SMBCモビットは債務整理をすると審査に通らない?チャンスはある?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

困っている女性

債務整理をすると、信用情報に記録が残ってしまいます。
信用情報は、SMBCモビットの審査では必ず見られるため、債務整理をした記録が残っていると、審査に落ちる可能性はかなり高くなります。

しかし、債務整理をしたからといって、必ずSMBCモビットの審査に落ちるわけではありません。

そこで、この記事では債務整理をすることで、信用情報にどのような影響を与えるかを詳しく解説。そこから、SMBCモビットの審査に少しでも通りやすくなる方法をご紹介していきます。

信用情報に記録される情報について

信用情報に登録される情報

信用情報には上記の内容が記録されています。
その中でも、今回注目するのが取引事実に関する情報です。
この項目には、契約が強制解除された場合や、債務整理をした際に記録が残るようになっています。
SMBCモビットの審査でも、「取引事実に関する情報」は注目される項目です。

SMBCモビットの審査で見られる信用情報について、もっと知りたい方はこちらをご覧ください。
SMBCモビットの審査では信用情報のどこが見られる?他社借入があると審査に通らない?

債務整理をするとどう処理される?

債務整理自体は違法性がないので、決して誰かに咎められるものではありません。
しかし、お金を貸した側からすると、貸した分が返ってこないということなので、一方的に損をすることになります。
そのため、再発させないためにも、債務整理が行われた場合、信用情報に事故情報として記録をして、今後の審査に活かす必要があるのです。

債務整理をする=正しく返済を行わなかった

という考えのもと、事故情報のある顧客は基本的に審査には通らないようになっています。
事故情報が信用情報に記録されている状態では、よっぽどのことが無い限り、審査には通らないと考えた方がいいでしょう。

SMBCモビットは機械が審査するから事故情報には更に厳しい?

SMBCモビットでは、まず10秒簡易審査を受ける必要があります。
10秒簡易審査とは機械が自動的に行う審査のことで、申し込み情報や信用情報のデータを読み取り、自働的に審査の可否を決定します。
信用情報が読み取られるということは、事故情報の有無も確認されます。
その際、人間であれば、現在の収入状況や返済能力など考慮される可能性がありますが、機械であれば、事故情報がある時点で自動的に否決となる可能性が大きいのです。

10秒簡易審査の基準は、時期によって大きく変わります。
そのため、事故情報があれば確実に審査が通らないというわけではありません。
SMBCモビットでは、10秒簡易審査に通りさえすれば、本審査も通過できる可能性が非常に高いです。審査はスピーディに終わるので試してみる価値は十分にあります。

債務整理後にSMBCモビットの審査に通るには?

ここからは、債務整理後でも、SMBCモビットの審査に通りやすくするコツを紹介していきます。
債務整理をしたあとでも、評価を上げていくことは可能なので、ぜひチャレンジしてみてください。

事故情報が消えるまで待ってみる

一番確実な方法は、事故情報が消えるまで待ってみることです。
債務整理による事故情報は、すべて一定期間経てば消えるようになっています。
信用情報機関によって対応は異なりますが、任意整理であれば5年、個人再生や自己破産であれば5年から最長10年程度と覚えておきましょう。
とはいえ、最長10年というのは非常に長いものです。
債務整理をする際には、今後10年間は融資を受けにくくなると覚悟して、弁護士に依頼するようにしましょう。

返済(信用)実績を作っていく

債務整理をしたからといって、信用実績がすべてなくなるわけではありません。
キャッシングやクレジットカードなど、債務整理後にもまだ使えるものを持っていれば、堅実に借り入れと返済を繰り返していくことで、信用実績を積み上げていくことができます。

事故情報は信用情報に記録はされますが、業者側が調べない限り、債務整理をしたかどうか知ることは出来ません。そのため、債務整理前に契約したクレジットカードなどは、そのまま使えることが多いのです。
もちろん、更新時期になって再審査などがあれば、契約解除になってしまう可能性もあります。しかし、それまでに信用実績を積み上げておけば、更新審査にも通過する可能性はあります。
事故情報が記録されたからといって諦めず、小さなところから信用を作っていきましょう

新しい信用情報で申し込みをしてみる

事故情報が記録されて、信用実績も積み上げることが出来ないという場合には、新しい信用情報を作ってみるのもいいでしょう。
あまり勧められた方法ではありませんが、結婚などをして苗字・住所・電話番号を変えれば、新しい個人として信用情報に登録される可能性があります。
信用情報のために名前を変えたり、偽名を使ったりするのはもちろん犯罪ですが、ちょうど結婚をしてチャンスがある方は、新しい信用実績を積み上げていくのもいいでしょう。
あくまで最後の手段として、こちらの方法をご検討ください。

SMBCモビットに限らず、債務整理をするとキャッシングの審査ではかなり不利になります。
しかし、確実に審査に通らないというわけではないので、どうしても融資が必要な方は、頑張って信用実績を積み上げていきましょう。