第三銀行カードローンのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

第三銀行カードローン

第三銀行は、三重県・松阪市にある本店を拠点に運営されている地方銀行です。

創立100年以上の歴史を持ち、人とのつながりを大切にする地域密着型の銀行として、地元の人々に愛されています。

その第三銀行が提供している商品のひとつが「第三銀行カードローンSUN」です。

この記事では、第三銀行カードローンSUNの特徴、メリット・デメリット、キャッシングや返済方法、利用者の口コミなどについて紹介します。

第三銀行カードローン詳細情報(スペック表)

申込資格 申込み時の年齢が満20歳以上満70歳以下の方
世帯で安定継続した収入のある方
第三銀行の営業区域内に居住・勤務している方
保証会社であるアコムの保証が得られる方
パート・アルバイト・年金受給者の方も申し込み可能
必要書類 本人確認書類(免許証など)と取引用印鑑、年収確認書類(利用限度額50万円以上を希望する場合のみ)
審査時間 最短1日
利用用途 自由
契約期間 3年(審査により自動更新)
限度額 10万〜500万円(10万円単位)
保証会社 アコム株式会社

第三銀行カードローンのメリット

  • 申し込み資格の範囲が広い
  • お金の管理が楽になる
  • 月々の返済額は2000円から

申し込み資格の範囲が広い

第三銀行カードローンSUNは、申し込み資格の年齢が20歳以上70歳未満です。

また、申し込み希望者の職業は、パートやアルバイトでも可能となっています。

カードローンを提供している会社に申し込みをする際、気をつけなければいけないのは、自分が申し込み資格を満たしているかという点です。

各会社はそれぞれ申し込み資格を設定しており、会社によっては年齢が65歳未満、職業はパート・アルバイトは不可と設定しているところもあります。

しかし、第三銀行カードローンSUNは、65歳以上の年齢、肩書きがパート・アルバイト、収入が年金のみであっても、申し込むことができるのです。

また、専業主婦であっても、配偶者が安定した収入を得ていれば申し込むことが可能となっています。

お金の管理が楽になる

第三銀行カードローンSUNは、第三銀行の口座を持っていなければキャッシング利用ができません。

そのため、普段はほかの銀行口座を利用している人は、第三銀行カードローンSUNのために、新たに第三銀行の口座を開設する必要があります。

しかし、第三銀行をメインバンクとして利用すれば、普段の生活での振込や引き落とし、そして、第三銀行カードローンSUN利用による入金・出金など、すべてをひとまとめにすることができます。

ひとつの口座にすべてをまとめておけば、口座を使い分けるという手間が省け、残高不足で払い忘れによる延滞・滞納を防止することも可能です。

支払うお金があっても、うっかり残高の金額を間違えてしまい、それにより支払いの延滞が起きると、遅れた分だけ延滞損害金が発生します。

第三銀行の口座ひとつにしておけば、延滞損害金が生じる確率を減らすことができるでしょう。

月々の返済額は2000円から

第三銀行カードローンSUNは、10万円からキャッシング利用を受け付けています。

SUNを利用した際の月々の返済額はキャッシング額によって異なっており、返済総額が10万円を切った場合は月々の返済額は最小金額が2000円からです。

返済額が少なければ延滞や滞納をするリスクを抑えられ、生活に負担がかかりません。

毎月の返済に追われて利息だけ支払うのが精一杯で、返済額そのものは減らないという悪循環に陥る心配も不要です。”

第三銀行カードローンのデメリット

  • 第三銀行の営業エリア内でなければ利用できない
  • キャッシング利用できるまでに数日かかる
  • web上のみで契約手続き完結ができない

第三銀行の営業エリア内でなければ利用できない

第三銀行カードローンSUNを提供している第三銀行は、地元民に愛されることを目指した地域密着型の銀行として運営されている地方銀行です。

そのため、他の大手銀行のように営業エリアが全国ではなく、三重県および県外の一部が営業エリアとなっています。

本店がある三重県に在住、あるいは、職場が県内にあれば第三銀行カードローンSUNを申し込むことが可能です。

しかし、三重県が生活圏でない人は、申し込む資格の対象外となってしまうのです。

申し込みの対象内となっている、三重県以外の一部のエリアとは、愛知県・岐阜県・奈良県・和歌山県・大阪府を指します。

これらの県および大阪府の、さらに一部の地域は、第三銀行カードローンSUNの申し込み対象内となっています。

対象内とはいえ、各県・大阪府の全域ではなく一部の地域が営業エリアなので、申し込む際は確認しなければいけません。

キャッシング利用できるまでに数日かかる

第三銀行カードローンSUNは、申し込みをする前に第三銀行の口座を持っていれば、スムーズに手続きをすることができます。

しかし、口座を所有していても即日カード発行・即日キャッシングはできません。

キャッシング利用したい場合は最短でも申し込んでから3日ほど、カード発行には1週間ほどかかります。消費者金融会社に申し込みをすれば、申し込んでから契約までに30分ほどで完了するところもあります。

