静岡銀行カードローンの審査基準と審査に落ちる人の特徴まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

静岡銀行カードローン

カードローンによる借り入れと聞くと大手消費者金融や大手銀行による銀行カードローンをイメージする人が多いと思います。

実は地方銀行でもある静岡銀行にも銀行カードローンである「セレカ」があるのです!

セレカは他の銀行カードローンと同様にWEBからの申し込みができたりインターネットバンキングや全国のATMから借り入れ・返済が出来るのです。

つまり地方銀行と言っても全国どこでも借り入れができるということです。

今回は静岡銀行のカードローン「セレカ」について審査基準や審査に落ちる人の特徴をまとめて紹介していきますね。

静岡銀行カードローン「セレカ」の審査基準は厳しい?

静岡銀行カードローンであるセレカの審査基準が厳しいのか厳しくないのかというと、セレカの審査基準は厳しいです。

実はセレカだから厳しいというわけではないのです。カードローンは銀行と消費者金融から借り入れることができて、銀行カードローンの審査自体が厳しいからなのです。

以前は銀行カードローンはそこまで審査が厳しくなかったのですが、消費者金融よりも銀行のほうが借り入れ安いことで、申し込みを行う人のバランスが崩れ消費者金融で借りる人が少なくなりました。

そこで金融庁から銀行に改善を求められ銀行カードローンは審査が厳しくなったのです。

しかし厳しくなったからといって消費者金融と大きく差がでたわけではなくバランスがとれるようなりました。

そこでまずは静岡銀行カードローンであるセレカの審査基準や申込について紹介します。

申込条件

静岡銀行カードローンのセレカには以下の申し込み条件があります。

  • 日本国内に在住のお客様
  • 20歳以上70歳未満の個人のお客様
  • 学生以外のお客様

こちらの申し込み条件とともにすでにセレカを持っている人は申し込むことが出来ません。

ちなみに学生以外のお客様とあるので20歳を超えていたとしても、大学生や専門学生のような学生の場合は申し込むことが出来ないので注意が必要です。

必要書類

静岡銀行のカードローンであるセレカにも必要書類があるのですが、他の銀行カードローンと違い審査の段階では必要ないのです。

必要書類としては運転免許所(表裏)のみとなっており、契約時に画像データとして静岡銀行にアップロードすることとなります。

一応申し込みの審査時には必要ないかもしれませんが、あらかじめ用意をしておいた方が良いでしょう。

当然ながら運転免許所は有効期限内で現在の住所と同じものでなければなりません。

ちなみに運転免許所を持っていない場合はWEBでの申し込みではなく書面での申し込みとなるので注意が必要です。

それと借り入れ金額が300万円以上の場合は収入証明書類となる源泉徴収票や確定申告書の提出が必要となるので、あらかじめ300万円以上の借入を希望する人は事前に準備しておきましょう。

