今日中にお金を借りる方法をまとめてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

どうしても今日中にお金が必要という方のために、今日中にお金を借りる方法を紹介していきます。

キャッシングやカードローン以外にも、お金を借りる方法を解説していくので、今すぐお金が必要な方はぜひ参考にしてください。

※キャッシングでいいから今すぐ借りたいという方は、当サイトにあるこちらの記事を参考にするか、SMBCモビットへ申し込むことをおすすめします。

友人・家族・知人から借りてみる

一番手っ取り早くお金を調達したいなら、友人や家族から借りるのが一番です。

審査に時間がかかることもなく、少額であれば金利がとられることもありません。

しかし返済が遅れたり、借入額が大きくなったりすると、トラブルに発展しやすいので注意しましょう。

友人や家族など近い関係の人であっても、貸借契約書をきちんと作ってお金を借りることをおすすめします。

ただしいくら約束通りに返済したとしても、近い人からお金を借りてしまうと、今後も気まずくなってしまうので、おすすめはできません。

ということで、ここからは他人からお金を借りる方法を紹介していきます。

クラウドファンディングを利用してみる

クラウドファンディングとは、ネット上で不特定多数の人たちから融資を募る、新しい資金調達の方法です。

最近では大ヒットとなったアニメ映画「この世界の片隅に」も、クラウドファンディングよって製作費を調達し、10日間でおよそ4000万円もの大金を集めることができました。

このようにクラウドファンディングを活用すれば、家から出ることなくお金を調達できる可能性があるのです。

しかしクラウドファンディングでは、出資者がお金を出したくなるような魅力を作ることも求められます。

ただお金を貸してほしいというだけでは、融資を集めることは難しいでしょう。

人に役立つものや、ビジネスで成功しそうなアイデアを持っている方は、クラウドファンディングでお金を調達してみるといいでしょう。

個人融資も簡単に借りることができるけど…?

個人融資(個人間融資)とは、名前の通り個人間でお金の貸し借りを行うことを指します。

最近ではネットが普及したことで、掲示板などを使って簡単に個人融資を行えるようになりました。

しかし個人融資は仲介業者も入らないので、トラブルに発展しやすいので注意しなければいけません。

中には闇金業者も紛れ込んでおり、法外な利息が請求されることもあるのです。

個人融資を利用する際には、見ず知らずの人に身元を教えるリスクも考えて行動するようにしましょう。

なお個人融資に危険性については、こちらの記事でもまとめているので参考にしてください。

個人融資でお金を借りるってどうなの?詐欺に引っ掛からないための見分け方

大手の会社なら従業員貸付制度を利用しよう

比較的大きな会社に勤めている方であれば、従業員貸付制度を利用してみるといいでしょう。

従業員貸付制度とは、働いている社員へ低金利で貸し付けを行い、毎月の給与から差し引いて返済できる融資です。

しかし中小企業では従業員貸付制度を導入しているところは少ないので、なかなか利用できる人は少ないでしょう。

また会社からお金を借りることで、社内に噂が広がり、出世などにも影響を及ぼす可能性もあるのでご注意を。

経理のいる会社に勤めている方は、一度相談してみるといいでしょう。

緊急時なら区役所から借りられることも!

財布を落としてしまったときなど、緊急でお金が必要なときには、区役所の窓口に相談してみることをおすすめします。

自治体には生活福祉資金貸付制度が設けられており、利用条件を満たした方はお金を借りることができるのです。

財布を落とすなど以外にも、病気で働けないときや、冠婚葬祭でお金が必要になったときなど、一定の収入以下であれば利用できるようです。

各自治体によって貸し付け条件は異なるので、お金に困ったときには一度調べてみることをおすすめします。

何か理由があって働けない状態にある方は、生活保護なども検討した方がいいでしょう。

確実に借りたいならキャッシング・カードローン

ここで紹介したいずれの方法も利用できないのであれば、キャッシングやカードローンを利用するといいでしょう。

信用情報に問題がなく、一定の収入がある方であれば融資を受けることができます。

しかし消費者金融や銀行カードローンでは、50万円借りたとすれば、毎月の利息だけで5000円近く発生していきます。

借りすぎてしまうと返済できなくなるので、しっかりと返済計画を立てて利用していくことが大切です。

まとめ

  • 友人・家族・知人から借りる
  • クラウドファンディングを利用する
  • 個人融資を利用する
  • 勤め先の会社から借りる
  • 自治体から借りる
  • キャッシング・カードローン

今回は今日中にお金を借りる方法として、4つの手段を紹介しました。

キャッシングやカードローンであれば手軽に借りることができますが、金利は高いのでなるべく避けたい方も多いでしょう。

お金を借りる方法はキャッシング・カードローン以外にもたくさんあるので、利用できそうな人はぜひ活用してみてください。