レイクALSAで即日融資を成功に導く方法!何時までに申し込めば大丈夫?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

レイクALSAで即日融資を成功に導く方法

レイクALSAで即日融資を受けられる方法は主に以下の2種類です。

  • インターネットでの申し込み
  • 自動契約機での申し込み

どちらも即日融資が受けられる申し込み方法ですが、それぞれ申し込みの流れと営業時間が異なります。

流れと営業時間を知らずに申し込むと、即日に融資が受けられないという事態も考えられるので注意が必要です。

例えば、自動契約機での申し込みでは、本人確認書類などの提出書類を持参しなければ申し込みはできません。

そこでここからは、両方の申し込みの流れから特徴まで詳しく解説していきます。

自分に合った申し込み方法を知り、確実にその日に借入を行いましょう。

レイクALSAから即日融資を受ける方法は2種類

公式からネット申し込み

レイクALSAは公式サイトからインターネットでの申し込みができます。

インターネット申し込みは、申し込みから契約、借入までをすべてWEB上で完結させられることが特徴です。

インターネットでの申し込みは以下の流れで行います。

  1. 申し込み
  2. 仮審査結果の確認
  3. メールで本審査結果の確認
  4. 契約
  5. 借入

借入は振込とATM取引から行うことができ、どちらもカードを発行せずに借入が可能です。

以下では、インターネット申し込みを行なった際の借入方法について具体的に解説しています。

21時までに契約完了すれば即日振込が可能

レイクALSAのインターネット申し込みは、21時(日曜日は18時)までの契約完了で、当日中に融資を受けられます。

レイクALSAの契約完了後は「振込」か「ATM取引」のどちらかから、借入ができますが、お金を早く受け取りたい場合は振込がおすすめです。

ATMへ足を運ぶ必要がありませんし、その場で即時に振り込まれるので、手間がかかりません。

ただし、振込での借入をするのであれば、振込先の金融機関に注意が必要です。

ほとんどの金融機関で即時振込が可能ですが、一部即時に反映されない金融機関もあります。

自動契約機でカードを発行してATMから借入も可能

レイクALSAのカードがあれば新生銀行レイクATM・提携ATMで24時間借入ができます。

インターネット申し込みの審査に通過したら、自動契約機でカードが発行できるので、ATMで借入を利用したい方はカードを発行しましょう。

ただし、カードを発行できるのは22時までです。

契約してその日に借入をしたい方は22時までに自動契約機へ行きましょう。

スマホであればカード発行なしで即日融資が可能

スマホATM取引を利用すれば、カードがなくても借入ができます。

インターネット申し込みを行なった後に、カードを発行する手間がめんどうな方は、近くの提携ATMでスマホを使った借入がおすすめです。

スマホATM取引では、レイクALSAの専用アプリを使います。

提携ATMでスマホ取引を選択し、画面に従って操作すると、QRコードが表示されます。

レイクALSAの専用アプリからそのQRコードを読み取ることで、「企業番号」が表示されるので、表示された番号をATMに入力すれば借入ができます。

また、そのままカードレスで返済もできるので、わざわざカードを発行して持ち歩きたくないという方は、スマホATM取引を利用しましょう。

自動契約機を使えばその場でカード発行まで完了

レイクALSAの申し込み方法には、自動契約機を利用した方法もあります。

レイクALSAの自動契約機は全国の各所に設置してあり、その自動契約機を使って申し込みからカード発行、借入まで行えます。

自動契約機での申し込みは以下の流れで行います。

  1. 申し込み
  2. 必要書類の提出
  3. 審査結果の確認
  4. 確認書に署名
  5. カードの受け取り・契約
  6. 借入

自動契約機では、必要書類を提出しなければいけないので、「本人確認書類」と「収入証明書」は必ず持参しましょう。

インターネット申し込みとは異なり、22:00までに契約が完了すれば即日融資が受けられるので、申し込みの時間がが遅くなってしまったときなどに便利です。

自動契約機の営業時間は店舗によって異なるので要注意

自動契約機の営業時間は店舗によって異なる場合があります。

一般的なレイクALSAの自動契約機の営業時間は以下の通りです。

申込受付 審査回答
平日・土曜日 8:00〜24:00 8:00〜22:00
日曜日・祝日 8:00〜22:00 8:00〜22:00
毎月第3日曜日 8:00〜19:00 8:00〜19:00

