モビットの審査に落ちた人の特徴は?気になる審査基準を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日] [最終更新日]

現金と虫眼鏡

モビットはWEB完結申し込みなど、手軽に融資が受けられる消費者金融として人気ですが、申し込んだ人の中には当然審査に落ちた人もいます。

そこで、今回はモビットの審査に落ちた人の特徴と、モビットの審査基準について詳しくご紹介していきます。

誰でも審査に通るわけではありませんが、申し込み条件とモビットの審査基準さえ満たしておけば審査には通るのでご安心ください。

しかし審査に落ちた人の特徴に当てはまっている方は、後半で紹介する審査基準等を参考にして、審査に通りやすくなるように対策を練るようにしましょう。

モビットの審査システムに興味がある方はこちらもご覧ください。

モビットの審査時間はキャッシング業界最速!?独自の審査システムに迫る!

モビットの審査に落ちた人の特徴とは?

これから紹介する特徴に当てはまる人は、モビットだけでなく他の消費者金融の審査にも通らない確率が大きいです。

キャッシングを利用しようと考えている人はぜひご確認ください。

他社からの借入が多い方はNG

モビットに申し込みをした時点で、3社以上から借り入れのある方は、審査に落ちる可能性が非常に高いです。

消費者金融だけでなく、クレジットカードのキャッシングも、審査の際には他社借り入れとカウントされるので気をつけましょう。

キャッシングの審査では、同じ金額の借金でも、借入先が少ない方が審査に与える影響は少なく済みます。すでに複数の債務を抱えている方は、おまとめローンなどで借入先を減らすことをおすすめします。

申し込みブラックには気をつけるべし!

申込むブラックとは、短期間に複数のキャッシング業者へ申し込みをした人のことを指し、申し込みブラックと認定されると審査に落ちる可能性が高くなります。

半年以内に3社以上申し込みをすると、ブラック扱いされる可能性があるので、一度申し込みをした際は、申し込み情報が信用情報から消えるとされる半年間は待つようにしましょう。

信用情報に傷がついていると審査は通りません

信用情報とは、上記の申し込み情報のように、ローンの申し込みや審査、返済に関するあらゆる情報が記録されたものです。

信用情報は信用情報機関によって記録と共有がされており、最近ではネットワークシステムが進化したこともあり、ありとあらゆる信用取引の情報が細かく記録され、審査に用いられるようになっています。

返済の遅延などで他の消費者金融会社とトラブルを起こしたり、債務整理を行ったりすると信用情報に記録されてしまい、審査に悪影響を与えるので気をつけましょう。

希望限度額が年収の1/3を超えている方

モビットは総量規制の対象となるので、貸付金額が年収の1/3を超えている方は、総量規制に引っ掛かって融資を受けることができません。

そのため希望金額を年収の1/3以上に設定している方は、審査に落ちる可能性が高いのでご注意ください。

また他社からの借り入れを含めて、希望限度額が年収の1/3を超える場合、総量規制に引っ掛かってしまうので注意しましょう。

自身に収入のない専業主婦の方

総量規制の対象となっているので、自身に収入のない専業主婦の方も審査には通らなくなっています。

銀行カードローンのように配偶者に収入があればOKというわけにはいかないので、カードローンを利用したい専業主婦の方は銀行カードローンを利用するといいでしょう。

また専業主婦と同様に、自身に収入のない無職の方も審査には通らないのでご注意ください。

モビットの申し込み条件は厳しい?

モビットの申し込み条件について

※モビット公式サイト「お申し込みいただける方」

モビットの申し込み条件は、公式サイトにも書かれているように、決して厳しいものではありません。
安定した定期収入のある方」というのが、どの程度のレベルなのは不安を覚える方もいるでしょうが、具体的には半年以上継続的に収入があれば問題はありません。
働き始めたばかりで半年以上経っていないという方でも、最低でも3カ月勤続していれば、限度額は低くなりますが審査に通ることはできます。

年齢制限も他の消費者金融と比較しても変わらないため、モビットだけの独自の申し込み条件は特にありません

WEB完結申し込みには別途条件があるので注意!

モビットの申し込み画面

※モビット公式サイト「WEB完結申し込み画面」

ただし、モビットのWEB完結申し込みを利用する際には、追加での条件があるので要注意です。
一つ目の普通預金口座に関する条件では、WEB完結であれば振込融資が基本なので、提携している銀行口座を持っていることが絶対となります。
また、二つ目の保険証に関しても、WEB完結申し込みでは電話連絡なしで審査が行われるため、書類での確認が取れるように保険証の種類を指定しているようです。そのため、バイトやパートなど、自費で国民年金健康保険に加入している方は、WEB完結申し込みを利用できないので注意しましょう。

モビットの審査は通りにくい?

モビットは申し込み条件と同様に、審査内容も特別なことはありません。

モビットの営業貸付残高

このように、公式で発表されているデータからも、年々貸付残高は増えてきており、モビットは順調に新規顧客を獲得していることが分かります。
モビットは大手消費者金融とは異なり、株主向けに審査通過率を公表していないため、正確な数字を測ることは出来ませんが、大手消費者金融と変わらない数値と考えていいでしょう。

他の大手消費者金融をチェック!

大手3社の審査通過率

モビットの審査通過率はプロミスと殆ど同じ?

モビットは、現在三井住友銀行グループの傘下に入っている会社なので、審査通過率を知りたい際には同じグループ傘下である「プロミス」を参考にするといいでしょう。
モビットの審査は、プロミスが開発した「属性審査スコアリングシステム」を基盤にしており、審査で見られるポイントもプロミスとは大差ありません。
逆にいえば、プロミスの審査に落ちてしまった方は、モビットの審査にも通らないということにもなるので、覚えておきましょう。

消費者金融の審査で見られる3つのポイント

審査で見られる3つのポイント

消費者金融の審査は上記の3種類ありますが、一番気をつけるべきは信用審査でしょう。
信用情報には他社からの借り入れや返済履歴など、お金を貸すのに信頼できるかどうか見極める大きな指標です。収入が低くても信用情報がしっかりしていれば審査には通り、いくら収入があっても信用情報がダメなら審査には通りません。

属性審査では、評価が著しく悪ければ審査には通りませんが、定期的な収入がある限り、審査に通らないということはありません。ただし、属性審査の結果によって金利や限度額は大きく左右されるので、高評価であることに越したことはありません。

書類審査は、申し込み情報が本当かどうか確かめる程度のものなので、申し込み情報が正確であれば何も問題はありません。ただし、モビットを含め、消費者金融の審査では一字一句細かくチェックするので、表記ミスなどないように注意しておきましょう。