みずほ銀行カードローンの審査は甘い?審査に通るコツを教えます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

みずほ銀行カードローンの審査は甘い?

三大メガバンクのひとつみずほ銀行は「みずほ銀行カードローン」を提供しています。

最大限度額は800万円で、金利は年2.0%~14.0%、他にも魅力はたくさん。もちろん限度額内は何度でも借入ができて便利ですが、審査に通らなければ使えません。

このページでは、みずほ銀行カードローンの審査に通るコツを徹底解説していきましょう。

みずほ銀行カードローンの審査基準は甘い?厳しい?

みずほ銀行カードローンの審査基準が甘いと断言することはできません。
それでは逆に厳しいのかと問われると、それも頷くことはできないんです。

というのも、みずほ銀行カードローンの審査基準はブラックボックス。外部から判断できる材料は少なく、ボーダーラインはおおよその予想をするしかないんです。

口コミや噂でもみずほ銀行カードローンは甘いや厳しいと様々で、人によってスペックは異なるため、あまりあてになるものではないでしょう。

ただ、最低限の申込み条件は公表していますので、次の項目で詳しく解説していきます。

申込み条件を満たしていれば借入審査は通過できる

みずほ銀行カードローンは、申込み条件を満たしていれば審査通過の可能性は高いです。

ただ、申込み条件が厳しければそもそも審査を受けることすらできません。

実際のところみずほ銀行カードローンの申込み条件はどうなっているのでしょうか。

次の項目では、公表されている申込み条件から審査は甘いのか厳しいのか探ってみました。

みずほ銀行カードローンの申込み条件

みずほ銀行カードローンでお金を借りるためには、審査申込条件をクリアしている必要があります。
具体的にみずほ銀行カードローンの審査申込条件は、以下の3つです。

  • 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満
  • 安定かつ継続した収入がある
  • 保証会社の保証が受けられる

他にも永住許可を得ている外国人の方も審査対象。

まず契約時の年齢制限は、他社カードローンと大差ありません。

消費者金融や銀行どちらのカードローンでもほぼ同じくらいの年齢制限。

安定した収入さえあれば高収入じゃなくてもOK

また、安定かつ継続した収入とは、決して高収入という意味ではないんです。

たとえば、公務員や正社員といった雇用者しか審査対象にしていないようなカードローンであれば、比較的収入のある人を対象にしている証拠ですよね。

一方、みずほ銀行カードローンは雇用条件の限定はしていないので、パートタイマーやアルバイトの方の場合でも審査通過の可能性はあります。

そして、保証会社の保証が受けられる条件とは、みずほ銀行の場合は株式会社オリエントコーポレーションが保証する人しか審査対象にならないということです。

過去にこの保証会社が関係するカードローンで問題を起こしていたり、信用情報機関にキズがあったりする人は、保証してくれない可能性が高いでしょう。

逆に問題がない人は、必要以上に心配しないで大丈夫です。

このようにみずほ銀行カードローンは、審査申込条件を特別厳しくしているわけではないので、多くの人が対象になるのではないでしょうか。

自身に安定した収入(返済能力)があることが重要

みずほ銀行カードローンの審査に通るためには、自身が安定した収入を得ていることがなによりも大事。安定した収入を得ている=返済能力があると判断できるからです。

仮に年収100万円の人と年収300万円の人がいた場合、これは明らかに後者のほうが返済能力は高いと判断可能。

それでは、たとえば年収100万円でも推定1,000万円の土地を所有していたり、親や家族の収入で3,000万円あったりすれば、どうなるのでしょうか。

みずほ銀行カードローンは、基本的に本人が安定かつ継続的に得ている収入がポイント。土地や家族にどれだけ価値があっても審査に判断されることはありません。

また、安定したという文字にも注目しましょう。

これは「宝くじに当選した」「競馬で勝った」「親にお金をもらった」は、安定したという文字に当てはまりません。

つまり、一時的にお金を得ても安定して得ているわけではないので、返済能力を有している材料としては判断されないということです。

専業主婦でも審査には通る?

