イオン銀行カードローンは即日融資可能?今日中にお金が必要なら消費者金融

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

まとまった金額のお金が急に必要になった場合、即日融資ができるカードローンが便利です。

しかし、イオン銀行カードローンなどの銀行系カードローンは、申し込んだその日の内に融資を受けることができません。

銀行系カードローンの場合は最短でも翌日の融資となってしまいます。

カードローンは銀行が提供するもののほかに、民間の消費者金融が提供するものもあり、消費者金融カードローンなら申し込んだ当日に即日融資を受けることも可能です。

そのため、今日中にお金が必要な場合は民間消費者金融カードローンをおすすめします。

そこで今回は、イオン銀行カードローンで即日融資を受けられない理由や銀行系カードローンの審査に関する情報、そして即日融資を受けたい方のための消費者金融情報についてまとめました。

また、当日融資が受けられなくても金利が低い銀行系カードローンを使いたいという方のために、イオン銀行カードローンの審査の流れについても解説します。

イオン銀行カードローンは即日融資不可!

イオン銀行カードローンは即日融資を受けることができません。

どれだけ安定した高額の収入を得ている人や、これまでの金融商品利用実績が良好な人であっても、審査の結果が分かるまでには1営業日かかってしまいます。

即日融資ができない理由としては、銀行系カードローンは民間の消費者金融よりも審査プロセスが厳しいことが主な原因です。

ただし、銀行カードローンの方は審査が厳しい分だけ、金利も低く設定されているという特徴があります。

これからイオン銀行カードローンの申し込みをしようとご検討中の方は、融資が受けられるまでのスピードを重視するか、借入を開始した後の金利の安さを重視するかをしっかり吟味することがおすすめです。

2018年から銀行カードローンの審査は厳しくなっている

イオン銀行カードローンに限らず、銀行カードローンの審査プロセスは2018年からすべての金融機関で厳しくなっています。

銀行カードローンの審査の際に、申込者の情報を警視庁の保有するデータベースと照らし合わせて、反社会的な勢力に関係する人物かどうかをチェックすることが義務付けられたからです。

この規則が作られる少し前に、大手の金融機関のカードローンサービスの審査が甘かったことで、反社会的な組織に対して銀行が融資を行ってしまう事件がありました。

その後、銀行カードローンの審査プロセスは即日で行うことができなくなり、最短でも翌日になったという背景があります。

また、反社会的な勢力に対して融資を行わないようにするという目的以外にも、銀行系のカードローンは民間の消費者金融と比べて信用審査を重視しているということが、審査に時間がかかる理由の1つです。

カードローンを提供している銀行も、メインの業務は企業などに対する融資や預金口座の管理となっています。

カードローンサービスの利用者から自己破産者などが出てしまうと、他の業務にも悪影響が出てしまうため、民間の消費者金融よりも審査が厳しいです。

審査が厳しい分、貸し倒れのリスクが少ないことから金利が安く設定されているというメリットもありますが、融資までのスピードを重視する方には銀行系カードローンは向いていないと言えます。

即日融資が必要なら消費者金融一択!

今日中にまとまったお金が欲しい方の場合、即日融資を受けるための選択肢は消費者金融一択です。

消費者金融であれば、土日や祝日などの夜遅い時間帯であっても即日融資を受けられるところが多くなっています。

以下では、民間消費者金融の中でも大手として有名なプロミスとアコムに関する情報をまとめました。

なお、大手消費者金融は、中小の消費者金融と比べると審査が少し厳しいです。

とはいえ、イオン銀行カードローンなどの銀行系カードローンと比較した場合には、消費者金融の方が審査のハードルは低くなっています。

できるだけスピーディーに融資を受けたい方は、以下にご紹介するような消費者金融を選ぶのがおすすめです。

プロミス

プロミス

大手消費者金融の1つとして有名なプロミスでは、即日融資を受けることができます。

WEBからの申し込みなら最短1時間で融資を受けることもできるため、急いで借入をしたい方にもおすすめです。

実質年率は4.5%~17.8%で設定されています。

プロミスは、新規に申し込んだ場合に限り、30日間は利息0円で利用することが可能です。

30日以内に返済すればその分の利息は発生しないため、お得に利用することができます。

申込手続きはWEB上で完結できて、郵送物や店頭でのやり取りなどは一切不要なため便利です。

また、スマホのアプリを利用したアプリローンというサービスを使えば、ローンカードを使うことなくスマホとコンビニATMだけで借入が可能です。

三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとする提携金融機関の銀行口座をお持ちの方なら、瞬フリというサービスを使って最短10秒で融資額を振り込んでもらうこともできます。

