フクホーで任意整理や自己破産をするときの注意点

給料日前でお金がない時の対処法

フクホーからの借金が膨れ上がりすぎて返済ができない。

そんな時に取るべき手段が「任意整理」と「自己破産」です。

このページでは、フクホーで任意整理や自己破産をするときに知っておきたい情報を徹底解説しています。

フクホーからの借金を返済できなくなってしまった人は必見の内容です。

フクホーは闇金ではない

フクホーはその知名度の低さから、「闇金ではないか」という嫌疑をかけられることが多々あります。

しかし、フクホーは金融庁に認可された、正規の消費者金融です。

そのため、貸金業者として貸金業法を順守して営業しています。

法的処理に対してもちゃんと対応をしてくれます。

しかし、任意整理の場合は話が別です。

任意整理に応じるか否かは債権者であるフクホーの自由です。

そのため、フクホーで確実に任意整理ができるというわけではないのです。

フクホーの借金で任意整理をするときの注意点

ここからは、フクホーの借金で任意整理をするときの注意点を解説していきます。

フクホーの借金で任意整理をするときの注意点は

  • 一度任意整理をすると一定期間新規の借り入れが難しくなる
  • 自己破産や個人再生をする場合は債権者の一部に返済をしてはいけない
  • 生活収支を見直す必要がある

以上の3点です。

任意整理の話題ということで比較的シビアな注意点が並んでいます。

ここからは、フクホーの借金で任意整理をするときの注意点をひとつずつ解説していきます。

一度任意整理をすると一定期間新規の借り入れが難しくなる

まず、フクホーで債務整理をおこなっている期間や、債務整理を済ませた後の数年間は、新しいローンを組むことは難しくなります。

特に、個人再生や自己破産といった裁判所の中で手続きをする債務整理の方法では、手続き期間中である数か月間は借入ができなくなってしまうのです。

債務整理の手続きを始める際には、手続き期間中は借金の返済をストップすることができます。

そのため、あくまで収入の範囲内で生活をすることをこころがけるようにしましょう。

また、債務整理が終わった後には、借金の一部または全部を免除してもらうことができます。

しかし、ブラックリストへの登録によって新たなローン申し込みをしても審査落ちになってしまう可能性が高くなることは頭に入れておきましょう。

債務整理の手続きを進めている間に、収入の範囲内に支出を留める癖をつけておくことが非常に重要なのです。

自己破産や個人再生をする場合は債権者の一部に返済をしてはいけない

「個人再生」や「自己破産」といった方法は裁、判所経由で手続きをする債務整理の方法のひとつです。

これらの手続きは「すべての債権者を平等に扱う」という原則のもとに手続きが進んでいきます。

そのため、手続き中にどこか1件の債権者だけに借金の一部返済をする、ということはできなくなるのです。

そのため、フクホーからの借金の他に借金をしている場合は、注意しておきましょう。

仮に債務整理の手続き中にフクホー以外の一部の債権者に優先的に返済をしてしまうと、裁判所の手続きがその時点で中断してしまうことも考えられます。

そのため、弁護士や司法書士といった専門家に相談しながら進める場合、こうした手続き期間中の行動制限についても指示を受けるようにしましょう。

生活収支を見直す必要がある

債務整理をおこなうと、自分の収入の範囲で生活することが非常に重要になってきます。

これは債務整理の手続き中や手続き後には新しくローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることができなくなるためです。

今までフクホーなどの「キャッシング」という方法に頼りながら生活をしてきた人にとっては、「自分の収入の範囲内で生活をする」ということが非常に大きなハードルとなるでしょう。

しかし、本来であれば生活をしていくためにローンやクレジットカードは必要ないのです。

特に、フクホーなどの中小消費者金融を利用している人は、すでに大手の金融機関の信用枠を使い切ってしまっている人も少なくないでしょう。

そのため、これ以上の負債を増やさないためにも、債務整理をきっかけにみずからの生活スタイルを見直してみることをおすすめします。

フクホーでの任意整理が難しくなる4つのケース

ここからは、フクホーでの任意整理が難しくなってしまう4つのケースを紹介します。

フクホーでの任意整理が難しくなってしまうケースは

  • フクホー側が早期の和解を迫ってくる場合
  • フクホーの和解条件が厳しい場合
  • フクホーとの取引期間が短い場合
  • フクホーが担保を持っている場合

