キャッシングの意味とは?カードローンと何が違うの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

悩んでいる男女

キャッシングとはお金が必要なとき、すぐに融資を受けることができるサービスのことを指します。クレジットカードや消費者金融のキャッシングが有名です。

またよく似たサービスにカードローンもあります。こちらは専用のローンカードを使って、好きな時にATMから借り入れができるサービスです。

最近ではキャッシングでも専用のカードを発行する業者が増えており、キャッシングとカードローンの違いは殆どなくなってきています。

今回はキャッシングとは何なのか、またカードローンとはどう違うのか解説していきます。

またキャッシングの金利・審査・返済などの基本情報が知りたいという方は、こちらのページでキャッシングの基礎情報を多数紹介しているので参考にしてみてください。

キャッシングの基礎知識

キャッシングの審査情報

キャッシングとは?

キャッシングとは一般的に、個人が金融機関から無担保で融資を受けることを意味します。

大手消費者金融やクレジットカードの個人融資サービスは、キャッシングと名前が付けられていることが多いです。

最近ではネットから簡単にキャッシングを申し込むことができるようになっており、ネット上で振込融資を行うネットキャッシングも流行っています。

申し込みから1時間程度で融資を受けることができるので、急いでお金が必要な方には大変助かるサービスです。

カードローンとは?

カードローンとは契約時に設定された限度額内であれば、自由に借り入れと返済ができるローンサービスです。

完済しなくても追加融資を受けることができるので、利便性の高いサービスとして人気です。

また返済はリボ払いなので、毎月の返済額を低く抑えることができ、お金に困ったときには助かります。

キャッシングとカードローンの違いとは?

一昔前まではキャッシングは一括返済、カードローンはリボ払いが基本というのが両者の違いでした。

しかし最近ではリボ払いのキャッシングも増えており、返済方法の違いはなくなってきています。

また消費者金融のキャッシングでも専用のカードが発行されることから、キャッシングとカードローンとの違いは殆どなくなってきています。

大手消費者金融のプロミスの公式サイトでは、「キャッシング・カードローンなら消費者金融の【プロミス】」と記載されており、業界内でも両者の違いはなくなっていることが伺えます。

最近ではクレジットカードのキャッシング枠のみをキャッシングと呼び、消費者金融、銀行カードローンと呼び分ける動きもあります。

キャッシングの歴史について

キャッシングとは始めはクレジットカード業界で使われ始めた言葉でした。

元々クレジットカードにはショッピング機能しかついておらず、利用代金の後払い機能しかついていませんでした。そのため個人が融資を受けるには、消費者金融(サラ金)か銀行を利用するしかなかったのです。

しかしクレジットカードに「キャッシング枠」という名の個人への融資機能がついてからは、クレジットカードで手軽に融資を受ける人が倍増。

お金を借りる=キャッシング

という認識が広まっていったのです。

借金からキャッシングへと名前が変わったことで、お金を借りているという実感が薄まったのも人気を呼んだ理由の一つでした。

そこで消費者金融でもこれまでのイメージを払拭すべく、個人への融資サービスのことをキャッシングと名付けるようになったのです。

こうして現在のキャッシングは広い意味で使われるようになりました。

カードローンは銀行が始まり?

カードローンという言葉は、銀行が個人向け融資サービスを始める際に使われ始めました。

その頃にはキャッシング利用者の過剰貸付が社会問題となったこともあり、キャッシング=借金というイメージがかなり世間に広がっていました。

そのためキャッシングとは異なるサービスであることを打ち出すために、カードローンという言葉を使い始めたのです。

その結果、銀行カードローンは今や消費者金融よりも貸付残高は上回るようになり、消費者金融でもカードローンを名乗る企業が増えてきました。

また最近では銀行カードローンにより過剰貸付も問題視されており、新たな規制が生まれるという噂もあります。

そうなれば、キャッシング、カードローンに代わる新たなサービスが生まれることになるかもしれません。

さて、ここまではキャッシングの意味や呼び方の歴史について説明してきました。ここからはキャッシングを個人向けの融資サービスと定義して、消費者金融・銀行・クレジットカードと種類ごとの特徴を解説していきます。

消費者金融の特徴

【メリット】

  • 銀行・クレカのキャッシングと比べて審査に通りやすい
  • 審査時間が早い
  • 申し込み方法が多彩
  • 無利息期間サービスが充実

【デメリット】

  • 金利が高い
  • 総量規制の対象である

消費者金融の特徴は上記のようになっています。

消費者金融はお金を貸すプロなので、利便性の高さが人気です。しかし銀行やクレカのキャッシングと比べて金利は高くなっているので、借りすぎには注意しましょう。

また大手消費者金融あれば、一定期間利息が発生しない無利息期間サービスがあるので、短期融資であれば利息はタダ同然で借りられます。

銀行カードローンの特徴

【メリット】

  • 消費者金融並みに審査の早い銀行もある
  • 金利が低い
  • 申し込み方法が多彩な銀行もある
  • サービスが充実している銀行もある

【デメリット】

  • 銀行によってサービス内容が大きく異なる
  • 消費者金融と比べて審査に通りにくい

銀行カードローンは銀行によってサービスが大きく異なるのが特徴です。

三井住友銀行や三菱UFJ銀行などの大手であれば、消費者金融並みのサービスで低金利ですが、地方の銀行ではやはりサービスは劣ります。

また消費者金融と比べて断然審査基準は厳しいので、すでに借金を抱えている人などは審査に通りづらいのが現状です。

クレジットカードの特徴

【メリット】

  • クレジットカードで手軽に借りられる
  • 借り入れや返済でポイントを貯められるクレカもある

【デメリット】

  • 審査に時間がかかる
  • 限度額が低め

クレジットカードは手持ちのクレジットカードで手軽に借りられるのが最大のメリットです。

しかしキャッシング枠の審査には時間がかかってしまうため、急な出費には対応できない可能性もあります。お金が必要になる機会が多い方は、あらかじめキャッシング枠のついたクレジットカードを持っておくといいでしょう。

まとめ

最近のキャッシングやクレジットカードには大きな違いはありません。呼び方の違いでしかないので、借り入れ先を選ぶ際には名前ではなく、融資条件をしっかり確認することが大切です。

このサイトではSMBCモビット以外にも、キャッシングに関するあらゆる情報を紹介しています。キャッシングやカードローン選びにぜひお役立てください。