ダイレクトワンへ収入証明書なしで申し込む方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

ダイレクトワンへ収入証明書なしで申し込む方法!

ダイレクトワンで収入証明書が必要となる条件

通常、ダイレクトワンの借入は本人確認書類のみですが、一定の条件下では収入証明書が必要となります。

ダイレクトワンで収入証明書が必要となる条件は以下の2つです。

  1. 他社借入含めて借入総額が100万円を超える
  2. ダイレクトワンの借入金額が50万円を超える

ここからは、それぞれの条件についてくわしく解説していきます。

他社借入含めて借入総額が100万を超える場合

ダイレクトワンでは、他社借入額含めて借入総額が100万円を超える場合、収入証明書の提出が求められます。

この借入総額は、すでに借入れている額ではなく、ダイレクトワンに申し込んだ希望借入額も含めて100万円なので注意しましょう。

例えば、現在アコムから40万円、プロミスから40万円借り入れている場合、合計借入額は80万円となります。

次に、ダイレクトワンで30万円の借入希望で申し込んだ場合、借入希望額を含めると合計借入額が100万円を超えるので、収入証明書が必要です。

「いつのまにか他社からの借入額が100万円を超えていて収入証明書を求められた」

とならないように、他社からの借入額が現在いくらなのかをしっかりと把握しておきましょう。

ダイレクトワンの借入金額が50万円を超える場合

ダイレクトワンでは、初回の借入希望額が50万円を超える場合も、収入証明書の提出が求められます。

どうしても収入証明書の提出を避けたい場合は、借入希望額を下げて申し込みしましょう。

収入証明書の必要条件を回避すれば提出不要

収入証明書なしでダイレクトワンを利用したい方は、上記で説明した必要条件を満たさないように申し込みましょう。

例えば、借入額を50万円未満にしたり、他社からの借入総額が100万円未満になるよう計算して申し込むことで、収入証明書の提出を回避できます。

収入証明書の準備が面倒であれば、このように必要条件を満たさないようにして手間を省くことが可能です。

ダイレクトワンで収入証明書として認められる書類一覧

ダイレクトワンで収入証明書として認められる書類は以下の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 給与明細(直近2ヶ月分以上)
  • 源泉徴収票
  • 所得証明または所得課税証明

など

基本的にこれらの書類以外は、収入証明書として認められませんが、どうしても他の書類でしか収入を証明できない場合は一度ダイレクトワンに問い合わせてみましょう。

電話等で上記証明書の提出が困難であることを相談すると、相談者の意向に沿って、別の書類で認めてくれることがあります。

電話での問い合わせ番号は「0120−01−1125」です。

また、自営業の方や個人事業主などで上記の証明書の提出が難しい場合も同様に、一度ダイレクトワンへ問い合わせ見ることをおすすめします。

収入証明書以外の必要書類

ダイレクトワンは収入証明書以外にも本人確認書類が必要です。

収入証明書は条件を満たした時にのみ必要ですが、本人確認書類は申し込み時に必ず提出しなければいけないので、事前に準備しておきましょう。

なお、ダイレクトワンで認められる本人確認書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード(写真付)
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • パスポート&住民票
  • 健康保険証&住民票

住民票の代わりになる書類

  • 国税または地方税の領収書
  • 納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書

本人確認を行うためには、基本的に写真付きのものが必要です。

また、住民票の代わりに、自宅住所が記載されている書類のコピーでも対応してくれます。

本人確認書類も、上記規定の書類の準備が難しければ、自分が提出できる書類を一度ダイレクトワンに相談してみましょう。

各種必要書類はWEBアップロードで提出可能

必要書類の提出はWEBアップロードがおすすめです。

ダイレクトワンで借入申し込みは以下の3種類です。

  • インターネットでの申し込み
  • 店頭窓口での申し込み
  • 電話での申し込み

そして申し込み時の書類提出方法は、WEBアップロード、店内への持ち込み、郵送の3つがあります。

中でもWEBアップロードはいつどこにいても提出ができるので、書類をコピーして郵送するなどの面倒な手間を省くことができます。

ただし、WEBアップロードでの提出の場合は即日融資に対応していないので、早めに借入したいという方は、必要書類を持って店頭窓口での申し込みを行いましょう。

審査内容によっては収入証明書が必要となるケースもある

審査内容によっては、条件を満たしていなくても収入証明書を求められることがあります。

先で説明した2つの条件を満たしていないにも関わらず、収入証明書を求められる人の特徴として、収入状況が不安定なことがあげられます。

例えば、アルバイトをしている学生や、パートをしている主婦の方、また個人事業主の方や会社経営者などが該当します。

そもそも、収入証明書は返済の能力があるかどうかを審査するためのものです。

収入が比較的不安定な人の申し込みの場合は、直近1〜2ヶ月分の収入状況を見て判断されることがあります。

そのため、他社からの借入がない上に、借入希望額が50万円未満の場合でも、収入証明書を求められることがあるのです。

ただし、上記2つの条件を満たしていない状態で、収入証明書を求められることは少なく、例えばアルバイトの学生だからといって、必ずしも収入証明書が必要になるというわけではありません。

ケースバイケースなので、求められた時に対応できるようにしておけば問題ないでしょう。

ダイレクトワンの審査基準と審査に落ちる人の特徴!審査に落ちたあとの対処法

原則的に収入のない専業主婦は利用できない

原則的に、収入のな専業主婦はダイレクトワンを利用することができません。

なぜなら、ダイレクトワンの申込条件「20歳〜69歳までの、安定した収入のある方」を満たしていないからです。

安定した収入があれば、パートの主婦やアルバイトの学生でも申込可能ですが、そもそも収入のない専業主婦は対象外となってしまいます。

専業主婦で借入をしたいという方は、配偶者の許可があれば借入ができる銀行カードローンなどを利用することをおすすめします。

申し込む前に収入証明書を用意しておくと確実

収入証明書の提出が必要なのは、以下2つのいずれかの条件を満たしたときです。

  1. 他社借入含めて借入総額が100万円を超える
  2. ダイレクトワンの借入金額が50万円を超える

しかし、場合によってはこれらの条件を満たしていなくても、収入証明書を求められることがあります。

そのため、申し込む前に収入証明書を用意しておくと、いざという時に便利です。

申し込んで万が一収入証明書を求められてから、準備をするという方法もありますが、収入証明書の準備には数日かかることもあるので、できれば早く借入したいという場合は、先に準備しておくことをおすすめします。