もし口座振替等の取引を希望する場合は申し込み手続きの後に印鑑届の提出が必要となるので印鑑届も準備しておいてください。

申し込みの流れ

それでは実際に申し込みの流れを紹介します。

基本的にはWEBでの申し込みとなるのでインターネットが使える環境や端末(パソコンやスマートフォン)が必要です。

  1. セレカの申し込みページから審査を申し込む
  2. 審査結果の通知
  3. 契約手続き
  4. 融資金の振込み・しずぎんカードの作成

以上が申し込みの流れとなります。

申し込み内容などから審査に問題なければ審査の結果がメールで通知されます。

そこから借り入れに必要なしずぎんカードの作成となるので、契約手続きの後約1週間程度でカードが送付されます。

静岡銀行カードローン「セレカ」の審査で見られるポイント

セレカの申し込みの流れが分かると一番気になってくるのがどのような審査が行われるかだと思います。

当然ながら全ての人が審査に通過できるわけではありませんので、申し込みを行う前に審査で見られるポイントを把握しておくと良いでしょう。

そこでここからは静岡銀行カードローンのセレカを申し込み時に審査で見られるポイントを紹介します。

返済能力

セレカの審査で見られる一番重要なポイントとして返済能力があります。

実は返済能力はセレカに限らず、どのカードローンで借り入れる場合でも必ず重視をして審査をされます。

つまり返済能力があると審査担当者が確認できれば借り入れを行うことが難なく出来る可能性が高いのです。

そこでこの返済能力とは年収や他に借り入れをしてないかを確認することがポイントとなります。

お金を返していく上で安定した収入があることが大前提となり、もし収入が無い場合は当然ながらお金を返すことが出来ないので審査に通過することが出来ません。

さらに安定して毎月収入が入ってくるとしても、他に借り入れがあり収入に対して出ていくお金が大きいと返済能力があるのかを疑われてしまいます。

そのため返済能力は毎月安定した収入があるのか、他の借り入れが収入に対して問題ないかを見るポイントとなるのです。

信用情報

信用情報とはクレジットカードやカードローンなどの契約内容や返済状況が記録されているものです。

この信用情報を信用情報機関が取り扱っており、クレジットカードやカードローンを申し込んだ時には必ず記録されるようになっています。

信用情報はカードローンの審査で必ず確認が行われ申し込んだ人の状況を確認し審査に反映するのですが、信用情報に問題がある場合は、審査で通過できないポイントとなってしまうのです。

例えば過去にクレジットカードの支払いが何度か遅れたりカードローンの返済で債務整理を依頼したなどの信用情報に傷をつけた場合は、ブラックリストに載っている状況となり新たなにクレジットカードやカードローンの申し込みをしたり、増額や更新をすることが出来なくなってしまうのです。

そのため信用情報は傷をつけないように支払いや返済が遅れないようにすることがポイントとなります。

属性審査(属性スコアリング)

まず属性とは申込者の個人情報のことです。

基本的には、

  • 氏名
  • 住所
  • 年齢
  • 年収
  • 勤務先・勤務形態
  • 居住先
  • 家族構成
  • 他社借入情報

などが該当します。

属性審査をするにあたり申し込み内容に虚偽が無いかを照らし合わせ、年種や勤務先などを点数化して一定の点数をクリアできるかを確認することから、属性スコアリングと呼ばれることもあります。

ちなみに属性情報は全ての金融機関が同じような審査を行っているわけではありません。

各金融機関により審査内容が少しずつ違うのですが、先ほど紹介した返済能力のポイントから年収や勤務先については必ず各金融機関で審査が行われます。

そのため申込を行う時には虚偽の内容で申し込まないようにしましょう。

静岡銀行カードローン「セレカ」の審査に落ちる人の特徴

やはり借り入れを行うということは何か急な出費が必要となったり、翌週にでもお金が必要な場合だと思います。

いざお金が必要となった場合に、すぐにでも借り入れが出来るように審査で落ちないかを確認しておく必要があります。

つまり静岡銀行カードローンのセレカで審査に落ちてしまう特徴を把握しておけば自分が審査に落ちるか落ちないか、どの点を改善すれば審査に通過できるのか対応が出来るので確認しておくようにしましょう。

申し込み条件を満たしていない

まずは自分が申し込み条件を満たしているかです。

セレカの申し込み条件は

  • 日本国内に在住のお客様
  • 20歳以上70歳未満の個人のお客様
  • 学生以外のお客様

となっているので上記の内容に該当する場合は申し込むことが出来ません。

残念ながら該当している場合はカードローンを利用して借り入れることは期待できないでしょう。

必要書類に不備がある

必要書類に不備がある場合は審査に落ちてしまいます。

セレカの場合は契約時に運転免許所の提出が必要となります。

そこで運転免許所が有効なものでなかったりすると契約をすることができないので、せっかく審査に通過したのにお金が借りれなくなってしまうのです。

さらに300万円以上の借り入れを申し込む場合は収入証明書の提出が必要となります。

300万円を静岡銀行が貸したとして返済を必ずしてくれるかを確認するためなので、年収が200万円だったり収入証明書が準備できなければ審査に通過することが厳しくなってしまうので気を付けましょう。

年収に対して借入金額が多い

200万円の年収に対して400万円の借り入れを行う人にお金を貸したい思うでしょうか?

