プロミスの審査時間はどれくらい?審査結果が遅い時の対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

プロミスの審査時間はどれくらい?

大手消費者金融として有名なプロミスでは、ほかのカードローン会社と同様に申込時に審査が行われます。

銀行系のカードローンと異なり、プロミスなどの民間消費者金融の審査は申し込んだその日の内に完了することがメリットです。

しかし、状況に応じて審査にかかる時間が長くなる場合があります。

プロミスの審査が込み合いやすい時間帯や曜日、申込時の手続き方法によって審査時間が変わるため、注意が必要です。

今回は、審査にかかる時間と審査結果が遅い時の対処法をご紹介します。

プロミスの審査時間は最短30分

まずは、プロミスでカードローンを新規申し込みする時の最短時間について確認してきましょう。

プロミスの公式ホームページの記載によると、審査時間は最短30分間となっています。

申込をしたその日のうちに融資を受けることが可能です。

ただし、最短の審査時間で申し込みが完了するためには、いくつかの条件が必要となります。

たとえば、プロミスの審査回答時間内に申し込みを行うことや、申込方法で適切なものを選ぶことなどです。

審査回答時間は9:00~21:00

プロミスの審査回答時間は、9:00~21:00までの間です。申し込みの受付自体は24時間いつでも行っていますが、実際に審査作業が行われるのは営業時間内のみということに注意しましょう。