銀行振り込みによる借入をした場合でも、振込手数料は0円なのも嬉しい特徴です。

プロミスの申し込み条件は、安定した収入のある20歳以上65歳未満の方となっています。

正社員ではなくても、パートやアルバイトなどの固定収入を得ている方なら申し込みが可能です。

土日や祝日でも申し込みを受け付けているため、即日融資を受けたい方はぜひ利用をご検討ください。

プロミスのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説

アコム

アコム

大手消費者金融で有名なカードローン会社として、アコムも人気が高いです。

プロミスと同様に即日融資を受けることができ、審査時間は最短30分となっています。

申込はWEBから行う方法や、アコムの店頭や自動契約機に足を運ぶ方法から選ぶことが可能です。

審査の厳しさについては、プロミスとほぼ同様です。

大手の消費者金融では、信用情報に傷がついてブラック化している人などは審査に通るのが難しくなります。

年齢が満20歳以上で、安定した収入がある人のみ申込が可能です。

なお、正社員以外のパートやアルバイト、派遣社員といった雇用形態の方でも申込できます。

アコムの実質年率は3.0%~18.0%という設定で、融資額は1万円~800万円までとなっています。

ただし、総量規制という法律上のルールによって、申込者本人の年収の3分の1までの金額しか借入できない点にはご注意ください。

プロミスと同様、初回限定の最大30日間金利0円サービスがあります。

初めて申し込む方は、利息ゼロで借入ができる期間を活用するのがおすすめです。

アコムの借入や返済は、カードを使ってATMでする方法のほかに、インターネットを使って指定の銀行口座に振込融資してもらう方法などがあります。

特に、楽天銀行の講座をお持ちの方であれば、24時間いつでも即座に入金が反映されるので便利です。

土日や祝日、夜中に利用する場合でも、1分程度で口座への入金が反映されます。

アコムのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説

イオン銀行カードローンは最短1週間程度で融資可能

イオン銀行カードローンは申し込んでから融資を受けるまで最短1週間程度で完了することができます。

土日や祝日でも審査を受け付けているため、平日は忙しくてなかなか時間が取れないという方でも申込が可能です。

イオン銀行カードローンの審査に通過したかどうかの結果は、申込から最短翌日にメールで通知されます。

その後、ローンカードが佐川急便で自宅に届けられるまでにかかる日数が最短5日程度です。

ローンカードが手元に届いた後は、イオン銀行のATMなどで融資を受けることができます。

なお、イオン銀行カードローンでは、カードが手元に届く前に振込による融資を1回限り受け付けていますが、その場合はイオン銀行の普通預金口座が必要です。

また、振込融資の利用時には電話による本人確認が必要となります。

イオン銀行カードローン審査の流れ

イオン銀行カードローンの審査の流れについて、それぞれのステップを詳しく見ていきましょう。

申込から審査完了までの流れをあらかじめ把握しておくことで、滞りなくスムーズな手続きが可能です。

各ステップで必要になる書類などは不備がないように準備しておきましょう。

ステップ1 イオン銀行の公式ホームページから申込

まずは、イオン銀行カードローンの公式ホームページから申込をします。

インターネットが繋がれば、パソコンでもスマホからでもアクセス可能です。

申込ページにアクセスすると、最初に運転免許証やパスポートといった身分証明書を持っているかどうかの確認や、日本に国籍があるかどうか、外国の重要な公人に該当するかどうかといった項目を選択するボタンが表示されます。

当てはまるものを選択した後、申込情報を入力していってください。

お申込者の方の氏名や性別、生年月日、住所、電話番号、家族構成、メールアドレスや居住年数、勤務先に関する情報などが必要です。

内容に間違いがあると審査に通らないため、正確に入力していきましょう。

ステップ2 本人確認書類や収入証明書のデータをアップロード

申し込みフォームから情報を入力したら、本人確認書類や収入証明書のデータをアップロードしていきます。

本人確認書類として利用できる書類は、運転免許証、パスポート、マイナンバーカードのいずれかです。

審査の状況によっては、健康保険証などの提出を求められる場合があります。また、パスポートや運転免許証は有効期限内のもののみ利用可能です。

収入証明書に関しては、前年度の源泉徴収票または直近3ヶ月以内に発行された2ヶ月分の給与明細、直近の住民税決定通知書などが利用できます。

ただし、収入証明書は審査状況によって提出が不要になる場合もあるため、必要に応じて提出するようにしてください。

個人事業主の方や法人の代表者の方は、直近の住民税決定通知書のみ収入証明書として利用可能です。

ステップ3 メールで審査結果が通知される

送信した情報に問題がなく、無事イオン銀行カードローンの審査に通過した場合は、申込時に登録したメールアドレス宛に結果が通知されます。

その後、最短5日程度でイオン銀行カードローンのカードが自宅住所に郵送され、届き次第利用可能です。

なお、イオン銀行カードローンは審査に落ちた場合の通知が、自宅住所へのはがきとなっています。

同居人や家族にイオン銀行カードローンへの申し込みがばれたくない方は十分にご注意ください。

イオン銀行カードローンの審査基準と審査に落ちる人の特徴まとめ

イオン銀行カードローンの口座を持っていると審査は早い?

イオン銀行カードローンの審査スピードは、イオン銀行の普通預金口座を持っているかどうかで変化することはありません。

また、イオン銀行の口座を持っているからといって審査に有利になることも無いため、イオン銀行口座をお持ちでない方でも安心して利用することができます。

また、イオン銀行カードローンは銀行系のカードローンということもあり、審査や融資までのスピードは民間の消費者金融よりも遅いです。

早めに審査に合格してすぐに融資を受けたい方は、イオン銀行カードローンを使うかどうか慎重にご検討ください。

今日中にお金が必要なら消費者金融がおすすめ

今回は、イオン銀行カードローンで即日融資が可能かどうかや、審査の流れについてご紹介しました。

イオン銀行カードローンの審査は最短で翌日までかかり、その後カードが手元に届くまでに少なくとも5日程度は必要です。

そのため、今日中にすぐお金が必要な場合は民間消費者金融の方が便利です。

大手の消費者金融なら、新規に申し込んだ方でもその日のうちに即日融資を受けることができます。

今回の情報を参考に、スピーディーに借り入れをしていただければ幸いです。