スカイオフィスのメリット・デメリット!利用者の口コミを参考に解説

スカイオフィス

スカイオフィスは福岡に拠点を置く中小規模の消費者金融です。

拠点は福岡ですがインターネットで申し込みを受け付けており、基本的には日本全国どこからでも融資を受けることが出来ます。

そんなスカイオフィスのメリット、デメリットを利用者の口コミを参考に解説していきます。今後消費者金融を利用する可能性がある方にとって特にうってつけの内容です。

スカイオフィス詳細情報(スペック表)

申込み条件 契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方
必要書類 身分証明書類、収入確認書類
審査時間 最短30分
使用用途 原則自由(事業性資金を除く)
契約期間 1か月から60か月
限度額 最大50万円
保証会社 株式会社スカイオフィス

スカイオフィスのメリット

  • 最短30分で融資を受けることが出来る
  • 独自の審査基準を持っていて大手に落ちた方でも通る可能性がある
  • 必要な書類はFAXで送信可能

最短30分で融資を受けることが出来る

スカイオフィスの大きなメリットとして挙げられるのが融資までのスピードの速さです。

当日の9時から14時に申し込みを完了した場合、最短30分で融資を受けることが出来ます。昨今では融資スピードの速い消費者金融が次々と登場していますが、最短30分という速さはその中でもトップクラスとなっています。

インターネットさえ繋がる状況であればすぐにでも申し込みを行うことが出来るので、速やかに手続きを進めやすいというメリットもあります。

14時を超えてしまうと翌日以降の融資になる可能性が高くなることには注意しておきましょう。

確実に即日融資を受けたい場合には早い時間帯に申し込みを開始し、すぐに必要な書類を集めることが大切です。申し込みの際には丁寧に必要な書類についての説明をしてもらうことが出来ます。

独自の審査基準を持っていて大手に落ちた方でも通る可能性がある

スカイオフィスでは独自の審査基準を用いて審査を行っています。詳細な審査基準については公開されていませんが、大手とは異なる基準を持っていることは確かです。

それゆえに大手の消費者金融の審査に落ちてしまった方もスカイオフィスの審査ならば通過できる可能性があります。

収入にムラがあるという方も十分にチャンスがあると言えるでしょう。ただし、信用情報に大きな傷がある場合には審査を通過できない恐れがあるので注意が必要です。

必要な書類はFAXで送信可能

スカイオフィスの審査を受ける際には身分証明書と収入証明書類を提出することが求められますが、それらの書類はFAXで送信することが可能です。

それゆえに来店しなくても融資を受けるための手続きを進めることが出来ます。来店にかかる時間などを削減できる点が大きなメリットと言えるでしょう。

昨今では書類を専用のフォームにアップロードして提出するタイプの申し込み方法を採用している消費者金融もありますが、スカイオフィスはあくまでFAXからの提出を採用しています。

スマートフォンやタブレットなどを持っておらずアップロードする方法が分からないという方も安心できます。

スカイオフィスのデメリット

  • 借入額が最大でも50万円まで
  • 収入証明書類の提出が必須
  • 金利がやや高めに設定されている

借入額が最大でも50万円まで

スカイオフィスのカードローン借入限度額は最大でも50万円までとなっています。

これは一般的な消費者金融と比較しても低めの水準と言えるでしょう。限度額が低いことは使いすぎることを防げるという意味ではメリットですが、たくさん借りないといけないという状況では大きなデメリットとなります。

借入回数に制限はないので50万円の範囲内で借り入れと返済を何度も繰り返すことは可能です。

一度にたくさんのお金が必要になった場合にはスカイオフィスの限度額で足りるかを確認しておきましょう。

収入証明書類の提出が必須

スカイオフィスで融資を受けるためには収入証明書類を提出することが必須となっています。

消費者金融の中には小口融資について収入証明書類を必要としないところもあります。

スカイオフィスは借入額がいくらかに関わらず、収入証明書類を用意しなければなりません。

サラリーマンの方やアルバイトの方は役所で簡単に手に入る所得証明を取得すれば良いのでそれほど大変ではありませんが、個人事業主の方は収入証明書類を用意するために少し時間がかかるケースもあります。

