七十七銀行カードローンのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

七十七銀行カードローン

宮城県を主な営業エリアとする七十七銀行では、個人向けに2つのカードローン商品が提供されています。

来店不要で申し込める「77スマートネクスト」と、口座取引状況に応じた優遇金利で利用できる「77カードローン」を、申込者の好みによって選べるのが特徴です。

宮城県と隣接する県に本店がある地方銀行カードローンの金利を比較しながら、七十七銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説します。

七十七銀行カードローン詳細情報(スペック表)

【77スマートネクスト】

申込み条件 安定した定期収入がある満20歳以上70歳未満の人
住所又は勤務先が七十七銀行の営業エリア内の人
七十七銀行の他のカードローンを契約中でない人
必要書類 本人確認書類・年収証明書類(郵送・来店で契約の場合は健康保険証)
審査時間 最短翌営業日、契約完了後カード到着まで1週間程度
利用用途 自由(事業資金を除く)
契約期間 1年(自動更新)
限度額 10万円~500万円の20タイプ
保証会社 エム・ユー信用保証(株)

【77カードローン】

申込み条件 勤続年数1年以上又は営業年数3年以上の人
前年度年収150万円以上の人
宮城県内に住む20歳以上68歳未満の個人
七十七銀行の他のカードローンを契約中でない人
必要書類 本人確認書類・年収証明書類
審査時間 最短3営業日、契約完了後カード到着まで1週間程度
利用用途 自由(事業資金を除く)
契約期間 1年(自動更新)
限度額 10万円~300万円の20タイプ
保証会社 (株)七十七カード

七十七銀行カードローンのメリット

  • 15段階以上の限度額設定で、少額融資から高額ニーズまで幅広く対応
  • 自動引き落としで口座残高不足の際は、自動融資を受けられる
  • 「77スマートネクスト」は年収・勤続年数の縛りがなく申し込みやすい
  • 「77カードローン」は口座取引状況により最大3.1%金利が優遇される

15段階以上の限度額設定で、少額融資から高額ニーズまで幅広く対応

七十七銀行カードローンは、10万円から130万円までは10万円単位の限度額なので、必要な額だけを申し込めるのが魅力です。

130万円を超えても、77カードローンは最大300万円、77スマートネクストは最大500万円まで申し込めるので、大きなお金が必要な場面にも対応しています。

自動引き落としで口座残高不足の際は、自動融資を受けられる

七十七銀行カードローンでは、自動引き落としで返済用口座の残高が不足した時に、限度額の範囲内であれば自動で融資を受けられます。

対象となる支払いは、次のとおりです。

  • 公共料金や学費の支払い
  • クレジットカード代金の支払い
  • 税金や保険料、各種払込金の自動振替

携帯電話料金やクレジットカード代金が確実に引き落とされることにより、個人信用情報に遅延登録がなされるリスクを回避できるので安心です。

なお、限度額を超える融資は行わないので注意しましょう。

「77スマートネクスト」は年収・雇用形態・勤続年数の縛りがなく申し込みやすい

77スマートネクストでは、77カードローンと異なり年収や勤続年数にかかわらず申し込むことが可能です。

派遣社員やパートで働く人でも、転職したばかりの人でも申し込めます。

保証会社が消費者金融のアコム系列で幅広い顧客層への融資実現に定評があるとされていることもあり、過去に延滞や金融事故がなく、他社借入額も多くなければ審査通過への道が開けるでしょう。

「77カードローン」は口座取引状況により最大3.1%金利が優遇される

77カードローンでは、七十七銀行での取引状況に応じて最大年3.1%分の金利が優遇されます。金利が優遇される取引と優遇率は、次のとおりです。

消費者ローン(マイカーローン・教育ローン等)・フラット35 年0.7%
給与振込・年金受取 年0.7%
定期預金10万円以上(総合預金とセット) 年0.5%
積立預金・財形預金 年0.5%
77カード(クレジットカード) 年0.4%
5大公共料金・学費の自動振替(2項目以上) 年0.3%

100万円を超える限度額が提示される場合は、上記の取引がなくでも年3.1%分の金利が優遇されます。

七十七銀行カードローンのデメリット

  • 「77スマートネクスト」では郵送・窓口契約時に健康保険証の提示も必要
  • 「77カードローン」は来店での契約が必須、審査基準も厳しめ
  • ローンカードとは別に専用通帳が発行されるので、保管には要注意

