楽天銀行カードローンはおまとめローンとして利用できる?他社借入があっても審査に通る?

複数のカードローンで借り入れすぎて、毎月の支払が厳しい。

そんな時に、複数の借り入れをまとめることができるのが、おまとめローンとなります。

しかし、人気の楽天銀行だとそもそもおまとめローンとなる商品が存在しないことをご存知でしょうか?

そう消費者金融のように複数のローンをまとめることができるおまとめローンが、楽天銀行には存在しないので、通常のローンでまとめるしかないのです。

そこで気になるのは、本当に楽天銀行ではおまとめローンのような使い方を、通常のローンでできるのかです。

今回は、そんな楽天銀行カードローンはおまとめローンとして使えるのかを紹介します。

もしおまとめローンをこれから利用しようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

楽天銀行カードローンは原則おまとめ目的で利用できない

楽天銀行にはそもそも、おまとめローンとなる商品を提供していません。

そのため、楽天銀行でおまとめローンを目的とする場合には、通常のカードローンを利用しなければならないのです。

しかし、楽天銀行では原則としておまとめ目的では利用できないのです。

まずは、なぜ楽天銀行では原則おまとめ目的として利用できないのかを紹介します。

2018年以降銀行カードローンの審査は厳しくなっている

楽天銀行カードローンは、銀行カードローンという部類に入ります。

その銀行カードローンは、2018年以降から審査に厳しくなりはじめたのです。

これは同じカードローンの融資を提供している、消費者金融とのバランスをはかるために銀行カードローンでも審査が厳しくなったのです。

消費者金融では賃金業法の総量規制の該当となるため、利用者の年収1/3を超える借り入れを行うことを禁止しています。

そのため、他社借入がある場合や年収が低いと借入金額に制限が出て、消費者金融の審査は銀行カードローンに比べると厳しくなってしまっているのです。

そこで利用者としては、審査が厳しくない総量規制の対象外となっている銀行カードローンを利用する人が増え、消費者金融の利用者が減ってしまったのです。

銀行カードローンでも自主的に総量規制を導入している?

銀行カードローンは総量規制の対象外となっているため、消費者金融よりも利用者が増え、カードローン利用者のバランスが崩れるようになりました。

そもそも、総量規制は過剰な融資や、利用者の自己破産を防ぐ為に適応された規則です。

それが同じカードローンを提供する銀行では、対象外というのはおかしいということになり、銀行側も自主的に総量規制を導入する結果となったのです。

つまり、銀行カードローンも2018年以降から自主的に総量規制を導入するようになり、楽天銀行でも同時に総量規制を自主的に導入しているので、おまとめローンが商品として存在しないのです。

楽天銀行カードローンは他社借入があっても審査には通る?

原則として楽天銀行ではカードローンをおまとめローンとして利用することは難しいのですが、全く利用できないというわけではありません。

実は楽天銀行のホームページでも、楽天銀行カードローンへまとめることを促すようなページも存在しているのです。

ただ、楽天銀行カードローンは銀行カードローンとなるので、消費者金融のおまとめローンのような使い方はできません。

しかし、楽天銀行の方が金利や手数料が低いということから、楽天銀行カードローンの方がお得と言う場合もあるのです。

そこで、楽天銀行カードローンをおまとめローンとして利用する場合に、どのような点で審査に気を付けるべきなのかを紹介します。

他社借入件数が多すぎると審査は不利になる

まず他社借入件数が多すぎると、楽天銀行カードローンの審査では不利となります。

他社借入が多い場合には、毎月の返済が苦しくなっていることが予想され、楽天銀行カードローンを利用したとしても返済できる可能性が低くなると見られてしまうためです。

さらに、おまとめローンとしての利用が目的の場合でも、事前に楽天銀行にそれを伝えることができないため、ただ他社借入が多い人と見られる可能性もあるのです。

そのため他社借入件数が多いと、楽天銀行カードローンの審査では不利となるのでおまとめローンとしての利用が難しいのです。

借入額が大きいと全額の借り換えは難しくなる

もう一つ、借入金額が大きいと借換え自体が難しくなるのです。

もし、楽天銀行カードローンで借り換え目的の審査に通過できるとしても、総量規制を自主的に導入しているため、他社借入の合計が年収の1/3に近くなればなるほど審査に通りにくくなってしまうのです。

そのため、楽天銀行カードローンでは消費者金融のおまとめローンよりも、借り換え目的で利用することが難しいのです。

楽天銀行カードローンはおまとめローンに向いている?

