プロミスの審査に夜中申し込むといつから借入できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

プロミスの審査に夜中申し込むといつから借入できる?

プロミスで夜中に審査の申込みをした場合、融資を受けられるのはいつになるのでしょうか。

急な出費でお金に困ったときは大抵急を要するもの。「家族にバレないように夜中にしたい」、「今日中に何とかしたい」と考えている人には夜遅い時間に融資が受けられるのか気になるところですよね。

そこでこの記事では、プロミスの審査に夜中申込みたい人に向けて、おすすめの申込方法から借入が可能な時間までをまとめました。ぜひ参考にしてください。

初回利用ではプロミスから夜中に融資を受けるのは不可能

初回の利用で、22時以降の夜中にプロミスで融資を受けることはできません。その理由は「審査ができない」からです。

夜中に審査不可能となるのはプロミスだけに限ったことではなく、すべての消費者金融で共通となります。

なぜなら、申込みをした人の信用情報を確認するための機関(CIC)の対応時間が8:00~21:45までだからです。この信用情報のチェックができなければ審査をすることができないため、夜間の申込をした場合には即日の融資を受けることができません。

肝心なのは審査ができる時間内に申込みをすることです。では、夜中何時までであればプロミスで審査ができるのでしょうか。
以下で詳しく解説していきます。

プロミスの審査対応時間は9:00~21:00まで

プロミスでは審査の対応時間が決まっています。厳密にいえば22時までが審査時間ですが、22時直前の申込の場合は翌日9:00以降に審査が持ち越しとなり、申込み当日の融資はされません。

契約手続きにかかる時間は自動契約機を利用した場合、申込みから融資完了まで最短で約30分から40分程度の時間がかかります。

即日の融資を受けたい場合には20:00までには申し込み手続きを始めるようにしましょう。

個人情報の記入や本人確認書類のやり取りなどに時間が必要になります。スムーズにできたとしても多少の時間はかかると思っておいたほうがよいでしょう。

プロミスの審査時間はどれくらい?審査結果が遅い時の対処法

申し込みは24時間対応

審査の時間に制限はありますが、申込みの受付はWebからであれば24時間365日、いつでも申込みができます。

下記の表にプロミスの申込方法と営業時間をまとめました。

申込方法 受付時間
Web 24時間受付
電話 9:00~22:00
プロミス自動契約機 9:00~22:00※一部店舗を除く
三井住友銀行ローン契約機 9:00~21:00
店頭窓口 10:00~18:00

Webからの申込のみ24時間受け付け可能です。

では審査時間外の夜中にプロミスに申込んだ場合、その回答はいつ受け取れるのでしょうか。

夜中に申し込んでも審査回答は翌営業日以降

21:00以降の夜中にプロミスへ申込むと、審査は翌営業日となります。ここで大事なのが審査は朝9時から申し込み順で行われるということ。

例えば朝一番に申込みをしたとしても、プロミスへ夜中に申込みをした人が多ければ、審査の回答が遅くなる可能性があります。そのため、なるべく早く審査結果が欲しい場合は、夜中であっても申込み完了まで手続きを進めておきましょう。

