バンクイックの返済方法!返済日も選べて計画的な返済が可能

このページでは、バンクイックの返済に関する情報を解説しています。

バンクイックとは三菱UFJ銀行が運営するカードローンのことで、安心感が売りの金融商品となっています。

ここではそんなバンクイックの返済方法と注意点を方法別に徹底解説しています。

バンクイックの返済方法に悩んでいる人は必見の内容です!

バンクイックの返済方法は3種類から選択することができる

ここからは、バンクイックの返済方法に関する情報を解説します。

バンクイックには返済方法が3種類あります。

バンクイックの返済方法は

  • 三菱UFJダイレクトでの振り込みによる返済
  • ATMからの返済
  • 自動支払いで返済

以上の3つです。

ここからは、バンクイックの返済方法3つを一つずつ解説していきます。

三菱UFJダイレクトでの振り込みによる返済

自宅で簡単に返済を済ませたい、という人は、インターネットバンキングの一種である三菱UFJダイレクトでの振り込みの返済を返済方法としておすすめします。

三菱UFJダイレクトでの振り込みによる返済であれば、持っているスマートフォンやパソコンから簡単に返済をすることができます。

つまり、銀行やコンビニATMまで足を運ばずともバンクイックに返済ができるようになるのです。

三菱UFJダイレクトは24時間いつでも手数料無料で利用することが可能です。

三菱UFJ銀行の預金口座からインターネットを利用して直接振り込むことで、バンクイックに返済することができるのです。

三菱UFJダイレクトを利用した返済は営業時間に気を付けて

バンクイックの振り込み返済には注意すべき点もあります。

15時以降の返済はバンクイックでは翌営業日扱いとなるのです。

そのため、返済当日は混雑状況も考慮し、遅くとも14:00までに返済を完了できるようにしましょう。

なお、三菱UFJダイレクトを利用するためには、三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っており、かつ会員ページからの申し込みを完了させておく必要があります。

三菱UFJダイレクトを利用してバンクイックの返済をしたい人は、あらかじめ三菱UFJ銀行の会員ページから手続きをしておくようにしましょう。

振り込みによる返済のメリット

振り込みによる返済のメリットは、

  • インターネットからいつでもどこでも自由に返済ができる
  • 1円単位で返済ができる

という2点です。

三菱UFJダイレクトを利用するとインターネットから返済できるということがやはり一番のメリットとなります。

また、1円単位で返済ができるという点も、三菱UFJダイレクトを使った振り込み返済を利用することで享受できるメリットとなっています。

全体的に融通の利く返済を実現できるのが、三菱UFJダイレクトを利用した返済のメリットです。

振り込みによる返済のデメリット

振り込みによる返済のデメリットは

  • 入金が15時以降になると翌営業日の扱いになる
  • 毎回自分で手続きする必要がある

以上の2点です。

振り込みでの返済の場合、毎回自分で手続きをしなくてはいけないという点が一番のデメリットとなります。

返済にかかる手間を少しでも省きたいという人には自動支払いによる返済をすることをおすすめします。

ATMからの返済

三菱UFJ銀行の口座開設をしていないか、解説できないという人は、銀行やコンビニにあるバンクイックの提携ATMから返済することをおすすめします。

ATMによる返済であれば、三菱UFJ銀行の自社ATMでなくても、セブン銀行ATMやローソンATMなどのコンビニATM、イーネットATMなどからバンクイックに返済することができます。