みずほ銀行カードローンは、専業主婦で審査に通ることはありません。

専業主婦は立派な仕事ですし、配偶者を支える大事な役割ではありますが、みずほ銀行カードローンは審査対象外です。

比較的審査が甘いと言われる消費者金融でも、貸金業法の総量規制の観点から専業主婦は貸付対象外になっています※。

※配偶者貸付という制度を認めている場合はそのかぎりではありません。

銀行カードローンの場合は法律上の規制はありませんが、専業主婦を対象にしたカードローンはそこまで多くないのが実情ですね。

どうすれば専業主婦でもみずほ銀行カードローンでお金を借りられるのでしょうか。

それは兼業主婦になったうえで審査に申込みすれば良いんです。

兼業主婦とは、なんらかのパートタイマーやアルバイトをしている人のこと。

配偶者の扶養の範囲内でも構わないので、とにかく収入を得ていれば問題ありません。

みずほ銀行カードローンの審査を受ける予定の専業主婦の方は、とりあえず兼業主婦になったうえで審査に申込みするようにしましょう。

みずほ銀行カードローン審査の注意点

みずほ銀行カードローンの審査の注意点は、以下の2種類を挙げられます。

  • みずほ銀行の普通預金口座の有無
  • 審査時間や融資時間

みずほ銀行の口座開設が必須

みずほ銀行カードローンは、普通預金口座なしでは契約できません。

返済の際にもみずほ銀行の普通預金口座から引き落とされるので絶対必須です。

もしも普通預金口座を所有していない場合は、同時申込しなければなりません。

すでに所有していれば気になる事柄ではありませんが、使う予定がなかったり、複数の銀行口座を持ちたくなかったりする人は、面倒に感じるでしょう。

消費者金融はもちろん最近の銀行カードローンは当行の普通預金口座を開設しなくても契約できることも珍しくないので、この点はデメリットになります。

みずほ銀行カードローンは、インターネットから審査に申込みできます。すると最短即日審査や最短即日融資に対応しているのではと期待しますが、どちらも対応していません。

普通預金口座の開設まで同時に行えば、数日から最悪4週間程度かかる可能性もあります。

銀行カードローンは即日融資不可

また、みずほ銀行カードローンだけでなく銀行カードローンはどこも即日融資不可能。

実は、審査のひとつに2018年1月から「警視庁のデータベースに審査申込者を照会する」という手間が増えたためです。

警視庁のデータベースに照会する理由は、審査申込者が暴力団等の反社会的勢力に加入していないか調べ、反社会的組織に資金提供してしまう原因にならないためのシステムです。

それまで銀行カードローンも消費者金融のように即日審査や即日融資を行ってきていましたが、今後はこの規則から当日中にお金を借りられることは期待できません。

このようにみずほ銀行カードローンの審査は、普通預金口座の所有や融資まである程度時間がかかってしまうことに気をつける必要があります。

したがって、今日中にお金を用意しなければならない場合は、他の業者を検討しましょう。

銀行カードローンは消費者金融より審査は厳しい!