「77スマートネクスト」では郵送・窓口契約時に健康保険証の提示も必要

77スマートネクストをWeb以外で申し込んだ場合は郵送または銀行窓口での契約手続きとなり、Web契約では必要ではない健康保険証のコピー提出が必要です。

社会保険証に記載された住所が旧住所だと判明するケースがありますが、他の資料で新住所を証明できれば問題なしとされるケースが多いようです。

ただ、被保険者資格取得日を通じて勤続年数の虚偽が発覚し、意図的だと判断された場合には審査落ちとされる危険性があります。

一方、国民健康保険証では保険料の延滞有無が有効期間で判断できる場合もあり、与信判断に大きく影響する部分といえます。

中には「短期保険証」と明記されている保険証もあるようです。

銀行担当者が保険証を確認した結果、返済能力に疑問を持ち限度額が引き下げられたり契約見送りになったりするリスクがあるため、事情が許す限りWeb完結で申し込むのが賢明です。

「77カードローン」は来店での契約が必須、審査基準も厳しめ

77カードローンの審査に通過後は、最寄りの七十七銀行窓口での対面契約手続きが必要です。

土日祝日のローン相談に対応する窓口であっても、契約手続きは平日に限られます。

契約時は待ち時間を除いて30分~1時間程度かかるので、働いている人は休暇や中抜け時間を確保しなければならないのがネックです。

加えて、勤続1年かつ前年度年収150万円以上という条件も設けられていて、比較的クリアしやすい基準とはいえ、77スマートネクストより審査時のチェックポイントが多くなる点も意識しておきましょう。

ローンカードとは別に専用通帳が発行されるので、保管には要注意

七十七銀行カードローンでは、ローンカードとは別に専用通帳が発行され、契約後の郵送も別便で行われます。

紛失を避ける目的で自宅に通帳を保管するケースが多いですが、机の上に無造作に置くなどで家族に通帳を発見されるリスクが高めです。

印鑑は自宅に保管しておくとしても、通帳の取扱いには要注意です。

ただし、借り入れ・返済の履歴を紙ベースで確認できるので、計画的な利用を行う点ではメリットにもなります。

七十七銀行カードローンの審査基準は他社より甘い?

77カードローンの申込条件の一つに前年度年収150万円以上と設定されていますが、宮城県の最低時給(2018年10月現在798円)でフルタイム勤務を行えば実現できる金額であり、年収に関するハードルは高くないといえます。

勤続年数1年以上という条件も、問題なく仕事をこなしていれば比較的達成しやすい基準です。

77スマートネクストの債務保証は、消費者金融アコムの系列会社(エム・ユー信用保証)が担当しています。

アコムの2019年5月分の成約率は48.0%、ほぼ半数が審査に通過しているのが実態ですし、パート・アルバイトへの融資実績があるとネット上の口コミで見かけることもあります。

したがって、七十七銀行カードローンは他社と比べて緩やかな基準で審査を実施しているものと推測されます。

2017年9月以降の金融庁によるカードローン検査を皮切りに、地方銀行でも個人あたりの融資上限額に関して自主規制が浸透しつつあります。

その一環として、77スマートネクストでは前年度年収の2分の1まで、77カードローンでは前年度年収の3分の1までと、それぞれ限度額上限が決められている点に留意が必要です。

審査が甘いキャッシングランキング!即日融資も可能な消費者金融

七十七銀行カードローンの金利は他社より高い?

七十七銀行カードローンの2商品と、宮城県に隣接する県(福島・山形・秋田・岩手)が本店の地方銀行カードローンの金利をチェックしてみましょう。

【77スマートネクスト】

限度額 金利
100万円未満 年14.8%
100万円以上200万円以下 年12.0%
200万円超300万円以下 年7.7%
300万円超400万円以下 年6.9%
400万円超500万円以下 年4.9%