以上の4つです。

フクホーでは、ある条件がそろうと任意整理をすることが難しくなってしまいます。

そのため、フクホーでの任意整理をする前に一度自分の状況と照らし合わせ、確認することをおすすめします。

フクホー側が早期の和解を迫ってくる場合

任意整理には応じるものの、フクホー側が早期の和解を迫ってくる場合、フクホーで任意整理をすることは難しいでしょう。

フクホーの場合は、任意整理の開始から間をおかず、早期に和解の提案ができれば、普通に和解をすることができます。

そのため、フクホーと和解し、任意整理をしたい場合はできるだけ早く任意整理に移ることをおすすめします。

フクホーの和解条件が厳しい場合

フクホーに限らず、消費者金融の経営状態が悪い場合、和解の条件が厳しくなるケースがあります。

経営状態の良くない場合、比較的厳しめの条件を提示してきます。

このようなケースでは、簡単に和解をせずにひたすら粘り強く交渉を続けていくことで、利息なしでの和解がフクホーとの間でまとまる場合もあります。

しかし、粘ったほうがいいのかどうかは、時と場合によるため、専門家に判断をゆだねるのが得策です。

0とはいかずとも、ある程度利息が下がるのであれば、粘っている間の経過利息のことを考えれば、粘るよりも早期に和解をしたほうが結果としてメリットが大きいということも考えられます。

また、ひたすら和解をせずに粘った場合に、しびれを切らした相手方業者から訴訟を起こされるというリスクも考えられます。

訴訟を起こされた場合は自宅に訴状が届くため、家族に内緒にしている場合などには、ばれるリスクが高くなります。

フクホーとの取引期間が短い場合

「最近取引を開始した」というような場合では、任意整理をすることは難しいでしょう。

フクホーとの取引期間が短い場合には、取引期間中に支払った利息も少額になります。

そのため、フクホー側が「会社の売上に貢献してくれていない債務者とは、和解をしたくない」という気持ちになりがちなのです。

さらに、フクホーとの取引期間が極端に短い場合には、債権者は、「最初から任意整理するつもりで、利息を踏み倒すつもりで借り入れをしたのではないか」という疑いを持たれることもあり得ます。

このような疑いをかけられてしまうと、さらにフクホーでの任意整理は難しくなります。

フクホーが担保を持っている場合

フクホーが担保を取っているような場合も、フクホーでの任意整理は難しくなります。

たとえば、不動産担保ローンを組んで自宅に抵当権を設定されているような場合でも、フクホーでの任意整理は難しくなります。

このようなケースでは、フクホーは任意整理を拒絶し、担保の目的となっている自宅を競売すれば全額の回収が可能なのです。

債権者と比較してもフクホーのほうが立場も強くなります。

そのため、任意整理が難しくなってしまうのです。

フクホーから違法な取り立てを受けることはない

フクホーは金融庁に認可された正規の消費者金融です。

そのため、フクホーから違法な取り立てを受けることはありません。

金利に関しても貸金業法という法律の範囲内で営業しています。

そのため、違法な取り立てを受けている場合はフクホーではなく、フクホーを装った闇金である可能性を疑う必要があります。

任意整理や自己破産をきっかけにフクホーが違法な取り立てをしてくることはないので注意しましょう。

フクホーで延滞をする前に債務整理をするのがおすすめ

フクホーに限らず、借金に関する問題は

  • 深刻化する前に
  • 借金総額が膨れ上がってしまう前に

対応することが理想です。

一度延滞をしてしまうと、延滞料が発生することになります。

結果として借金総額が増え、アリ地獄のような状況になってしまうのです。

そのため、延滞する前に返済することがベストであるということはここで再確認しておきましょう。

借金総額が少額だと任意整理が難しい

フクホーで借り入れた借金の総額が少額の場合、任意整理が難しいことがあります。

任意整理は手に負えないほどの借金を整理するためのものです。

借金総額が少ないとなると、どうにかすることで返済できる可能性があります。

任意整理をされてしまうと、フクホーからすると損害になります。

損害になる可能性を少しでも避けるという観点からも、フクホーで借り入れた借金の総額が少額の場合は任意整理が難しいのです。

任意整理ができないときは個人再生を利用しよう

フクホーでの任意整理ができない場合は、「個人再生」という手段を利用することをおすすめします。

個人再生は裁判所での手続きとなります。

そのため、いくらフクホーでも拒否権がなく、これに応じるしかないのです。

個人再生では、法律で定められている計算方法に従い、借金の減額が見込めます。

個人再生を利用すると、フクホーからの借金を含めた借金総額が最低100万円まで減額される可能性があります。

そのため、どうしても任意整理ができない場合は個人再生をすることをおすすめします。

専門家に相談するときは指示に従って準備をしよう

フクホーでの借金をどうにかするにあたって専門家の意見を聞く場合、下手に逆らわずに指示に従うことが賢明です。

一般人よりも専門家のほうが法律や債務整理に関する知識があることは火を見るよりも明らかなことです。

専門家に相談する場合、準備すべきものをいくつか伝えられることがあります。

フクホーとの交渉は専門家に任せ、その下支えができるようにすると、フクホーでの任意整理や自己破産がスムーズにいく可能性があるのです。

フクホーで任意整理をするときは準備が必要

フクホーで任意整理をするときに必要なのは「準備」です。

場合によっては専門家の手助けも必要であるといえます。

お金は便利なものですが、同時に身を亡ぼす可能性も秘めている怖いものです。

そのため、自分だけで解決しようとせず、周りの人や専門家のサポートを受けながら解決を目指すようにしましょう。