一般的に銀行カードローンは、消費者金融よりも審査基準は厳しいと言われています。

理由は、銀行カードローンが消費者金融よりも金利を低く設定しています。

金利が低ければ回収に時間もかかり、それだけ貸し倒れリスクが高くなるんです。

以下にみずほ銀行カードローンの金利と消費者金融の金利を比較した表を用意しました。

みずほ銀行カードローン 年2.0~14.0%
アコム 年3.0~18.0%
アイフル 年3.0~18.0%
プロミス 年4.5~17.8%

みずほ銀行カードローンの金利は、年2.0%~14.0%ですね。

注目すべき金利は上限金利で、消費者金融とは約4.0%もの差がありました。

確実にみずほ銀行カードローンのほうが貸し倒れリスクは高くなります。

貸し倒れの可能性を考慮すると、審査申込者の返済能力を見極める必要があり、金利の高い業者よりも審査基準は厳しくなる傾向にあるでしょう。

断言できないのは、みずほ銀行カードローンの審査基準が完全非公開だから。あくまで外部から予想するしかないので、「こういった人は絶対審査に通る」とは言えないんです。

また、原則的にカードローンは審査に落ちても理由を教えてくれません。

次の対処法を考える場合も自分で予測するしかないので、客観的に自身のスペックを眺めることが必要でしょう。

2018年から銀行カードローンの自主規制が強まる

2018年に銀行カードローンは自主規制を始めました。

これは銀行の過剰貸付を問題視した日本弁護士連合会の提起が始まりです。

注視したポイントは「これまで自己破産手続きが減少していたが、銀行カードローンの利用者が増え自己破産件数が増加に転じた」という点です。

その昔、消費者金融の過剰貸付の結果、貸金業法の総量規制で年収の1/3以上の融資を禁止したという背景があります。

しかし、銀行カードローンは規制の対象外でした。

悪い言い方をすると抜け穴のように考え、銀行カードローンを利用する人が増えたんです。

そうして再び社会問題化し、今回のような自主規制に講じることになりました。

あくまで自主規制ですが、全国銀行協会の考えに背く銀行はまずないでしょう。

この自主規制によって銀行カードローンでも消費者金融と同程度の借入しかできなくなり、しかも即日審査や即日融資も不可能になりました。

金利面では消費者金融より優れている銀行が多いですが、スムーズにお金を借りるという意味では厳しくなったでしょう。

他にも、自主規制の内容に広告や宣伝の見直し、収入証明書の提出基準が従来の300万円超から50万円超に変わりました。

みずほ銀行カードローンだけでなく銀行カードローンのサイトから即日融資等の文字が消えていることは確認すれば一目瞭然でしょう。

信用情報に問題があると審査には通らない

信用情報に問題があると審査に通らない可能性が高まります。

たとえ年収が高くみずほ銀行カードローンの審査基準をクリアしていても、信用情報に問題があれば審査に落ちてしまうことは珍しくありません。

信用情報とは、具体的には信用情報機関(CIC/JICC/KSC)を照会して行われる内容です。

信用情報機関では、過去のカードローンの利用の有無から借入額や返済の状況、債務整理の情報等あらゆる大事な情報を取り扱っています。

特に大事になってくることは、返済遅延や債務整理の問題です。

過去に問題を起こしている場合は、信用情報機関に数年間情報を保存されます。

情報 CIC JICC KSC
契約の内容 5年 5年 5年
延滞の内容 5年 1年 5年
任意整理 5年
個人再生 5年 10年
自己破産 5年 5年 10年

信用情報機関によって保存期間は異なりますが、問題を起こせば5年~10年はカードローンの審査に通りづらくなると覚えておきましょう。

保証会社はオリエントコーポレーション

みずほ銀行カードローンの保証会社は、株式会社オリエントコーポレーションです。

株式会社オリエントコーポレーションが保証しているカードローンやクレジットカードで返済を滞っていたり問題を起こしていたりすると、信用情報機関に掲載していない場合でも審査に落ちる可能性があります。

すでに株式会社オリエントコーポレーションの関係したカード等で審査に落ちている場合は、みずほ銀行カードローンの審査に通ることも厳しくなるでしょう。

というのも銀行カードローンは事実上保証会社が審査しているので、そういう性質があるんです。

みずほ銀行カードローンの審査に通りやすくするコツ

みずほ銀行カードローンの審査に通りやすくするコツは以下の3つがあります。

  • 借入希望額は必要最小限で申し込む
  • 勤務先の年数は1年以上が良い
  • 借入件数は増やさない

借入希望額はなるべく少なくするべきです。

可能であれば年収の10%~20%程度にしましょう。

これはみずほ銀行カードローンの初回の利用限度額が10%~20%程度で設定されていることが多く、必要以上の金額を希望すると「どうしてそんなに必要なのか」と思われる原因になり、審査でプラスになりません。

