SMBCモビットの金利はどうやって決まる?計算方法・確認方法をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

カレンダーとお金と計算機

モビットの金利は限度額と審査の結果に応じて、年率3.0%~18.0%のあいだで設定されます。

同じ限度額であっても審査の結果に応じて金利に差が出るので、申し込む前に金利がどうやって決まるのか確認することが大切です。

またすでにモビットと契約している方は、会員ページから適用されている金利を確認できるので、現在の金利を確認して、高すぎるようであれば別の金融機関への借り換えも検討した方がいいでしょう。

このページではモビットの金利はどのように決まるのか、また計算方法や確認方法を紹介しています。

最後に利息を抑えるコツも紹介しているので、現在モビットを利用している方はぜひ参考にしてください。

まずはモビットの金利をチェックしよう!

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
返済方式 借入後残高スライド元利定額方式

モビットの金利は下限金利(最も安くて)3.0%、上限金利(最も高くて)18.0%です。大手消費者金融と比較しても、平均的な数字といえます。

金利18.0%といっても、借りたお金が毎月18.0%ずつ増えていくわけではありません。実際に発生する利息はもっと低いので安心してください。

まずは、他の大手消費者金融とモビットの金利を比較してみましょう。

大手消費者金融の金利と比較

業者名 金利 限度額
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 4.5%~18.0% 500万円
モビット 3.0%~18.0% 800万円

下限金利を見ると、アコムとモビットが3.0%と一番低いです。しかしこの2社は限度額が高いため、必然的に下限金利が低くなっているだけなので、お得なわけではありません。

(キャッシングでは限度額が上がると金利は下がるようになっています。詳しくは記事の下部にて解説しています。)

上限金利では、プロミスが0.2%低いだけで、他の大手消費者金融はモビットと同じく18.0%と並んでいます。このことから、モビットの金利は他社と比較しても平均的であることが分かります。

そもそも金利とは?

そもそも金利が何を意味しているか分からない方も多いと思うので、ここで解説します。

金利とは借入額に対してどれくらいの割合で利息が発生するか示したものです。消費者金融では混乱を避けるために、金利は実質年率で表記するように義務づけられています。実質年率とは、年間で借入額の何%の利息が発生するか表したものです。

モビットの上限金利18.0%というのは、一年間で借入額の18%分の利息が発生することを意味しています。

モビットの利息システムをもっと詳しく

今度はモビットの利息システムに絞って解説していきます。

モビットは返済方法として、「借入後残高スライド元利定額方式」を採用しています。

これは毎月の約定日時点での借入残高に応じて、利息が発生していく仕組みのことを指します。

約定日とは簡単にいえば返済期日のようなもので、モビットでは毎月5・15・25・末日の中から希望する約定日を設定できます。

約定日が来るたびに利息は発生するので、毎月利息分以上返済をしなければ、利息がどんどん膨れ上がっていくことになります。

といっても、金利18.0%でお金を借りた場合、毎月の利息は借入残高の1.5%程度しか発生しないので、そこまで高いハードルというわけではありません。

利息の計算方法は?

借入残高×金利×365日×日数=利息

利息は上記の式で計算をすることで求められます。では、計算式の意味について詳しく解説していきましょう。
まずは借入残高に金利(実質年率)を掛けます。この時点では一年間で発生する利息しか分からないので、一日分の利息を計算するために365(一年間)で割ります。最後に実際に借り入れた日数をかけることで、発生する利息を計算することができます。
例としてモビットから50万円借りた場合の、一カ月で発生する利息を計算してみましょう。
(一カ月を30日と仮定した場合の利息です)

【例】
50万円(借入残高)×18.0%(金利)÷365×30(日数)=7397円

50万円を借りた場合でも毎月の利息は7397円です。もちろん利息だけでなく、元金分の返済もしないと借金はなくなりません。お金を借りる際には、毎月発生する利息を計算し、自分の収入と照らし合わせて考えることが大切です。

計算が面倒な方は返済シミュレーションを利用しよう

モビットの公式サイトには、返済シミュレーション用のツールが用意されています。わざわざ自分で計算をしなくても、借入額と返済回数を入力すれば即座に発生する利息を計算できます。モビットに申し込みする前に、一度返済シミュレーションを使って無理なく返済できるか考えてみましょう。

モビットは金利が高いから審査がスムーズ?

