無利息キャッシングの活用法!利息0円でお金を借りる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

お金と電卓の写真

無利息期間のあるキャッシングを活用すれば、利息をお得に抑えることができるので大変おすすめです。

短期融資のキャッシングであれば、利息を殆ど支払うことなく完済することもできます。

この記事では無利息期間の仕組みやメリット、また無利息サービスのあるキャッシングなどを紹介していきます。

キャッシングの無利息期間とは?

無利息期間とは一定期間利息が発生しないサービスのことです。

大手消費者金融は殆ど導入しており、適用される期間は業者によって異なります。

無利息期間を活用するためには、あなたの借入計画に適した無利息サービスを行うキャッシング業者を選ばなければなりません。

無利息期間でどれくらい利息はお得になる?

実際に無利息期間が適用されることで、どの程度利息がお得になるのか解説していきます。

キャッシングの利息の詳しい計算方法を知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

キャッシングの金利とは?利息を安く抑えるコツは?

まずは金利18.0%で10万円の融資を受けたい場合に支払う利息を計算しましょう。

10万円(借入額)×金利年率18.0%÷365×30=1479円

となり、毎月1479円の利息が発生していきます。

また毎月1万円ずつ返済した場合、最初に支払う1万円からまずは利息分の1479円が引かれ、残りの返済額が元金から引かれます。

1万円(返済額)−1479円(初月の利息)=8521円

このペースで返済を続けると11回で完済でき、トータルで支払う利息は9158円となります。

では続いて同じ条件の融資で、最初の30日に無利息期間が適用された場合の計算をします。

最初の返済で支払う1万円はそのまま借入額から引かれ、2カ月目から利息が発生していきます。

その結果、完済までは11カ月と変わりませんが、トータルで支払う利息は7416円まで抑えられます。

このように無利息期間のあるキャッシングでは、初月の利息を支払わなくていいだけでなく、トータルで支払う利息も抑えることができるのです。

キャッシングを利用するうえで、利息を効率よく抑えたいと考えている方は、無利息期間のあるキャッシング業者を利用するようにしましょう。

無利息期間サービスのあるキャッシング業者

  • プロミス
  • アイフル
  • アコム
  • ノーローン
  • レイク

無利息期間サービスを行っている主要キャッシング業者は上記の通りです。

主に大手消費者金融が行っているサービスで、新生銀行を除いて無利息期間サービスを行う銀行カードローンは稀です。

また業者によって無利息期間のサービス内容は微妙に異なるので、あなたに適した無利息期間を行っているキャッシング業者を選ぶようにしましょう。

プロミスの無利息期間がお得!

プロミスでは初めて借り入れた日から30日間の無利息期間サービスを行っています。

他のキャッシング業者では、契約日の翌日から無利息期間が始まる業者が多く、せっかくの無利息期間を無駄にしてしまう方も多くいます。

しかしプロミスなら借入した翌日からスタートするため、確実に30日の無利息サービスを利用することができます。

またプロミスでは会員ページにログインしたり、メールを受け取るたびに会員ポイントを貯めることができます。

貯まったポイントは無利息期間や、ATM手数料無料サービスなどと交換できるのでお得です。

長期的な利用を考えている人にもプロミスの無利息期間はおすすめです。

レイクは最大180日間無利息!

新生銀行カードローンのレイクでは、借入額が5万円以内であれば最大180日間の無利息期間サービスを行っています。

毎月1万円の返済で利息を支払わずに済むので、急な出費で生活費に困ったときにも安心です。

また借入額が5万円を超えた場合でも、最大30日の無利息期間サービスを行っているので、まとまったお金を借りようとしている方にもおすすめです。

ノーローンは完済するたびに1週間の無利息期間

新生銀行グループのノーローンでは、完済するたびに次の融資時には1週間の無利息サービスを行っています。

1週間利息が発生しないだけでも、毎月の利息はかなり安くなるので、小まめに借り入れと返済をする方にはおすすめです。

給料日前だけ金欠になりやすい方など、ノーローンであれば利息を支払わずに、ずっと融資を受けることもできます。

銀行の利息キャッシュバックキャンペーンもおすすめ

無利息サービスを行う銀行カードローンは少ないですが、利息のキャッシュバックキャンペーンを行う銀行は多いのでおすすめです。

一定期間内に支払った利息がキャッシュバックされるため、実質負担ゼロで融資を受けることができます。

銀行カードローンの利息キャッシュバックキャンペーンは期間限定で行われることが多いので、色々な銀行カードローンの情報を調べることをおすすめします。

短期融資なら消費者金融、長期融資なら銀行カードローン

短期融資を希望している方には、無利息期間のある消費者金融がおすすめです。基本の金利が高かったとしても、利息を安く抑えることができるからです。

しかし1年以上かけて返済するような長期融資の場合は、基本金利の低い銀行カードローンを利用した方がお得でしょう。

このように返済にかかる期間によって、おすすめのキャッシング業者は異なるので、申し込み前にしっかりと返済計画を組み立てておくことをおすすめします。

まとめ

金利が高いと思われがちな消費者金融ですが、無利息期間を上手に活用することで、発生する利息をかなり抑えることができます。

お金を借りたいけど利息は出来れば支払いたくないという方は、無利息期間サービスのある消費者金融を利用するようにしましょう。