通りやすいフリーローンを探す方法!審査基準と審査落ちの理由を徹底解説

家と請求書

このページでは、審査に通りやすいフリーローンに関する情報を紹介しています。

フリーローンは融資額がカードローンよりも大きい分、審査もシビアです。

しかし、審査に通りやすいフリーローンを見つけることは可能です。

ここでは、審査に通りやすいフリーローンを見つける方法を徹底解説しています。

フリーローンの審査に通りやすくする傾向を見つけたい人は必見の内容です!

審査に通りやすいフリーローンの見極め方

ここからは、審査に通りやすいフリーローンの見極め方を解説していきます。

  • 金利は高いほど審査に通りやすい
  • 借入限度額は低いほど審査に通りやすい
  • 即日融資が可能なところは審査に通りやすい

フリーローンの通りやすい基準は、一般的なカードローンの基準と似ています。

どれも申し込む前に確認することができるチェックポイントです。

そのため、審査に通りやすいフリーローンを探しているのであれば、まずはこれらの項目を確認することをおすすめします。

金利は高いほど審査に通りやすい

金利は高ければ高いほど審査に通りやすいです。

金利が低いと、貸し倒れのリスクが高いため、融資をする側のリスクが非常に高くなります。

融資を受ける側からすると大きなメリットとなり得るのですが、融資をする側からすると回収できる利息が少なくなるため、好ましくありません。

金利の低い商品は人気ですが、フリーローン側は利用者を慎重に審査します。

そのため、金利を気にしないのであれば金利の高いフリーローンに申し込むことで、フリーローンの審査に通りやすくなるのです。

金利と審査の難易度は比例の関係にあるといっても過言ではありません。

借入限度額は低いほど審査に通りやすい

借入限度額は低いほど、フリーローンの審査に通りやすい傾向にあります。

借入限度額が高いと、返済できないリスクも同時に高まります。

フリーローンを融資する側からすると、貸し倒れのリスクが高まるのです。

そのため、フリーローンに申し込む際には、借入限度額を低めにして申し込むと審査に通りやすい傾向にあります。

借入限度額を低くすることで、融資をするリスクが少ないことをアピールできるのです。

借入限度額も金利同様、審査の通りやすさにほぼ比例の関係にあるため、通りやすいフリーローンを探しているのであれば押さえるべき特徴の1つになるでしょう。

即日融資が可能なところは審査に通りやすい

即日融資が可能なフリーローンは、審査に通りやすい傾向にあります。

即日融資を売りにしているフリーローンは、早さが命です。

その早さと引き換えに、審査の難易度を下げている可能性があります。

そのため、断定はできないものの、即日融資が可能なフリーローンは審査に通りやすい傾向にあるのです。

しかし、即日融資を受けるためには条件を満たしている必要があります。

即日融資が可能なフリーローンに申し込む場合は、最低限それらの条件を満たしておくことが必要です。

通りやすいフリーローンの審査基準

ここからは、通りやすいフリーローンの審査基準を解説していきます。

  • 他社からの借り入れがあるかどうか
  • 過去に延滞をした記録があるかどうか
  • 勤続年数が長いかどうか

フリーローンの審査基準は、基本的に申し込み者の返済能力が借入額相当に備わっているかどうかを審査するために設定されています。

審査基準は明確に公表されているものではないものの、返済能力を確かめるために必要な基準は先述した3つです。

信用問題も関わってくるため、ざっくりいえば申し込み者がお金を貸すに値するくらい信用できる人かを審査します。

そのため、フリーローンの審査に通りやすい状況を作るためには、審査基準を確認することが一番の方法なのです。

他社からの借り入れがあるかどうか

他社からの借り入れがあるかどうかは、フリーローンの審査基準の中でも大きな判断の割合を占めるポイントです。

他社からの借り入れがあると、新規で融資をしても債権が回収できないリスクが伴うことになります。

フリーローンによっては、少しでも他社から借り入れを受けていると良い顔をされない業者もあります。

