ご融資どっとこむのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

ご融資どっとこむのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

ご融資どっとこむへ申し込む前に、メリット・デメリットなどの情報を知っておくと申し込みやすいです。

ご融資どっとこむを他社と比較することで特徴が分かりやすくなるでしょう。

また、口コミなどもご融資どっとこむの特徴をつかむ情報のひとつになります。ここでは、ご融資どっとこむのメリット、デメリット、特徴などについて解説していきます。

ご融資どっとこむ詳細情報(スペック表)

申し込み条件 満20歳~70歳まで、毎月定期収入があること
必要書類 運転免許証、保険証、パスポートのいずれか一つ
審査時間 即日
利用用途 原則自由
契約期間 3年間
限度額 50万円
保証会社 なし

ご融資どっとこむのメリット

  • 申し込める年齢が高い
  • 全国から申し込める
  • 即日融資可能
  • 10秒お試し診断がある

申し込める年齢が高い

ご融資どっとこむは、申し込める年齢が70歳までになっています。一般的には上限を65歳にしている金融機関は少なくありません。

65歳で定年退職をする人が多いからです。安定した返済を期待するのであれば、働いているほうが金融機関には都合が良いのです。

70歳まで申し込める理由は、年金などで安定して返済することができるからです。安定してお金を返せることが前提にはなりますが、ご融資どっとこむの上限年齢が高いことはメリットでしょう。年齢を理由に断られたことがある人にとっては、ご融資どっとこむは良い貸し金業者かもしれません。

全国から申し込める

中小の消費者金融では珍しく、全国から申し込めるのもご融資どっとこむのメリットです。

インターネットや電話などで申し込むことができるので、全国どこに住んでいても申し込むことは難しくないです。

また、契約書や手続きに必要な書類などは郵送で送れば問題ありません。ただ、郵送に時間がかかるときには融資までに時間がかかることがあります。

審査や手続きに時間がかからないとしても、郵送の時間だけは短縮することができません。すぐにお金がほしいという人は、前もって申し込んでおくと、欲しいタイミングで手元にお金が届くでしょう。

即日融資可能

ご融資どっとこむは、問題がなければ審査に時間がかかりませんので即日融資が可能です。ただし、午前中に申し込んで、午後に窓口で手続きをするなどの条件があります。窓口に行けないと、即日融資は現実的に難しくなるでしょう。基本的に窓口へ行くことが即日融資を受けるときの最低条件になります。

契約をするためには必要書類を提出する必要がありますし、直接届けることが一番早い提出方法です。どのような方法で申し込んだとしても、即日融資を受けるには、提出書類を直接ご融資どっとこむに出すことを求められます。必要書類などの提出が遅ければ、即日融資を受けることは難しいでしょう。

10秒お試し診断がある

時間や手間をかけて審査を受けて、通らなかったときのショックは大きいもの。そうならないように、ご融資どっとこむには10秒お試し診断があります。この診断を受ければ、審査に通るかどうかがある程度分かります。全く条件を満たしていなければ、診断で落ちることが判明するでしょう。

この診断では、住まい、年齢、性別、職種など8種類の項目を記入することで診断をしてくれます。ただ、診断結果が絶対ということではなく、診断で合格が出ても実際の審査に通らないこともあります。事前に合否の目安を把握することで、ご融資どっとこむの審査を受ける準備ができるでしょう。

ご融資どっとこむのデメリット

  • 融資上限が低い
  • 融資の時に窓口へ呼ばれることが多い
  • 返済期間が短い
  • キャッシュカードがない

融資上限が低い

ご融資どっとこむの融資上限は50万円と低いです。そのため、利用目的は限られてしまう可能性が高いです。

上限以上の金額が必要な人は、ご融資どっとこむのフリーローンではないものを選ぶしかありません。また、融資上限は低いですが、審査基準が下がることはないです。多額の融資を受けることはできないのに、審査は基準が高いというのもデメリットでしょう。

