プロミスは専業主婦でも審査に通る?配偶者にバレずに利用できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

プロミスは専業主婦でも審査に通る?配偶者にバレずに利用できる?

「思わぬ出費で生活費に困ってしまった」「夫に内緒で買い物していたら今月分のお金が足りなくなってしまった」なんて経験はありませんか?そんなときに助けとなる便利なサービスがカードローンです。

しかし収入のない専業主婦の場合、プロミスでは審査に通りません。では、主婦がプロミスを利用するにはどうしたらよいのでしょうか?

この記事では、主婦がプロミスで契約する方法から、配偶者や家族にバレない利用方法までをまとめました。

是非参考にしてくださいね!

プロミスは自身に収入のない専業主婦は審査に通らない

プロミスでは収入のない専業主婦は審査に通りません。

なぜなら、審査以前に申し込みの対象外となっているからです。ではなぜ主婦はプロミスに申込むことができないのでしょうか。下記にその理由をまとめました。

プロミスの申込条件

プロミスの公式サイトの申込条件には以下のように記載があります。

  • 年齢が20~69歳であること
  • 本人に安定した収入があること

※主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。

この条件の中にある通り、「安定した収入」があるかないかが重要です。さらにこの「安定した収入」は申込者本人の収入である必要があります。そのため、配偶者の収入で生活をしている専業主婦は対象外です。

専業主婦であるあなた自身が仕事をして、安定した収入を得ていないとプロミスでは申し込むことができないということになります。

総量規制の対象となるので借入できない

プロミスで収入のない専業主婦が申し込めない2つめの理由は、法律的に禁止されているからです。

この法律は「総量規制」というもので、貸金業者が個人の年収の3分の1を超える貸し付けをすることを禁止しています。そのため、収入のない専業主婦の場合は年収もないので、法律的に貸し付けができないのです。

総量規制の対象となるのはプロミスだけではなく、

  • 消費者金融のカードローン
  • 信販会社のカードローン
  • クレジットカードでのキャッシング

といった消費者金融などの貸金業者すべてとなり、個人向けのカードローンが総量規制の対象となります。

もし、「総量規制なし!」といったような消費者金融があるとすれば、それは貸金業者登録のない闇金ですので絶対に利用してはいけません。

プロミスの審査は2~3社他社借入があっても大丈夫!鍵となる総量規制を解説!

大手消費者金融は配偶者貸付に対応していない

総量規制の対象外となる配偶者貸付の手続きをすることで、専業主婦でも借入ができる契約方法もありますが、プロミスなどの大手消費者金融ではこの契約の取り扱い自体がありません。

配偶者貸付とは、パートナーである夫(配偶者)の年収を自分の年収と合算し、その3分の1を限度に借り入れができる契約です。この契約方法だと、収入のない専業主婦であっても貸金業法で定められた所定の手続きをすることで、借り入れが認められます。

しかし、配偶者貸付を取り扱うかは各事業者に決定権があり、大手消費者金融では対応していないのが現状です。そのため、収入のない専業主婦がプロミスでお金を借りることはできません。

銀行カードローンでも専業主婦不可が増えている

銀行は消費者金融と違い、適用される法律が貸金業法ではなく銀行法になります。そのため総量規制の対象外で、専業主婦であっても法律上は融資が可能です。

しかし、銀行のカードローンによる過剰融資や、自己破産者が増えたことなどが社会問題になり、2017年には金融庁による立入検査が行われ、2018年には審査方法も変更されました。

その背景から、法律上に問題はなくても専業主婦の申込みを受け付けていない銀行が増えています。過剰融資や自己破産者を増やさないために、銀行側で自主規制をしているのです。

一方で、地方銀行や楽天などのネット銀行では申込みが可能な銀行もあります。しかし条件として、配偶者に安定した収入があることが求められる場合がほとんどです。

嘘をついても在籍確認でバレます

「専業主婦で申込みができないのなら、職業欄さえごまかせば通るんじゃない?」なんて考えていませんか?残念ながらプロミスでは審査時の在籍確認で職業を偽っていてもバレてしまいます。

在籍確認とは、職業欄に記載された勤務先に申込者が本当に勤めているのかを確認することです。プロミスや他の消費者金融での確認方法は電話確認となることがほとんど。偽って記載したものであれば本人の在籍確認がとれないことからすぐにバレてしまいます。

お金が必要となるときは緊急性も高く、「どうにかしなきゃ!」と焦る気持ちもわかりますが、まずはパートやアルバイトを見つけ収入を得ることが先決です。それから申込む方が、嘘をついて信用を傷つけることなく結果的に近道にもなります。

プロミスの審査は在籍確認の電話が必要?電話はいつかかってくる?