夜21時以降の遅い時間帯に申込をした場合や、朝9時前の早朝に申し込みをした場合には、最短の30分での審査完了にはなりません。

審査結果が通知されるのは、翌営業時間の9:00以降となります。

そのため、もし緊急で手元にお金が必要になったとしても、上記の時間帯を逃してしまうと最短30分での審査ができないことにご注意ください。

できるだけ時間に余裕をもってプロミスの審査に申し込むことがおすすめです。

状況に応じて審査時間が長引くケースもある

プロミスの審査にかかる時間は最短で30分ですが、状況に応じて審査時間が長引くケースもあります。

すぐに審査が終わると思っていても、以下の条件に当てはまる場合には融資までに時間がかかってしまうため、注意しましょう。

申し込み状況が混雑している時間帯・時期

プロミスの審査に時間がかかるケースとして、申し込み状況が混雑している時間帯や時期などが挙げられます。

カードローン審査が混雑しやすい時間帯は、土日祝日明けの月曜の午前などです。

また、季節的にはレジャーシーズンである春や秋に、申込者が増える場合があります。

特に、ゴールデンウィークやシルバーウィーク、夏休みなどの大型連休があるときには、カードローンの新規申込者が増える傾向です。

プロミスの申込審査はすべてスタッフが営業時間中に行うため、上記のような繁忙期では審査完了までに時間がかかる場合があります。

在籍確認の電話に対応できていない

プロミスの申込審査では、勤め先への電話による在籍確認が行われます。

在籍確認とは、申込時に記入した勤務先に申込者が実際に勤務しているかどうかを確認するための審査プロセスです。

この電話に対応できていない場合、審査を完了することができません。

在籍確認の電話は本人以外の職場の人が出ても大丈夫です。

その際、カードローンの申し込みに関する審査だということが分からない形で在籍確認の電話連絡がかかってくるため、安心してください。

また、自分自身が電話に出られるようであれば、その方法が最もスムーズです。

在籍確認の電話がかかってきたときに社内に誰もいない場合や、電話に出ることができなかった場合でも、3~4回は日を改めて電話がかかってきます。

審査時間を短くしたい方は、早めに在籍確認を済ませるようにしましょう。

プロミスからの本人確認の電話に出ていない

プロミスの審査の時間がかかるケースとして、本人確認の電話に出ていないというパターンが挙げられます。

本人確認の電話連絡は、職場への在籍確認より前の段階で行われるものです。

申込時に記入した電話番号あてに、本人確認の電話がかかってきます。

審査のプロセスは本人確認が済んでからでないとスタートしないため、必ず本人確認の電話には出るようにしましょう。

必要書類に不備がある

プロミスの審査で提出する必要書類に不備がある場合にも、審査に時間がかかってしまうことが多いです。

提出書類の中で必要なものが抜けていたり、記入すべき情報を書き忘れてしまったりした場合は、審査に時間がかかってしまいます。

また、記入した情報に誤りがあると審査トラブルの原因となるため、しっかりと確認してから提出するようにしてください。

必要な手続きを終わらせていない

Webからのプロミスの審査申込などで、必要な手続きがすべて完了しないうちにページを閉じてしまうなどのケースがあります。

自分では審査に申し込んだつもりでも、確認画面のところまでで止まってしまっていたりする場合があるため、注意してください。

信用情報に不安点があり本部で協議している

審査に時間がかかるケースとして、信用情報に不安点があるという場合も考えられます。

過去の金融商品の利用歴やそのほかの信用情報に関する傷があると、審査にかかる時間が長くなるので要注意です。

これまでの金融商品や公共料金の支払いなどに特に問題がない場合には、気にする必要はありません。

信用情報に不安な点がある方は注意してください。

必要書類の受け取りを郵送にしている

プロミスの審査では、必要書類の提出をWebから行う方法と、郵送で行う方法のいずれかを選べます。

この時、郵送を選択している場合には、必要書類が手元に届くまでに2~3営業日かかるのが一般的です。急いでいる方はWebからの申し込みを選びましょう。

プロミスの審査時間が長引いたときの対処法

次に、プロミスの審査時間が長引いた時の対処法について確認していきましょう。

様々な理由で審査時間が長引くケースがありますが、予想以上に時間がかかっている場合には必ず、プロミスの問い合わせ窓口で確認しておくのがおすすめです。

電話で審査状況を確認してみる

プロミスの審査時間が長引いた場合、最もおすすめの対処法は電話による状況確認です。

営業時間内で電話が込み合っていない時であれば、自分の審査状況をいち早くチェックすることができます。

プロミスと問い合わせ窓口の電話番号は、プロミスの公式ホームページなどから確認可能です。

問い合わせ時には、申込者の氏名などの情報に加えて、自分の審査状況を確認したい旨を伝えるようにしましょう。

プロミスから連絡がないか確認する

プロミスからの審査に関する連絡がメールや郵送の形で来ている可能性があります。

審査に時間がかかっていると思い込んでいても、実際にはすでに結果の通知が来ていて、自分が見落としているというパターンがあるかもしれません。

プロミスの申し込み時に記入したメールアドレスや住所、電話番号あてに連絡が来ていないかどうかを必ずチェックするようにしてください。

焦って他社へ申し込むのは絶対NG

プロミスの審査に時間がかかっている時の対処法として絶対にNGなのが、焦って他社のカードローンに申し込んでしまうということです。

この方法を行うと、かえって審査に落ちてしまう危険性が高くなります。

カードローンの審査時には、本人の属性や信用情報といった返済能力に関する審査の他、他社からの借入や同時に申し込んでいる件数なども審査されます。

同時に複数のカードローン会社に申し込んでいると「申込ブラック」という状態だと見なされてしまい、どちらのカードローンも通らなくなってしまうので注意してください。

プロミスの審査を早く終わらせるには?

プロミスのカードローン審査をできる限り早く終わらせる方法についてご紹介します。

プロミスのカードローン審査は最短で30分となっていますが、この時間で審査を完了し即日融資を受けるためには一定の条件が必要です。

審査を最速で終わらせるために注意しておきたいポイントは以下のような項目となります。出来るだけ早く融資を受けたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

WEBで・自動契約機から申し込む

プロミスの審査を最速で終わらせるためには、審査完了までの時間が短い申込窓口を利用する必要があります。

具体的には、WEBからの申し込みと、自動契約機からの申し込みの2種類が選択可能です。

WEBからの申し込みは、ネットがつながっているPCやスマホ、タブレット端末があれば行えます。

審査に必要な書類などは、専用のアプリやメールでの写真転送を通じて行うため、すぐに審査が可能です。

本人確認の書類として、運転免許証やパスポートなどの写真付きのものがあれば最速で審査が終わります。

もし、写真付きの本人確認書類がない場合には、住民票の写しと保険証など、2種類の書類を組み合わせて提出しましょう。

借入限度額が50万円未満の場合は、収入証明書類の提出は不要です。

自動契約機の場合、街中にあるプロミスの自動契約機のブースについているテレビ電話を通じて、オペレーターがその場で審査手順を進めてくれます。

提出書類を準備した上で、自動契約機コーナーを利用しましょう。

本人確認と合わせて収入証明書も提出する

審査をスムーズに終わらせるための方法としておすすめなのが、収入証明書も併せて提出する方法です。

収入証明書は50万円未満の限度額で申請する場合基本的には不要ですが、提出すれば自分の収入を客観的に証明できるため審査がスムーズになります。

収入証明書として使える書類は、源泉徴収票や直近2ヶ月の給与明細などです。

なお、自営業の方の場合は自分自身に給与明細を発行しても収入証明書類として使用することができません。

その場合は、確定申告の関連書類など、所得が客観的に確認できる書類を使うようにしましょう。

申込情報は細かく正確に入力する

プロミスの審査をできるだけ早く終わらせたい方は、申込情報をできるだけ細かく正確に入力するようにしてください。

職業の種類や住所、連絡先の情報などをきちんと入力しておくと、その後の審査プロセスが滞りなく進みます。

申し込み情報が不十分、打ち間違えによる誤記などがあると、審査の際に確認のための時間が発生してしまうので注意が必要です。

特に、勤務先の住所や連絡先、現在の年収などの重要情報はしっかり確認して入力するようにしてください。

在籍確認の電話には出られるようにしておく

審査プロセスで必ず必要になる在籍確認の電話は、1回目にかかってきたときに出られるようにしておくことが大切です。

会社に誰もいない時間帯などに在籍確認の電話がかかってきてしまうと、次にかかってくるまでに審査完了が長引くので注意しましょう。

本人確認の電話がかかってきた際に、在籍確認の電話の日時をある程度の幅で設定しておくことができます。

スムーズに在籍確認の電話に出られる時間帯を伝えるのがおすすめです。

土日なら在籍確認を後回しにすることも可能

プロミスの場合、審査で土日を挟んでしまって在籍確認できるまでの日数がかかるときには、相談次第で在籍確認を後回しにしてもらうことが可能です。

ただし、基本的には電話による職場への在籍確認は必須となるため、要相談となります。

本人確認の電話がかかってきたタイミングで、在籍確認を後回しにしてもらうことが可能かどうか相談してみてください。

収入証明書類などがきちんと提出できていれば、在籍確認の電話を後回しにしてもらえる可能性が高いです。

プロミスの審査基準を教えます!審査に落ちる人の特徴と対処法

数時間程度なら焦らずに待つことをおすすめ

今回は、プロミスの審査時間が長引く場合や対処方法についてご紹介しました。

最短30分の審査をうたっているプロミスではありますが、混雑時には数時間程度審査に時間がかかることも珍しくありません。数時間程度であれば焦らずに結果を待つことをおすすめします。

焦って他のカードローン会社に申し込みをしてしまったりすると、審査で不利になってしまうこともあるため、ご注意ください。数時間程度待って審査の結果通知がない場合には、まずは電話でプロミスに確認してみるのがおすすめです。

プロミスのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説