無金利でおかねを借りる方法と注意点

無金利でおかねを借りる方法と注意点

おかねを借りる時には、金利無しで借りたいものです。

利息もかからないし返済も元金だけでよければ、それに越したことはありませんよね。

このページでは、無金利でおかねを借りる方法を解説しています。

無金利でおかねを借りる際の注意点も合わせて解説しているため、おかねに困っている人は必見の内容です。

長期的に無金利でおかねを借りる方法はない

長期的に無金利でおかねを借りる方法はありません。

貸金業者からおかねを借りる為には、相応の金利がかかることになります。

金利分のおかねを回収することで貸金業者は利益を得ているのです。

長期的に無金利でおかねを貸し出したとしても、貸金業者からすれば何の利益にもなりません。

そのため、一部の公的機関を除き、一般的な貸金業者では長期的に無金利でおかねを借りることはできないのです。

カードローンの無利息期間を利用すれば無金利でおかねを借りることが可能

カードローンの無利息期間を利用すれば、無金利でおかねを借りることが可能です。

無利息期間とはその名の通り、契約から一定期間無金利でおかねを借りることができるサービスです。

短期的におかねを借りる場合には、返済を元金だけで済ませることも可能です。

そのため、長期的な利用をしない人にとっては、無金利でおかねを借りることが可能なのです。

しかし、カードローンの無利息期間を利用する場合には、3つの注意点を踏まえておく必要があります。

  • カードローンによって無金利の期間は異なる
  • 無金利期間は初めて利用する人のみ利用できる
  • カードローンの無利息期間は「起算日」が大きく影響する

カードローンの無利息期間を利用しようと検討している場合は、まずこれらの三つの注意点を押さえておくことが必要です。

カードローンによって無金利の期間は異なる

カードローンによって、無金利の期間は異なります。

無金利の期間は、貸金業者によって最短で1週間最長をは30日までと、かなりの幅を確認することができます。

そのため、カードローンを選ぶ際には、この無金利の期間の長さを確認しておくと良いでしょう。

なかでも大手消費者金融の多くは、30日間の無金利期間を設けているところが多いです。

大手消費者金融ならではの信用も加わり、安心して利用することができるでしょう。

無金利期間は初めて利用する人のみ利用できる

一定期間の無金利の期間は、その消費者金融を初めて利用する人にのみ、利用が許されます。

つまり、2回目以降の利用の場合には、その消費者金融で一定期間の無金利期間を利用することはできません。

金利は利用状況が良いと少しずつ下げてもらうことができます。

そのため、無金利とはいかなくても良好な利用状況を積み重ねていくことで、少しでも安い金利で消費者金融からおかねを借りることができるのです。

無金利期間は最初だけの特権だと思って利用するようにしましょう。

カードローンの無利息期間は「起算日」が大きく影響する

プロミス 初回借入日の翌日が起算日
レイクALSA 契約日の翌日が起算日
アコム 契約日の翌日が起算日

カードローンの無利息期間では、無金利の「起算日」が大きく影響します。

大手消費者金融であるプロミスやレイクALSA、アコムを例に見ても違いはあります。

プロミスは初回借入日の翌日が起算日なのに対し、レイクALSAやアコムの起算日は契約日の翌日となっているのです。

つまり、レイクALSAやアコムは、おかねを借りていないうちに無金利期間が終了してしまう可能性があるのです。

カードローンを利用する際には、カードローンによって違う無利息期間の「起算日」が大きく影響することになります。

無利息期間の起算日は公式サイトから確認することができます。

そのため、カードローンを利用する際にはあらかじめ確認しておくようにしましょう。

生活福祉資金貸付制度なら無金利で生活のためのおかねを借りることができる

生活福祉資金貸付制度は、公的機関の融資制度の中でも指折りの柔軟さを誇る公的融資制度です。

高齢者や障害によって安定した収入を得ることが困難な人や、収入が少ない世帯を対象に無金利でおかねを融資しています。

自立促進や社会に積極的に参加することを促すための目的もあわせ持っているため、就職に必要な知識などの共有もおこなっています。

急なリストラや倒産で失業してしまった時や、どうしても生活が苦しい時などにおかねを借りることができるのが、生活福祉資金貸付制度です。

年金受給者は年金担保貸付を利用すると無金利でおかねを借りることができる

日本の法律で唯一、年金を担保にして融資を受けることが認められている制度が、年金担保貸付です。

医療費や生活必需品の購入冠婚葬祭などで一時的に資金の調達がしたい時に、年金受給者が利用することができます。