しかし、提携ATMから返済するためには、バンクイックのローンカードの他に、返済額相当の現金か、他の銀行のキャッシュカードが必要となります。

そのため、 ATMからバンクイックに返済をしたいという人は、バンクイックのローンカードの他に、現金もしくは他の銀行のキャッシュカードを持参するようにしましょう。

なお、他行のキャッシュカードから振り込みで借入額を返済すると、ATM利用手数料が発生する場合があります。

そのため、キャッシュカードの銀行の公式サイトからあらかじめATMの利用手数料を確認しておくことをおすすめします。

ATM返済のメリット

ATM返済のメリットは

  • 自分の好きなタイミングと金額で自由に返済ができる
  • 繰り上げ返済への意識が高まりやすくなる

以上の2点です。

繰り上げ返済への意識が高まると返済スピードも上がり、完済までの近道となります。

そのため、一刻も早く返済したい、返済のモチベーションを上げたいという人はATM返済を利用することをおすすめします。

ATM返済のデメリット

ATM返済のデメリットは

  • 手続きを毎回自分でしなくてはならない
  • 返済に対する意識が低いと延滞しがちになる

以上の2点です。

手続きを毎回自分でしなくてはいけないというわずらわしさと、返済意識が低いと生じるリスクがATM返済のデメリットです。

毎回自分で手続きしなくてはならないのは三菱UFJダイレクトを利用した振り込み返済でも同じです。

返済意識に関しては自分で変えるしかありませんが、逆にいえば返済意識を高めるきっかけにもなるデメリットとなっています。

自動支払いで返済

今後もバンクイックを利用しようと考えている人は、自動支払いの利用をおすすめします。

バンクイックを継続的に利用すると返済をする機会も多くなります。

そのため、手間のかからない自動支払いでの返済がおすすめなのです。

自動支払いでの返済を利用した場合、毎月の返済日に三菱UFJ銀行の口座から自動的に引き落とされます。

自動支払いによる返済のリスク

返済当日に指定の三菱UFJ銀行の口座に必要な金額を支払えるだけの残高がない場合、自動引き落としでの返済ができなくなります。

返済日の19時を過ぎていても残高が不足している場合、翌日からは延滞者として扱われることになります。

延滞者として判断されると、遅延損害金が発生することになります。

そのため、バンクイックの自動支払いを利用する人は、あらかじめ毎回返済日の前までに必要な金額が銀行口座に入金されているかどうかを確認しておくことをおすすめします。

また、バンクイックへの返済を自動支払いでおこなう場合は、公式サイトから返済方法の変更手続きが必要となります。

返済方法を変更しないと自動支払いによる返済ができないので注意しましょう。

自動返済のメリット

自動返済のメリットは3つあります。

  • 自動で返済されるため、返済忘れをすることがない
  • 給料日に返済希望日を設定できる
  • 毎月の返済日が一定のため、返済計画が立てやすい
  • 自動返済は返済にあたって手間がほとんどかからないことが魅力です。

返済希望日を給料日に設定すれば、毎月給料日にきっちり返済を完了することができます。

もちろん返済忘れを防げるのも、自動返済の大きなメリットです。

自動返済のデメリット

自動返済のデメリットは4つあります。

  • 返済日に残高が足りないとその時点で延滞とされる
  • 口座に記録が残るため、家族にばれるリスクがある
  • 完済が難しい
  • 三菱UFJ銀行以外の口座が利用できない

自動返済を利用するうえでの一番のデメリットは、三菱UFJ銀行以外の口座が利用できないということです。

バンクイックの自動返済を利用するためには、三菱UFJ銀行の口座を持っていることが必須条件となります。

そのため、三菱UFJ銀行の口座を持っていない場合はあらかじめ解説しておくか、別の返済方法を検討しなくてはならないのです。

バンクイックの返済日は2種類の選択肢から選ぶことができる

バンクイックの返済日は2種類から選択することができます。

ここからは、バンクイックの返済日に関して解説していきます。

35日ごとに返済する

自動支払いによる返済を利用せず、毎月の返済日を指定していない場合は、35日ごとに返済となります。

35日ごとに返済をする場合、初めて借り入れをした日か最後に返済した日から数えて35日後が次回返済日として設定されることになります。

35日ごとに返済する場合、返済の期日が毎月変わるために手間がかかります。

しかし、毎月の指定日返済よりも、返済の期日に少しの余裕が生まれます。

そのため、少しでも借入額の返済に時間的な余裕が欲しい人は、返済日を35日ごとに設定することをおすすめします。

毎月の指定日に返済する

毎月の指定日に返済する場合、利用者が指定した任意の日付を返済日と設定し、14日前から返済するという形になります。

毎月指定返済では、毎月の返済日が変わることがありません。

そのため、給料日に合わせて返済計画を立てられるのが大きな魅力です。

給料日に合わせて返済計画を立てたい、という人には、毎月指定日返済を利用することをおすすめします。

バンクイックのeメールサービスを利用すれば、返済漏れを防ぐことができる

返済日を忘れてしまう心配がある人は、バンクイックのeメールサービスを利用することをおすすめします。

バンクイックのeメールサービスは、返済日の3営業日前と当日に指定のアドレスにメールが届くため、返済日をうっかり忘れがちな人でも安心なサービスです。

また、バンクイックのeメールサービスは、申込時にeメールアドレスを登録しておくことで、自動でそのアドレスにお知らせのメールが届くように設定されています。

そのため、新しくメールアドレスを設定する必要がないのです。

メールが届かないという場合や、メールが届くかどうか不安だという人は、公式サイトに掲載されている会員ページから、メールアドレスの設定が正しくできているかどうかをあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

バンクイックでは毎月の返済額は最小の返済額が設定されている

バンクイックでは、毎月の最小返済額がもともと決められています。

最小返済額とは、毎月の返済で支払わなければならない金額のことをいいます。

バンクイック場合、最小返済額はバンクイックにおける借入残高と金利を参考に決定されます。

設定された金額を毎月ちゃんと支払えている人は、延滞者として扱われることがありません。

逆に支払いが滞っている人は今後バンクイックを利用できなくなる可能性もあるため、注意しましょう。

三菱UFJ銀行カードローンのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説