SMBCモビットの返済について

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

カレンダーとお金と計算機

お金を借りたあとは絶対に返済しなくてはなりません。しかし、お金を借りるならまだしも、返済に手間や時間をかけたくないのが本音です。
そんなときモビットであれば、手軽に返済を済ませることができるので非常におすすめです。返済方法も豊富なので、ライフスタイルに合わせて選ぶこともできます。
この記事ではモビットの返済方法と、知って得する返済関連情報を幅広く紹介していきます。モビットの利用を検討している方も、現在利用している方もぜひ参考にしてください。

モビットの返済方法について

モビットには口座振替・提携ATM・銀行振込・コンビニ返済と4つの返済方法があります。それぞれの返済方法にメリットとデメリットがあるので、自分にはどの返済方法が合っているのか知っておくといいでしょう。
ここからは各返済方法について、メリットとデメリットを紹介していきます。

口座振替返済のメリット・デメリット

口座振替とは、返済日になると自分の口座から返済額が引き落とされ、自動的に返済を終わらせることができる方法です。そのため返済に全く手間がかからないというメリットがあります。
しかし口座に預金がなければ引き落としされず、延滞してしまうことになります。口座振替を選んだ方は、常に口座には預金を入れておくようにしましょう。

提携ATM返済のメリット・デメリット

モビットは提携ATMの数が多く、モビットカードを利用して簡単に返済を済ませることができます。また口座振替返済とは異なり、自分の好きなタイミングで返済できるというのは大きなメリットです。デメリットとしては、わざわざATMまで出歩くのが面倒ということと、時間帯やATMによっては手数料がかかってしまうことです。
また特定の地方銀行ATMを利用した場合、後日自宅に明細書が郵送されるリスクもあります。

モビットの提携ATM一覧

【利用後にその場で明細書が発行されるATM】

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • プロミス
  • セゾン
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 親和銀行
  • 熊本銀行
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • セイコーマート

【利用後に明細書が自宅へ郵送されるATM】

  • 北洋銀行
  • 北海道銀行
  • みちのく銀行
  • 仙台銀行
  • 常陽銀行
  • 足利銀行
  • 栃木銀行
  • 群馬銀行
  • 武蔵野銀行
  • 千葉銀行
  • 京葉銀行
  • 横浜銀行
  • 第四銀行
  • 北陸銀行
  • 大垣共立銀行
  • 十六銀行
  • スルガ銀行
  • 中京銀行
  • 百五銀行
  • 京都銀行
  • 池田泉州銀行
  • 但馬銀行
  • 南都銀行
  • 紀陽銀行
  • トマト銀行
  • もみじ銀行
  • 西京銀行
  • 百十四銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 宮崎銀行
  • 信用金庫
  • VIEW ALTTE

モビットが提携しているATMは全国に13万台以上(※2017年6月現在)あります。ATMでの利用をメインに考えている方にも大変おすすめです。

振込返済のメリット・デメリット

モビットでは、モビットが指定する口座への振込返済も可能です。
メリットとしてはモビットカードを持っていなくても返済できる点です。ただし15時以降の振込は翌日以降に反映されるので、14時までに振込は終わらせておくようにしましょう。また銀行によっては所定の手数料も発生するので、毎回振込返済を利用するのはおすすめしません。

コンビニ返済のメリット・デメリット

意外と知られていませんが、モビットではコンビニのマルチメディア端末を利用して返済を済ませることができます。マルチメディア端末を利用して返済すれば手数料無料なので、少々手間はかかりますが節約したい人にはおすすめです。

モビットの返済期日について

モビットの返済期日は、5日・15日・25日・末日の中から契約時に選ぶことができます。お金が入ってくるタイミングに合わせて設定しておくといいでしょう。
初めての借入の場合、設定した返済期日の2週間以内であれば、直近の期日ではなくその次の期日が約束日となります。出来るだけ返済を先延ばしにしたい方は、借入日も工夫するようにしましょう。

返済額は借入後残高スライド元利定額方式で決まる

モビットでは借入後残高スライド元利定額方式が採用されており、返済期日時点での借入残高に応じて返済額が変動するようになっています。借入残高ごとの返済額は下記のようになっています。

借入後残高 毎月の返済額
~10万円 4,000円
~20万円 8,000円
~30万円 11,000円
~40万円 11,000円
~50万円 13,000円
~60万円 16,000円
~70万円 18,000円
~80万円 21,000円
~90万円 24,000円
~100万円 26,000円

毎月の返済額はいつ決まる?

