ノーローンの返済方法をはじめての方にも分かりやすく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

ノーローンの返済方法をはじめての方にも分かりやすく解説

ノーローンでお金を借りれば返済する義務が生じます。

はじめて返済する予定の人は、どのような返済方法があるのか悩むでしょう。

口座振替やATM返済が一般的にポピュラーですが、実はノーローンの返済方法は複数。

このページでは、ノーローンが提供する複数の返済方法について解説していきます。

はじめて返済する人からすでに返済している人まで、わかりやすく丁寧に説明していきましょう。

ノーローンの返済方法は5種類

ノーローンの返済方法は合計で5種類用意しています。

口座振替しか対応していない金融機関もあるので、ノーローンの返済方法は選択肢が多いですね。

具体的に利用できる返済方法は、以下のものがあります。

  • インターネットでのリアルタイム返済
  • コンビニ・ショッピングセンターから返済
  • 提携先金融機関のATMから返済
  • 指定口座への振込返済
  • 自動引落し・口座振替返済

どれも利便性の高い返済方法ですが、ここではもう少し丁寧に解説していきます。

インターネットでのリアルタイム返済

パソコン・スマートフォン等でインターネットに接続できる環境の場合、リアルタイム返済を利用できます。

ノーローン指定の銀行口座を所有している必要性はありますが、地方銀行を含めて多くの銀行が対応しています。

現在、公式サイトにて対象の銀行を紹介していますので、利用の予定があれば確認してみてください。

リアルタイム返済のメリットは以下のとおりです。

  • いつでもどこでも24時間返済可能
  • 土日や夜間でも手数料無料で利用可能

ATMや銀行に足を運ぶ必要がなく、自宅内外問わず返済できます。

ノーローンの返済方法の中でも利便性が高くとてもおすすめです。

コンビニ・ショッピングセンターから返済

コンビニやショッピングセンターに設置するATMから返済ができます。

提携先ATMは以下のものがあります。

  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • イーネットATM
  • ローソンATM

コンビニもイオンも全国各地で営業しているので、出先でも見つけるのは容易いはずです。

特にコンビニは24時間営業のところが大半で、深夜帯でも返済できるというメリットがあります。

提携先金融機関のATMから返済

提携先金融機関のATMでも返済ができます。

デメリットは手数料が発生することで、1万円以下108円/1万円以上216円です。

ほんの数百円の手数料ですが、長期的に返済を続けていく予定の場合、積もり積もって思っていた以上の手数料になってしまいます。

いざというときに利用するのは悪くありませんが、常に利用するのは勿体ないですね。

提携先金融機関のATMは以下のものがあります。

  • 新生銀行カードローンレイクのATM
  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • イーネットATM
  • ローソンATM
  • セゾンカードATM
  • 熊本銀行ATM
  • 山陰合同銀行ATM
  • 親和銀行ATM
  • 第三銀行ATM
  • 東京スター銀行ATM
  • 福岡銀行ATM

以上の金融機関のATMで返済ができます。

注意点は借入できるATMでも返済はできないケースがあります。

借入ができて返済ができないATMは以下の銀行。

  • 愛知銀行ATM
  • スルガ銀行ATM
  • 西日本シティ銀行ATM
  • 広島銀行ATM

借入ができるから返済できるだろうと勘違いしないようにしましょう。

指定口座への振込返済

ノーローン指定の銀行口座に振込で返済ができます。

会員ページまたは問い合わせダイヤル(0120-170024)にて指定口座を確認可能。

振込手数料は利用者負担なので、常に返済する方法としてはおすすめできません。

最近のネット専業銀行を中心に月〇回までは振込手数料無料といったサービスを提供していることもあるため、そういった銀行の口座を所有しておけば振込手数料負担を減らせます。

