レイクALSAで増額する方法と増額審査で気をつけるべきこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

レイクALSAで増額する方法

レイクALSAの増額申請は、主にインターネットや自動契約機を利用して行います。

増額の審査基準は、過去の利用状況と現在の返済能力が重要になってきます。

そのため、在籍確認などが行われないので、初回の申し込みよりも手間をかけずに手続きできますが、直近の収入証明書類の提出を求められることがほとんどです。

増額を考えている方は、申し込みの前に収入証明書類の準備をしておくと、審査がスムーズに進みます。

また、人によってはレイクALSAから増額案内が届いていることがあります。

この増額案内が届いているかどうかで、審査のスピードが変わってくるので、まずは一度増額案内の通知を確認しましょう。

ここからは、増額案内が来た場合とそうでない場合の申し込み方法についてご紹介していきます。

レイクALSAで増額申請する方法は2種類

増額案内が来た場合

レイクALSAを半年以上長期的に利用していると、増額の案内が来ることがあります。

増額の案内が来ているかどうかは以下の方法で調べることができます。

  • レイクALSAから増額案内のメールが来ている
  • 会員ページの取引状況で「増額確認」が表示されている
  • 新生銀行レイクATMに案内が表示されている
  • 直接問い合わせて確認

レイクALSAから増額案内が来たからといって必ず審査に通るというわけではありませんが、申請して認められる可能性は非常に高いです。

増額を考えている方は、まず案内が来ているかを確認して、案内が来ていたらぜひ申し込んでみましょう。

増額案内が来ている人は「増額確認」のページからそのまま申し込みできます。

一方で増額案内が来ていない人は、下記の方法で増額申請を行なってください。

増額を自分から申請する場合

自ら増額を申し込む方法は主に以下の3パターンがあります。

  • Web問い合わせ
  • 自動契約機での申し込み
  • 電話での申し込み

それぞれの方法を詳しく解説していきます。

Web問い合わせ

Webでの申し込みは、レイクALSAの会員ページ内にある「ご利用限度額アップのご確認・お申し込み」から手続きができます。

Web問い合わせは24時間いつでも申し込みができ、窓口などに足を運ぶ手間がないので、気軽に増額したい時におすすめです。

主にメールにて審査結果の通知が来るので、申し込んだ後はメールのチェックを欠かさないようにしましょう。

自動契約機での申し込み

すでに収入証明書が手元にある方は自動契約機での申し込みがおすすめです。

レイクALSAでは、増額の審査を受ける際、収入証明書類の提出を求められることがほとんどです。

Web申し込みの場合は、一度申し込みを行い、収入証明書類を求められてから書類を送付するという手間がかかりますが、自動契約機の場合にはそれがありません。

自動契約機では、増額申請と同時に収入証明書の提出ができるので、すでに手元に最新の収入証明書が準備できている方は、自動契約機での増額申請がおすすめです。

自動契約機で増額申請する際は、収入証明書類を忘れずに持参しましょう。

電話での申し込み

増額の申請や借入が不安な方は、電話での申し込みがおすすめです。

レイクALSAのフリーダイヤル「0120−090924」へ、平日9:00〜18:00までの間に電話すると、担当のオペレーターの方と直接相談ができるので、増額に関する疑問をその場で解決できます。

ただし、平日18:00以降・土日祝は、電話での申し込みができないので、申し込む日時が営業時間外の場合は、その他の方法で申し込みしましょう。

レイクALSAの増額審査に通るには?

レイクALSAの増額審査に通るためには、審査の内容をある程度把握しておきましょう。

増額審査では、主に以下のようなポイントを審査されます。

  • 過去の利用状況
  • 現在の返済能力
  • 登録情報の確認

基本的に本人確認や在籍確認をされることはありませんが、初回の申し込みから時間が経っている場合はそれらを再度求められることがあります。

また、その際に誤った情報が発覚したり、以前よりも返済能力が下がっていると判断されると審査に落とされる可能性が高くなります。

そのため、審査の前には現在の登録情報を最新のものに更新しておきましょう。

ここからは、レイクALSAの増額審査に通るために、あらかじめやっておくべきことについて解説していきます。

最新の収入証明書を準備しておく

最新の収入証明書を準備しておきましょう。

増額の審査を行う上で、レイクALSAは利用者の現在の返済能力を調査します。

初回申し込み時よりも返済の能力が上がっているのか、それとも下がっているのかが一つの判断材料です。

初回の借入から時間が経っている場合は、勤務先や収入状況が変わっていることがあるので、最新の収入証明書を求められることがあります。

なお、レイクALSAで提出する収入証明書には以下のものが該当します。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書、納税通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 給与明細書

