広島銀行カードローン「マイライフプラス」のメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

広島銀行カードローン

広島銀行カードローン「マイライフプラス」では保証会社3社を利用していて、最大3回の審査チャンスがあることが特徴です。

ローンカードでの借り入れに加え、ネットバンキング経由での振込融資にも対応しています。

中国・四国地方に本店がある銀行のカードローン金利をチェックしながら、「マイライフプラス」のメリット・デメリットについて詳しく解説します。

広島銀行カードローン「マイライフプラス」詳細情報(スペック表)

申込み条件 継続安定収入がある満20歳以上満65歳以下の人
必要書類 本人確認書類・年収確認書類
審査時間 最短翌営業日に結果連絡、カード到着まで1~2週間程度
利用用途 事業性資金以外であれば自由
契約期間 3年(個別審査の上で最長65歳まで自動更新)
限度額 10万円~500万円(10万円単位)
保証会社 ひろぎんカードサービス(株)、アコム(株)、SMBCコンシューマーファイナンス(株)

広島銀行カードローン「マイライフプラス」のメリット

  • 限度額50万円以内はWeb完結、50万円超でも郵送契約により来店不要
  • 1度の申し込みで最大3回まで審査をリトライできる
  • ネットバンキングやウォレットプラスを使って、いつでも振込融資を受けられる

限度額50万円以内はWeb完結、50万円超でも郵送契約により来店不要

「マイライフプラス」では利用希望額50万円以内であれば、申込みから契約までネット上行えるWeb完結システムを利用できます。

審査通過後、所定の画面にアクセスして契約を済ませることができるので、紙の契約書控えが残らずセキュリティ上も安心です。

契約書の控が必要な場合は、PDFで保管することもできますし、画面のスクリーンショットで重要な部分を残しておくこともできます。

利用希望額50万円を超える場合は、自宅に郵送される契約書に必要事項を記入の上、必要書類の写しを同封して返送する必要がありますが、来店不要で申し込めるのが便利です。

「広島銀行」と書かれた封筒で契約書が届き、カードローン関係の書類かどうかは一目で判別できませんが、封書を開封されて借金しようとしていることが発覚するケースもあるので気を付けましょう。

1度の申し込みで最大3回まで審査をリトライできる

「マイライフプラス」では、広島銀行の関連会社であるひろぎんカードサービス(株)など3社の保証会社を利用しています。

1個の契約に対し3社共同で債務保証を行なうわけでなく、審査に通った1社を利用する方式です。

仮に1つの保証会社の審査に落ちた場合でもさらに2回審査を受けるチャンスがあるわけで、審査に通る可能性が広がるのがポイントです。

ただし、過去5年間に債務整理歴がある場合は、国内すべての個人信用情報機関で債務整理歴が共有されているため、どの保証会社でも審査に通過できない可能性が高い点に留意しておきましょう。

ネットバンキングやウォレットプラスを使って、いつでも振込融資を受けられる

振込融資に対応していなかったり、契約直後の1回だけは振込対応に応じたりする銀行カードローンが多い中、広島銀行カードローンでは契約中いつでも振込融資に対応しています。

インターネットバンキング・テレホンバンキング・Wallet+(ウォレットプラス)の3つから好みの方法を選んで、必要な時に返済用口座へ借りたお金を振り込んでもらうことができます。

融資予約機能も備えているので、家賃などの引き落としが足りない時など限度額の範囲内で対応することも可能です。送金に関する振込手数料は無料です。

広島銀行カードローン「マイライフプラス」のデメリット

  • 申し込みには広島銀行の口座保有が必須
  • ローンカード到着まで1~2週間、急いでお金を借りたい人には不向き
  • 審査に通過するまで借入額40万円以下での最低返済額がわからない

申し込みには広島銀行の口座保有が必須

「マイライフプラス」では返済を口座振替で行なう関係から、広島銀行の口座を持っていることが申し込みの必須条件です。

口座を持っていない場合は、カードローン申し込み前に最寄りの広島銀行に来店して口座を開設する必要があり、平日日中に1時間程度時間を取らなければならないのがデメリットといえます。

口座開設が難しい事情がある場合は、金利が年7.5%~年14.6%と高めの設定ですが口座不要で申し込めるカードローン「ハローローンワイド」を選択する方法もあります。

ローンカード到着まで1~2週間、急いでお金を借りたい人には不向き

審査結果は最短翌営業日にはわかりますが、ローンカード発送は契約完了後となるので、カード到着までWeb完結では約1週間、郵送契約では最大2週間程度かかるケースもあります。

振込融資のスタートも、インターネットバンキングやウォレットプラスにローンカードの番号を登録してからになるので、契約完了後即日というわけにはいきません。

急いでお金が必要な人には、即日融資を受けられる消費者金融が有力な選択肢となりますが「マイライフプラス」より高金利なので、申し込み前に慎重な検討をおすすめします。

審査に通過するまで借入額40万円以下での最低返済額がわからない

「マイライフプラス」では3社の保証会社を利用していることがメリットだと説明しましたが、40万円以下の限度額を希望する人には契約直前まで適用される最低返済額がわからない点がデメリットにもなり得ます。

借入残高40万円までの、アコム又はSMBCコンシューマーファイナンスの最低返済額が1万円なのに対し、ひろぎんカードサービスでは借入残高10万円毎に2,000円の設定で、最大8,000円の差が生じるからです。

2通りの返済計画を立てておけば回避できますし、返済額が多い分だけ早期返済を期待できるので致命的なデメリットとはいえない一面もあります。

広島銀行カードローン「マイライフプラス」の審査基準は他社より甘い?

