レイクALSAの返済方法はこれで安心!払えないときの対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

レイクALSAの返済方法はこれで安心!払えないときの対処法

レイクALSAの借り入れ方法にはインターネット・自動契約機・電話の3つがあります。

どの申し込みを選ぶかは、自分に合ったスタイルを選ぶと良いでしょう。

家から出かける時間がもったいないと思う方はインターネットから、申込みからカードの受け取りまでを即日でやってしまいたい人は自動契約機を、実際にレイクALSAのオペレーターに相談しながら申し込みたい人は電話での申し込みをすることが出来ます。

しかし、お金を借り入れたのであれば、返済もしていかなければなりません。

レイクALSAには申し込みの種類以上に返済方法があるのです。

そこで今回は、レイクALSAの返済方法を紹介しつつ、予想以上にお金が必要になり返済に困っている人に対処法を解説していきます。

レイクALSAの返済方法は5つの方法がある

レイクALSAの返済方法や5つの種類があります。その種類は、WEB返済・提携先 新生銀行レイクATM・自動引き落とし・その他提携ATM・銀行振り込みの5つとなっています。

5つも返済方法があるので、その中から自分に合った返済方法が見つかるはずです。

特に身近にATMが無かったり、インターネットバンキングに登録していなければ使えない返済方法もあります。

そのため自分に合った返済方法を見つけるために、それぞれの返済方法紹介するので是非参考にしてみてください。

WEB返済

WEB返済はお持ちの金融機関口座からレイクALSAの返済口座へ振込み返済を可能にするサービスです。

インターネットバンキングを利用している人であれば、会員ページからインターネットバンキング口座を指定することで返済することが出来ます。

それではWEB返済のやり方を紹介します。

お持ちのパソコン・スマートフォン・アプリから

  • 会員ページにログインしWeb返済サービスを選択
  • 返済額を入力後に金融機関を選び金融機関のサイトへ
  • 金融機関のサイトへログイン、案内に従って手続きを
  • 返済額を確認して、振り込みを実行

以上操作で返済することが出来るのです。

WEB返済のメリット

やはり一番のWEB返済のメリットはインターネットバンキングを利用するので、いつでも場所を選ばずに例え深夜だとしても返済が出来る点です。

日中仕事で忙しい人にとっては、とても助かるのがWEB返済です。

時間帯も場所も選ばずに返済ができるので忙しい日々に追われていても滞りなく返済をすることが出来ます。

お持ちの口座でインターネットバンキングに登録しないといけないという点はありますが、インターネットバンキングからのWEB返済であれば、手数料無料で返済できるのでお持ちの方は是非WEB返済を利用してみてください。

提携先 新生銀行レイクATM

提携先の新生銀行レイクATMを利用して返済することが出来ます。

新生銀行レイクATMであればレイクALSAのカードを忘れたとしても、返済することが可能なのです!