自動引落し・口座振替返済

利用者が事前に指定した銀行口座から自動的に返済する方法です。

約定返済日は毎月6日または26日のいずれかの希望日から選択可能※。

土日や祝日等で銀行休業日の場合は翌営業日が返済日です。

自動引落としを希望する際は、事前に手続きが必要になり、問い合わせダイヤル(0120-170024)に連絡しなければなりません。

自動引落し・口座振替返済では手数料の発生がなく、金銭的負担を減らせます。

一方で、約定返済日が決まった指定日からしか選べず、返済日当日に口座残高が不足していると返済に遅れてしまいます。

返済に遅れてしまうと遅延損害金の発生や最悪の場合は信用情報機関に延滞情報として記録されてしまうこともあるので、返済に遅れないように注意しましょう。

毎月の返済日は都合に合わせて契約時に設定可能

ノーローンの毎月の返済日は都合に合わせて契約時に設定できるため、自身の懐事情によって選ぶことができます。

給料日の翌日や翌々日といった基本的にお金のある日を返済日に設定しましょう。

適当に返済日を設定してお金がないので返済遅延になっては意味がありません。

また、給料日当日を返済日にすることも悪くありませんが、なんらかの事情で給料日が前後するような場合は気をつけるようにするべきです。

返済日の設定は自由に選べない金融機関も少なくありませんので、ノーローンの顧客に立った返済日システムは利便性が高いと評価できるでしょう。

1週間以内に返済すれば無利息

ノーローンの最大のメリットは、1週間以内に返済すれば無利息を使えることです。

大半の大手消費者金融の無利息期間サービスは、はじめて利用する人を対象に30日間といったケースです。これは新規顧客に対しては大きなメリットですが、既存の顧客にとってはまったくお得になりません。

その点、ノーローンは新規顧客も既存顧客も同様にメリットを受け取れます。
完済すれば利息は一切発生しませんし、たとえ完済できなくても利息は8日目からしか発生しないため、罰則とったデメリットはまったくありません。

ただし、完済していなければ1週間無利息を何度も利用できず、大金を借りる場合は長期返済になりがちですから、メリットを受けづらい可能性はあります。

そのため、なるべく完済できる程度の金額を借入するように心がけるとお得に利用を続けられるでしょう。

1週間以降は借入金額スライドリボルビング方式で返済

ノーローンは1週間の無利息期間が終われば、借入金額スライドリボルビング方式で返済金額が決定します。

借入後残高や契約時の限度額に応じて毎月の最小返済額は変わり、結局のところ借りれば借りるほど返済負担は増えるので、借り過ぎに注意しましょう。

借入時の限度額が30万円以下と30万円超~100万円、そして100万円超によって最小返済額は異なりますので、それぞれについて表で示しておきました。

限度額30万円以下の場合

借入後残高 限度額30万円以下
10万円以下 4,000円
10万円超20万円まで 8,000円
20万円超30万円まで 12,000円

限度額30万円超100万円の場合

借入後残高 限度額30万円超100万円
10万円以下 3,000円
10万円超20万円まで 6,000円
20万円超30万円まで 9,000円
30万円超40万円まで 12,000円
40万円超50万円まで 15,000円
90万円超100万円まで 30,000円

借入後残高10万円増加ごとに最小返済額は変動します。

限度額100万円超の場合

借入後残高 限度額100万円超
10万円以下 3,000円 2,000円
10万円超20万円まで 6,000円 4,000円
20万円超30万円まで 9,000円 6,000円
30万円超40万円まで 12,000円 8,000円
40万円超50万円まで 15,000円 10,000円
90万円超100万円まで 30,000円 20,000円
100万円超110万円まで 33,000円 22,000円
110万円超120万円まで 36,000円 24,000円
280万円超290万円まで 87,000円 58,000円
290万円超300万円まで 90,000円 60,000円

借入後残高10万円増加ごとに最小返済額が変動します。

このように返済金額は異なってくるため、事前によく確認しておきましょう。

返済期間が長引けば利息も増えるので要注意

返済期間は長引けば長引くほど利息は増えて返済負担が重くなります。

短期間で返済できる程度の借入であれば返済負担は苦しくありませんが、つい使い過ぎてしまって予想以上に返済が苦しくなることも珍しくありません。

返済負担が当初よりも重くなると返済遅延につながったり、最悪のケースでは債務整理につながったりしかねないので、借入金額はよく考えるようにしましょう。

したがって、返済は短期間ですませることが大事で、ノーローンでの最高の利用方法は何度でも使える1週間無利息サービスを繰り返し活用することです。

必要以上に借入しないように注意したうえで、それでも予想外の出費で借入が増えた場合は、追加返済を検討してみてはいかがでしょうか。

利息を少なく返済するなら追加返済を積極的に!

ノーローンは毎月の決まった約定返済額以上に上乗せして返済する追加返済が可能。

追加返済した金額はすべて元金の充当になり、借入金額を減らせます。

ボーナス支給月やお金に余裕のあるときは、積極的に追加返済をしていきましょう。

積極的に追加返済をしていけば長い目で見れば返済負担は減るため、返済の際には検討してみてはいかがでしょうか。

ノーローンのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説