カードローン地獄に落ちる人の特徴と抜け出す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

カードローン地獄に落ちる人の特徴と抜け出す方法

カードローンの利用を続けるとカードローン地獄に落ちてしまう可能性があるとご存知でしょうか?

急な出費が必要になった時や軽い気持ちでカードローンを利用している場合、ほとんどの人がカードローン地獄となっているかもしれないのです。

もし自分が気づかないうちにカードローン地獄にはまっているとしたら、一刻でも早く抜け出したいと思いますよね。

そこで今回はカードローン地獄に落ちてしまう人の特徴や抜け出す方法を紹介しますね。

カードローンを使いがちな人やカードローン地獄にはまってしまっている人はぜひ参考にしてください。

カードローン地獄とは?

カードローン地獄とは返済を続けてもカードローンが終わらなかったり、終わっても再びカードローンを利用してしまう状態のことです。

カードローンで借り入れを行う人は誰しも、一度だけにすると決めてすぐに返済してしまおうと考えます。

一度だけと決める人も多いかもしれませんがカードローンの手軽さや即金性から借り入れを行いやすくカードローン地獄にはまってしまうのです。

特にカードローンで借り入れを行うことに抵抗が無い場合は、高い確率でカードローン地獄にはまるかもしれません。

そしてカードローン地獄にはまってしまう大きな原因として、リボ払いで返済をしていることが挙げられます。

リボ払いの支払いがキツイ人は地獄の一歩手前?

リボ払いとは毎月の返済金額が一定の返済方法です。分割での返済は借り入れた金額と返済回数で金額決まりますが、リボ払いはどれだけ借りたとしても毎月一定の金額を返済するのです。

毎月一定の金額で返済をしていくので、給料が低い場合や支出が多い人にとっては魅力的な返済方法に見えるのです。

しかしリボ払いは魅力的な返済方法ではなく、カードローン地獄への入り口と言っても過言ではないのです。

リボ払いは分割での返済よりも支払い回数が多くなるので金利を多く支払うこととなります。

さらにリボ払いで返済中に、再びリボ払いを利用したとしても返済金額が変わらずに支払い回数が増えるだけなので、返済が終わらなくなっていきます。

リボ払いは返済金額が一定で少なくなるのですが、少ないが上に金利のみを返済している状態になり借り入れた金額がほとんど減りません。

そのためリボ払いでも返済がキツイ人はカードローン地獄の一歩手前の状態にあるでしょう。

カードローン地獄に落ちる人の特徴

カードローン地獄に落ちる人の特徴としては自分がどのくらいの金額を借り入れて、毎月の返済額を認識していないという大きな特徴があります。

一度のカードローン利用だけではなく、度重なるカードローンの利用や自分の収入に見合った返済金額となっていないことが多いのです。

ここからはカードローン地獄に落ちてしまう人の特徴を紹介しますので、ご自身がカードローン地獄にはまりかけていないかを確認してみましょう。

複数のカードローンを利用している

複数のカードローンを利用している場合、カードローン地獄の入り口に立っていることが多いです。

カードローンの特徴の1つとして金利が高いことが挙げられます。

カードローンの返済は借り入れた金額だけではなく金利も返済しなければなりません。

そのため複数のカードローンで借り入れを行うと、複数分の金利を返済することになり返済金額のほとんどを金利に使っている状態になるのです。

さらに複数のカードローンをリボ払いで返済している場合は1回の返済金額が少なくなります。

返済金額のほとんどが金利の返済に充てられ、借り入れた金額が減らない状態が複数起きてしまうのでカードローン地獄にはまってしまうのです。

今の借入金額を正確に把握していない

複数のカードローンを利用していると現在の借入金額が正確に把握できなくなってきます。

するとカードローン地獄にはまっていると言っても過言ではありません。

自分が毎月いくら返済するのかを確認せずに、再びカードローンを利用すると収入に対して返済の割合が大きくなり返済がきつくなります。そのため現在の借入金額を正確に把握していない人は、再び無計画に借り入れてしまうのでカードローン地獄にはまってしまうのです。