レイクALSAのカードが無くても以下の情報を入力することで新生銀行レイクATMでは返済することが出来ます。

  • 自宅(携帯)の電話番号
  • 生年月日
  • カード暗証番号

以上3つの情報を覚えておけば、レイクALSAのカードが無くても返済可能なのです。

さらに新生銀行レイクATMであれば一括返済をすることも可能なのです。

ただ、総額返済をすると小銭が発生するので心配ということもありますよね。

なんと新生銀行レイクATMであれば硬貨のお釣りを払い出してくれるので、お釣りの心配をする必要が無いのです。

自動引き落とし

レイクALSAの返済方法で、一番確実に返済できる方法が自動引き落としです。

登録した銀行口座から、毎月自動的に引き落としてくれるのです。

もちろん手数料が無料で、ATMへ行く必要が無いので非常に便利です。

他の返済方法だと毎月の返済時に、振り込みなどの操作をしなければなりませんが、自動引き落としであれば何もせずに引き落としてくれるのです。

もし、振り込みを忘れてしまいそうだと思う人は自動引き落としでの返済方法を選びましょう。

自動引き落としの注意点

非常に便利で手数料がかからない自動引き落としですが、気を付けなければならない注意点があります。

それは引き落とし時に、銀行口座内に返済額以上の金額が無ければならないということです。

銀行口座にお金が入ってなければ返済金額を引き落とすことが出来ません。

もし引き落としがされなかった場合は、金額が不足している可能性が高いのでレイクALSAに連絡をしましょう。

再度の引き落としには対応していないのです。

その他提携ATM

その他提携ATMでも返済をすることが可能です。

対応している提携ATMは、セブン銀行・イーネットATM(ファミリーマートやポプラ)・ローソン銀行ATMなどが対応しています。

その他提携ATMの場合、1,000円単位での取り扱いのため一括で返済することができません。

それに各ATMでメンテナンスや休止時間があるので事前に確認が必要です。

場合によって店舗や施設入っている時もあるので、営業時間内に返済の振込みをする必要があります。

銀行振込

レイクALSA指定の銀行口座へ振込みすることで返済することが出来ます。

もし近くに返済可能な提携ATMが無い場合は銀行振込の利用を検討すると良いかもしれません。

場合によっては振込み手数料が掛かるかもしれません。

レイクALSAは利用残高に合わせて返済額が変動

レイクALSAの返済金額は、借り入れをした時の金額に応じて返済金額が設定されます。

ただ、お借入れをした以降に追加で借り入れをした場合は、利用残高に合わせて返済額が変動する方式になっているのです。

つまり、当初100,000円の借り入れをしていた場合、後日追加で50,000円借り入れを行うと150,000円の借り入れ金額となるので150,000円から返済金額が設定されます。

なので途中で追加の借り入れをすると、返済中の借り入れ残金と新たな借り入れ金額を合計したものから返済金額が設定されるのです。

借入残高が高くなると毎月の支払いはきつくなる

当然のことながら先ほどの説明通り、借入残高が高くなると毎月の支払がきつくなるのです。

そのため、必ず追加で借り入れを行う時は、現時点の返済残高の確認や、追加の借り入れをした場合、いくらの返済総額になるかを確認しなければならないのです。

もし、月々の返済金額が厳しい場合は追加の借り入れを行うときには注意しなければなりません。

最悪の場合、月々の返済金額が上がり、生活に影響が出るくらいに家計が苦しくなる可能性があるからです。

必ず追加の借り入れを行うときは返済計画を考えながら借りましょう。

レイクALSAは返済日を自由に設定できる

例えばクレジットカードの引き落としの場合、基本的に引き落とし日が設定されています。

そのため、給料日と引き落としがある日を考えてお金を使わなければ、引き落とし日にお金がなくて引き落とされないということになるのです。

ですがレイクALSAの返済日は自由に設定することが出来るのです。

さらにその月の返済は、14日前から返済することが可能なのです。

もしお金に余裕が出た時は早めにその月の、返済を行うことが出来るのです。自分の都合が良い時に返済が出来るので非常に便利です。

もちろん返済日が近くなった時にお知らせもしてくれます。返済日前後のお知らせサービスで登録したメールアドレスに連絡が来るようになっています。

自分で設定した返済日を忘れないようにしよう

返済日より14日前から返済の振込みをすることができますが、肝心なのは自分で設定した返済日を忘れないことです。

例えば引き落としの場合、返済日に銀行口座のお金が足りないとなると、引き落とされません。

お金を準備して自分で振り込みをしないといけないのです。

さらに返済日を変更できるとしても、返済を待ってもらうことはできないのです。

もし返済が遅れ、遅延損害金が発生すると年率20.0%が適用されてしまうのです。

レイクALSAも親切でお金を貸してくれいる訳ではないので、損害金が発生してしまうのはしょうがないのです。

なので必ず自分で設定した返済日を忘れないようにして、計画的に返済できるようにしておきましょう。

レイクLASAは無利息期間中に返済すれば利息0円!

レイクALSAは無利息期間中であれば、60日間利息0円のキャンペーンを行っています。

つまりレイクALSAで借り入れをしたとしても、60日間で返済することが出来るのであれば利息が0円で借り入れが出来るのです。

もちろんレイクALSAで借り入れをしようと思っている人が対象なので、60日間に返済できなくてもその間の利息は0円なので非常にお得なのです。

ですが利息0円キャンペーンに該当しない場合もあるので注意が必要です。

まずキャンペーン実施期間内に60日間無利息を選択して契約した人、借り入れ契約金額が200万円以内の方となります。

借り入れの契約金額が200万円を超える方は60日間の利息0円のキャンペーン対象外となるのです。

レイクALSAでは紹介した通り5つの返済方法があります。自分に合った返済方法を見つけて計画的に返済できるように借り入れをしましょう。