第三銀行カードローンSUNは、即日キャッシングは不可能なのですぐに現金が欲しい場合は、他の消費者金融会社を利用しなければいけません。

web上のみで契約手続き完結ができない

他の消費者金融や銀行系カードローンでは「web契約完結」が売りのところも少なくありません。

これは、申し込みから契約まですべてweb上で行えるという申し込み方法です。

この方法を利用することによって、スマホなどのネット環境さえあれば、好きな場所で好きな時間に申し込みをすることができます。

第三銀行カードローンSUNも、公式ホームページから申し込みをすることが可能です。しかし、個人情報の記入など申し込み自体はweb上で行うことができますが、その後の審査を通過してからの契約手続きはweb上からではできません。

必要事項を記入した必要書類の郵送か、窓口まで来店しての契約という古い方法です。そのため、他社の申し込みに比べたら、手間がかかるといえます。

第三銀行カードローンの審査基準は他社より甘い?

第三銀行カードローンSUNの審査は、他の金融機関の審査と同じく仮審査と本審査に分かれています。

第三銀行カードローンSUNの審査は、すべて第三銀行側が行うわけではありません。第三銀行は消費者金融会社のアコムが保証会社として名前を連ねており、仮審査はアコムが行うことになっています。

アコムは、大手消費者金融会社として、知名度・顧客の信頼度ともにトップクラスの会社です。長年の経験により一連の業務に関するノウハウが蓄積されているので、審査も的確かつスムーズに行われているといわれています。

そのため、仮審査の段階で「キャッシングの他社利用件数およびキャッシング額が多い」「安定した収入がない」という事実を隠して嘘の申し込みをしても、すぐに嘘が発覚してしまうことでしょう。

審査の際は、信用情報機関から情報を照会して、過去の利用履歴がチェックされるからです。つまり、ある程度の安定した収入があって返済能力が欠如していない、他社からのキャッシングをしていない、あるいは、少ないという最低限の審査基準をクリアしていれば、特に問題はありません。

仮審査・本審査ともに、時間がかかることなく通過することでしょう。

審査が甘いキャッシングランキング!即日融資も可能な消費者金融

第三銀行カードローンの金利は他社より高い?

第三銀行カードローンSUNが設定している金利は、6.8%~14.5%です。

この金利は他社の銀行系カードローンと比べた場合、高いのか低いのかどちらなのでしょうか。第三銀行以外で、カードローンを提供している大手6社と、金利を比較してみましょう。三井住友銀行カードローンは4.0%~14.5%、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は1.8%~14.6%、りそなカードローンは3.5%~12.475%という金利設定です。

そして、みずほ銀行カードローンは2.0%~14.0%、楽天銀行「スーパーローン」は1.9%~14.5%、イオン銀行カードローンは3.8%~13.8%という金利になっています。

これらと第三銀行カードローンSUNの金利を比較した場合、第三銀行以外の6社が設定している金利のうち下限金利は、すべて第三銀行を下回っています。

しかし上限金利は、平均してそれほどの差はありません。比較してわかったことは、第三銀行カードローンSUNが設定している金利の下限金利は、他社よりも若干高めということです。

第三銀行カードローンの利息一覧

1万円 119円
5万円 595円
10万円 1191円
20万円 2383円
50万円 5958円
100万円 10,520円
150万円 15,780円
200万円 2,,041円
300万円 31,561円
500万円 52,602円

第三銀行カードローンは返済しやすい?

第三銀行カードローンSUNは、10万円以下のキャッシング利用の場合、月々の返済額は2000円から、最大限度額の場合は6万円から受け付けています。

最低額が2000円なので無理なく月々の返済を完了させることが可能です。

また、返済方法も2種類あるため、自身の都合に合わせて好きな返済方法を選ぶことができます。

そのため、第三銀行カードローンは、完済まで無理のない返済計画を立てられるといえるでしょう。

返済方式

第三銀行カードローンSUNの返済方法は、第三銀行の普通預金口座から自動引き落とし、第三銀行ATM、提携ATMからの支払いの2種類です。

自動引き落としを希望する場合、第三銀行の普通預金口座しか利用することはできず、他の銀行口座での引き落としは利用できません。ATMを利用しての返済の場合は、第三銀行内に設置されているATMか、全国のコンビニや郵便局にある提携ATMから返済が可能です。

注意する点は、提携ATMを利用する場合、手数料がかかるということです。セブン銀行・ゆうちょ銀行・イーネット・イオン銀行・ローソン銀行・みずほ銀行・都市銀や信用金庫などが提携ATMですが、そのうちコンビニATMは手数料がかかります。

手数料の料金は、平日7〜18時に利用した場合は108円、平日18〜23時および土日は216円です。

返済日

第三銀行カードローンSUNの返済日は、毎月6日となっています。

前月の末日までに利用したキャッシング額に応じた月々の返済額を、口座からの引き落としか、窓口やATMで毎月6日に返済しなければいけません。

窓口やATMでは、返済日以外の日に随時返済をすることが可能です。

返済日以外に支払いをすれば、それだけ返済額が減り利息も少なくなるので、随時返済を続ければどんどん返済が楽になります。

支払い日をうっかり忘れてしまうと、返済額以外に延滞損害金を支払うことになるので、毎月6日が返済日であることを忘れないようにしなくてはいけません。

毎月の返済額

1万円 2000円
5万円 2000円
10万円 2000円
20万円 5000円
50万円 10,000円
100万円 20,000円
150万円 20,000円
200万円 30,000円
300万円 40,000円
500万円 60,000円