プロミスで最も遅くまで審査を受ける方法

プロミスでは夜中に審査を受けることはできません。とはいえ、仕事の都合や家庭の事情などでどうしても夜しか動けないこともありますよね。

そこで、一番遅くまで対応しているおすすめの申込方法と審査を受ける方法を紹介します。

アプリローンへ申し込む

プロミスでは、iPhoneやAndroidのスマホアプリ「アプリローン」を使って簡単に申込みができます。

スマホで空き時間に必要項目を入力すれば、手持ちのスマホのみで借入まで最短1時間で完了することができ、遅い時間でも場所を選ぶことなく対応が可能です。

審査対応時間は他の申込み方法と同様で9:00~21:00までですが、わざわざ自動契約機やパソコン環境のある場所まで足を運ぶ手間がかかりません。

さらに、借入方法もカードレス契約であれば、手続き完了後にカードの発行を待つことなく、指定口座へ振り込まれます。

アプリローン申込.clubが解説!プロミスアプリローンの利用方法

自動契約機から申し込む

近くに自動契約機があるなら、自動契約機での申込みがおすすめです。

その場で契約手続きからカードの発行、借り入れまで対応しています。審査受付時間は21:00までとなりますが、最短約30分ですべての手続きを完了することができます。

不明点も担当者とその場で確認できるため、初めての利用でも安心ですね。

ただし、自宅近くの自動契約機を使う場合には、近所の人に目撃される可能性もあるので注意が必要です。なるべく周囲にバレたくないのであればWebやアプリからの申込がおすすめです。

夜中にカードローンを利用する方法はある?

「会社の同僚や友人からの大切な誘いで断れないけどお金がない。」、「盛りあがり、ついつい使いすぎてお金がたりなくなってしまった。」など、夜中でどうすることもできない。そんな経験はありませんか?

プロミスなら夜中でもカードローンの利用ができるんです。

24時間指定口座への振込が可能なサービスがあり、その他にも自動契約機や提携ATMからでも24:00までであれば借り入れができます。

下記に借入方法と借入可能な時間を一覧でまとめました。

借り入れ申し込み方法 受け取り時間 利用可能時間
インターネット・WEB 指定口座への振込 24時間(月曜0:00~7:00を除く)
電話 指定口座への振込 24時間(月曜0:00~7:00を除く)
プロミス(三井住友)ATM ATMから借り入れ 24:00まで
提携ATM ATMから借り入れ 24:00まで

電話やインターネットからの申込みの場合はメンテナンス時間を除き24時間対応。自動契約機などのATMからでも24:00まで対応してくれます。

これなら夜間の急な出費があったとしても安心ですね。

しかしプロミスのすごさはこれだけではありません。さらにその指定口座への振込の速さはプロミスが業界ナンバーワンなのです。

次の項目でその理由を解説していきます。

2回目以降の借入なら瞬フリサービスで24時間借入可能

電話やインターネットから借入の申込をした場合、最短10秒で指定口座へ振り込んでくれるサービス。

そのサービスを「瞬フリ」といいます。特徴的なのはなによりも振込の早さです。

借入申込みから振込まで、他社にない圧倒的な早さで振り込んでくれるプロミスならではのサービスです。

利用には条件があり、

  • 審査に問題なく通過していること
  • 三井住友銀行などの瞬フリに対応している銀行口座が開設していること

この2点が条件となります。

瞬フリが利用可能な金融機関は約200。対応できる銀行であれば24時間・365日利用することができます。

しかし、金融機関によって振込実施時間が違うため、利用前に下記のリンクから指定の金融機関をチェックしておきましょう。

瞬フリであれば、どうしても断れない同僚や友人からの誘いがあったときでも安心です。

困ったときこそスピーディーな対応はとてもありがたいですよね。

審査が必要なカードローンでは24時間対応はできない

審査通過後であれば24時間の借入も可能なプロミスですが、初回の申込が夜中の場合には審査を行うことができません。

これはプロミスに限った話ではなく、すべての消費者金融に共通していることなのです。

なぜ審査は24時間対応できないのでしょうか。借入ができるなら審査だってできるはずでは?と疑問に感じませんか?

その理由は、審査で必要となる信用情報を照会する機関が休止しているからです。

信用情報機関はいくつかありますが、どの機関も21:30ごろまででその対応を終了してしまいます。

そのため、プロミスだけでなくすべてのカードローンで24時間対応ができないのです。

急な出費に備えてお金の対策は早めに動こう

お金に困るときは急なとき。プロミスなら夜中でも申込みが可能です。

ただし、初回利用で夜中に融資を受けることはできないため、万が一に備えて早めに申込んでおきましょう。

審査に通過していれば、24時間借入ができる瞬フリサービスで夜中であっても安心です。

本当に困ってしまう前に、早めの準備をしておきましょう。