書類の提出が遅れると即日融資を受けられる可能性が下がるので、余裕をもって書類を集めておくようにしましょう。

金利がやや高めに設定されている

スカイオフィスの金利は年率で15%から20%となっています。

これは下限と上限のいずれもやや高い水準と言えます。特に初めてスカイオフィスを利用した方の場合には上限金利である20%が適用されることが多く、金利負担が大きいと感じる可能性があります。

利用を続けていくうちに信用性が高まっていくと金利が下がることもありますが、それでも15%の金利が発生します。金利負担を軽減するには返済ペースを早くするなど工夫が必要となります。

金利は1回の借り入れ分を完済するまでは固定されます。そのことはややこしさが無いという点ではメリットですが、景気変動を反映しないという点でデメリットになる可能性もあります。

スカイオフィスの審査基準は他社より甘い?

スカイオフィスの審査基準は低めです。その理由は2つあります。1つ目はスカイオフィスが中小規模の消費者金融であるということです。

中小規模の消費者金融は知名度が大手ほどではないので、大手と同じような審査を行っていればなかなか利用者は増えません。

そこでスカイオフィスでは大手の消費者金融の審査に落ちてしまった方でも審査通過出来るような仕組みにしていて、幅広い方に融資を受けるチャンスがあると言えるでしょう。

2つ目の理由はスカイオフィスが中小の消費者金融の中でも特に独自の審査基準を用意していることです。

消費者金融では詳細な審査基準を公開しないのが一般的であり、スカイオフィスもその例に漏れてはいません。

しかしながら、他の消費者金融とは異なる独自基準を用いていることはわかっています。実際に他の消費者金融では借りられなかった方も、スカイオフィスでは借りられたというケースが多くあります。スカイオフィスの貸付上限は50万円なので、上限ギリギリで申し込んだとしてもそこまで審査難易度が上がることはありません。

審査が甘いキャッシングランキング!即日融資も可能な消費者金融

スカイオフィスの金利は他社より高い?

スカイオフィスの金利は年率15%から20%となっていて、これは消費者金融の中でも高めの水準と言えます。特に上限金利の20%が適用されると金利の高さを実感する可能性があります。

返済を早めに行うことによって金利の負担を減らすことは出来るので、金利の高さが気になる方は返済の仕方でカバーすることが大切です。

一般に審査難易度の低い消費者金融では高い金利を採用するケースが多いので、スカイオフィスがやや高めの金利を設定していること自体は不自然ではありません。

ただし、金利の高さと返済ペースの遅さのダブルパンチで金利負担額が非常に大きくなってしまう恐れがあることには留意しておきましょう。

スカイオフィスは返済しやすい?

スカイオフィスの返済方法は口座振り込みと店頭返済の2つです。

日本全国どこの銀行からでも指定口座への振り込みを行うことによって、返済をすることが出来るので返済しやすいと言えるでしょう。

近くにスカイオフィスの店舗がある場合には、店頭返済を組み合わせることで一層便利になります。基本的には返済しやすいスカイオフィスのカードローンではありますが、自動引き落としには対応していないので注意しておきましょう。

振り込みが1日でも遅れると滞納扱いになるので、毎月確実に振り込むように意識することが大切です。口座振り込みでも店頭返済でも金利以外の手数料がかかることはないので、どちらの方法で返しても問題はありません。

返済方式

スカイオフィスの返済方式は元利均等返済方式です。これはその月の借入額がいくらかではなく、その時点での借入残高に応じて設定される返済額を毎月支払う返済方式であり、リボ払いと呼ばれることもあります。

支払う金額が月ごとにあまり変化しないので返済の負担が大きくなりにくい一方で、ゆっくり返済を行ってしまうと金利負担を増加させてしまう恐れもあることに注意しておきましょう。

