得をしていると思います。

無利息期間を有効活用したほうが私はいいと思っていますし、この期間に完済したほうが負担も少なく、安心感も得られると感じました。

ネットの情報を見たのはとてもよかったです。

プロミスではなく計画性なく消費者金融を利用するのがヤバイ

プロミスを利用することが危ないのではありません。一番危ないのは計画性もなく消費者金融を使い、お金を返せない状況を作ってしまう問題です。

こうしたお金を返せない問題が生まれてしまうと危険なので、絶対に無計画でお金を借りないようにしましょう。

消費者金融というのは、気軽に借りられるのは間違いありません。しかし無計画に借りてしまい、返済できないというのはとても大変な状態です。

返済できないという問題を作らないように、プロミスだけでなく他の消費者金融も含め、計画を立てて返済するように心がけてください。