クレジットカードを何社利用してもSMBCモビットの審査には通るんです

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

クレジットカードとお金と計算機

クレジットカード=借金
このように考えている人は、クレジットカードを何社も利用していると、SMBCモビットの審査に通らないと思ってしまいます。
しかしクレジットカードと借金は全く違います。クレジットカードはあくまで現金の代わりとなる決済手段(支払い方法)の一つです。
クレジットカード=決済手段
このように考えてみると、クレジットカードを利用していても、SMBCモビットの審査に通る理由が分かってもらえると思います。
もちろんこれだけの説明で納得する人はいないでしょう。そこで、この記事では貸金業法の中でクレジットカードはどのように扱われているのかを解説し、このような結論に至った理由を説明していきます。

クレジットカードは借金ではない?

冒頭から言っているようにクレジットカードは借金ではありません。クレジットカードは買い物をする際の決算手段の一つで、分割払いも支払いオプションの一つというだけなのです。
その証拠にクレジットカードのショッピング枠は貸金業法の規制を受けません。
貸金業法とは個人向け融資を行う業者を規制するもので、SMBCモビットからの融資は貸金業法によって規制されています。つまり、貸金業法の対象とならないということは、クレジットカードは借金とみなされていないことを意味しているのです。

クレジットカードは総量規制の影響を受けない

消費者金融からの融資は、貸金業法の総量規制によって制限されます。
総量規制とは、利用者の借り入れ総額が年収の1/3を超える場合の貸付を禁止するものです。総量規制があることによって多重債務者が激減したというメリットがある反面、収入が低かったり他社借入があったりすると、融資を受けられないというデメリットがあります。
しかしクレジットカードのショッピング枠は貸金業法で規制されないので、総量規制の対象にもなりません。そのため何社利用していても審査に通る可能はあるのです。

具体的に何社以上利用しているとSMBCモビットの審査に落ちる?

クレジットカードを利用していてもSMBCモビットの審査には通りますが、さすがに何十万円もショッピング枠を利用していると審査に悪影響が出てきます。
目安としては、総量規制で制限されている年収の1/3を基準とすればいいでしょう。
すでに年収の1/3以上ショッピング枠を利用しているという方は、SMBCモビットの審査に通るかどうかは微妙なラインになってきます。ただし、キャッシング枠と違い、ショッピング枠は総量規制の対象ではないので、年収の1/3を超えたら確実に審査に通らないというわけではありません。あくまで目安として考えるといいでしょう。

クレジットカードを何枚も持っている人は整理しよう!

クレジットカードを必要以上に持っているという人は、SMBCモビットに申し込む前に整理するのも大切です。特にキャッシング枠が付いているカードは少ない方がいいです。
キャッシング枠の持ったクレジットカードは、たとえ利用していなくても、潜在的な借金とみなされる可能性があります。そのため使う予定のないクレジットカードは整理することで、SMBCモビットの審査にも通る可能性が高くなります。

クレジットカードはショッピング枠であれば大丈夫!

ショッピング枠であれば、クレジットカードを利用していてもSMBCモビットの審査に与える悪影響は少ないです。審査に通るために大切なのは、貸金業法で定める借金を増やさないこと。
キャッシング枠のあるクレジットカードを多く持っているだけで、審査が不利になるパターンもあるので気をつけましょう。