貸付限度額は200万円となっておりそれ以上の借り入れを受けることはできません。

しかし、資金の利用用途が常識的に考えて公衆衛生上好ましくないものではおかねを借りることができません。

債務の返済に充てることは可能なため、比較的自由なおかねを借りる方法であるといえるでしょう。

求職者支援資金融資制度は無職や求職中でもおかねを借りることができる

無職の状態や求職中でもおかねを借りることができるのが、求職者支援資金融資制度です。

求職者支援資金融資制度は、職業訓練受講給付金だけでは生活を営むことが難しいという人に向けた公的融資制度です。

配偶者又は子供がいる世帯は月10万円を借り入れることができます。

単身者世帯でも月5万円の借り入れを受けることが可能です。

無金利でおかねを借りるときの注意点

ここからは、無金利でおかねを借りる時の注意点を解説していきます。

  • 銀行カードローンから無金利でおかねを借りることができない
  • 総量規制に引っかかっているとおかねを借りる事はできない
  • 無金利期間中に返済が遅れるとその利息を支払わなくてはならない
  • 無金利でおかねを借りる前に在籍確認をクリアしなくてはならない

無金利でおかねを借りる場合には、以上の4つの注意点を踏まえておく必要があります。

仮に先述した4つの条件を満たさないで無金利の貸付をおこなっている消費者金融があるとしたら、その業者は法に反した高金利でおかねを貸し付ける「闇金」の可能性があります。

喉から手が出るほど欲しい無金利の借り入れではありますが、闇金に手を出してしまっては元も子もありません。

闇金に引っかからないためにも、これらの注意点をしっかりと確認し、正規の借入先からおかねを借りるようにしましょう。

銀行カードローンから無金利でおかねを借りることはできない

銀行カードローンでは、原則として無金利でおかねを貸してはくれません。

また、貸金業法によって銀行のカードローンでは即日融資を受けることもできません。

そのため、銀行カードローンから無金利でおかねを借りたい人や即日融資を受けたい人は、民営の消費者金融の融資を受ける必要があります。

何があっても銀行カードローンが制度を変えることはないため、おとなしく消費者金融の審査を受けることが賢明です。

総量規制に引っかかっているとおかねを借りることはできない

総量規制に引っかかっていると、無金利でおかねを借りることはできません。

総量規制とは、貸金業法のという法律の一つで、年収の1/3以上の借り入れを禁じるというものです。

貸金業者である消費者金融はこの貸金業法の総量規制を遵守しなくてはなりません。

年収の1/3以上を既に借り入れていて、総量規制に引っかかっていると、それ以上消費者金融からおかねを借りることはできないのです。

無金利期間中に返済が遅れると相応の利息を支払わなくてはならない

無金利期間中に返済ができないと、その利息を払う必要があります。

無金利期間はカードローンによって違いますが、最長でも1ヶ月と定められています。

そのため、一か月以上返済をしていないと、結果として返済をしなかった期間分の利息がかかってしまうのです。

そのため、無金利期間を利用しておかねを借りることを考えている人は、そのカードローンの無金利期間中に返済をできる目処が立っているかどうかを一度確認しましょう。

無金利でおかねを借りるまえに在籍確認をクリアしなくてはならない

無金利でおかねを借りる前には通常の借入時と同様、在籍確認をクリアする必要があります。

在籍確認とは、申込者が申告した勤務先に実際に勤務しているかを確認するためのものです。

申込者が実際に勤務先に在籍しているかを確認することで、申込者の返済能力の裏付けを取る目的があります。

在籍確認は通常勤務先への電話連絡によっておこなわれます。

この在籍確認がクリアできないと、無金利であっても金利があったとしても、貸金業者からおかねを借りることはできません。

そのため、おかねを借りるためには在籍確認をクリアすることが必須条件となるのです。

無金利でおかねを借りる際は慎重に

無金利でおかねを借りる際は、慎重に事を進めるようにしましょう。

無金利で都合のいい条件でおかねを貸してくれる業者がある場合、それは闇金の可能性もあります。

全部が全部闇金というわけではありませんが、金融庁に認可された正規の消費者金融は、基本的に利息を取ることで利益を得ています。

そのため、集客のために無金利でおかねを融資するとうたっている業者があれば、その業者は闇金の可能性が高いのです。

闇金の他にも、無金利でおかねを借りるときには大きなリスクが伴うことがあります。

そのため、無金利でおかねを借りる際には、慎重に物事を判断し進めるようにしましょう。