「マイライフプラス」では、ひろぎんカードサービス(株)・アコム(株)・SMBCコンシューマーファイナンス(株)の3社のうち、銀行が選んだ1社を保証会社とすることになっています。

ひろぎんカードサービスは広島銀行の系列会社で、クレジットカードの審査を手がけています。

アコムとSMBCコンシューマーファイナンスは消費者金融サービスを提供していて、数十万単位の少額融資を得意分野としています。

他社ローンの利用状況や過去の金融事故・延滞有無を個人信用情報を用いて確認する点では3社共通ですが、審査スタンスは異なると予想されます。

申込者にとっては保証会社3社のうち1社の審査にパスできれば良く、最大3回の審査チャンスがあるわけです。

銀行カードローンの審査通過率が30%前後と言われる一方、アコム・プロミスともに2019年4月の新規成約率は約44%であることを考え、ると「マイライフプラス」の審査はさほど厳しくないという見方ができます。

申込者の勤続年数や雇用形態にとらわれずに審査を行なっていることも、その裏付けです。

審査が甘いキャッシングランキング!即日融資も可能な消費者金融

広島銀行カードローン「マイライフプラス」の金利は他社より高い?

中国・四国地方が本店所在地の、地方銀行カードローン7商品の金利をまとめてみました。

商品名 金利 最大限度額
広島銀行「マイライフプラス」 年2.475%~年13.475% 500万円
もみじ銀行「マイカードもみじ君」 年4.5%~年14.5% 300万円
山口銀行「マイカードやまぐち君」 年4.5%~年14.5% 300万円
中国銀行「コ・レ・カ」 年4.8%~年14.5% 500万円
阿波銀行「あわぎんスマートネクスト」 年4.7%~年14.8% 500万円
百十四銀行「114ニューカードローン」 年5.0%~年12.0% 300万円
伊予銀行「新スピードカードローン」 年2.0%~年14.5% 1,000万円
四国銀行「カードローン4’s」 年4.0%~年14.6% 800万円

最高金利・最低金利とも「マイライフプラス」が低めの設定であることがわかります。

最高金利が一番低いのは「114ニューカードローン」ですが、広島県内から申し込むことができません。

他のカードローンが年14%台後半であることからも、低金利で選ぶなら広島銀行一択となりそうです。

年2%台の金利でお金を借りられる可能性がある点も、見逃せません。

広島銀行カードローン「マイライフプラス」の利息一覧

年13.475%の金利で30日間借りた時の金利を計算してみました(小数点以下は切り捨て)

借入額 利息額
1万円 110円
5万円 553円
10万円 1,107円
20万円 2,215円
50万円 5,537円
100万円 11,075円
150万円 16,613円
200万円 22,150円
300万円 33,226円
500万円(限度額上限) 55,376円

「マイライフプラス」の金利は審査結果で個別に決定されますが、具体的な基準は公開されていません。

ただし、カードローンでは設定限度額が上がるほど低い金利が適用されるのが一般的です。

「ハローローンワイド」が限度額別に金利が設定されていることからも(例…限度額100万円~200万円の場合は12.0%)、「マイライフプラス」で高い限度額を提示された場合には低金利で借りられる可能性があるといえます。

広島銀行カードローン「マイライフプラス」は返済しやすい?

「マイライフプラス」では毎月7日の自動引き落としで返済する仕組みです。

ATMで入金して返済するタイプのカードローンでは、返済日を忘れるのが心配事ですが、自動引き落としの場合は口座に残高があれば返済忘れの心配がなく、うっかり延滞を防ぐことにもなります。

約定返済に加えて、ATMやネットバンキングによる追加返済が可能です。広島銀行ATMやネットバンキングでは1円単位で入金でき、貯まった小銭や預金残高の端数分をこまめに入金して借入元本を少しずつ減らせるので、完済を目指しやすいといえます。