【77カードローン】

限度額 金利
100万円以下 年7.9%~年11.0%
100万円超 年7.9%

77カードローンで限度額100万円以下に設定された人には、銀行との取引状況に応じて金利が年0.3%~年3.1%分優遇されます。

例えば、給与振込先を七十七銀行に指定していれば年0.7%分、公共料金を2個以上口座振替にしていれば年0.3%分です。

銀行カードローン 金利
仙台銀行「スーパーカードローンエクセレント」 年3.5%~年14.5%
福島銀行「フリーライフ」 年4.8%~年14.6%
東邦銀行「TOHOスマートネクスト」 年4.8%~年14.6%
岩手銀行「エルパス」 年1.0%~年14.6%
北日本銀行「スーパークイカ」 年3.0%~年14.8%
山形銀行「カードローン口座レス型」 年4.5%~年14.6%
きらやか銀行「Do it 500」 年4.8%~年14.6%
秋田銀行「あきぎんスマートネクスト」 年5.8%~年14.8%
北都銀行「スピードカードローンNeo」 年4.5%~年14.6%

各銀行とも、最高金利が年14%台後半に設定されていることがわかります。

岩手銀行「エルパス」の最低金利が年1.0%なのは、最大限度額を1,000万円に設定しているからだと考えられます(ちなみに、400万円超500万円以下の金利は、年4.5%です)。カードローン申し込みを検討する際は、限度額ごとに適用される金利をチェックすることが大切です。

七十七銀行カードローンの利息一覧

七十七銀行カードローンで30日間お金を借りた際の利息を、金利別に計算してみました(小数点以下は切り捨て))

【77スマートネクスト】
借入残高 年率14.8% 12.0% 7.7% 6.9% 4.9%
1万円 121円 98円 63円 56円 40円
5万円 608円 493円 316円 283円 201円
10万円 1216円 986円 632円 567円 402円
20万円 2432円 1972円 1265円 1134円 805円
50万円 6082円 4931円 3164円 2835円 2013円
100万円 9863円 6328円 5671円 4027円
150万円 14794円 9493円 8506円 6041円
200万円 19726円 12657円 11342円 8054円
300万円 18986円 17013円 12082円
500万円 20136円
【77カードローン】
借入残高 年11.0% 年10.0% 年7.9%
1万円 90円 82円 64円
5万円 452円 410円 324円
10万円 904円 821円 649円
20万円 1808円 1643円 1298円
50万円 4520円 4109円 3246円
100万円 9041円 8219円 6493円
150万円 9739円
200万円 12986円
300万円 19479円

七十七銀行カードローンは返済しやすい?

七十七銀行カードローンでは、毎月1回の自動振替による返済の他、ローンカードや専用通帳を使って増額返済を行うことが可能です。

1円から追加返済できる方法が用意されている点で、七十七銀行カードローンは返済しやすい商品だといえます。

コンビニATMでは千円単位の入金、七十七銀行のATMや窓口では硬貨も入金できます。

窓口で返済する場合は専用通帳の持参が必須ですが、硬貨の取扱い枚数に制限はなく、記念硬貨や破損した紙幣での入金も可能です。

自宅に眠っている記念硬貨や旧紙幣を換金せず、額面通りの金額で直接ローン口座に返済することは、増額返済時の技といえます。

約定返済額に充てたい時は、返済用口座の通帳(普通預金)に入金するようにしましょう。

返済方式

七十七銀行カードローンでは、返済用口座からの口座振替により毎月1回約定返済を行うシステムです。

ボーナス月などお金にゆとりがある月の振替額の増額はできませんが、ローンカードや専用通帳を使って増額返済を行うことができます。

前月5日~当月4日に増額返済した金額の合計が約定返済額に達した場合でも、約定返済の引き落としは停止されないので、毎月の約定返済は必ず行う必要があります。

約定返済額が引き落とされない場合は入金があるまでカードローンの追加借入は停止される他、延滞として取り扱われるので注意が必要です。

返済日

“七十七銀行カードローンの約定返済日は、毎月5日(休業日の場合は翌営業日)と指定されています。

約定返済額については自動融資の対象外なので、前日までに残高を確認した上で入金しておきましょう。

銀行への支払いは、基本的に公共料金や他社への支払より先に引き落としがかかる傾向です。

返済日当日に残高不足で約定返済額が引き落とされなかった場合、当日の午前中に約定返済額以上の残高となるよう入金すれば、午後から夕方にかけて再引き落としをかけてくれるようです。