パート等で収入のある主婦ならプロミスの審査に通る

プロミスでは収入のない専業主婦では申込みができません。

しかし、主婦であっても収入がある主婦であれば融資が受けられます。では、どういった収入であれば「安定した収入」とみなされるのでしょうか。

収入として認められるもの

プロミスで収入として認められるものは、正社員給与やパート・アルバイト給与などが一般的です。

月に決まった収入が安定しているかどうかが重要な審査基準となります。正社員ではなくても、パートやアルバイト、派遣などの場合は申込みができ、その後審査が通れば借入れが可能です。

しかし自営業や水商売など職業によっては、収入が高額でも安定性が低いとみなされ、収入証明書類の提出が求められる場合があります。

収入証明書の種類
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 増額通知書/所得(課税)通知書
  • 給与明細書

上記の中から一点の証明書が必要となります。個人事業主の場合には、青色申告書もしくは白色申告書の提出が必要です。

この収入証明書の提出が可能であれば収入として認められ、審査対象になります。

収入のある主婦なら配偶者に借入もバレません

プロミスなどの消費者金融を利用している主婦のほとんどが、「すぐに返済するものだから」「借金をしていることを知られたくないから」という理由で配偶者に内緒で利用しているようです。

一時的なものであればわざわざ報告して夫婦関係を悪くしたくないというのは当然ですよね。

収入のある主婦がプロミスで借入をした場合、配偶者にバレてしまうことは基本的にはありません。なぜならプロミスでは審査時に勤務先への在籍確認をしますが、配偶者への確認はする必要がないからです。

また、主婦以外の利用者でも「他人に内緒にしたい、知られたくない」という要望は非常に多くあります。

その要望に応える守秘性の高いサービスを展開しているのもプロミスの特徴です。

具体的なサービス内容と注意点などを以下で詳しく解説していきます。

配偶者に内緒でプロミスを利用する主婦の注意点

プロミスの利用は守秘性が高く基本的に配偶者や他人に知られることはありません。

しかし、その中でも注意すべき点があります。借り入れを配偶者に絶対に知られたくない主婦が知っておく注意点をまとめました。

連絡先が自宅のみだと家に本人確認の電話がある

プロミスで申込みをすると本人確認のため、登録の電話番号へ電話がかかってきます。

この本人確認の電話は、自動契約機での契約であっても電話やネット申込みといった場合でもすべて行われます。

その連絡先が自宅のみの場合だと、当然ながら本人確認の連絡が自宅にかかります。電話はプロミスの担当者から個人名でかかってきますので、電話に出た人にすぐにバレるわけではありません。

しかし、なじみのない個人名からかかってきた電話を配偶者が不信に思い、問い詰められた結果バレてしまったというケースもあります。

もし携帯電話を持っていない場合には、申込みのタイミングを家族がいない時にするなどの注意が必要です。

携帯電話があるのであれば自宅の電話番号は空白にしておいた方がよいでしょう。

自動契約機かカードレス以外なら自宅へカードが届く

プロミスではカードの発行について次の3つの方法があります。

  • カードレス契約(Web契約)
  • 自動契約機でのカード発行
  • 自宅へのカード郵送

カードレス契約、もしくは自動契約機での発送の場合は郵送物もないためバレませんが、それ以外の契約では自宅にカードが届きます。

プロミスからの郵送物は通常、「事務センター」という名前で発送されます。プロミスの会社名を伏せた状態で発送されるのでバレにくさはありますが、自分以外の家族が受け取る可能性がある場合は注意が必要です。

主婦がプロミスで借りることを家族に内緒にしたいのであれば、カードレスか自動契約機での受取りがおすすめです。

返済に滞納すると自宅へ催促状が届く

もっとも注意したいのが返済についてです。

返済が遅れ、滞納した状態が続くと督促状が発送されます。

これは契約時に郵送物なしを希望したとしても関係なく発送されるものです。

形状は圧着ハガキで、送付元は「SMBCコンシューマーファイナンス」や個人名になっています。督促状を家族や配偶者が受け取り内容を確認して発覚にいたるのです。

滞納した場合は家族へバレるだけでなく、契約者自身の信用情報にも傷がつきますので、滞納することがないよう計画的な借り入れをしましょう。

借りすぎは家庭崩壊を招くので要注意

今月だけ、1万円だけ、と借りていくうちに借金が膨らんでしまい、利息分しか返せず困ってしまったという声をよく聞きます。

きちんとした返済計画のない借り入れや、完済前に追加で借り入れるなど、自分の返済能力以上の借りすぎには注意しましょう。

もし内緒で借りていた場合には、家族にバレるタイミングは滞納したときです。内緒で借りていたうえに滞納までしていたなんてことになればあっという間に信頼関係は崩れ、家庭が崩壊してしまいます。

本当に内緒にするべきなのか、返済できる額の借り入れなのかを充分考えたうえで利用するようにしましょう。