ここまで金利の仕組みをメインに解説してきましたが、金利は低ければ低いほどいいと考えている方も多いのではないでしょうか。もちろん返済のことを考えれば、金利の低い業者からお金を借りることは大切です。
カードローンは基本的に金利が高ければ高いほど、審査通過率は高くなるというのはご存知でしょうか。
ここからは、意外と知られていない金利と審査の関係について解説していきます。

金利と審査の関係

消費者金融や銀行の金利は緻密な計算から設定されています。
業者側からしても金利が低ければ顧客は集まるので、出来れば金利を低くしたいものです。しかし大量の人たちにお金を貸すと、どうしても一部の人たちは返済不能に陥ってしまいます。低い金利で貸し付けを行っていては、利益を確保することが出来なくなるのです。
そうなると、業者側は金利を高くするか、審査基準を厳しくするかの二つしか選択肢はありません。こうした原理から、金利が低いと審査は厳しくなっているのです。

モビットの金利を引き下げる方法は?

しかし、いくら金利が高い理由を説明されても、出来れば金利を低くしたいのが正直なところです。そこでここかはらモビットの金利を引き下げる方法を紹介していきます。

限度額を高くする

キャッシングでは、法定金利によって限度額が高くなれば、金利が下がるように決められています。たとえば金利18.0%で500万円を借りた場合、毎月の利息だけで7万円を超えてしまい、すぐに返済不能に陥ってしまうでしょう。
そのためモビットの金利を下げたい方は、限度額の増額審査を受けるといいでしょう。
モビットの限度額を増額させる方法は、当サイト「モビットの審査を突破しよう!」の中でも紹介されています。気になる方はぜひ参考にしてみてください。
モビットで限度額800万円まで借りることは可能?増額審査に通るコツもご紹介!

モビットからの信用度を高める

モビットからの信用度が高まると、金利を引き下げてもらえることもあります。優良な顧客にはどんどんお金を借りて欲しいからです。
信用度を高めるには信用実績を作る必要があります。小まめに借入と返済を繰り返し、信用実績を積み上げていくことをおすすめします。

利息を下げてもらえるように相談する

どうしても返済が苦しくなってしまったという方は、モビットに金利を下げてもらえないか相談するといいでしょう。モビットからしても返済できなくなって破産されるよりは、金利を下げて確実に返済してもらった方が助かります。
ただし返済出来ないからといって利息を一時的に止めてもらうと、信用情報に記録が残るので注意しましょう。信用情報とはローンの利用記録のようなもので、金融機関の間で共有される個人情報です。利息を止めてもらった記録が残ると、今後のローン審査にも影響を及ぼすので、本当に困った時以外は相談しないようにしましょう。

金利を見るなら下限金利でなく上限金利に注目!

最後に金利で業者を比較する際に、見るべきポイントを解説していきます。
消費者金融では100万円を超えるような大口融資でない限り、上限金利に近い数字が適用されるようになっています。そのため金利で見比べる際にも、上限金利で比較をするようにしましょう。
金利で比較するときには、実際に自分に適用されるであろう金利を見ることが大切です。

無利息期間のある消費者金融にも注目!

消費者金融の中には無利息期間サービスを実施している業者もあります。
大抵初めて利用する人を対象にしており、一定期間利息が発生しないというお得なサービスです。一回しか借入を考えていない方は、無利息期間のある消費者金融を利用した方がいいでしょう。
残念ながらモビットは今のところ無利息期間を実施していないので、金利で見比べる際にはその点も考慮して考えましょう。

まとめ

消費者金融を選ぶうえで金利は大切な指標です。申し込む前に必ず金利をチェックしておきましょう。また事前にシミュレーションをして、返済計画を立てておくと安心して利用できるのではないでしょうか。
また金利は審査の通りやすさにも大きく関係しています。審査に通りたいのであれば、金利の高い消費者金融を選ぶといいでしょう。また金利で比較する際には、実際に自分が希望する借入額に適用される金利を見るようにしましょう。

モビットは消費者金融の中では金利は平均的で、銀行と比べると高いといえます。
そのため確実に審査に通りたいという方におすすめの消費者金融です。また手軽な審査方式など、金利以外のメリットを把握しておくことも大切です。気になる方はこちらの記事もぜひご覧ください。
モビットの審査時間はキャッシング業界最速!?独自の審査システムに迫る!