確実に約定返済額を入金したい場合は、返済用口座を開設した支店に相談してみるのもよいでしょう。

毎月の返済額

毎月の返済額を、借入残高ごとにまとめてみました。

借入残高 77スマートネクスト 77カードローン
1万円 2000円 5000円
5万円 2,000円 5,000円
10万円 2,000円 5,000円
20万円 5,000円 5,000円
50万円 10,000円 10,000円
100万円 20,000円 20,000円
150万円 25,000円 25,000円
200万円 30,000円 30,000円
300万円 50,000円 30,000円
500万円 70,000円

年14.8%の金利でお金を借りている場合、約定返済額の約半分が利息に充当されることになります。

毎月の返済額が少なければ返済が楽と考えられますが、完済時期を早めるためには、たとえ少額でも増額返済を行って元金を減らすことをおすすめします。

七十七銀行カードローンの借り入れ方法

七十七銀行や他行ATMで借りる

七十七銀行の他、次に示す相互開放先のATMでお金を借りる場合は、平日8:45~18:00のATM手数料が無料です。

それ以外の時間帯や土日祝日は、100円+税のATM手数料がかかります。

  • 仙台銀行・宮城県内の5信用金庫(みやぎネット)
  • 山形銀行・東邦銀行(MYキャッシュポイント)
  • 東北銀行・北日本銀行

それ以外の銀行(イオン銀行やゆうちょ銀行など)でも、利用日時に応じた100円+税または200円+税のATM手数料を支払えばお金を借りられます。

コンビニATMで借りる

七十七銀行カードローンは、セブン銀行・ローソン銀行・E-net(主にファミリーマート)のコンビニATMで24時間借り入れが可能です。

取引金額が1万円以下の場合は利用日時にかかわらず100円+税の、取引金額が1万円超の場合は利用日時により100円+税または200円+税のATM手数料がそれぞれかかります。県外に出かけた際も、コンビニがあればお金を引き出せるので、安心です。

七十七銀行の窓口で借りる

ローン専用通帳を使って、七十七銀行の窓口でお金を借りることができます。

契約時に届け出た印鑑の持参が必須ですが、限度額の範囲内であれば1円単位で引き出せますし、借り入れと同時に納付書等による各種支払を済ませることも可能です。

窓口で契約手続きを行う場合はローン専用通帳がその場で発行されるので、通帳発行と同時に必要額の融資を受ける方法もあり、急いでお金を借りたい時には活用したいものです。

なお、Web完結申込の場合は、契約完了後に指定口座へお金を振り込んでもらえます。

七十七銀行カードローンへ申し込んだ人の口コミ

申し込み年 2018年
年齢 32歳
職業 会社員
年収 350万円
利用目的 婚活の軍資金
希望限度額 70万円

結婚相談所に支払う費用と街コン参加費・デート費用を用意するため、77カードローンを申し込みました。結婚相談所で勧められたローンでは、手元に現金を残せないからです。勤務先の給与振込・公共料金振替などで金利が2%近く安くなるのも、選択の有力ポイントでした。提示された限度額は50万円、銀行窓口でローン通帳を受け取り、その場で結婚相談所の費用を送金しました。

申し込み年 2019年
年齢 45歳
職業 会社員
年収 485万円
利用目的 手術費用
希望限度額 30万円

痔が悪化したため手術を受けることになりましたが、クレジットカードが利用できない病院なので、支払う現金を用意しようと「77スマートネクスト」を申し込みました。学生時代に友人が消費者金融から激しい取り立てを受けたのを目撃していたこともあり、銀行が安心だと思ったからです。申し込みの2日後に30万満額で可決、ネットで契約後当日中に振込融資でお金を手にして、無事手術を受けてきました。同僚等からのお見舞いや高額医療費を合わせて、半年後には完済しました。

申し込み年 2019年
年齢 28歳
職業 アルバイト
年収 240万円
利用目的 海外旅行費用
希望限度額 50万円

友達と海外旅行に出かけるため、77カードローンを申し込みました。77スマートネクストは窓口に行かずに手続きできる点が便利ですが、金利が高かったからです。1年前に2度ほど、携帯電話の支払いがうっかり遅れたことがあったからか、審査に通りませんでした。直後に申し込んだ消費者金融では審査に通過できたので、延滞歴は念入りにチェックしているのだと感じました。