SMBCモビットより審査の甘い消費者金融はどこ?SMBCモビットの審査に落ちたときの対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

SMBCモビットは、WEB完結を筆頭に人気のある大手消費者金融です。

審査に通れば利便性やサービス面で優れていますが、落ちてしまうとお金を借りることすらできません。

お金に困った状況でSMBCモビットの審査に落ちてしまうと解決方法について躍起になってしまうのではないでしょうか。

そこで、このページではSMBCモビットの審査に落ちた人がするべき対処法を徹底的に解説していきます。

SMBCモビットの審査に落ちた人や自信のない人は、ぜひ最後までご覧ください。

SMBCモビットより審査の甘い中小消費者金融

SMBCモビットの審査に落ちた人は、審査の甘い中小消費者金融を検討するべきです。

一般的に中小消費者金融は顧客獲得のためにSMBCモビットより審査が甘いところが多く、SMBCモビットの審査に落ちた人でも融資を受けられる可能性があります。

ただ、日本全国に中小消費者金融は非常に多くそのすべての審査を受けるわけにはいきません。

ここでは、以下の4つの中小消費者金融を紹介していきます。

  • ダイレクトワン
  • セントラル
  • キャッシングのフタバ
  • アロー

以上の中小消費者金融はSMBCモビットより審査が甘い可能性が高いため、もう少し丁寧に解説していきましょう。

ダイレクトワン

ダイレクトワン

SMBCモビット ダイレクトワン
申し込み条件 年齢満20歳~69歳の定期収入のある方 20歳~69歳までの安定した収入のある方
最大限度額 800万円 300万円
借入利率 年率3.0%~18.0% 年率4.9%~20.0%
遅延損害金利率 年率20.0% 年率20.0%
担保/保証人 不要 不要

スルガ銀行グループのダイレクトワンは消費者金融です。

どうしてもスルガ銀行グループということで銀行カードローンと勘違いするケースが少なくありませんが、間違いなく消費者金融です。

消費者金融ということは貸金業法の総量規制の対象で、年収の1/3以内の融資しか受けられないことに注意しましょう。

スルガ銀行グループはSMBCモビットよりも上限金利が高いですね。

貸し倒れリスクの観点から上限金利が高いほうが審査は甘いと言われており、SMBCモビットよりダイレクトワンの審査のほうが甘いと考えられます。

もちろんダイレクトワンの審査では信用情報機関に申込者の情報を開示請求しますが、大手消費者金融よりはハードルが低い可能性はあるでしょう。

ある程度は知名度のある中小消費者金融でお金を借りたいと考えている場合は、ダイレクトワンを検討してみてはいかがでしょうか。

ダイレクトワンの審査は甘いって本当?ダイレクトワンの審査に通る秘訣

セントラル

セントラル

SMBCモビット セントラル
申し込み条件 年齢満20歳~69歳の定期収入のある方 20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方
最大限度額 800万円 300万円
借入利率 年率3.0%~18.0% 年率4.80%~18.0%
遅延損害金利率 年率20.0% 年率20.0%
担保/保証人 不要 不要

昭和48年創業のセントラルは、中小消費者金融の中では実力のある貸金業者です。

実力のない消費者金融はすぐに倒産してしまうので、これまで数十年間営業を続けているということは、顧客からの信頼も獲得している証拠でしょう。

セントラルはSMBCモビットと比べて上限年齢を設定していません。

これは高齢の方でも融資できると判断すれば融資しているのでしょう。

そういった対応は中小消費者金融ならではで、柔軟な審査に期待できます。

また、審査の甘い中小消費者金融は上限金利が高くなりがちですが、セントラルはSMBCモビットと同じで、返済時の負担にも差が開かない部分は評価できるでしょう。

キャッシングのフタバ

キャッシング フタバ

SMBCモビット キャッシングのフタバ
申し込み条件 年齢満20歳~69歳の定期収入のある方 要審査
最大限度額 800万円 50万円
借入利率 年率3.0%~18.0% 年率14.959%~17.950%
遅延損害金利率 年率20.0% 年率19.945%
担保/保証人 不要 不要

キャッシングのフタバはSMBCモビットより審査が甘いのではないでしょうか。

最も評価できるポイントは、申し込み条件が要審査になっていることです。

SMBCモビットのように定期収入のある方とは明記していないので、なにかしらの事情で収入に波がある人でも相談すれば審査通過の可能性があるでしょう。

また、最大限度額50万円と少額融資に拘っている部分も注目するべきです。

大金は融資できなくても少額であれば融資するタイプの貸金業者は、柔軟な審査を行っていることが非常に多いです。

必要以上にお金を貸さないことで貸し倒れリスクを抑えられるため、審査基準は甘く設定している期待が持てます。

また、意外にも上限金利はSMBCモビットより低く、返済時の負担が少しでも軽くなる効果がありますね。

キャッシングのフタバのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

アロー

アロー

SMBCモビット アロー
申し込み条件 年齢満20歳~69歳の定期収入のある方 要審査
最大限度額 800万円 200万円
借入利率 年率3.0%~18.0% 年率15.00%~19.94%
遅延損害金利率 年率20.0% 年率19.94%
担保/保証人 不要 原則不要

