キャッシングの返済方法について、お得に完済するコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

銀行のATMのイメージ

キャッシングでお金を借りたあとは、必ず返済をしなければなりません。

しかしキャッシングの返済では、ただ借りた分を返すだけでなく、設定された金利に応じて利息も支払う必要があります。

またキャッシング業者によってはATMを使って返済をしたり、口座から自動的に引き落としが行われたりと、返済方法も様々です。

そこで今回はキャッシングの返済について余すところなく徹底解説!お得に完済するコツをご紹介します。

キャッシングを選ぶ際には金利や審査だけでなく、返済方法にも注目するようにしましょう。

またキャッシングの利息を計算する方法など知りたい方は、下記のページでキャッシングの金利について解説しているのでぜひ参考にしてください。

キャッシングの金利とは?利息を安く抑えるコツ

キャッシングの返済の仕組みについて

  • リボルビング返済
  • 分割返済
  • 一括返済

キャッシングの返済は大きく分けて上記の3つに分けることができます。

最近ではリボルビング返済が主流となっていますが、クレジットカードのキャッシングなどでは一括返済や分割返済が採用されているところもあります。

この記事では主にリボルビング返済のキャッシングについて解説していますが、念のためにここからは両者の違いを解説します。

リビルビング返済は借りすぎに注意

リボルビング返済は契約時に決まった所定の返済額を、毎月支払っていく返済方法です。

たとえば返済額が5000円と決まっているキャッシングを利用した場合、10万円借りても翌月の返済額は5000円で済みます。また新たに5万円借りたとしても、翌月の返済額は5000円です。

しかしリボルビング返済は毎月の支払い額を低く抑えることができる代わりに、返済にかかる期間が長くなってしまうため、結果的に支払う利息が増えてしまうというデメリットもあります。

また最近のキャッシングでは、借り入れ残高に応じて返済額が変わる「残高スライドリボルビング方式」が採用されており、借りすぎると毎月の支払いが大変なことになってしまいます。

リボルビング返済のキャッシングを利用する際には、借りすぎに注意しましょう。

一括返済や分割返済のキャッシングもある

クレジットカードのキャッシングや、比較的規模の小さいキャッシング業者では、一括返済や分割返済が採用されている業者もあります。

一括返済や分割返済のキャッシングであれば、返済計画も立てやすいので助かるという方も多いです。また返済期間が比較的短く済むため、利息を抑えやすいというメリットもあります。

しかし返済日までにお金を調達する目処が立っていない方は、一括返済や分割返済のキャッシングを利用するのはやめましょう。返済の延滞をしてしまうと、利息が余分に取られるだけでなく、信用情報の評価も下げることになります。

キャッシングの返済をお得に済ませるには随時返済!

キャッシングの返済で利息を抑えたいのであれば、積極的に随時(追加)返済をするようにしましょう。

リボルビング返済のキャッシングでは、毎月の約定日に所定の返済額を支払うことで返済が認められます。この約定返済以外に行う返済のことを、随時返済や追加返済を呼びます。

毎月の約定返済では支払い額から毎月の利息が引かれるため、なかなか元金を減らすことができません。しかし随時(追加)返済であれば利息が引かれないので、効率的に元金を減らすことができるのです。

元金が減れば発生する利息も減るため、約定返済でも元金を多く減らすことができます。トータルで支払う利息をかなり抑えることができるので、利息を抑えたい方には随時返済がおすすめです。

随時返済で一括返済は可能?

リボルビング返済のキャッシングであっても、随時返済で一括返済は可能です。

しかし業者によっては事前に相談しなければ対応してもらえないのでご注意ください。一括返済されるとキャッシング業者としては損なので、別途に手数料が取られてしまうケースもあります。

一括返済が確実にできる状況であれば、リボ払いのキャッシングではなく、一括返済のキャッシングを利用するといいでしょう。

キャッシングの主な返済方法

  • ATM返済
  • 口座振替
  • 振込返済

キャッシングの返済方法は主に上記の3つです。

大手消費者金融や銀行カードローンでは、全国のコンビニATMとも提携しているので、近くのATMから手軽に返済を済ませることができます。

また銀行カードローンであれば、預金口座から口座振替で自動返済してくれるので、うっかり返済日を忘れることがなくおすすめです。

ローンカードが手元にないときなどは、振込で返済を行うこともできますが、手数料が取られるためおすすめはできません。

また約定返済以外の随時返済は、口座振替に対応しておらず提携ATMを利用するケースがほとんどのようです。

キャッシングの返済に遅れるとどうなる?

キャッシングの返済に遅れると、遅延損害金が発生してしまいます。

遅延損害金は金利と同じように年率〇%で表記され、遅延した日数分金利に重ねて加算されていきます。

消費者金融のキャッシングなどでは、金利は年率20%で設定されているところが多く、遅延している期間は利息が2倍以上のスピードで膨らんでいくことになります。

またキャッシングの返済に遅れてしまうと、信用情報に遅延の記録が残ってしまいます。一度や二度の延滞であれば影響はないですが、回数が増えると今後のローン審査に悪影響を及ぼすので注意しましょう。

まとめ

キャッシングの返済方法は業者によってさまざまです。

しかし返済方法によって、結果的に支払う利息は大きく異なるので注意が必要です。

またリボルビング返済のキャッシングを利用する際には、余裕があるときには随時返済を行う意識を持っておきましょう。