毎月の返済額は会員ページから簡単に分かります。返済期日前になるとモビットからメールで連絡があるので、返済額はこまめに確認するようにしましょう。

借入までの返済シミュレーションをしよう

はじめて消費者金融を利用する方で、毎月の返済額がどのくらいになるか見当つかない方は、あらかじめ返済シミュレーションをしておくといいでしょう。モビットの公式サイトでは、希望している借入額に応じて毎月の返済額をすぐに計算してくれます。トータルで発生する利息も把握できるので、返済計画を立てる際にも役立ちます。

お得に返済を済ませるなら随時返済をしよう

モビットをお得に利用したい方は、随時返済を積極的に行うようにしましょう。
随時返済とは返済期日以外に行う返済のことで、期日までに元金を減らしておくことで発生する利息を抑えられます。随時返済は自分の好きなタイミングで行えるので、お金に余裕がある時は積極的に返済するようにしましょう。

返済に困ったらコールセンターに電話しよう

モビットの返済に関して困ったことがあれば、専用のコールセンターへ連絡することをおすすめします。「今月は苦しいから返済金額を変更してほしい」「給料がまだ入らないから返済期日を待って欲しい」など要望がある方は、モビットのコールセンターに電話しましょう。
【モビットコールセンター:0120-24-7217】

返済方法を口座振替に変更したい場合

返済方法を口座振替に変更したい方は、コールセンターに電話をして「預金口座振替依頼書」を取り寄せましょう。送られてきた書類に必要事項を記入し、銀行の届け印を捺印し返送することで、1~2カ月程度で返済方法は切り替わります。
なお、モビットでは三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座でなければ、口座振替返済は利用できないので、希望する方は前もって用意しておきましょう。

モビットの返済に遅れたらどうなる?

モビットの返済に何度も遅れていると、最悪の場合今後ローン商品を利用できなくなる可能性もあります。ここからはモビットの返済に延滞した際に、考えられるデメリットを紹介していきます。

遅延損害金が発生する

遅延損害金とは返済に遅れた際のペナルティのようなもので、TSUTAYAの延滞料のようなものと考えていいでしょう。モビットでは遅延損害金は年率20.0%で設定されています。これは通常の利息に加えて、年率20.0%の利息が加わることを意味します。延滞している期間、普段の倍以上のペースで利息が発生してしまうのです。

信用情報に延滞の記録が残る

信用情報とは消費者金融やクレカなどのローン商品へ申し込んだ際、審査で見られる情報のことです。信用情報にはこれまで利用してきたローン商品の記録が残されており、あらゆる金融機関の間で共有されています。
そのため信用情報に返済を延滞した記録が残ると、今後のローン審査で不利になってしまうのです。

契約が強制解除される可能性も

何カ月も連続して延滞したり、2カ月以上返済を遅延したりした場合、モビットから契約を強制解除されるかもしれません。契約が解除されれば新たに借入はできなくなり、借金だけが残ることになります。また信用情報に強制解除した履歴があると、ブラックリスト扱いとなり、あらゆるローン審査に通らなくなります。返済を延滞していると、今後の人生にも多く支障を及ぼすので気をつけましょう。

まとめ

モビットは返済方法の種類が豊富で、自分の生活スタイルに合わせて選ぶことができます。
お得に返済を済ませたい方は、借入前に返済計画をしっかりと立て、積極的に随時返済を行うようにしましょう。また返済に遅れると今後の人生にも大きく影響を及ぼすので、返済に困った際には事前にモビットへと相談するようにしましょう。