返済比率が月収の1/3を超えている

月収の1/3以上を借り入れていると食費や生活費を圧迫し始めて生活が苦しくなってきます。

収入の多くを返済に充てなければなりません。

例えば月収25万円の場合は約8.5万円以上を返済に充てることになり、残りの金額で生活しなければならないので思っている以上に制限された暮らしになってしまうのです。

ちなみにローンなどでお金を借り入れた場合に、給料の内手取りで1/3以内が適正と言われているのです。

あたりまえですが借りている金額が少ないほど普段の生活は楽になり自由に使えるお金も増えてきますよね。

1/3はあくまで目安となっているので元々の収入が多い方や、生活費などにそこまでお金をかけていない場合は1/3を少しくらい超えた金額を借り入れても返済計画がきちんと立てられていれば問題ありません。

2年以上かけても完済できない

2年以上かけてもローンを完済できていない場合はカードローン地獄にはまっている可能性があります。

もちろん借り入れる金額が多額でそもそもの返済計画が2年以上の場合は仕方がないかもしれませんが、そこまでの金額を借り入れていなかったとしても途中でカードローンの借入金額を増額していることも考えられます。

増額してしまうと支払い金額や支払い回数に変動がでるためどうしても返済期間が延びてしまいます。

2年以上もカードローンを支払っているとその生活に慣れてしまっている恐れがあり、自分がカードローンの返済をしていることに違和感を感じることがないので新たにカードローンを利用してしまう恐れがあるのです。

つまり2年間で完済できない金額をカードローンで借入てしまうと、計画通りに返済出来ていたとしてもカードローン地獄にはまっている恐れがあることに注意してください。

クレジットカードも限度額ギリギリまで利用している

カードローンから少しそれてしまうかもしれませんが、クレジットカードも限度額ギリギリまで利用している場合はカードローン地獄にはまっている可能性が高いのです。

クレジットカードの限度額は収入などからどの程度の返済能力を持っているのかで決まります。

さらにクレジットカードはその場で支払うのではなく来月に支払いを延期しているとご存知でしょうか?

そのためクレジットカードの限度額ギリギリまで使ったとしても使用した月には請求されないので、来月の自分が頑張ればいいと思ってしまうのです。

そうなると来月のクレジットカードの限度額ギリギリの金額+カードローンの返済金額を支払わなければならないので、返済に充てるお金が無くなるかもしれないのです。

つまりクレジットカードの限度額ギリギリまで使うということは、自分のお金の入出金が管理できていなかったりクレジットカードの返済をするために、再びカードローンを使ってしまう恐れがあるのでカードローン地獄にはまっている可能性が高いのです。

何回か返済に遅れたことがある

カードローン地獄にはまっている人の特徴として返済に遅れた経験がある人がよくいます。

覚えておいて欲しいのが返済に遅れてしまうと自分の信用情報に傷がついてしまうということです。

信用情報に傷がつくと新たな借り入れや増額、新しいクレジットカードを作ることや更新することが数年間できなくなります。

何回か返済に遅れるということは自分が借りたお金を返す意識が無かったり、自身のお金に対する管理能力が低い場合があります。

もちろん返済に何度も遅れていると損害遅延金を請求されたりすることもあったりと自分に対して何も良いことはありません。

そのため何回か返済に遅れたことがあるということはまたお金を借りれば良いと思っていたり、お金に対する管理能力が低かったりと自分でカードローン地獄にはまりに行ってるような特徴があるのです。

今より収入が増える見込みがない

今より収入が増える見込みがない場合もカードローン地獄に落ちてしまうということを覚えておいてください。

カードローンは返済金額や返済回数が借り入れを行うときの審査で決定するため毎月一定の金額を支払うこととなります。

先ほど説明した2年かけてもカードローンの返済が終わらない人に該当しないためにも、早めに返済をしてしまわなければなりません。

しかし自分の収入が増えないということは自分の生活費を削ることや、冠婚葬祭などによる急な出費があった時には最悪の場合、新たにカードローンで借りたり増額をしてしまうのです。

カードローン地獄に落ちないためには自分のお金に対する管理能力を高める必要があると同時に、自分の収入を増やさなければいつまでたっても金利を払い続け損をすることとなるので、今よりも収入が増える見込みがない場合はカードローン地獄に落ちてしまうのです。