平日は申し込みを8:00〜24:00まで受け付けていますが、審査の回答および即日融資は22:00までに済ませる必要があります。

そのため、当日に借入をしたいのであれば、遅くても20:00までには申し込みを済ませるようにしましょう。

ただし、自動契約機の営業時間は店舗によって異なることがあるので注意が必要です。

即日で借入したかったのに自動契約機が閉まっているということにならないよう、近くの自動契約機の営業時間をあらかじめ確認しておくことが大切です。

レイクALSAの審査にかかる時間はどれくらい?在籍確認はあるの?

レイクALSAは即日振込可能な金融機関を拡大中

レイクALSAは現在、即日振込が可能な金融機関を拡大中です。

すでに提携している金融機関は数百社にのぼり、それらの金融機関では、深夜でも休日でも即時に振込が行われ、かつ手数料が無料で借入できます。

該当しない金融機関は平日14:45までの手続きでその日のうちに振り込まれますが、それを過ぎてしまうと翌営業日の振込となります。

また、日曜日18:50〜翌日8:10、年末年始、大型連休の時期などは、レイクALSAがメンテナンスを行なっているので、当日に振込ができないことがあります。

ほとんどの金融機関に対応していますが、該当していない金融機関とメンテナンスの時間帯には注意しておきましょう。

レイクALSAから確実に即日融資を受けるには?

レイクALSAから確実に即日融資を受けるためには以下のような方法があります。

  • 午前中には申し込みを済ませておく
  • 必要書類を用意しておく
  • 電話・メールに対応できるようにしておく
  • レイクALSAの審査基準を確認しておく
  • 借入限度額は低めに設定しておく

その日に借入をするために大切なのは、前もって申し込みをすることも一つの方法ですが、できる限り審査をスムーズにして即日融資ができる時間に間に合わせるという方法もあります。

