消費者金融の審査に申し込むと会社に電話はある?電話連絡を回避する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

消費者金融の審査に申し込むと会社に電話はある?電話連絡を回避する方法

消費者金融のカードローンを利用する際、申込審査の段階で勤め先の会社に電話連絡がかかってくる場合があります。

この手順は「在籍確認」と呼ばれるもので、多くの消費者金融では電話による在籍確認ができないと審査に合格することができません。

ただし、在籍確認の電話は消費者金融からの着信であることが分からないように掛かってくるため、会社の人にカードローンの申し込みがばれるかもしれない、といった心配は無用です。審査のために会社にかかってくる電話で、消費者金融の利用が知られてしまう危険性はありません。

また、どうしても会社に電話が掛かってくるのを避けたい場合には、いくつかの方法があります。

書類の提出によって会社への電話連絡をスキップして審査を進める方法や、最初から電話による在籍確認が行われない消費者金融に申し込む方法などです。

そこで今回は、消費者金融の審査で会社に電話がある場合の対応方法や、電話による在籍確認を回避するための方法について詳しく解説します。

基本的に消費者金融の審査には在籍確認が必要

基本的に、大手か中小に関わらず、消費者金融の審査では在籍確認が必要となります。

もしも、申込者が入力した勤め先の情報がでたらめだった場合、返済能力が十分にあると判断できなくなってしまうからです。

また、そのような虚偽の記載をする人にカードローン商品を提供するわけにはいきません。

テレビコマーシャルや電車内の広告などで有名な大手の消費者金融では、ほぼ100%在籍確認のための手続きが必要だと思った方が無難です。

また、中小消費者金融でも、きちんと勤め先があるかどうかの確認のために在籍確認が行われます。

もし、中小消費者金融の中で、審査が甘いということを売りにしていたり、会社への在籍確認不要で申し込めることをアピールしたりしている会社があったとしても、安易に飛びつかないようにしましょう。

そのような業者は、在籍確認ができない申込者の弱みに付け込んで法外な金利設定をしている違法業者、いわゆる闇金の危険性もあるからです。

消費者金融の在籍確認はどんな電話が掛かってくる?

消費者金融の在籍確認の電話の目的は、勤め先の電話番号にその会社が存在しているかどうか、そしてその会社で申込者が実際に働いているかどうかの確認です。

そのため、掛かってくる電話の内容ややり取りは十数秒程度のシンプルなものとなっています。

多くの場合、在籍確認の電話は、審査を担当しているスタッフの個人名で掛けられるケースが多いです。

電話がかかってきたときに、審査担当者が消費者金融の名前やカードローンに関する情報を明かすことは無いためご安心ください。

また、在籍確認の電話で聞かれる内容は、申込者が会社に在籍しているかどうかが確認できる必要最小限のものとなっています。

「〇〇さま(申込者の名前)は出社されていますか?」など、申込者の所在を訪ねるケースが多いです。

なお、この時申込者本人が電話に出ても、同僚の他のスタッフなどが電話に出ても、どちらでも構いません。

申込者本人が電話に出られない場合でも、同僚が「〇〇は今席を外しておりますが…」といった返答をした時点で、在籍確認が完了となります。

会社の人に消費者金融へ申し込んだことはバレる?

消費者金融の審査プロセスで会社に電話が掛かってくることで、会社の他の人に申し込みがばれてしまうことはありません。

まず、電話による在籍確認で、審査の担当スタッフは自身の個人名のみを名乗るように徹底されています。

仮に電話に出た会社の同僚の方が、電話の相手がどのような用件で電話してきたのかを質問したり、どこに所属している人物なのかを尋ねたりしても、審査スタッフがカードローンの在籍確認だと伝えることはないです。

もしも、審査スタッフが申込者の個人情報を第三者にばらしてしまった場合、その審査スタッフが個人情報保護法違反の罪に問われてしまうため、プライバシーは厳重に守られています。

また、同様に会社への在籍確認が行われる別の金融商品としてはクレジットカードや、不動産の契約時などもあるため、在籍確認らしき電話がかかってきたからと言って消費者金融と断定されることはありません。

もし、どうしても心配な場合は、同僚のスタッフにあらかじめ自分あてに電話があるという風に伝えておくと、在籍確認を自然に乗り切ることができます。

電話連絡なしの消費者金融ならSMBCモビットがおすすめ

ほとんどの消費者金融では電話連絡による在籍確認が行われますが、大手消費者金融の中には電話連絡なしで審査を完了できるSMBCモビットのようなカードローン会社もあります。

もし、電話連絡が掛かってくるのを避けたい場合には、SMBCモビットの利用がおすすめです。

SMBCモビットでWEB完結申込を利用する条件

SMBCモビットは、WEB上でのやり取りのみで申し込みを完結させることができます。

申込条件としては、年齢が満20歳以上69歳以下で、安定した定期収入があることが必須です。

また、申込のためのメールアドレスを用意する必要があります。

また、WEB完結の申し込みでは、運転免許証またはパスポートのいずれかの本人確認書類、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの普通預金口座、収入証明書類として源泉徴収票や直近二ヶ月分の給与明細、勤務先の証明書類として社会保険証などが必要です。

これらの条件を満たしていれば、電話による会社への在籍確認をせずに申込を完了し、融資を受けることができます。

WEB完結申込の流れ

WEB完結申込は、上記の申し込み条件に書かれている必要書類を一通り用意した上で、まずSMBCモビットの公式ホームページにアクセスすることからスタートします。

新規申し込みの方専用の申し込みフォームから必要情報を入力した上で、各種書類をスマホで撮影してWEBからデータ送信してください。

アップロードした情報をもとに、審査が開始されます。借入希望額に対して十分な返済能力があると認められた場合には、最短即日で審査に合格することが可能です。

また、最短で即日融資を受けることもできます。

消費者金融の在籍確認はどうして必要?