カードローン地獄から抜け出す方法

カードローン地獄に落ちてしまう人の全体的な特徴としてお金に対する管理能力が低かったり計画的に返済が出来ない人が多いのです。

つまりお金に対する管理や返済計画を立てることができればカードローン地獄に落ちることもありませんし、落ちてしまっている人でも抜け出すことが可能です。

ではここからカードローンから抜け出す方法を紹介しますので、カードローン地獄に落ちてしまっている人はすぐにでも実行するようにしてみてください。

余裕がある月は追加返済を徹底する

返済金や生活費を差し引いても収入に余裕がある月は追加返済を徹底するようにしてください。

カードローン地獄に落ちてしまう人の特徴として2年間で完済が終わらない場合や、今よりも収入が増えない場合があると紹介しました。

つまり早く返済を終わらせるためにも余裕がある時に多めに返済をして、今よりも収入が増やせないかを考える必要があるのです。

もちろん普段の出費が多い人は節約をすることで減らすことも考えましょう。

収入を増やして出費を減らして余裕が生まれた月には、追加返済を徹底することでカードローン地獄から逃れることができるのです。

おまとめローンで複数の借入先を一本化する

もし複数の金融機関でカードローンを利用している場合はおまとめローンを使いましょう。

おまとめローンは複数の借入先を一本化することが出来るのです。

なぜ返済先を一本にまとめるとカードローン地獄から抜け出すことができるのか、それは借入先の数だけ金利を支払っていたり返済日や返済金額がバラバラで管理をしにくくなってしまうからです。

カードローンの金利は非常に高く18%前後の金融機関が多くなっています。

そのため複数社でカードローンによる借り入れを行っていると、返済金額のほとんどを金利に支払うこととなり、借り入れ先を一本にまとめることでカードローン地獄から抜け出すことが出来るのです。

おまとめローンとは?一本化のメリット・デメリット

副業などで収入を増やす

もし今の会社で給料が増えない場合は副業や転職を考え、自分の収入を増やすようにしましょう。

自分の収入を増やすことで余裕が生まれ追加返済をしやすくなります。

まずは今の会社で収入を増やすことが出来ないかも検討してみてください。

昇給や残業時間を増やしたり資格を取得してみたりと、それでも収入が増えない場合は転職考えてみてください。

いまの会社よりも給料が多かったり給料は同じだけど、昇給が望めたり残業が少ないなど、新たに成長が望める分野でも良いかもしれません。

残業が少なく時間に余裕がある人は副業をしましょう。

日雇いのバイトや派遣でも良いですしパソコンを使った作業や、自分の趣味を何か仕事にできないかを考えてみると、意外と出来ることがあったりするのです。

返済金額は変わらないので自分の収入を増やすことで、早く返済することを意識してください。

毎月の返済が苦しいなら債務整理も検討する

もし収入を増やすことが難しかったり来月生きていくためお金が無い場合には債務整理も検討してみてください。

債務整理は弁護士にお願いをして借金を減額したり支払いに猶予を持たせることができます。

借金が5000万円以下の場合などは最大で10分の1になる可能性もあったり、任意整理で減額や金利を低く設定してもらうなどの交渉が出来るのです。

債務整理は本当に困った時にするようにしないと、自分の信用情報に傷がついたりと社会的に信用が落ちてしまう可能性があるということを認識しておきましょう。

カードローン地獄は長引くほど辛くなる

ここまでカードローン地獄について知ることができれば、この地獄が長引くほどに辛くなると理解して頂けたかと思います。

もちろん自分のお金に対する管理や返済計画を遂行できていないという原因がある上で、返済金額のうち一部が金利に支払わられているので長引けば長引くほどカードローン地獄は辛くなっていくのです。

特にリボ払いだと毎月の支払う金額は一定ですが金利は必ず決められた金額を支払うため、いつまでたっても金利ばかり支払い続け返済金額があまり減らない可能性もあり得ます。

カードローン地獄が続く限り自分の理想の生活は叶えられないかもしれません。

その地獄から一歩でも早く抜け出すためにも自分の置かれている現状を把握して、収入を増やしたりすることで返済期間を短くしていくことが必要となるのです。