一般的な消費者金融では希望額が低ければ、簡単に借りられます。ご融資どっとこむは一般的な消費者金融とは違う基準で動いている可能性が高いです。

融資の時に窓口へ呼ばれることが多い

金融機関でお金を借りるときに、来店不要で完結できるパターンは少なくありません。

しかし、ご融資どっとこむでは、可能な限り窓口に来店させられることが多いです。ただし、東京近郊以外に住んでいる場合は郵送で手続きが可能です。

それ以外の場合では、何か特別な理由がない限り、来店にて手続きを勧める流れになっています。忙しい人は窓口に行くことができないかもしれません。時間を作れない人にとっては、来店で手続きをするしかないのはデメリットです。

返済期間が短い

ご融資どっとこむの返済期間は3年間と短いです。基本的に消費者金融の返済期間は長いのですが、ご融資どっとこむは特に短くなっていると感じる人は多いでしょう。

3年間で支払うとなれば36回払いとなりますので、借入金額が多い人ほど毎月支払う返済額も高くなってしまいます。

また、ご融資どっとこむでは返済期間を自動延長できる仕組みもありません。そのため、ご融資どっとこむの返済は3年で終わらせることが前提となっています。

借り入れを繰り返す人にとって、返済期間が短いことはかなりのデメリットになるため、必要な金額を借りたあとは返していくだけという利用方法が適切でしょう。

キャッシュカードがない

ご融資どっとこむではキャッシュカードがないため、引き出したり、返済したりするのが面倒に感じるでしょう。

基本的に借りるときは振り込みですし、返済するときには引き落としです。キャッシュカードがあれば、借りたいときに借りられます。

しかし、キャッシュカードがないと、借入の手続きをもう1度する必要があるのです。手続きをするのが嫌であれば、返済を予定通りに終わらせることが重要です。

借りたときに立てた返済計画を順守できる人はキャッシュカードがなくても問題はないでしょう。ただ、トラブルが発生したときに、対処しにくいのはご融資どっとこむのデメリットです。返済が全て順調に進むとは限りませんので、キャッシュカードがないことで悩む人は多いかもしれません。

ご融資どっとこむの審査基準は他社より甘い?

ご融資どっとこむの審査基準は他社よりも甘いとは限りません。即日融資を受けられる点を考えると、甘いように見えます。

しかし、仮審査に申し込んでも、すぐに合格とはならないケースもあります。その場合は直接来店を求められることも多いです。審査基準がはっきりしていないので甘いかどうかは分かりにくいですが、審査を受けた人がすんなり通らないことを考えると甘いとは言い切れないでしょう。

ただ、即日融資を受けられている人もいるため、信用情報がしっかりしているケースでは審査が甘い可能性もあります。ご融資どっとこむでは審査に厳しい面と甘い面の両方があるものの、返済能力があり、信用情報がクリアな人なら甘いと感じられるでしょう。

審査が甘いキャッシングランキング!即日融資も可能な消費者金融

ご融資どっとこむの金利は他社より高い?

ご融資どっとこむの金利は高いです。大手消費者金融と同じ18%ですので、安いとは言えません。

一般的な銀行カードローンなどに比べると4%程度高く、法定利息ぎりぎりに設定されています。支払日に遅れることなく返済をしていれば、それ以上の高い利息を取られることはありませんが、金利の高さはデメリットと言わざるを得ないでしょう。

また、一般的には借入額が上がっていけば金利は下がっていきます。

しかし、ご融資どっとこむでは50万円を借りても18%のままです。融資金額が上がっても、金利が下がらないので、ご融資どっとこむの金利は高いという認識の人が多いです。

ご融資どっとこむは返済しやすい?

ご融資どっとこむは返済がしやすいとは言えません。返済する方法が銀行振り込みか口座引き落とししかないからです。

ATMで簡単に返済できないので、どこでも簡単に返済できるわけではありません。銀行口座にあらかじめお金を入れておくか、返済のために振り込みをしなければいけないのです。