例えば、給与明細書を提出するのであれば、増額申し込み日から直近2ヶ月分の給与明細が記載されていなければいけません。

また、仮に勤め先が変更になっている場合は、事前に会員ページより届け出ておくことで、審査をスムーズに進められます。

転職した場合には在籍確認の電話がある

転職などで勤務先が変わっている場合は、在籍確認が行われます。

通常、初回の申し込み時と同じ勤務先であれば、在籍確認が改めて行われることはありません。

しかし、「勤務先変更の届けが出てる」もしくは「勤務先が変わっている可能性がある」場合は在籍確認が行われることがあります。

レイクALSAが申込者への確認もなしに、在籍確認を行うことはほとんどありませんが、勤務先が変わったらすぐにでも届けを出すことをおすすめします。

また、勤務先が変わった方は、増額申請を行うときにレイクALSAへそのことを使えておくことで、審査時間の短縮につながります。

そのため、転職したらまずは勤務先変更の届けを出してから増額申請を行いましょう。

登録情報に変更がある際には事前に修正しておく

登録情報に変更がある場合は、事前に修正しておきましょう。

増額の審査を行ううえで、改めて登録情報などが確認されます。

初回の申し込み時に登録した内容が変わっていた場合、審査に時間がかかる原因となるので、増額申し込みの前に登録情報は正しいものにしておきましょう。

登録情報の変更は、会員ページの「氏名・住所などの登録・変更」より行えます。

レイクALSAの増額審査は新規申し込みよりも厳しい

レイクALSAの増額審査は新規申し込みよりも厳しく行われることがあります。

なぜなら、レイクALSAにとって高額の融資をするということはリスクを抱えることとなり、必ず返済してもらわなければいけないからです。

基本的に初回の申し込みで高額な融資が受けられないのもその一つです。

過去の返済で滞りがある方や、レイクALSAの利用実績がまだ未熟な方は審査に落とされる可能性が高くなります。

また、初回申し込み時よりも収入が下がっている、他社借入が増えている、信用情報に傷がついているといった場合は、ほとんどの確率で審査に落とされてしまいます。

そのため、増額審査はその人が本当に全額返済できる能力があるのかどうか、厳しく見られると考えておきましょう。

原則的に収入が上がらないと増額はできない

増額審査に通るためには、収入の高さが大切です。

原則、収入が上がっていない場合は増額の審査に落とされてしまいます。

特に、初回の申し込み時に、借入希望額よりも実施の限度額が少なくなった方は注意が必要です。

限度額を下げられて契約したということは、利用者の収入に対して見合ったギリギリの限度額で契約しているということなので、収入が上がっていない場合は増額が認められない可能性が高いです。

そのため、収入が上がっていなければ、基本的に増額審査が通らないと考えておいてください。

レイクALSAの審査基準には何がある?審査に落ちる人の共通点

増額審査の結果、減額される可能性もあるので要注意

増額審査にはリスクもあるので注意しましょう。

増額の申し込みをすると、審査に落とされるどころか、最悪以下のような対応をされることがあります。

  • 借入限度額が下げられる
  • 利用停止になる

ここからは、それぞれ増額審査のリスクについて解説していきます。

信用情報に傷がついていると利用停止になるリスクもある

初回の申し込み後に信用情報に傷がついてしまうと、利用を停止させられるリスクがあります。

信用情報とは、いわゆる「ブラックリスト」のことで、他社の借入を長期延滞したり、強制解約を受けたりすると、信用情報に傷がついてしまいます。

レイクALSAでは、増額の申し込みを受けると改めて利用者の信用情報が調べられます。

そのときに、信用情報に傷があると発覚すると、返済の能力が低いということで、これ以上の借入ができないよう利用停止の措置も考えられます。

そのため、増額の申し込みをする際は、過去に金融事故がないか再確認し、不安要素があるのであれば増額申し込みを控えるのも大切です。

総量規制に引っかかって増額できないケースもある

総量規制に引っかかると、増額はできません。

総量規制とは、消費者金融が貸しつけられる上限金額のことで、一般的に借入限度額は、他社からの借入も含めて年収の3分の1までとなっています。

例えば、年収300万円の人が借入られる金額は100万円までです。

仮にレイクALSAでの借入額が30万円だとしても、他社からの借入額の合計が100万円を超える場合は、レイクALSAでの増額が認められません。

増額の申し込みをする前に、自分の債務状況の整理は必ず行いましょう。

増額するかどうかは冷静な判断をしよう

レイクALSAの増額申し込みはインターネットや自動契約機からできます。

信用情報や現在の返済能力に問題がないと思う方は、一度増額の申請をしてみましょう。

その際は、あらかじめ収入証明書を準備したり、登録情報を更新しておくと、審査をスムーズに進めることができます。

ただし、レイクALSAの増額審査には利用停止や減額などのリスクがあります。

審査も厳しく行われるので、審査に自信がない方は、増額の申し込みを控えるのも一つの手段です。

レイクALSAでの増額は慎重に考えて、冷静に判断しましょう。