SMBCモビットがスマホだけでATMから借り入れできる新サービスを開始!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

2017年3月21日、モビットがスマホ専用アプリを使って、セブン銀行ATMと取引できる新サービスを開始しました。

モビットカードを持ち歩かなくても、スマホ一台で借り入れ・返済が行えるようになり、従来のカードローンとは全く異なるサービスが展開されそうです。

そこで今回はモビットが新しく始めたスマホサービスについてご紹介していきます。

そもそもスマホのATM取引サービスとは?

今回開始された「スマホATM取引サービス」とは、カードを使わずにスマホ一台でATMを操作できるようにするサービスで、セブン銀行が2017年春から導入しようとしていたサービスです。

モビットは元々WEBサービスに力を入れていたこともあり、今回消費者金融として業界は初、スマホでATMから借り入れ・返済できるサービスが始まることになったのです。

モビットでは自社のスマートフォン専用アプリを用意しており、これまで借入残高の確認や収入証明書の提出など手軽に行えるサービスを提供していました。

それに加えて今春からは、モビットのアプリさえ持っていれば、カード不要でセブン銀行のATMと取引できるようになったのです。

それではATM取引サービスが導入されたことにより、具体的にユーザーにはどのようなメリットがあるのか解説していきます。

モビットのスマホ取引サービスによるメリット

WEB完結申し込みから当日中にATM取引が可能に!

モビットではWEB完結申し込みという、申し込みから契約まですべてWEB上で終わらせることができるサービスを行っていました。

(WEB完結申し込みについての詳細は↓の記事を参考にしてください)
モビットでWEB完結の審査を受ける方法とは?

ただしWEB完結申し込みではモビットカードの発行が行われないため、基本的に融資は振込でしか受けることができませんでした。

しかし今回スマホATM取引サービスが導入されたことにより、WEB完結で契約完了したあとは、スマホを使って即時にセブン銀行のATMから借り入れできるようになったのです。

ローンカードが不要になることで、自宅へ郵送物が送られることもなくなり、家族に借金がばれるリスクもなくなります。

スマホATM取引サービスが導入されたことにより、これまでよりもずっと手軽にお金を借りられるようになるのです。

24時間365日借り入れ可能になる

振込融資であれば9:00~15:00の間でなければ、即日融資を受けることはできませんでした。

しかしセブン銀行であれば24時間365日運営しているので、いつでも手軽に借り入れできるようになります。

現代人はモビットカードを忘れることはあっても、スマホを忘れることはありません。

今回のスマホ新サービスが導入されたことにより、モビットは急な出費にも強いカードローとなりました。

財布にカードを入れないから周囲にばれるリスクも軽減

カードローンを利用していることがバレる理由として意外と多いのが、財布に入れているローンカードを見られるケースです。

クレジットカードとは異なるデザインをしているので、ATMで利用するときも周囲の目線が気になるものです。

しかしこれからはスマホでATMを利用できるようになったので、モビットカードを発行する必要性もなくなりました。

今後のモビットではスマホから申し込んで、スマホ一台で借り入れと返済を済ませるのが主流になるでしょう。

どんなスマホでも対応しているの?

モビットが公表した情報によれば、現時点でiOSとAndroidの両OSに対応しており、ほとんどのスマホで利用できるようです。

モビットのアプリをダウンロードすることができれば、スマホATM取引サービスを利用できると考えていいでしょう。

またセブン銀行のATMも、全国のセブンイレブン店舗だけでなく、駅の構内などにも設置されており、日本で最も設置されているATMです。

現在モビットを利用しているという方は、これを機にアプリをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

モビットのアプリでは他にはどんなサービスを利用できる?

  • 必要書類の提出
  • 振込キャッシング
  • ユーザー情報変更
  • パスワード変更
  • 目覚ましサービス※2017年時点で終了

モビットのアプリでは、2017年時点で上記の機能がついています。

スマホの機能を使ったサービスが搭載されており、振込キャッシングは平日9:00~14:50の間であれば、最短3分で融資を受けることができます。

収入証明書の提出もスマホのカメラを使って即座に終わらせることができるので、限度額を増額する際にも便利です。