アイフルの返済方法をはじめての方にも分かりやすく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

アイフルの返済方法をはじめての方にも分かりやすく解説

アイフルは消費者金融の大手であり、多くの方が利用しています。

お金を借りた後には返済する必要がありますが、アイフルには様々な返済方法を用意しているという利点があります。

そこでアイフルでの返済方法について紹介していきます。

これから先にアイフルを利用しようと考えている方にとってはうってつけの内容です。

また、既にアイフルでお金を借りている方にとっても役立つ情報なので、興味のある方はぜひともお読みください。

アイフルの返済日は<約定日制>と<サイクル制>が選択可能

アイフルでは返済日として約定日制とサイクル制のどちらかを選択できる仕組みになっています。

お金を借りる上で返済日は非常に重要となります。1日でも返済が遅れれば滞納となってしまうからです。

約定日制とサイクル制のうち、自分に合っている方を選ぶことで非常に便利になります。

どちらを選択したとしても支払期日3日前などにメールで知られるaiメールを利用することが出来ます。

まずは約定日制とサイクル制のそれぞれの特徴について解説していきます。

約定日制は毎月返済日が決まっている

約定日制は毎月決まった日に返済する仕組みとなっています。

これだけ聞くと一般的な消費者金融での返済と同じように思われますが、アイフルならではの便利な要素が2つあります。

1つは返済日を自分で指定できることです。自分の給料日や家賃の引き落とし日などから逆算して、都合の良い日を指定することが出来ます。

もう1つの便利な要素は返済期日までの10日間が返済期間となっていることです。

返済日当日だけでなく、その10日前から返済することが出来ます。これにより、返済を忘れがちな方も余裕をもって返済することが出来ます。

ただし、10日より前に入金を行った場合は返済したことにならず、返済期間に再び入金する必要があるので注意しておきましょう。

約定日制のメリットは返済日を間違いにくいことです。自分で指定した日に返すことができ、返済日が変わることもないので、間違って別の日に返済してしまう可能性は低いといえるでしょう。

アイフルの金利は他社と比較して高い?毎月の利息はいくらかかるのか解説!

サイクル制は35日毎に返済日が設定される

サイクル制では返済日の翌日から35日後が次回の返済日となります。

初回借入時については借り入れの翌日から35日後までに返済を行う必要があります。

サイクル制のメリットは一般的な返済よりも猶予があることです。一般的な消費者金融における返済方法は基本的に1か月1回であり、30日ほどが経過すれば次の返済日が来ます。

しかし、アイフルのサイクル制の場合は35日ごとなので少し返済猶予が長めに取られています。

また、35日後までのいつのタイミングであっても返済することが出来ます。上手く活用できれば相当便利な返済スタイルともなりえます。

借り入れ残高がある状態で追加の借り入れを行ったとしても、返済期日が変更されることはありません。

サイクル制のメリットはタイミングを自分で早めることが出来ることです。

35日待たなくても返済することが可能となっています。

しかし、35日経つ前に返済を行うと、その分次の返済日が前倒しになることには注意しておきましょう。

これにより返済日がずれることもあるので、返済日を間違えてしまう可能性もあります。

アイフルの返済方法は5種類から選べる

アイフルの返済方法は非常に多くなっています。

具体的にいうと振り込み返済、店舗・アイフルATM返済、アイフルの提携先ATM返済、コンビニ払い、口座振替の5つがあります。

これらのうち、自分にとって使いやすいものを選ぶことが出来ます。

状況によって使い分けることも出来るので利便性は高いといえるでしょう。

これらの返済方法について1つずつ詳しく解説していきます。

振り込み返済

振り込み返済とは、アイフルの指定口座に振り込むことで返済する手段のことです。

オーソドックスな返済方法の1つであり、全国の金融機関から振り込めるので利便性も低くありません。

ただし、振込手数料は利用者が負担しなければならないので気を付けておきましょう。

振り込み返済の振り込み先は、アイフルのホームページ上から利用できる会員サービスで確認することが出来ます。

振り込み先を入力することになるので、ミスがあると返済出来ていないというこも起ことりえます。

利用する際には入力ミスの無いように注意しておきましょう。

口座振り込みによる返済には手間もありますが、お金を借りていることや返済していることを実感しやすいという特徴があります。

手数料がかかる方法ではありますが、金融機関によっては手数料を低めにしているケースも多く、比較的費用を抑えられる返済方法となっています。

ただ、金融機関の営業時間内に来店しなければならないというデメリットもあります。

店舗・アイフルATM返済

全国にあるアイフルの店舗窓口やATMからも返済することが出来ます。

この返済方法のメリットは何といっても手数料がかからないことです。アイフルの店舗が自宅の近くにあって、利用する機会が多いという場合はこの返済方法が有効といえるでしょう。