返済回数は利用者が決めることが出来るので、金利負担額を減らしたい場合には返済回数を少なくすることが有効です。

返済回数を設定することで返済ペースを変えられるのは利点と言えます。返済回数の上限は60回であり、その場合は完済するまでに5年を要することになります。

返済日

スカイオフィスでは返済日を利用者が決められる仕組みを採用しています。

自ら返済しやすい日付に設定できるので利便性は高いと言えるでしょう。最初に決めた返済日を変えたくなった場合には電話で問い合わせる必要があります。返済日ギリギリでの変更申し入れになると、間に合わない可能性があるので、余裕をもって連絡をすることが大切です。返済日が金融機関の休業日にあたる場合には、翌営業日が返済日となります。

年末年始などは特にズレやすいので注意しておきましょう。銀行の休業日などが連続する時期や変則的な日程になる時期には、スカイオフィスのホームページ上で休業日についてのお知らせがなされるケースもあります。不安な時は逐一確認することが大切です。

スカイオフィスの借り入れ方法

スカイオフィスの審査を通過して契約が完了すると、希望していた金額がすぐに振り込まれます。

申し込み時に口座情報と希望借入額を間違いなく記入しておくだけで問題はありません。スカイオフィスとは借り入れの都度契約を結ぶ仕組みとなっており、ローンカードなどは発行されず再度融資を受けたくなった時には再び申し込む必要があります。

インターネット上からの申し込みから口座への振り込みにより、スカイオフィスの利用者はどこにいても融資を受けることが出来ます。

口座振り込みという借入方法の都合上、スカイオフィスが振り込んでから実際に反映されるまでにタイムラグが発生することもあります。振り込まれているかを確認する際にはそのことを覚えておきましょう。

スカイオフィスへ申し込んだ人の口コミ

申込み年 2016年
年齢 30歳
職業 フリーター
年収 150万円
借入理由 結婚式のためのスーツ購入
借入額 10万円

私はそれほど収入が多くないので大手の消費者金融にはことごとく断られてきました。それでも、どうしてもスーツを買わなければいけなかった私は、このスカイオフィスに頼ることを決めた次第です。スカイオフィスの審査は意外なほどにすぐ終わり、あっという間に希望額の10万円が振り込まれていました。私を審査通過させてくれたこと、スピーディーな融資を行ってくれたことに対して私は感謝の念が尽きません。着実に返済を行っていこうと考えています。

申込み年 2017年
年齢 40歳
職業 パート主婦
年収 100万円
借入理由 子供の学習塾の費用の捻出
借入額 20万円

私の家庭は決して裕福ではありませんが、子供にはなるべく希望する学校に行ってもらいたいと考えています。そこで塾に通わせようと考えたのですが、先立つものがありません。私は審査が易しいという噂のあったスカイオフィスを利用することにしました。その噂通りスカイオフィスの審査は易しく、あっさりと融資を行ってくれたことを今も覚えています。おかげで子供は学習塾に通うことが出来て、全力で受験勉強に取り組んでいるところです。返済はリボ払いですが、返済回数を少なめに設定して1か月あたりの返済額を多めにしました。その結果、金利負担がそこまで大きくなっていません。

申込み年 2015年
年齢 23歳
職業 大学生アルバイト
年収 100万円
借入理由 留学の資金
借入額 20万円

私は大学で考古学を学んでいるアルバイトの学生です。この度、海外へ地質調査の研究を兼ねて留学することになりました。そこで30万円ほどが必要となったのですが、私が自力で用意出来るのは10万円だけでした。何としても留学したかった私はスカイオフィスから借りることにしました。正直、消費者金融には良いイメージがありませんでしたが、スカイオフィスを利用してからその認識が変わったような気がします。すぐに20万円満額を振り込んでくれたので、非常に助かりました。これで心置きなく海外留学が出来ます。”
とにかく確実に借りたい方にぴったり
スカイオフィスは審査難易度が低く、これまでにたくさんの消費者金融で断られた方にもチャンスがあります。その一方で金利がやや高く設定されているということも覚えておく必要があります。とにかく確実に借りたい、審査で落ちたくないという方に非常にマッチしていると言えるでしょう。最短30分で借りられる点も魅力です。