ブラックリストとは?ブラックでもカードローンの審査に通る方法はある?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

一見怪しい男性

ブラックとは信用情報に事故情報が登録されている状態のことを指し、信用情報に傷がつくことをブラックリストに登録されるなどと表現します。

ブラックリストに登録されると、カードローン・クレジットカード・各種ローンの審査には通らなくなるので要注意です。

そこで今回はどうすればブラックリストに登録されてしまうのか、またブラックになった際の対処法を紹介します。

信用情報の仕組みについて

カードローンやクレジットカード、その他ローンの審査では信用情報の確認が行われます。

信用情報とはこれまでローン商品に申し込んだ際の記録や、現在のローン商品の利用状況が記録されたものです。

各金融機関は信用情報機関に加盟しており、審査の際には個人の信用情報を確認できるようになっています。

具体的に信用情報に記録される情報は以下の通りです。

  • 本人を特定するための情報
  • 契約内容に関する情報
  • 返済状況に関する情報
  • 取引事実に関する情報
  • 申し込みに関する情報
  • 電話帳に記載された情報
  • 本人申告コメント情報
  • 貸金業協会情報

特に気をつけなければならないのが、返済状況に関する情報と取引事実に関する情報です。

返済の延滞や債務整理を行うと事故情報が登録され、ブラック扱いとなってしまいます。

信用情報機関とは?

日本における信用情報機関は、日本信用情報機構(JICC)・CIC・全国銀行個人情報センターと3つあります。金融機関によって加盟する信用情報機関は異なりますが、事故情報はすべての信用情報機関で共有されています。

そのため一つの信用情報機関でブラックになれば、他の信用情報機関に登録されている信用情報にもブラック情報が追加されるので気をつけましょう。

日本信用情報機構(JICC) 消費者金融が主に加盟
CIC クレジットカード会社が主に加盟
全国銀行個人信用情報センター 銀行関連の会社が加盟

信用情報の仕組みや登録される情報については別のページで詳しく解説しているので、気になる方はぜひ参考にしてください。

信用情報とは?キャッシング審査に与える影響

ブラックリストに登録される原因

ここからは具体的にブラックリストに登録される原因について解説していきます。

一度ブラックリストに登録されると、一定期間情報は消えないため、ローンの返済にはくれぐれも注意しましょう。

2カ月以上返済を延滞した場合

キャッシングの返済を2カ月以上延滞した場合、信用情報の返済状況に関する情報に事故情報が登録されます。

金額に関係なくブラック扱いとなるため、返済の延滞にはくれぐれもご注意ください。

また延滞の記録は完済してから最長5年間は記録が保存されます。完済しない限りずっと情報が消えることはないので、万が一延滞したときは早めに支払いましょう。

また延滞期間が2カ月未満だったとしても、延滞をした記録は信用情報に残されます。そうなるとキャッシングの審査は不利になってしまうのでご注意ください。

契約が強制解除された場合

返済を2カ月以上延滞したり、不正利用が発覚したりすると、契約が強制解除されます。

契約が強制解除された場合にも、信用情報には事故情報が登録されてしまうので注意しましょう。

ローン商品を利用する際には、規約をよく読み、ルールに則って正しく利用しましょう。

最近ではクレジットカードの現金化などが原因で、契約が強制解除される方が多いようです。

債務整理を行った場合

債務整理を行った場合、取引事実に関する情報に事故情報が登録されます。

債務整理の種類によって事故情報が保存される期間は異なりますが、5年~10年は事故情報が記録されることになります。

借金の返済ができなくなった際には債務整理を行うしかありませんが、デメリットも大きいのでご注意ください。

ブラックリストに登録されるとキャッシングの審査には通らない?

ブラックリストに登録されてしまうと、大手消費者金融・銀行・クレジットカードの審査には通らないと考えていいでしょう。

また賃貸物件の保証審査や車のローン、住宅ローンにも通らない可能性が高いです。

しかし比較的規模の小さい中小の消費者金融であれば審査に通る可能性もあります。

ブラックリストはあくまで各金融機関が勝手に判断しているもので、法的に融資を行ってはならないと決められているわけではありません。

そのためキャッシング業者から返済能力があると判断されれば、審査にも通る可能性はあります。

ブラックリストになった場合の対処法

最後に万が一ブラックリストに登録された際の対処法を紹介していきます。

少しでも早くカードローンの審査に通るようになりたい方は、ぜひ参考にしてください。

信用情報を開示してみる

ブラックリストに登録されたかもしれないと感じたら、まずは自分の信用情報を確認してみましょう。

信用情報機関に問い合わせることで、自身の信用情報を確認することができます。

事故情報が登録された原因によって、事故情報が登録される期間が異なるので、必ず確認するようにしましょう。

また事故情報が登録された原因に心当たりがない場合、間違えて事故情報が登録された可能性があります。

情報が間違えていた場合、削除の申し立てができるので問い合わせてみるようにしましょう。

中小の消費者金融に申し込む

中小の消費者金融であれば、ブラックリストに登録されていても審査に通る可能性があります。

しかし事故情報が登録されたばかりでは、中小の消費者金融でも審査に通るのは難しいので注意してください。

また中小の消費者金融は、闇金が紛れ込んでいるリスクも高いです。正規の貸金業者かしっかり確認してから申し込むようにしましょう。