第三銀行カードローンの借り入れ方法

ATMを利用してのキャッシング

第三銀行カードローンSUNが利用できるATMは、第三銀行内にあるATMおよび提携ATMです。

それぞれのATMによって取り扱い時間や手数料の有無などの違いがあります。提携ATMの種類は、一部コンビニにあるATM、提携している金融機関のATMがあります。

金融機関のATMは、都市銀行・信託銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合・農協(JA)などです。

これらの取り扱い時間は、コンビニと違い24時間対応ではないので、注意が必要です。

また、提携金融機関ATMは種類によって、手数料がかかるところとかからないATMがあります。みずほ銀行・愛知銀行・中京銀行などは相互無料開放ATMなので、手数料はかかりません。

振込でキャッシング

第三銀行カードローンSUNは、契約完了してカード発行までに1週間ほどの期間がかかります。

しかし、キャッシングを早く利用したい人は、カード発行前に振込でキャッシング利用をすることが可能です。

契約日に店頭に出向いた際、キャッシング利用の希望を伝えれば希望額が口座に振り込まれます。しかし、契約した即日に振り込まれることはありません。

第三銀行カードローンへ申し込んだ人の口コミ

申し込み年 2018年11月
年齢 36歳
職業 会社員
年収 400万円
利用目的 生活費
希望限度額 20万円

自分の所有金に対して出費が上回ってしまった時期がありました。出費を抑えて次のボーナスまで我慢と思ったんですが、思い切って今まで利用したことのないカードローンの力を借りることに。地元の銀行である第三銀行が口座もあり地域密着型で優しい感じなので、SUNを申し込むことにしました。初めてのカードローン申し込みで緊張しましたが、電話で対応してくれたオペレーターさんが親切かつわかりやすくナビゲートしてくれたので、申し込みはスムーズに完了。

翌日に審査の結果報告の連絡が来て審査は無事に通過、あとは窓口に出向いて契約の手続きをして契約成立となりました。自分はそれほど大金を借りたいわけじゃなかったので、収入証明の書類の提出は必要なく、簡単に契約することができました。電話や窓口の担当の方は優しかったので、初めての申し込みでも緊張がほぐれたのが良かったです。金利に関しては、他のカードローンや消費者金融を利用したことがないので高いのか低いのかよくわからなかったですが、返済に関しては無理なく毎月こなすことができ、数カ月で完済できました。

申し込み年 2018年9月
年齢 28歳
職業 派遣社員
年収 250万円
利用目的 レジャー
希望限度額 30万円

野外ロックフェスにいくのが趣味でシーズン中は全国のフェスに参加しています。その年はシーズン中にどうしても参加したいフェスがいくつかあり、自分の手持ち金がなかったので、第三銀行カードローンを利用することを決意。申し込みは銀行の公式サイトからできたので、スマホ片手に簡単に手続きをすることができました。2日後にようやく審査結果の連絡が来て、次にやることは、ネット上でなく窓口に来て欲しいとのこと。契約もネット上だけで完結して欲しいと思ったのですが、規則だったので仕方なく第三銀行へ。

面倒くさいと少しふてくされていたのですが、窓口のお姉さんがきれいで親切だったので気持ちも和みました。契約に必要な手続きを済ませて、ようやくお金を借りられると思ったら、専用のカード発行はさらに数日かかるとの事実が。フェスまでもう日数がないので困ったと思ったら、契約時はカードがなくても振込でお金を貸してくれると知り、ホッとしました。おかげで無事に希望額を借りることができ、各フェスを楽しむことができました。今は生活に負担がかからない程度に返済をしている最中です。何かわからないことがあったら相談センターに電話して疑問を解消しています。

申し込み年 2019年3月
年齢 31歳
職業 アルバイト
年収 200万円
利用目的 生活費
希望限度額 10万円

以前、他社のカードローンを申し込んだとき、職業がアルバイトだったので「安定した収入が得られていない」と判断されたのか、審査を通過することができませんでした。それから数年後、まとまったお金が必要になったのでアルバイトでもOKなカードローンはないかと探していたら、第三銀行カードローンSUNの情報をネットで知りました。このカードローンにひかれた理由は「パート、アルバイト、無職の年金受給者、専業主婦でもOK」という情報です。それでも以前に審査通過できなかった記憶があるので、おそるおそるネット上から申し込みをしました。

次の日、電話で連絡が来て、見事審査を通過、あとは正式な契約をするだけとのこと。審査を通過した理由は企業秘密らしいのではっきりとは教えてくれませんでしたが、おそらく希望額がそれほど高くなかったからだと思います。おかげで数日後に希望額を借りることができて、なんとか生活面の苦境を乗り越えられました。月々の返済額もそれほど多くないので、返済も苦労なく続けています。