SMBCモビットは学生でも審査に通る!親にばれない方法も伝授!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

ATMを利用する女子高校生

SMBCモビットは学生でも審査には通ります。
申し込み条件では、「満20歳から69歳以下であること」と「定期的に収入があること」しか指定されていません。
そのため学生の方でも、アルバイトをしていれば審査に通ります。

この記事ではSMBCモビットを利用したい学生さんのために、SMBCモビットの審査に通るための条件などを細かく紐解いていきます。親にばれずにお金を借りたいという方のためにも、内緒でお金を借りるコツをご紹介します。

サークルや友人との付き合い、趣味や洋服代など、学生時代はとにかくお金が必要なものですが、くれぐれも借り過ぎには注意しましょう!

学生がSMBCモビットの審査に通るための条件

  • 20歳を超えていること
  • アルバイトをしていること(安定した収入があること)

学生の方がSMBCモビットの審査に通るための条件はこの2つだけです。
満20歳を超えていれば、学生の方でもSMBCモビットに申し込むことができます。
また、アルバイトでも定期的な収入があると認めてもらえるため、二つの条件を満たしている学生の方は、SMBCモビットの審査に通る可能性は高いです。

アルバイトでいくら稼いでいれば審査に通る?

SMBCモビットの申し込み条件を見ても、年収については詳しい額が書かれていません。
キャッシングの審査基準というものは、時期によっても変わってしまうため、あえて明確なラインを提示していないのでしょう。たとえば、新規顧客を多く獲得したい時期であれば、年収が低くてもどんどん審査に通ります。
そう考えると、今のSMBCモビットは宣伝にも積極的に力を入れており、新規顧客の獲得には力を入れていると予想できます。

また消費者金融では、総量規制に引っ掛からなければ、低額融資の場合、審査に通る確率は高いです。
総量規制とは年収の1/3以上貸し付けをしてはいけないという決まりのこと。つまり、年収の3分の1までであれば借入できるというわけです。
SMBCモビットは貸付限度額1万円から対応しているため、最低でも年収3万円あれば審査には通ります
アルバイトをしている方であれば、年収額はそこまで気にする必要はありません。
ただし年収が低ければ、返済に充てるお金の実質的割合も多くなるため、返済の負担も大きくなります。借りすぎには注意しましょう。

未成年は絶対審査に通らない?

未成年は消費者金融を利用することは出来ません
消費者金融に限らず、民法上では未成年の契約は無効とされており、契約者が破棄を申し立てると契約はなかったことになります。
消費者金融がお金を貸したあとに契約が無効とされれば、お金が返ってこないので一方的に損をすることになってしまうのです。
そのためSMBCモビットなどの大手消費者金融は、未成年相手には契約を行わないようになっています。
ただし、未成年でも結婚をしていれば、民法上は成人していることになるので、消費者金融の審査に通る可能性もあります。

学生の審査では親に連絡がいく?

親に内緒でお金を借りたいという学生にとって、業者からの連絡は一番避けたいものです。
しかし学生だからといって、無断で親に連絡されることはないのでご安心ください。
貸金業法では、業者が勝手に第三者へ借金の存在を知らせることを禁止しています。基本的に本人としか連絡はしないため、親にばれずにお金を借りることは十分に可能です。
ただし在籍確認の電話は行われるため、勤務先へ連絡が行く可能性はあります。
在籍確認の電話では、決してSMBCモビットが会社名を名乗ることはないので、職場の人に借金がばれる可能性は低いです。
それでも気になるという方は、念のためクレジットカードに申し込みをしたなど、自然な理由を考えておくようにしましょう。

学生はWEB完結申し込みを利用できない?

SMBCモビットでは通常のネット申し込み以外に、すべての手続きをWEBで終わらせることができる「WEB完結申し込み」があります。
WEB完結申し込みであれば、電話連絡なしで郵送物のやり取りもないので、内緒でお金を借りたい人はぜひ利用したいサービスです。
しかしWEB完結申し込みを利用するには、社会保険証のコピー提出が求められます。
フルタイムで働いているアルバイトであれば、会社から社会保険証が発行されますが、学生の方では難しいでしょう。
そのため、基本的に学生ではWEB完結申し込みは利用できないと考えておきましょう。

親にばれずにSMBCモビットの審査に通る方法

WEB完結申し込みでなくても、SMBCモビットであれば親にばれる可能性は低いです。
ネット申し込みかローン契約機で申し込みをすれば、業者から実家に郵送物が送られることもありません。
ここからは、万が一にも親にばれたくないという学生のために、絶対親に気付かれないようにするコツを伝授していきます。

ネットとローン契約機はどちらがいい?

絶対親にばれずにお金を借りたいのであれば、ローン契約機がおすすめです。
ローン契約機であれば、申し込み手続きをすべてその場で済ませることができ、書類の提出も機械にスキャンさせるだけで終わらせられます。カードの発行もその場で出来るため、発行したカードを見られない限り、親に怪しまれる心配もありません。

しかしネット申し込みでも、カード発行の方法でローン契約機を選択すれば、自宅に郵送物が届くことはありません。夜中に申し込みをしたい時は、まずネットで審査まで終わらせて、翌日ローン契約機で発行という流れがスムーズです。

忘れないで欲しいのが、明細書をWEB上で貰うようにすること
SMBCモビットであれば、会員ページでWEB明細書を受け取ることが出来るので、借入をしても家に郵便が届くこともありません。

実家暮らしは郵送物に注意しよう!

親に借金を隠すためには、毎月の返済は一日も遅れないようにしましょう。
SMBCモビットでは返済が遅れると、郵送で催促状が送られるようになっています。
第三者に借金の存在がばれないよう「MCサービスセンター」名義で送られるようになっていますが、親の目に入れば不審に思う可能性があります。
本人しか見ることがないように親展郵便で送られますが、万が一のこと考えるとSMBCモビットからの郵送は避けなければいけません。
借金がばれる原因の中でも、業者からの催促状でばれてしまうケースは多いので気をつけましょう。

返済できなくなる前に親に相談しよう!

お金を借りすぎて返済できなくなった際には、親にすぐ相談しましょう。
一番いけないのは、親に借金がばれないようにするため、新たに借金をして返済すること。
借入先が増えると返済はどんどん難しくなるので、手遅れになる前に親へと相談するようにしましょう。
返済が遅れたり、債務整理をしたりすると、信用情報の評価が下がってしまい、その後の人生にも大きな影響を与えます。
毎月の返済が苦しくなってきたときには、早めに対応するようにしましょう。

最初にも述べたように、学生生活というのはいくらお金があっても足りません。
そのためお金を借りるという選択もやむを得ないと思います。
しかし借金は少ないことに越したことはありません。あくまでバイト代の前借程度に抑えるようにしましょう。
つい借りてしまったという時には、自分の力だけで解決しようとせず、身近な大人に相談するようにしましょう。