勤務先の年数は長ければ長いほうが有利です。

勤続年数が短いと安定かつ継続した収入とみなされません。

おおよそ1年以上の勤務実績が望ましく、たとえアルバイトでも長く勤めているほうが評価されます。

借入件数は少ないほうが評価されます。

借入件数が少なければ「自社を優先して返済してくれるだろう」と判断できますね。

また、他社カードローンの審査に通り契約したが利用していない場合は解約しましょう。

残高0円でも解約しないかぎりは借入件数になるので不利になるんです。

申し込み情報は細かく正確に記入する

みずほ銀行カードローンの審査は申し込む際に複数の個人情報を記入します。

住所氏名から家族構成に勤務先の会社情報まで、これらを総合して属性と呼びます。

そしてこの属性を用いてコンピューターの自動審査「スコアリングシステム」を活用しています。

スコアリングシステムはコンピューターが確認するわけですから、適当な情報や誤った記入をすると審査に落ちる可能性が高くなります。

たとえば、実際の年収325万円の人が面倒だからという理由で年収300万円と記入するのはおすすめしません。

正確な年収を記入するほうが、審査では有利になるんです。

だからといって逆に嘘の年収を記入しても、相手はプロですから人的審査でバレます。

自身にとって有利不利にかかわらず。正確に細かく記入するようにしましょう。

他社借入金額も正確に記入する

他社借入金額は正確に記入しなければなりません。

どうしても他社借入金額が少なければ審査でデメリットにならないので少なく申告したくなる気持ちはわかりますが、それは無駄な努力です。

審査では、信用情報機関に申込者の記録を照会します。

信用情報機関には借入件数や借入金額を確認できるので言うなれば筒抜け状態。

嘘つきと思われるほうが審査に影響を与えかねませんので、正確に記入しましょう。

提出書類に不備がないようにする

みずほ銀行カードローンは本人確認書類と収入証明書類※の提出が必須です。

※収入証明書類は50万円以上の借入の場合。

提出書類は決まったものしか利用できないので、適当に提出しないようにしましょう。

本人確認書類の場合は、以下の書類を提出できます。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)
  • 住民票(発行後3ヶ月以内)
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