ただ、アイフルの店舗ごとの営業日や営業時間には気を付けておく必要があります。

アイフルのホームページでは各店舗の詳細な情報を確認できます。

アイフルの店舗で返済しようと考えている場合は、一度ホームページをチェックしておきましょう。

アイフルの店舗が自宅の近くにない場合については、アイフルの店舗を訪れるために交通費などがかかってしまい、手数料無料のメリットを実感しにくくなります。

あくまでアイフルが自宅の近辺にあるという方にとって利点の多い返済方法といえるでしょう。

ただし、職場の帰りに寄りやすいといった理由でこの返済方法を選択する方もいます。

提携先ATMでの返済

アイフルでは様々な銀行やコンビニなどのお店と提携しています。

それゆえに提携先のATMで返済することが出来ます。提携先ATMを利用する際には所定の手数料を支払うことになります。

提携先ATMで支払うメリットは時間の制約が少ないことです。アイフルではコンビニATMとも提携していて、そういったATMは夜遅くまで稼働しています。

そのため、時間に縛られることなく返済を行いたいという場合にはうってつけといえるでしょう。

コンビニATMの稼働時間はコンビニごとに異なりますが、基本的には平日と休日の両方に対応していて1日のうちで使えない時間は数十分ほどしかありません。

非常に便利な返済手段の1つです。

ATMで返済が完了するのでレジを介する必要もありません。タイミングによっては消費者金融の利用がバレにくい返済方法ともなります。

アイフルの提携先ATM

アイフルではセブン銀行やローソン銀行、イオン銀行、親和銀行などと提携を結んでいます。

コンビニ大手であるセブンイレブンやローソンのATMと提携していることは、利便性を大幅に高める要素となります。

銀行大手の三菱UFJ銀行のATMとも提携しており、借入や返済が行えます。

福岡銀行や熊本銀行とも提携していますが、この2つの銀行ATMでは借り入れのみが行える仕組みになっています。

この2つの銀行からはアイフルの返済は出来ないので気を付けておきましょう。

提携ATMの利用手数料は取引額が1万円以下の場合、入金と出金がともに108円となっており、1万円を超えるとどちらも216円となります。

1万円を超えている場合は5万円でも10万円でも手数料は216円なので、借り入れや返済は一気に行った方が手数料上はお得といえるでしょう。

コンビニ払い

アイフルではコンビニ払いにも対応しています。ローソンやファミリーマートに設置されているマルチメディア端末から返済が可能です。

コンビニ払いによる返済の場合は原則として7時から23時半までとなっています。

土日祝日を問わず返済できるので便利です。コンビニ払いの提携店舗と、コンビニATMの提携店舗は必ずしも一致していないことに注意が必要となります。

コンビニを利用した返済を検討している場合は一度アイフルのホームページにて、提携の有無などを確認しておくと安心です。

この返済方法の場合も所定のATM手数料を負担することになります。

コンビニ払いと提携コンビニATMの利用という2つの返済手段は非常に似通っています。

ただ、コンビニ払いの場合は最終的にレジを介する必要があるという特徴があるので、その点について気を付けておきましょう。”

口座振替

アイフルへの返済は口座振替でも行うことが出来ます。

利用者が指定した金融機関から所定の日に自動で引き落としがなされます。支払いや振り込みなどを忘れてしまいそうな方も安心して利用できます。

口座振替を利用する場合は別途の手続きをする必要があります。

手間もかからず、ミスをしてしまう心配もないので非常に利点の多い返済方法といえるでしょう。

手続きが必要となること以外にこれといったデメリットもありません。

手続きにもそれほど時間はかからないので、利用者の多い返済方法でもあります。

口座振替の際、その月の返済額に口座残高が1円でも足りなかった場合は引き落としがなされません。

そのままにしておくと返済額を丸々滞納している扱いになります。

1部分だけ支払って、残りは後から支払いたいという場合はアイフル側にその旨を伝える必要があります。

ライフスタイルに合わせて返済方法を使い分けよう

アイフルでは様々な返済方法を用意し、幅広い方が利用しやすいシステムを生み出しています。

アイフルを利用する際にはその恩恵を感じられるように、自分のライフスタイルに合わせた返済方法を使い分けることが重要となります。

例えば仕事などの都合により、アイフルの店舗が営業している時間帯に来店することができない場合は、コンビニATMの利用をすることが有効です。

コンビニATMの場合は夜遅くても返済に対応しています。

逆にアイフルの店舗が営業している時間帯に問題なく来店できるという場合は、アイフル店舗での返済を選択することにメリットがあります。

アイフルの店舗で返済をすることで手数料が発生しません。

とにかく返済の手間を減らしたいという場合は、口座振替を利用すると便利です。

このように使い分けられることはアイフルのメリットとなっています。もちろん、その都度自分が利用しやすい方法を選ぶという方法もあります。

アイフルのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説