恐らく多くの人が貸したくはないと思います。

銀行としても貸し倒れを防ぐために年収に見合った金額でしか貸し出しはしません。

そのため借入金額は年収に見合った金額で申し込む必要があります。

実は借り入れ金額に関しては総量規制と呼ばれる法律があり年収の1/3を超える融資を行うことが出来ないのです。

一応総量規制は消費者金融に対する法律となっているのですが、バランスを取るために銀行は自主的に規制しているので同じような状況と言えるのです。

そのためセレカの借り入れ限度額が500万円となっているのですが年収が200万円では当然借り入れることが出来ないのです。

すでに複数の借入先を抱えている

こちらも先ほど紹介した通り年収の1/3を超えると借り入れることが厳しいことから、複数の金融機関で借り入れを行っていると合計の金額が1/3を超えてしまうので審査に通過できない原因となってしまうのです。

そのため借入先が2社で少ないからと言って有利なることはなく、3社でも4社でも年収の1/3を超えてくると審査に通過することが厳しいのです。

もちろん借り入れ先が多いと金額を確認する以前に、危ないと判断される可能性があるので、なるべく複数の金融機関で借り入れを行わないようにすることが大切です。

信用情報に傷がついている

セレカの審査で落ちてしまう要因として信用情報に傷がついている可能性もあります。

信用情報に傷がついていると以前に問題を起していたりと、静岡銀行として貸し倒れを防ぎたいので審査を通過させるわけにはいきません。

カードローンを商品としている金融機関としては貸したお金が返ってこないパターンが一番ダメージが大きいのです。

そのためカードローンだけではなくクレジットカードの返済状況や延滞がないかを確認しているのです。

特に金融機関としては債務整理を行われると大きなダメージとなります。

本来貸しているお金が返ってこなくなり金融機関側として貸し損となってしまうからです。

そのため審査の段階で信用情報に傷がついている人を審査に通過させないようにしているのです。

信用情報に傷がつく条件

審査において信用情報が非常に重要だとわかっていただけたと思います。

ここで信用情報に傷がつく条件を改めてまとめておくので確認してみてください。

  • クレジットカードの支払いやカードローンの返済における延滞
  • クレジットカードやカードローンへ多数申し込み(短期間)
  • クレジットカードやカードローンの強制解約
  • 債務整理

などが該当するのですがクレジットカードやカードローンだけではなく、携帯電話の分割支払いや奨学金の返済においても同様のことが言えます。

さらには家賃などにおいて保証会社が仲介として入っている場合もです。

これらについてはカードローンと同様に一時的にお金を借りている状態となるので、信用情報に傷がつく条件に当てはまると傷がついてしまいます。

そのためカードローンだけではなくお金を借りているものは当てはまると思っておくことが必要です。

属性評価が低い

本人の情報である属性評価が低いと審査に通過できない特徴となってしまいます。

特に一番影響を与えるのが自分が働いている職種です。

やはり審査において返済能力を重視されるので世間的に安定している職業に就いている人が有利となります。

公務員や大手企業の正社員、中小企業の正社員だと比較的に審査で通過できないことは無いです。

これが自営業や契約社員、フリーターや専業主婦だと属性評価が低くなってしまうので審査が通過できない特徴となるのです。

安定している収入があるのか無いのかを確認するので、専業主婦だと収入がなく借り入れができないのでは、と思うかもしれませんが配偶者に安定した収入があれば借り入れることが出来るという前提条件があるので、一応申し込むことはできますが不利になることは間違いありません。

