闇金とは?正規のキャッシング業者との見分け方!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

借金で苦しむ男性

お金に困っているからといって、闇金を利用してはいけません。

闇金は違法な金利で財産を奪い取り、違法な取り立てで生活をめちゃくちゃにしてしまいます。

またあなただけでなく、家族や友人など周囲の人たちにも迷惑をかえてしまうので、絶対に利用しないようにしましょう。

今回は闇金とは何なのか、また正規のキャッシング業者の見分け方を解説していきます。

闇金とは?

闇金とは正規の貸金業者ではない違法な悪徳業者を指します。

本来キャッシング業務を行うためには、貸金業者として国や都道府県から認可を受けなくてはいけません。認可を受けていない業者はすべて違法業者なので、絶対に利用しないようにしましょう。

闇金の多くは違法な金利を設定しており、暴利で貸し付けを行っています。

10日で元金の一割増えていく「トイチ」や、10日で5割の利息が増える「トゴ」など、年率で計算すれば天文学的な数字になる暴利で貸付を行います。

そのため闇金を利用したほとんどの人が返済できず、財産をすべて奪い取られているのです。

また闇金は取り立ても乱暴で、法律で決められたルールを守ることもありません。

夜中の訪問や勤務先への迷惑電話など、あらゆる嫌がらせを講じてお金を奪い取ろうとします。

一度闇金を利用してしまうと、人生をめちゃくちゃにしてしまうので、絶対に利用しないようにしましょう。

最近流行りのソフト闇金に注意

一昔前までは闇金といえば、明らかに怪しい雰囲気があり簡単に見分けることができました。

しかし最近では正規のキャッシングを装った「ソフト闇金」が流行っているので要注意です。

ソフト闇金は融資を行うまでは親切な対応をしますが、返済が少しでも滞ると無理やりな取り立てを始めます。

違法な金利での貸し付けをばれないように色々と工夫しているので、騙されないようにしましょう。

また最近ではソフト闇金と名乗って、堂々とサイトを運営している業者もあります。どこからも借りられないからとソフト闇金を利用するのだけはやめましょう。

ソフトと名前はついていますが、実情は闇金と変わらない悪徳業者です。

闇金の見分け方

金利の表記をチェックしよう

闇金かどうか見極めるには、まずは金利をチェックしましょう。

貸金業法では年率20%を超える金利は禁止されています。そのため金利が20%を超えた時点で闇金であることは確定です。

また金利が実質年率と明記されていないときも、闇金と考えていいでしょう。

正規のキャッシング業者では、一年間でどれくらいの利息が発生するのかを現す実質年率で金利を表示することが義務づけられています。

月利や日利で表記されている業者は闇金なので注意しましょう。

同じ数字であっても、年利か日利かで発生する利息は大きくことなります。月利や日利の業者は絶対利用しないようにしましょう。

貸金業者登録番号をチェックしよう

正規のキャッシング業者は、国や都道府県から認可を受ける際に登録番号が貰えます。

貸金業者の登録番号は正規の業者であれば必ず記載されているので、見つからないときは闇金かもしれないと疑いましょう。

また闇金の中には、正規の業者の貸金番号を偽って記載しているところもあります。

少しでも怪しいと感じたら、金融庁に問い合わせて確認するようにしましょう。

金融庁以外にも貸金業協会に問い合わせることで、闇金かどうか見極めることができます。

正規のキャッシングを利用できない方へ

ここまでは闇金に騙されない方法を紹介してきましたが、中には相手が闇金だと分かっていても利用してしまう人もいます。

正規のキャッシング業者の審査に通らないからです。

しかし闇金を利用してしまうと、元の生活に戻ることはありません。暴力団など絡んでいる闇金であれば、生命の危険にもおよびます。

借金をしなくても問題を解決する方法はいくらでもあるので、冷静になって対処法を考えるようにしましょう。

借金の返済に困っている方は?

借金の返済に困ったからといって闇金を利用するのは最悪です。

現在抱えている借金を返せないのであれば、闇金から借りても返済できるはずがありません。

正規のキャッシング業者からの借金を返済できなくなった時点で、債務整理を行いましょう。

債務整理を申し込んだ時点で、取り立てや利息はすぐにストップさせることができます。また任意整理や個人再生であれば、家族や会社に内緒で債務整理をすることもできるので、一度弁護士に相談するようにしましょう。

闇金は法律を守ることはないので、債務整理を行ったとしても関係なく取り立てを行います。一生つきまとわれることになるので、絶対に利用してはいけません。

生活ができない方は?

生活ができないからといって、闇金に手を出すのはいけません。

まずは区役所で生活保護を申請しましょう。

最近は生活保護の審査が厳しくなっているといいますが、きちんと手続きを行えれば受給できるので、まずは窓口に相談しましょう。

またどうしても生活保護を受けられないときには、民間の支援団体を利用しましょう。国に代わって保護してくれる施設もあるので、ぜひ相談してみてください。

大切なのは一人で抱え込まないことです。必ず誰かに相談してSOSをしましょう。

現在闇金を利用している方は?

すでに闇金からの借金があるという方は、すぐに弁護士と警察に相談しましょう。

法律上闇金からの借金を返済する義務はありません。弁護士に手続きをしてもらえば、借金は帳消しにできます。

しかし闇金は元々法律を守らないので、借金がなくなっても取り立てを続けてくる恐れがあります。

そのため警察に相談して、保護と摘発を求めましょう。

また闇金の手から逃れたあとは、早く済む場所を変えることをおすすめします。

闇金は顧客情報を共有することが多く、すぐに別の業者が狙ってくるからです。

できればすぐに県外へと引っ越して、闇金の手から逃れるようにしましょう。

まとめ

闇金は国が規制を進めても、なかなかなくなることはありません。

そのため個人個人がキャッシングに関する正しい知識を持つことが大切です。

お金に困っているからといって、くれぐれも闇金を利用するのだけはやめましょう。