申し込み前に、具体的な約定返済額や返済手続きについて確認しておきましょう。

返済方式

「マイライフプラス」の返済は毎月1回、広島銀行の口座から約定返済額を引き落とす方法で行われます。

毎月7日の借入残高に借入期間中の利息を加えた額が、約定返済額となります。融資残高を基準にして毎月一定額を返済する「元金定額返済方式」が採用されているからです。

お金に余裕がある時には、広島銀行ATMやネットバンキングで1円単位で追加返済することもできます。コンビニATMでは千円単位で入金できます。

ひろぎんカードサービス(株)が保証を引き受ける場合、借入残高の減少に伴い約定返済額も減りますが、その減った分を追加返済に回すことも完済時期を早めるコツです。

返済日

“「マイライフプラス」の返済日は、毎月7日(銀行休業日の場合は翌営業日)と指定されています。

返済日に複数の引き落とし予定がある場合は、広島銀行への返済額が一番先に引き落とされるため、他の支払額を考慮に入れた金額を前日までに入金しておくようにしましょう。

返済日当日に引き落とし口座に入金した場合、入金時間帯によっては引き落としがかからず延滞扱いとなることが考えられます。

ローンカードで直接約定返済額を入金しても、約定返済と扱われない点にも注意が必要です。

なお、返済額の引き落としは当日午前0時過ぎから順次行われます。

毎月の返済額

「マイライフプラス」での借入残高が40万円以下の場合は、利用する保証会社によって約定返済額が異なります。

借入残高 返済額
1万円 10,000円
5万円 10,000円
10万円 10,000円
20万円 4,000円
50万円 10,000円
100万円 20,000円
150万円 30,000円
200万円 30,000円
300万円 40,000円
500万円(限度額上限) 60,000円

借入残高が50万円以上の場合は、保証会社によって毎月の返済額が変わることはありません。

一方、ひろぎんカードサービス(株)が保証会社の場合、借入残高20万円の約定返済額が少なく、楽に返済できることがわかります。

返済期間が長くなるほど利息がかさむので、早めの完済を目指すにはこまめに追加返済を行うのがコツです。

広島銀行カードローン「マイライフプラス」の借り入れ方法

ローンカードでATMからお金を借りる

広島銀行ATMの他、全国のセブン銀行・ローソン銀行・E-netのATM(コンビニATM)でお金を借りることができます。

広島県・岡山県に設置されているバンクタイムATMも利用可能です。利用日時により100円+税又は200円+税のATM手数料がかかることを覚えておきましょう。

コンビニATMでは、土曜21:00~日曜7:00など一部の時間帯を除き24時間お金を借りられるので、早朝・深夜でも便利に利用できます。広島銀行ATMでは1円単位の出金に対応していて小銭が必要な際に便利ですし、他のATMでも千円単位で出金できます。

インターネットバンキングでの振込融資

「マイライフプラス」では、インターネットバンキングの振替機能を使って振込融資を受けられます。

30営業日先までの予約振替に対応しているので、クレジットカード代金の引き落とし等に合わせて融資をセットしておく使い方もできます。

融資当日の7:00までなら、予約振替のキャンセルが可能です。振込融資の手数料は無料です。

Wallet+(ウォレットプラス)での振込融資

広島銀行の返済用口座をWallet+に登録しておけば、インターネットバンキングと同様に振込融資を受けることができます。

カードローンや銀行口座の利用状況と連携した収支管理ができるので、計画的なローン利用にも役立ちます。インターネットバンキングへ申し込まなくても、Wallet+は利用できます。

テレホンバンキングで振込融資を申し込む

テレホンバンキングでも、振込融資を依頼することも可能です。スマホやパソコン画面の覗き見が気になる場面や、インターネット環境がない場面でも利用できるのがメリットといえます。

自動音声での操作とオペレーター対応のどちらかを選ぶことができ、指定した金額が手続き完了後数分以内で返済用口座に入金されます。

広島銀行カードローン「マイライフプラス」へ申し込んだ人の口コミ

申し込み年 2019年
年齢 51歳
職業 会社員(管理職)
年収 620万円
利用目的 交際費の立て替え
希望限度額 50万円

会社の管理職となって3年目、付き合いが増えました。経理に話せば仮払いを受けられるのですが部下の目もあるため、自ら立て替える現金を確保するため、広島銀行カードローンを申し込んだわけです。50万円の枠があれば十分だと考えオンライン契約ができるタイプを選択、翌日には審査結果を受け取ることができました。カード到着まで10日ほどかかったのが玉に瑕なような気がします。

申し込み年 2018年
年齢 33歳
職業 事務パート
年収 250万円
利用目的 妊活資金
希望限度額 100万円

結婚後3年経っても子宝に恵まれず、妊活をスタートしました。主人が5年前に自己破産した関係でローンを組めず、私がお金を借りようと決心したのが「マイライフプラス」を申し込んだきっかけです。勤続5年とはいえ、正社員でない私がお金を借りられるのか不安でしたが、50万円を借りられることになりました。不妊治療を開始して間もなく妊娠、広島銀行には助けられました。

申し込み年 2019年
年齢 28歳
職業 会社員(管理職)
年収 300万円
利用目的 アイドルの追っかけ資金
希望限度額 30万円

好きな人気グループの解散が近く、コンサートの抽選に当たっても外れても現地まで追っかけたいと思い、軍資金を調達しようと「マイライフプラス」に申し込みました。「ハローローンワイド」と異なり契約書の郵送がないのが決め手でした。ネットで申し込んでから3日後に広島銀行から審査通過の連絡があり30万円満額融資できるとのこと、スマホを使ってその場で契約手続きを行いました。同じタイミングで北海道でのコンサートチケットに当選、早速借りたお金で旅支度を整え、追っかけの準備は万端です。