SMBCモビットの審査には担保や保証人は必要ないの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

担保の宝石と現金

当サイトはSMBCモビットを専門的に紹介していることもあり、SMBCモビットの審査に関する質問もたくさん寄せられます。

その中でも「担保や保証人がなくても審査に通りますか?」といった質問は特に多く、不安に思っている方はたくさんいるようです。

そこで今回はSMBCモビットに申し込む際に、担保や保証人は必要なのか解説していきます。

また担保や保証人の仕組みが分かっていない方も多いので、基本的な知識も紹介していこうと思います。

SMBCモビットは担保や保証人は一切必要ありません

SMBCモビットからお金を借りる際に、担保や保証人を用意する必要は一切ありません手軽に申し込むことが出来るのが一番の売りなので、前もって知人に保証人になってくれと頼む必要もありません

なぜ担保や保証人が必要ないの?

消費者金融は住宅ローンなどとは違い、高い金利で融資を行っています。

これは顧客の一部が返済できなくなっても、利益を確保できるようにするために金利設定されているのです。顧客全員が相互に保証人になっていると考えていいでしょう。

そのため、SMBCモビットでも顧客の一人ひとりに担保や保証人を求めるのではなく、高い金利を設定することで、万が一返済されなかった際の損失を補てんしているのです。

銀行カードローンも担保や保証人は要らない?

消費者金融は一人ひとりの金利を高くすることで、担保や保証人が要らないようにしています。

それでは金利の低い銀行カードローンでは、担保や保証人が必要なのでしょうか。

銀行カードローンでは金利を高くする代わりに、保証会社を立てるようにしています。債務者の返済が遅れた場合には、保証会社が代わりに銀行へと返済を行い、債権を買い取るのです。

保証会社があることにより、銀行は貸し倒れによる損失を防ぐことができます。また保証会社も保証業務による手数料や、銀行から引き継いだ債権を回収することで利益を得ることもできます。

このような仕組みがあるので、銀行カードローンでも担保や保証人は必要ないのです。

そもそも担保や保証人とは何?

担保とはお金を借りる際に、将来的に返済できなくなった場合に備えて、借金の返済に充てることができる財産を債権者に預けたものです。

契約通りに完済されれば、担保として預けた財産の所有権が債権者に渡ることはありません。しかし返済が滞った場合、担保として預けた財産は債権者の所有物となってしまいます

また上記のようなモノを担保とすることを「物的担保」とよびます。

もう一つ「人的担保」というものがあり、こちらは一般的に保証人と呼ばれています。

保証人=人的担保

保証人とは債務者が返済できなくなった際に、代わりに返済を行う人のことを指します。

「友人の保証人になって借金を背負わせられた…」といった話をよく聞くと思いますが、これは友人が返済できなくなり、代わりに債権を背負わせられた状態のことを指します。

保証人になるというのは、お金を借りていないのに返済の義務だけを背負うことと同じです。よほど信頼している相手でない限り、保証人になってと頼まれても断るようにしましょう

SMBCモビットの審査で担保や保証人が求められることはない?

消費者金融の中には有担保でのローン商品を運営している業者もありますが、SMBCモビットは無担保ローンのみ運営しています。そのため審査の結果がどうであっても、担保や保証人を求められることはありません。

しかし担保や保証人なしで大丈夫な顧客しか審査に通らないということでもあるので、返済リスクが高いとみなされると審査に落ちる可能性が高いと思っておきましょう。

無担保ローンでは限度額も制限されてしまうので注意

消費者金融の無担保融資の場合、貸金業法で定める総量規制の対象となってしまいます。

総量規制とは返済できなくなる危険性の高い過剰な貸し付けを制限するためのもので、無担保貸し付けの場合、年収の1/3を超える融資が禁じられています。

これは他社含めて年収の1/3以内と決められているため、すでに他社から年収の1/3近く借り入れがある人は、新たに消費者金融から無担保融資を受けることはできません。

一方、担保付きのローンであれば総量規制の対象外となるので、総量規制を超えて融資を受けることができます。

すでに他社から借り入れがある方や、年収の1/3を超える大口融資を希望している方には、担保つきの貸金業者がおすすめです。

総量規制とは?

総量規制とは2010年の貸金業法改正によって設けられた規制です。

消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどの無担保貸し付けが対象となっていますが、銀行カードローンは貸金業法の影響を受けないので、総量規制も対象外となります。

総量規制についてはこちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

総量規制とは?総量規制対象外のキャッシングってあるの?

まとめ

SMBCモビットの審査は、担保や保証人がいなくても審査には通ります。もし消費者金融へと申し込んで保証人が求められたら、闇金業者である可能性もあるので注意しておきましょう。

また高額のおまとめローンなど大口融資の場合、不動産などを担保にすることで1億円以上借りることも可能です。

無担保融資では限度額が制限されてしまうので、無担保で無理な方は担保つきの貸金業者を検討しましょう。