そのため、他社からの借り入れの有無は非常に重要な審査基準となるのです。

過去に延滞をした記録があるかどうか

過去に延滞をした記録があるかどうかも、フリーローンの審査基準のひとつであると考えられています。

過去に延滞をした記録は、個人信用情報機関に信用情報として登録されています。

貸金業者は、審査の際に必ず申し込み者の信用情報を参照します。

そのため、過去に延滞した記録を隠すことはできません。

信用情報はフリーローンの審査でもかなり大きな判断材料となるため、重要なポイントのひとつです。

勤続年数が長いかどうか

勤続年数の長さは、収入の安定度の証明となります。

そのため、勤続年数は長ければ長いほど審査に通りやすいのです。

フリーローンによっては雇用形態に制限を設けていないところもあり、アルバイトやパートであっても利用することができます。

しかし、雇用形態にかかわらず審査項目としてチェックされるのが、安定した収入の有無です。

金額にかかわらず、収入が安定していることが高評価につながります。

そのため、それを裏付ける勤続年数の長さは、フリーローンの審査の中でも重要な役割を担っているのです。

通りやすいフリーローンの申し込み条件

ここからは、通りやすいフリーローンの申し込み条件を解説していきます。

通りやすいフリーローンの申し込み条件に共通するのは、年齢と収入に関する条件です。

この2つの条件を満たすことができれば、フリーローンの審査を受けることができます。

通りやすいフリーローンともなると、この申し込み条件さえ満たしてしまえば、利用に大きく近づくことができます。

申し込み条件を満たしていないと、審査を受けることもできません。

そのため、フリーローンに申し込む際にはまず、自分が申し込み条件を満たしているかどうかを確認するようにしましょう。

20歳以上69歳以下であること

20歳以上69歳以下であるという年齢的な条件は、通りやすいどのフリーローンであっても設けられている申し込み条件です。

年齢的な条件は、返済能力がしっかり備わっている大前提として設けられています。

そのため、業者によって設定範囲に違いはあるものの、どの通りやすいフリーローンであったとしても年齢条件は設けています。

フリーローンの年齢条件を満たしていない場合、他の貸金業者から融資を受けることも難しいです。

そのため、フリーローンの審査に申し込むのであれば、年齢的な条件を満たしておくことが大前提なのです。

安定した収入があること

安定した収入があることも、フリーローンの申し込み条件に数えられます。

フリーローンの審査では、収入の多さは審査対象とはなりません。

収入の多い少ないではなく、収入が継続的に安定しているかどうかが審査の対象です。

そのため、アルバイトやパートでも、継続的に安定した収入さえあればフリーローンの審査に通過することは可能なのです。

安定した収入がないことにはフリーローンの審査に通過することはできません。

そのため、そのような人はまず、安定した収入を得るところから始めるようにしましょう。

フリーローンの審査を受ける流れ

ここからは、フリーローンの審査を受ける流れを解説していきます。

  1. WEBで仮審査を受ける
  2. 仮審査の結果を受け取る
  3. 本審査を受ける
  4. 審査結果を受け取り、契約する

フリーローンの審査の流れは、通常のカードローンの審査とさほど変わりません。

フリーローンの審査では、審査を受けるにあたってしっかり準備ができるかどうかが重要になってきます。

即日融資を受けたいのであれば、入念な準備が必要です。

ここからは、フリーローンの審査の流れを開設していきます。

WEBでの仮審査を受ける

申し込みたいフリーローンの公式サイトにアクセスし、申し込み情報を申し込みフォームに入力します。

申し込み情報として入力を求められるのは

  • 氏名
  • 年齢
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 住所
  • 居住形態
  • 年収
  • 家族構成
  • 勤務先にかんする情報
  • 他社からの借り入れ