消費者金融の在籍確認が必要な理由は、金融機関が貸し倒れてしまうリスクをできるだけ少なくするためです。

もしも、在籍確認をせずに申込者にお金を貸してしまった場合、その人がきちんと返済できるかどうかが保証されません。

貸付を行ったにもかかわらず、利息分を回収できずに終わってしまう危険性があります。

このようなケースを防ぎ、適切な金利設定で貸金業を運営していくためにも、消費者金融は電話による在籍確認を重視しているのです。

また、SMBCモビットのような電話連絡をせずに審査に申し込める消費者金融であっても、会社への勤務が客観的に確認できるような各種書類の提出が義務付けられています。

書類だけで在籍確認を済ませることはできない?

書類だけで在籍確認を済ませることは、基本的にはできません。SMBCモビットのような、最初からWEB完結だけでの申し込みを受け付けているところであれば、書類提出のみで在籍確認を済ませることができます。

ただし、どうしても電話による在籍確認ができないやむを得ない事情がある場合には、大手消費者金融のお客様窓口に相談することで、書類による在籍確認を認めてもらえるかもしれません。

プロミスやアコムといった大手消費者金融では、電話によるサポートが充実しています。

審査に申し込む前の段階で、書類だけで在籍確認を完了することができないかどうか相談してみるのがおすすめです。

なお、正当な理由がないのに在籍確認の電話を拒否しているとみなされた場合、審査で不利になってしまうリスクもあるためご注意ください。

取引先の名前を名乗って電話をかけてもらうことはできない?

電話による在籍確認の際、取引先の名前を名乗って電話をかけてもらうことは、残念ながらできません。

審査会社の在籍確認担当スタッフは個人名で電話をかけてくるため、消費者金融やカードローンの名前は伏せられています。

ただし、取引先の名前を名乗ることは偽装行為にあたってしまうため、そのような依頼をすることは不可能です。

電話をかけてもらう日時は指定できる?

在籍確認の電話をかけてもらう日時は、ある程度ではありますが指定することができます。

ほとんどの消費者金融では、電話による会社への在籍確認の前に、まずは登録された申込者本人の電話番号に本人確認の連絡を掛けてきます。

この時に、会社への在籍確認の電話の時間帯をおおまかに指定するためのお願いをすることが可能です。

ただし、ピンポイントで何日の何時といった指定はできないため、ご注意ください。

指定できるのは、あくまでも曜日や午前・午後といったおおざっぱな時間帯のみとなります。

在籍確認は本人がでないとだめ?

消費者金融の申込審査における電話での在籍確認は、本人が出なくても大丈夫です。

もし、電話に出たのが同僚の他のスタッフだったとしても、申込者が会社に在籍していること自体が確認できた段階でクリアとなります。

もちろん、本人が電話に出て返答することによっても、在籍確認は可能です。

もし、自分が電話を取れるポジションで勤務している場合には、電話による在籍確認の日時をある程度指定した上で、その時間帯にかかってくる電話を自分で取るようにしておくのがよいでしょう。

土日で会社が休みのときはどうすればいい?

もし、土日で会社が休みの場合には、翌営業日まで電話による在籍確認が延びてしまう場合があります。

会社が休みでも自分が出社して、事務所で電話を取ることができる場合には、そのような方法で在籍確認を完了するのも1つの方法です。

ただし、電話による在籍確認が完了しないと審査が完了しないため、即日融資を希望している場合には困ってしまいます。

もし、どうしても即日融資を受けたいという要望があり、会社が土日休みで在籍確認に対応できない場合には、審査担当者にその旨を相談するのがおすすめです。

場合によっては、在籍確認の電話連絡を後回しにしたうえで、即日融資の振込を行ってもらえることがあります。

なお、この手続きは特殊なケースとなり必ず上手くいく保証はないため、即日融資を希望する方は平日の早い時間帯に申込を行う方が理想的です。

派遣社員は派遣元と派遣先どちらに電話が来る?

派遣社員の方の場合、在籍確認の電話連絡に対応するのが難しいケースもあります。

在籍確認の電話連絡が派遣元か派遣先のどちらにかかってくるかは、消費者金融によって異なるからです。

もし、電話連絡がどちらに来るかを指定したい場合には、申込時に在籍確認について相談するようにしましょう。

電話による在籍確認がしやすい方が指定できれば、審査をスムーズに進めることができます。

ただし、最近では派遣元が個人情報保護の観点から在籍確認の電話に対する受け答えができない場合や、派遣先の会社の電話窓口のスタッフが申込者のことを知らない場合などもあるため、派遣社員の方の在籍確認には注意が必要です。

不安な点がある場合には、事前にカードローン会社側に事情を説明してください。場合によっては、書類提出による在籍確認へと切り替えて対応してもらえるかもしれません。

堂々と対応すれば消費者金融とバレるリスクは低い

消費者金融を利用する時に会社に電話が掛かってくる在籍確認は、堂々と対応していればバレるリスクが低くなります。

また、電話を掛けてくる審査スタッフは一日に何件も在籍確認をしているプロのため、消費者金融とバレることはありません。

今回の情報を参考に、電話による在籍確認にしっかり対応し、カードローン審査をスムーズにクリアしていただければ幸いです。

消費者金融おすすめランキング【2019年版!】安全にお金を借りるならココ!