そこでここからは、確実に即日融資を受けるための方法を、それぞれ詳しく解説していきます。

午前中には申し込みを済ませておく

レイクALSAの申し込みは午前中に済ませておくことをおすすめします。

なぜなら、遅い時間になると、申し込みはできてもその日に借入ができなくなるからです。

ネット申し込みの場合は21時まで、自動契約機での申し込みの場合は22時までに契約を完了させなければ即日融資は受けられません。

これはあくまでも契約完了の時間なので、申し込みと審査の時間を考えると、1〜2時間前には申し込みをしたほうがいいです。

また、審査は最短30分ですが、遅れることも十分考えられます。

例えば「21時までにやればいいや」と考え、1時間前の20時ごろに申し込みを行なったとしても、審査が遅れてしまうと、融資が翌日になることがあります。

必ず午前中にする必要はありませんが、その日にお金が必要なのであれば、できる限り時間に余裕を持って早めに申し込みすることをおすすめします。

必要書類を用意しておく

申し込み前には必要書類を準備しておくと、審査をスムーズに進められます。

必要書類には「本人確認書類」と「収入証明書」の2つがあります。

通常、本人確認書類だけでも申し込みはできますが、場合によっては審査のために収入証明書を求められることがあります。

もし、収入証明書を求められて、源泉徴収票などをその日に準備できなければ、最悪審査が長引いてしまい、申し込んだその日に借入ができないということも考えられます。

そのため、融資を受けたい思ったら、申し込みをする前にあらかじめ必要書類を準備しておくことが望ましいです。

電話・メールに対応できるようにしておく

申し込みが済んだら、電話とメールは常にチェックしておくようにしましょう。

審査の結果は電話もしくはメールにて通知されます。

審査結果が出たのに、電話に出れずに融資が翌日以降になってしまった、などとならないよう気をつけましょう。

また、審査を進めるうえで、電話にて状況確認や追加の提出書類を求められることがあります。

そういった、通知も気づかずにいると、審査が長引く原因となります。

そのため、レイクALSAの申し込みをしたら、審査結果が出るまでは必ず電話とメールをチェックするようにしましょう。

レイクALSAの審査基準を確認しておく

レイクALSAの審査基準を把握しておき、審査をスムーズに進められるようにしておきましょう。

審査が長引くと即日融資を受けられなくなる可能性があるので、審査基準の確認は大切です。

レイクALSAの審査基準は、主に以下の4つです。

  • 申込条件を満たしているか
  • 信用情報に傷が無いか
  • 総量規制の範囲内か
  • 勤務先は正しいものか在籍確認

信用情報とは、いわゆる「ブラックリスト」のことで、過去に返済の遅延などがある場合は、返済能力が低いと判断されてしまいます。

また、総量規制とは貸付ができる上限のことで、すでに他者からの借入が年収の3分の1以上ある場合は、融資を受けることができません。

基本的に、それらの情報に問題がなく、在籍確認もスムーズに行われれば、最短30分で審査が完了します。

ただし、審査基準がギリギリの場合は、審査の結果が出るまでに1〜2時間ほどかかったり、確認の電話がかかってくる場合もあります。

そのため、あらかじめレイクALSAの審査基準は確認しておき、スムーズに審査が進むように準備しておきましょう。

借入限度額は低めに設定しておく

借入限度額は低めに設定すると、審査が早くなることがあります。

そもそも、審査が長引く原因の一つとして、審査基準ギリギリの申し込みというものがあります。

例えば、レイクALSAとしては30万円までなら融資ができるけど、希望借入額が50万円で申し込みを受けたので、審査をどうしようか悩んでいる、といった状況もあるわけです。

また、レイクALSAは基本的に初めての申し込みから高額融資を行わないので、借入希望額が50万円、60万円を超えるようであれば、本当にそんな高額を貸し付けて返済されるのかを精査します。

そのため、希望する借入限度額を低めに設定することで、審査の結果を早めることができるといえます。

足りなければ後日増枠申し込みが可能

借入限度額は低めに設定して、もし足りなければ、限度額の引き上げを申し込むこともできます。

ひとまず早急に必要な分だけを即日で借り入れて、足りなければあとで増額するというのも一つの手段です。

ただし、限度額の増枠の申し込みには、再度審査が行われます。

また、増枠の申し込みが初回の借入から日にちがほとんど経ってない場合、審査に落とされてしまう可能性が十分にあります。

あくまでも増枠は、過去の返済経歴から、その利用者に返済の能力があると判断した場合にのみ認められるものなので、例えばとりあえず30万円借入れて、その1週間後にまた30万円借入れるのは難しいでしょう。

そのため、足りない分の増枠は必ずしも成功するとは限らないので、一つの手段と考えておきましょう。

急な出費で困ったらレイクALSAを活用しよう

急な出費に困ったら、レイクALSAがおすすめです。

冠婚葬祭や突然の病気、ゴールデンウィークなどの大型連休等、急にまとまったお金が必要になる場面はたくさんあります。

そんなとき、レイクALSAは最短30分で審査が終わるうえに、早くて申し込みから1時間程度でその日に融資が受けられるので非常に便利です。

しかし、申し込み時間帯や審査の状況によっては、その日に借入が受けられないということもあります。

そんなことにならないためにも、レイクALSAの申し込み方法と営業時間を把握し、借入のための対策は大切です。

ぜひ、今回紹介した内容をもとにレイクALSAで申し込みをおこない、確実に即日融資を受け取ってください。