アローはSMBCモビットに比べて審査が甘いと言えるポイントが複数あります。

第一に申し込み条件が要審査ということで、定期収入を得ていない人でも事情によれば審査に通る可能性を示唆していることです。

最近はフリーランスや個人事業主の人も増えてきましたが、収入にばらつきがあるケースもあり、そういったケースの人でも柔軟に対応してくれるかもしれません。

また、上限金利が高めに設定しているため、貸し倒れリスクの側面から考えるとSMBCモビットより審査が甘い可能性があると言えるでしょう。

さらに保証人についても原則不要の立場で、本人だけでは審査に通らないケースでも保証人をつければ融資を受けられるケースもある証拠です。

複数の審査基準から考えるとアローはSMBCモビットより審査が甘いと考えられる理由があるのではないでしょうか。

SMBCモビットの審査基準は公開されていない

SMBCモビットは、審査基準を公開していません。

このくらいの属性でこのくらいの収入があれば審査に通すといった回答はなく、審査に落ちた場合でもその理由については決して教えてくれないんです。

今後もおそらく審査基準を公開することはなく、審査を受ける前の人も審査に落ちた人も悩んでしまうでしょう。

口コミ等でおおよその審査基準を把握することはできますが、絶対という答えを得ることはできません。

他の大手消費者金融より審査基準は厳しい?

SMBCモビットは審査基準を公開していないので、他社大手消費者金融に比べて審査は厳しいのではと思った人もいらっしゃるでしょう。

しかし、実際のところ他社大手消費者金融も審査基準については公開していません。

したがって、SMBCモビットが特別厳しいスタンスをとっているわけではなく、業界では当たり前というわけですね。

また、SMBCモビットの審査に落ちた場合、他の大手消費者金融の審査を受けたところで結果が変わることはほぼありません。

このようにSMBCモビットと他社大手消費者金融の審査基準に差はほぼないと考えて大丈夫でしょう。

SMBCモビットより中小消費者金融の方が審査は甘い

SMBCモビットより中小消費者金融のほうが審査は甘いことが多いです。

たとえば、知名度が低い分大手消費者金融に比べて顧客を集めることが難しいので、審査基準を緩めに設定しているケースが少なくありません。

他にも大手消費者金融はコンピューターの自動審査が基本ですが、中小消費者金融は対面審査等でユニークな審査方式を採用していることもあります。

このような理由からSMBCモビットより中小消費者金融のほうが審査は甘いと考えられるでしょう。

審査基準が甘いかわりに金利は高く設定されている

中小消費者金融はSMBCモビットより審査は甘いですが、その代わり金利は高く設定されています。

金利を高く設定する理由は、大手消費者金融の審査に落ちたような人にでも融資をしているため、貸し倒れリスクが高くなってしまいます。

高めの金利で回収しておかなければ、踏み倒しや債務整理のリスクをカバーすることができないと考えるとわかりやすのではないでしょうか。

審査が甘いキャッシングランキング!即日融資も可能な消費者金融

中小消費者金融の審査にも落ちる人の特徴

ここまでSMBCモビットに比べて中小消費者金融の審査は甘く、デメリットは金利が高いことくらいと説明してきましたが、かならずしも審査に通るわけではありません。

中小消費者金融でも審査に落ちる場合があり、実は共通点があります。

ここでは、以下に主な共通点を紹介しておきます。

  • 借入総額が年収の1/3を超えている
  • 申込条件を満たしていない
  • 収入源がない
  • 自己破産など大きな金融事故を起こしている

それでは、それぞれの問題点についてもう少し詳しく解説していきましょう。

借入総額が年収の1/3を超えている

中小消費者金融は、貸金業法の総量規制を遵守しています。

貸金業法の総量規制とは、年収の1/3以上の融資を禁止した法律です。

つまり、すでに年収の1/3の借入を他社で受けている場合、絶対に審査に通ることはありません。

解決する方法は、まずは他社の借金を返済するしかないので、新たに融資を受けたいと考えている人にとっては最も難易度の高い問題になるでしょう。

申込条件を満たしていない

中小消費者金融とはいえ申込条件を提示しています。

その申込条件をクリアしていないかぎりは、審査に通ることはありません。

年齢制限を筆頭に申込条件は細かく記載していることがあるため、審査に申し込む前にはよく確認するようにしましょう。

また、入力ミス等で申込条件を満たしていない状態になっている可能性もあるので、ひとつひとつ確認しながら入力するようにしてください。

収入源がない

中小消費者金融でも収入源のない人に融資を行うことはありません※。
※配偶者貸付制度を除く。

これは貸金業法の総量規制にもあるように年収の1/3までしか融資ができない部分が関係あり、年収0円では1円すらも借りることはできないんです。

したがって、まずはアルバイトでもパートでも収入源を確保するべきです。

収入を得ていれば基本的に審査を受けられる貸金業者は増えるので、まずは働くことから考えるようにしましょう。

自己破産など大きな金融事故を起こしている

中小消費者金融は多少の金融事故でも目をつぶってくれることがあります。

たとえば、一度くらいの延滞であれば審査に通るケースもあるわけですね。

一方で、自己破産などの大きな金融事故を起こしている場合は、リスクが高くなりすぎて融資は行わないと判断することも珍しくありません。

信用情報機関は一定の年月が経過すれば情報を削除するので、それまで審査を受けることを控えるくらいしか対処法はないでしょう。

安全な中小消費者金融を選びましょう

SMBCモビットより審査の甘い消費者金融を探しているうえで、着眼点が「審査の甘い消費者金融」ばかりにならないように注意するべきです。

現在、日本では闇金融という違法業者が少なからず存在しています。

闇金融ではあの手この手で誘惑するキーワードを使って審査に申し込ませようとしてきます。

もし闇金融の業者でお金を借りてしまうと、トラブルに巻き込まれる原因になります。

怪しいかもと感じた場合は、貸金業登録番号やインターネットの情報検索を活用して、正規の貸金業者であるか調べたうえで審査に申し込むようにしましょう。