などです。

いわゆる属性情報の記入が求められます。

これらは準備しなくても入力できる、申し込み者自身に関する基本情報です。

特に準備も必要ないため、サクッと記入しましょう。

仮審査の結果を受け取る

仮審査の結果は、申し込み時に記入したメールアドレスに送られてくる場合がほとんどです。

申し込み時間や審査状況によって審査時間や結果連絡の方法は変わりますが、ほとんどの場合が申告したメールアドレスに宛てたメールでの連絡になっています。

基本的に仮審査は申し込んでからすぐに終わります。

しかし、審査状況によっては翌営業日に持ち越されることもあるため、仮審査の結果が出るまではおとなしく待ちましょう。

本審査を受ける

仮審査に通過したら、本審査に移ります。

本審査では、事前に必要書類を提出する必要があります。

提出された書類をもとに審査をおこなうわけです。

審査基準は業者によって違うものの、大方は先述した審査基準と同じです。

この段階までくるとあとは審査結果を待つだけになるため、仮審査時と同様、おとなしく待つようにしましょう。

必要書類は3つ

必要書類は

  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書
  3. 住民票の原本

の提出が主流です。

特に収入証明書と住民票の原本は、入手に時間がかかる場合があります。

そのため、即日融資を受けたいのであれば、申し込む前にまずこれらの書類を用意しておくことをおすすめします。

審査結果を受け取り、契約する

審査結果を受け取ったら、契約手続きに移ります。

審査の結果設定された借入限度額や金利に納得がいくようであれば、そのまま契約をしましょう。

しかし、仮に金利や借入限度額に納得がいかないようであれば、契約をしないという方法もあります。

審査をしてもらったフリーローン側の印象は悪くなりますが、納得しない借り入れをする必要はありません。

信用情報に傷がつく可能性はありますが、他のフリーローンを探すこともひとつの選択肢として考えてみましょう。

フリーローンの審査に通りにくい人の特徴

ここからは、フリーローンの審査に通りにくい人の特徴を解説していきます。

  • 虚偽の申し込みをした
  • 申し込み条件を満たしていない
  • 過去10年以内に自己破産を経験している

これらの特徴に当てはまる人は、フリーローンの審査に通りにくいです。

フリーローンの審査に通りやすいようにするためには、まず該当する特徴を解消する必要があります。

そのためにはまず、フリーローンの審査に落ちる人の特徴を知る必要があるのです。

虚偽の申告をした

虚偽の申告をすると、フリーローンの審査に通ることはできません。

虚偽の申告をするケースが多いのが収入の申告です。

収入を多く見積もって申告したところで、収入証明書の提出を求められてばれてしまいます。

虚偽の申告の程度がひどいと、場合によっては詐欺罪で訴えられる可能性もあります。

また、収入証明書を書き換えると、公文書偽造罪にも問われることになります。

通りやすいフリーローンからお金を借りるどころか、前科を背負うことにもなりかねません。

そのため、何があってもフリーローンの審査に申し込む際、虚偽の申告をすることはやめましょう。

申し込み条件を満たしていない

申し込み条件を満たしていないと、フリーローンの審査に通ることはできません。

申し込み条件は、フリーローンに申し込む際にクリアしておくべき大前提の条件です。

その申し込み条件を満たしていないのであれば、審査を受ける資格すらもないのです。

そのため、もしフリーローンの審査に落ちてしまった場合は、自分がそのフリーローンの申し込み条件を満たしているかどうかを今一度確認することをおすすめします。

過去10年以内に自己破産を経験している

過去10年以内に自己破産を経験していると、フリーローンの審査に通過しづらいです。

自己破産や債務整理をすると、信用情報に大きな傷がつきます。

傷のついた信用情報は5年から10年間は個人信用情報に登録されます。

そのため、仮にフリーローンの審査に落ちてしまった場合は、自分が過去10年以内に債務整理や自己破産をしていないかを思い出してみましょう。

債務整理や自己破産をしていた場合、当分貸金業者から融資を受けることはできません。

他の方法を考えるようにしましょう。

フリーローンの審査に落ちた人が取るべき対処法

ここからは、フリーローンの審査に落ちた人が取るべき対処法を解説していきます。

基本的にはフリーローンからの借入希望額を見直すか、担保を付ける方法がおすすめです。

特に希望額を見直すことは、手っ取り早くできる上に即効性があります。

ここからは、フリーローンの審査に落ちた人が取るべき対処法を解説していきます。

フリーローンからの借入希望額を見直す

先述した通り、借入希望額を低くすればするほど、審査に通りやすい傾向にあります。

そのため、仮にフリーローンの審査に落ちてしまった場合は、借入希望額を低めに設定して申し込みをし直すことをおすすめします。

借入希望額を低めに設定することで、審査も通りやすくなるためです。

本当に必要な分だけを申告すれば、意外とあっさり審査に通るかもしれません。

不動産を担保にするとフリーローンの審査に通りやすい

不動産を担保にするとフリーローンの審査に通りやすい傾向にあります。

担保がある状態で審査を受けると、債権を回収できなかった場合のリスクを低く抑えることができます。

そのため、仮にフリーローンの審査に落ちてしまったとしたら、持ち家がある場合は不動産を担保にして申し込むことをおすすめします。

担保があれば審査に通りやすいのです。

フリーローンを利用するなら大手消費者金融がおすすめ

フリーローンを利用するのであれば、大手消費者金融のフリーローンを利用することをおすすめします。

理由としてはやはり体制がしっかりしているため、安心して利用できるからです。

フリーローンは融資額が大きい分、審査に通りやすい業者は少ないといえます。

しかし、先述した特徴を踏まえて行けば、数少ない審査に通りやすいフリーローンを見つけることも可能です。

下記の記事でおすすめのフリーローンを紹介しているため、自分に合ったフリーローンを見つけたいという人はぜひご覧ください。

審査が甘いのはどこ?おすすめフリーローンランキング!