キャッシングの申し込みから融資までの流れを解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

悩んでいる男性

キャッシングを利用したことがない方は、どのような流れで融資を受けるか分からず不安なものです。

あらかじめ準備しておくものなど分からなければ、申し込みに時間がかかってしまうこともあります。

そこで今回はキャッシングに申し込んでから融資までの流れの基本を解説していきます。キャッシングの流れを知っておけば、安心して申し込みもできるでしょう。

申し込み

  • ネット
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送
  • 店頭窓口

キャッシングに申し込む方法は、主に上記の5つです。

即日融資を希望している方は、ネットか自動契約機から申し込むことをおすすめします。

ネット申し込み

ネット申し込みはキャッシング業者の公式サイトから行えます。

「申し込みはこちら」などボタンが設置されているので、クリックしましょう。

最初に契約に関する規約や説明が表示されます。内容を良く読み、同意してから申し込むようにしましょう。※業者によっては申し込みの最後に表示されるケースもあります。

すると申し込み情報入力画面が表示されるので、項目ごとに必要情報を入力していきます。

申し込み情報に不備があると、審査に時間がかかってしまい、最悪の場合再申し込みとなるので慎重に入力しましょう。

自動契約機申し込み

大手キャッシング業者などは、全国に自動契約機を設置しています。

中に入るとATMのような形をした申し込み機があるので、画面を操作して申し込み手続きを行います。

基本的な申し込みの流れは、ネット申し込みと変わりません。内容をよく確認して、必要情報を入力していきましょう。

自動契約機の場合、審査が終わればすぐにローンカードが発行されるため、ATMを利用したい方におすすめです。

電話申し込み

電話申込ではオペレーターの質問に答える形で申し込みを行います。

機械の操作が苦手という方にはおすすめの申し込み方法です。

郵送申し込み

申込書に必要事項を記入し、郵送することで申し込みも可能です。

申込書は各キャッシング業者の店頭に置かれています。

郵送で申し込んだ場合、書類のやり取りだけで数日かかってしまうため、融資を受けるまで1週間以上かかってしまうのでご注意ください。

店頭窓口申し込み

キャッシング業者の店舗が近くにある方は、店頭窓口からも申し込み可能です。

その場で融資を受けることが出来るので、急いで現金が必要な方にもおすすめです。

審査

申し込みが終われば、審査が始まります。

審査結果を待っている間は、基本的にやることがないので待っておきましょう。

大手キャッシング業者であれば、30分程度で審査が終わり、電話かメールにて連絡があります。電話をして欲しくない方は、申し込み時に連絡方法を指定しておくようにしましょう。

またキャッシング業者によっては、審査が始まる前に書類提出が求められることもあります。また審査の最中に電話確認が行われることもあるので、対応できるようにしておきましょう。

書類提出

キャッシングを契約するには、必要書類を提出しなければなりません。

基本的に運転免許証などの身分証明書を提出するだけでいいですが、融資額が大きくなれば収入証明書を提出しなければなりません。

収入証明書が必要となる条件は公式サイトに記載されているので、申し込み前に確認しておきましょう。

また個人事業主や外国籍の方は、別途資料を提出する必要があります。

電話確認

キャッシングの審査では電話確認が行われることがあります。

主に勤務先への在籍確認と本人確認です。

キャッシング業者によっては在籍確認が終わらなければ、審査が終わらない業者もあるので注意しましょう

契約

審査が終わり、書類提出も電話確認も終われば契約手続きに移ります。

ネット申し込みでは、ネット上で契約できる業者と、書類契約しなければならない業者があるので確認しておきましょう。

自動契約機の場合、その場で契約書が発行され、その場で記入して提出することができます。

また急ぎの場合は、まず融資を行ってから、郵送にて契約書が送られてくるケースもあります。忘れずに記入して返送するようにしましょう。

ローンカードの郵送

ネット・郵送・電話から申し込んだ場合、契約後に自宅へとローンカードが郵送されます。

ローンカードがあれば、提携ATMから簡単に融資を受けることができるので便利です。

また自動契約機のあるキャッシング業者であれば、カード発行を自動契約機で行うこともできます。

ネットから審査を終わらせて、自動契約機でカードを発行すれば、空き時間を有効活用することもできます。

返済

キャッシングで融資を受けた分は、必ず返済しなければなりません。

また元金だけでなく、利息もつけて返済しなければならないので、借りすぎには注意しましょう。

返済方法もキャッシング業者によって大きくことなるため、申し込む前に確認しておきましょう。長期的な利用を考えている場合、あなたの生活スタイルに適した返済方法でなければ不便です。

まとめ

ここではキャッシングで申し込んでから融資を受けるまでの、オーソドックスな流れを紹介しました。

キャッシング業者によって申し込みの流れは微妙に異なるので、申し込み前に必ずチェックしておきましょう。