引き落としの場合は難しくないですが、あらかじめお金を入れておくということがネックになります。

お金を入れ忘れてしまう可能性もあるでしょう。

また、振り込みの場合は銀行の営業時間中にわざわざ銀行に行く必要があります。

コンビニATMで返済できるなどのメリットがないために、ご融資どっとこむは返済しやすいとは言えないのです。

返済方式

ご融資どっとこむの返済方式は、元利均等返済、元金均等返済、一括返済の中から自分で選べます。

返済方式によって毎月の返済額や支払う総額が変わってきますので、生活をしながらしっかり返済できる方法を選ぶことが大事です。

本来であれば一括返済をすればご融資どっとこむに支払う総額を低く抑えられます。

しかし、無理に一括返済をして生活ができなくなるのでは本末転倒です。元金をできるだけ早く返したいのであれば、元金均等返済を選びましょう。

金利を返済しながら元金も毎月返済する方式ですので、だんだんと返済する金額が少なくなっていきます。返済をするときには、元金を減らすことが大切です。その意味では元金均等返済は有効な返済方法でしょう。

返済日

返済日はご融資どっとこむと契約するときに自分で設定できます。返済日を設定するときには、給料日や入金日などのお金が確実に入る日の翌日にしましょう。

お金が入らないと返済はできないですし、お金が入ってから時間が経つと、他のことに使ってしまう可能性もあります。

入金されてから時間を空けずに返済をすれば、返済金を使い込むリスクを減らせます。返済をしてからお金を使う習慣が身につくまでは、入ったお金を自由に使えないようにしておくことが重要です。

また、お金が入る日が決まっていないのであれば、月初に設定しておきましょう。前月末までに入金されたお金を、月初で返済すれば毎月しっかり支払える確率は上がります。

ご融資どっとこむの借り入れ方法

“お金を借り入れるときはインターネット、電話、FAX、郵便、来店などから申し込みます。

そのあとに仮審査を受けて、審査に合格すれば契約書類や必要書類の提出になります。信用情報によっては審査にすぐに通ることがあり、スムーズにいけば即日融資を受けることもできるでしょう。

ただ、東京近郊に住んでいるときには、必要書類の提出に来店するように求められることが多いです。来店をして手続きすると、即日融資を受けられる可能性は高くなります。

遠方に住んでいる場合は、郵送での契約となるでしょう。郵送には時間がかかるため、即日融資を受けられる確率は低いです。

即日融資を受けられるのは東京近郊に住んでいて、必要書類が全て揃っている人だけです。条件がひとつでも欠けていると、即日融資を受けるのは難しくなります。

借り入れるときに必要書類を揃えておくと、ご融資どっとこむから来店などを求められてもスムーズに対応できるでしょう。

ご融資どっとこむへ申し込んだ人の口コミ

申し込み年 2018年
年齢 28歳
職業 サラリーマン
年収 350万円
利用目的 デート費用
希望限度額 10万円

ご融資どっとこむでデート費用を借りました。すぐに借りられると聞いていたので、申し込んだのです。電話をして、審査をしてもらっている間にお店の近くまで移動しました。即日融資には来店をする必要があると知っていたからです。審査に通ったと連絡を受けたので、すぐにお店へ行き、融資を受けました。そのままデートに行けたのですごく助かったことを覚えています。ボーナスが出たら一括返済しようと思っています。

申し込み年 2019年
年齢 30歳
職業 自営業
年収 320万円
利用目的 旅行代金
希望限度額 20万円

旅行に行く前に旅行資金を使い込んでしまい困っていました。そこで、ご融資どっとこむから借りることにしたのです。お店に行って事情を話して、借りられるかの審査をしてもらいました。信用情報に問題はありませんでしたが、すぐには借りることができませんでした。その後、連絡をもらい旅行前までにはお金を借りられたのです。金利が高いのでなるべく早く返済をするつもりです。次の給料が出たらなるべく多く返します。

申し込み年 2017年
年齢 35歳
職業 公務員
年収 400万円
利用目的 プレゼント費用
希望限度額 15万円

指輪をプレゼントする約束を妻としていたのですが、すっかり忘れていました。そのため、購入資金がなくて困ってしまったのです。そんなときに見つけたのがご融資どっとこむです。すぐに借りられると思い、お店に行きました。私が職業を公務員と言うと、担当者が分かりましたと言ってすぐに審査をしてくれたのです。結果的に即日融資を受けられて、指輪を買うことができました。借りたお金はお小遣いから返済しています。