属性評価が低くなる人の特徴

属性評価が低くなる人の特徴としては、安定して毎月収入を得ることが出来ているかが基準となります。

つまり正社員か正社員以外というところで別けることが出来るのです。

正社員は急に給料がもらえなくなったりすることが無く、毎月安定して給料をもらうことが出来ます。

自営業や個人事業主であれば正社員以上の給料を得ているかもしれませんが、毎月安定しているとは言えないので正社員よりも評価が低くなります。

そして属性評価が低くなる人の特徴として、アルバイトやパートなどのフリーターのような働き方をしている人が該当するのです。

急に仕事をクビになったり職を転々としているイメージがついているので属性評価が低くなってしまうのです。

静岡銀行カードローン「セレカ」の審査に落ちたら?

静岡銀行カードローンのセレカは、他の金融機関よりも審査が厳しく落ちてしまう可能性があります。

セレカに落ちてしまったらどうしようと思う人もいるかもしれません。

そこで実際にセレカの審査に落ちてしまった時やどうしてもお金がすぐに必要な場合の対処法と、再び申し込むときにおすすめのカードローンを紹介しますね。

半年間は他のカードローンへ申し込むのを控える

セレカに落ちたらまずは約半年間は他のカードローンへの申し込みを控えましょう。

ここで落ちたからと言って他の銀行カードローンに申し込んでしまうと、信用情報に傷がついてしまう恐れがあります。

それと一度審査に落ちた情報は信用情報として記録されるので他の審査でも落ちてしまう可能性があるのです。

半年たてば審査で落ちた情報が消えるので、そこから再びカードローン申し込むようにしましょう。

再申し込みは審査の甘いカードローンを選ぼう

半年が経ち再びカードローンに申し込む時には銀行カードローンよりも、審査が甘い大手消費者金融などで申し込むようにしましょう。

消費者金融であれば銀行カードローンと審査の内容が違ったりするので、半年間で状況が変わらなかったとしても審査に通過できる可能性があるからです。

もちろん半年間で今回紹介した審査に落ちてしまう特徴などを参考にして改善するようにしましょう。

それとセレカの審査に落ちてしまったけどどうしてもすぐにお金が必要という場合には、中小消費者金融で申し込んでみる方法もあります。

中小消費者金融は大手消費者金融の審査に落ちた人たちの受け皿として審査を緩い可能性があるからです。

しかしその代わりに金利が高いというデメリットもあるので気を付けましょう。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは他よりも金利が低く利用限度額も800万円と高く設定されており、スマートフォンから申し込みが出来るのでおすすめのカードローンです。

借り入れを行う際に金利は非常に重要となってきます。

金利が低ければ返済も比較的に楽になりますし損をしなくても済むからです。

さらに楽天銀行カードローンの最大のメリットとして、楽天会員ランクに応じて審査で優遇を受けることが出来るのです。

他の銀行カードローンでは考えられないサービスで、他にも入会と借り入れを利用することで楽天ポイントを獲得することも出来るのです。

もし楽天会員で借り入れを検討している場合は、楽天カードローンに申し込んだ方が一番お得となります。

ダイレクトワン

スルガ銀行グループのダイレクトワンは1万円からの借り入れが可能で最短で当日借り入れが出来るのです。

もちろんWEBから申し込むこともでき、日中の仕事が忙しい人でも24時間対応となっているので申し込むことが出来ます。

ダイレクトワンはセレカと違い学生でも申し込むことができ、当日借り入れが出来るので朝申し込めば夕方にはお金を準備することが可能なのです。

さらに女性のための商品も用意されているので、パートや主婦の方でも借り入れることができます。

ダイレクトワンは年会費も無料となっており自分が借り入れを行うことができるのかクイック診断をサイト上で出来るので、まずは自分が借り入れを行えるのかを確認することから始めることも出来るのです。