運転免許証等で変更事項がある場合は両面の提出が必要です。

収入証明書類の場合は、以下の書類を提出できます。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書

インターネットで審査に申し込む場合、提出書類はスマホで撮影して画像化したうえで提出する人が多いのではないでしょうか。

撮影する際に書類が画面からはみ出したり不鮮明だったりすると再提出を求められます。

再提出になると融資まで時間が余計にかかり、デメリットにしかなりません。

提出できる書類を確認して正確に撮影して提出するようにしましょう。

収入証明書は提出したほうが審査に通りやすい

みずほ銀行カードローンは、限度額50万円以上の希望で収入証明書は提出が必須です。

50万円以下の希望限度額でも収入証明書を提出したほうが損はしません。

収入証明書を提出をしない場合は自由に年収を記入できますが、収入証明書を提出した場合は本当の年収だと証明できるでしょう。

提出することでより正確な情報を提供できるので審査に通りやすくなります。

前回の申し込みから半年以上空ける

みずほ銀行カードローンの審査に申し込んで落ちた場合、すぐに審査申し込むすることは控えるべきです。

というのも、なんらかの部分で審査基準を超えていなかったわけですから、すぐに審査を受けても結果はほぼ変わりません。

また記入内容を変えて再び審査を受ける人もいますが、それも嘘だと判断されるだけでメリットはないでしょう。

最低でも半年は空けるべきで、なおかつ転職等で自身の属性が上がったと客観的判断ができたときに再び審査に申し込んでみてはいかがでしょうか。

限度額を必要最低限に設定して申し込む

限度額は必要最低限に設定するべきです。

身の丈に合わない限度額を設定すると審査に落ちかねません。

たとえば、10万円しか必要ないのに100万円と設定した場合、10万円なら貸せても100万円は貸せないと判断されて落ちるというケースがあります。

また、50万円以上の限度額は収入証明書類の提出が求められますし、自主規制で年収の1/3以上の融資は厳しくなりました。

このような理由からなるべく限度額は少なく設定したほうが無難でしょう。

他社へ同時申込みを避ける

複数のカードローンの審査に同時申込はやめるべきです。

黙っていてもカードローンの審査に申し込んだことは信用情報機関で確認できます。

そして、短期間に複数のカードローンの審査に申し込むと悪い評価になりかねません。

これは「どうしてそんなにお金が必要なのか」「借りるだけ借りて踏み倒す気では」といった風に悪いイメージが持たれる場合があります。

こういった原因から同時申込は控えることをおすすめします。

みずほ銀行の口座へ預金を集める

みずほ銀行の普通預金口座を所有している場合は、なるべく多くのお金を集めるべきです。

審査の際に普通預金口座の残高を確認する場合があり、残高0円よりも残高100万円のほうが信頼度は増しますよね。

少しでも余分なお金があれば、みずほ銀行の普通預金口座を預けるようにしましょう。

借入目的は「引っ越し」か「旅行」がベター

借入目的の記入は、引っ越しまたは旅行がベターです。

急にまとまったお金が必要になったんだと説得力がありますし、日常的にお金が不足している人と判断される原因になりません。

これが生活費や遊興費になると日常的にお金に困っていたり金遣いの荒い人を思われる可能性もあるでしょう。

特別な理由がないかぎりは、引っ越しや旅行と記入したほうが無難です。

みずほ銀行カードローン審査に落ちたときの対処法

みずほ銀行カードローンの審査に落ちた場合は、以下の対処法があります。

  • 期間を空けて再び審査に申し込む
  • クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  • 他のカードローンの審査に申し込むことを検討する

上記の対処法の中で最もおすすめなのは他のカードローンを検討することです。

というのも、期間を空けたからといって審査に通る保証はありませんし、クレジットカードを所有していなかったりキャッシング枠が付与されていなかったりすると話になりません。

一方、みずほ銀行カードローンの審査に落ちても他のカードローンの審査に通らないことが決まったわけではなく、挑戦してみる価値は充分あるでしょう。

みずほ銀行カードローンの審査基準よりも甘いとは断言できませんが、次の項目でおすすめの銀行カードローンを紹介しておきましょう。

楽天銀行カードローンがおすすめ!

みずほ銀行カードローンの審査に落ちた場合、楽天銀行カードローンがおすすめ。

楽天銀行カードローンは最大限度額800万円、金利は年1.9%~14.5%です。

最大限度額や金利面でみずほ銀行カードローンと大差ありません。

審査の大部分を請け負う保証会社は楽天カード株式会社と株式会社セディナで、みずほ銀行カードローンの保証会社の株式会社オリエントコーポレーションとは異なります。

また、楽天銀行カードローンは普通預金口座の開設は不要。

みずほ銀行カードローンは口座開設が必須なので、口座開設はしたくないという方にも楽天銀行カードローンはおすすめです。

このように楽天銀行カードローンは充分におすすめできるので、検討してみてはいかがでしょうか。

確実に借りるなら消費者金融・ダイレクトワン

消費者金融のダイレクトワンは、スルガ銀行のグループ会社です。

なにより勘違いしないで欲しいことは、ダイレクトワンはあくまでスルガ銀行のグループ会社であって決して銀行カードローンではありません。

貸金業法の総量規制によって年収の1/3以上の借入はできないことを覚えておきましょう。

元は丸和商事と呼ばれる金融業者でしたが、平成24年にスルガ銀行により子会社化。

丸和商事の時代から数えれば設立年数60年以上なので老舗の金融業者になるでしょう。

また、スルガ銀行の子会社ですが、スルガ銀行の窓口では審査申込できません。

ただ、消費者金融のダイレクトワンとしては、東京都、山梨県、神奈川県、静岡県、愛知県に14の有人店舗を設置していますので、見たことがある人もいらっしゃるかもしれません。

消費者金融のダイレクトワンは審査が甘いという噂があります。

その理由は、上限金利が年20.0%と業界ワーストという部分。

大手消費者金融の上限金利が約18.0%で統一していることを考えると、それよりもまだ2.0%も金利が高いということは、貸し倒れリスクが低くなりますね。

貸し倒れリスクが低いということは、大手消費者金融の審査に通らなかった人の受け皿になり得ますので、結果的に審査が甘いという噂が広がる要因になるでしょう。

とにかくお金を借りたいと考える方は、消費者金融のダイレクトワンを検討してみてはいかがでしょうか。