先ほども紹介した通り、楽天銀行のホームページでは、おまとめ(借換)を促すページもあります。

つまり完全にはおまとめローンとして、楽天銀行カードローンを利用できないわけではありません。

そこで、もし楽天銀行カードローンを利用できた場合には、どのようなポイントがあるのか、そもそもおまとめローンとして向いているのかを紹介していきます。

楽天会員であれば審査優遇を受けられる可能性あり

楽天銀行カードローンへの申し込む際に、楽天会員であれば審査で優遇を受けることができる可能性があります。

楽天会員にはランクが存在しており低い物から、シルバーランク、ゴールドランク、プラチナランク、ダイヤモンドランクとなっており、楽天市場での買い物や楽天カードの保有状態によって決められています。

例えば、シルバーランクであれば過去6ヵ月で200ポイント以上獲得、ダイヤモンドランクであれば過去6ヵ月で4,000ポイント以上獲得、といったように楽天関連の市場やカードでどれだけ利用したかがランクに影響を与えてくるのです。

つまり、よく楽天を利用する人であれば、すでに楽天内で実績があるため楽天カードローンでも優遇的に審査をしてもらうことができるのです。

そして当然ながらシルバーランクよりもダイヤモンドランクの方が優遇度合いは高いでしょう。

消費者金融のキャッシングと比べると金利は低い

楽天銀行カードローンへ、他社借入をまとめる最大のメリットは金利差にあります。

消費者金融では平均で約18%の金利となっていますが、楽天銀行カードローンの金利は14.5%となっており約3%近く金利がお得となるのです。

もちろん金利は、借入金額が大きければ大きいほど返済額に影響を与えるので、金利が低いに越したことはありません。

そのため、楽天銀行カードローンで借り入れをまとめた方がお得という場合もあるのです。

楽天ポイントを入会や利用で貯めることができる

楽天銀行カードローンならではのメリットとして、楽天ポイントを入会や利用で貯めることができます。

実際に借り入れ時や、毎月の利用残高によってポイントを受け取ることができます。

例えば、当月の利用残価が20万円以上30万円未満であれば500ポイント、400万円以上800万円以下であれば30,000ポイントを受けることができ、楽天会員の方は間違いなく利用した方がお得になるでしょう。

おまとめ目的で利用するなら消費者金融のおまとめローンもおすすめ

楽天銀行カードローンではそもそもおまとめローンが用意されていないため、通常のカードローンをおまとめ目的で利用するしかありません。

そのため、当初からおまとめローンが目的なのであれば楽天銀行カードローンよりも、消費者金融のおまとめローンを利用した方が審査にも通貨しやすく、結果的にお得となる場合も多いのです。

そして消費者金融のおまとめローンの最大の特徴は、総量規制の対象外となっている点です。

楽天銀行カードローンでは自主導入の総量規制により借り入れ金額に上限がありましたが、消費者金融ではその上限が無く、消費者金融指定の上限が限度額となります。

そこでここからは、大手消費者金融のおすすめのおまとめローンを紹介します。

プロミスのおまとめローン

プロミスおまとめローン

「パッと!ピッと!プロミス」のフレーズでおなじみの、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスには、借り換えを目的としたおまとめローンを提供しています。

プロミスのおまとめローンでは、借入上限額が300万円までとなっており、金利は6.3%~17.8%です。

そのため、借入金額の合計が300万円まで出なければ、すべての他社借入を求めることが難しくなります。

申し込みについては、自動契約機、店頭窓口、電話から申し込むことができ、自動契約機か店頭窓口であればその場で審査から契約を行うことができます。

他にも郵送での審査や契約を行うこともできるので、好きな方を利用しましょう。

アイフルのおまとめローン

アイフルのおまとめローン

大手消費者金融であるアイフルにも「おまとめMAX」と呼ばれるおまとめローンが提供されています。

借入上限額は800万円までで、金利については3.0%~17.5%となっています。

プロミスよりも上限金額については高いので、他社借入の合計金額が高い方はプロミスを利用し方が良いでしょう。

アイフルのおまとめローンの申し込みは、インターネットから申し込むことができ、審査を受けることができます。

その後審査に通過できれば、郵送か店頭窓口への来店により契約などを行うことができるので好きな方を選びましょう。

それとアイフルでは、おまとめローンに関してまずは電話からの相談を受け付けています。

そのため、おまとめローンについて気になることや、現在の状況で申し込むことができるのか心配な方は相談してみると良いでしょう。