レディースレイクのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

女性がキャッシングする際、いきなり電話をかけて相談することについて多少の抵抗がある場合もあります。

レディースレイクでは女性専用ダイヤルで専属の女性オペレーターが、キャッシングに対しての疑問や質問に答えてくれる安心の体制となっています。

また180日間無利息サービスなども用意された注目のカードローンとなっています。

レディースレイク詳細情報

申し込み条件 満20歳以上70歳以下で本人に安定した収入があること
必要書類 運転免許証等の本人確認書類、収入証明書(必要と判断された場合)
審査時間 最短15秒で画面表示
利用用途 用途自由
契約期間 最長5年最大60回
限度額 500万円
保証会社 新生フィナンシャル株式会社

レディースレイクのメリット

  • メリット1「無利息期間がある」
  • メリット2「対応は全て女性スタッフ」
  • メリット3「最短60分で融資実行」

メリット1「無利息期間がある」

初めてレディースレイクを利用する場合に限り、2種類の無利息サービスが用意されています。

このサービスを利用すれば定められた期間内では利息は発生しません。つまりこの期間内に完済すれば利息ゼロということになります。

1つ目は「初めてのキャッシングで30日間利息ゼロ」というサービスです。

とくに適用条件などはなく、初めてレディースレイクを利用する人なら誰でも30日間無利息サービスが適用されます。もちろん30日間で完済することができなくても、その後の返済において無利息期間があるのとないのとでは最終的な返済額に大きな差が出ますから、大変お得なサービスです。

なお、この30日間の間に少額の借り入れを繰り返したとしても、期間内であれば利息は発生しません。

もう一つは「180日間の無利息サービス」です。これは「初めてのキャッシングで、かつ5万円までの借り入れ」に対して適用されるという条件付きのサービスです。10万円くらいまでの金額を1年ほど借り入れたいという人に向いているサービスです。

メリット2「対応は全て女性スタッフ」

女性がキャッシングを申し込む際に、対応スタッフが男性だと多少抵抗を感じることもあります。

レディースレイクでは電話相談等対応スタッフが全員女性なので相談しやすい体制になっています。

レディースレイクでは最初に女性専用ダイヤルに連絡し、専属の女性オペレーターに相談した上で利用を決めることができます。

利用を決めたあとの流れも申し込みから借り入れまで全てWEB上で完結しますので、それ以外に男性スタッフと会話することなく、契約が完了します。夫や子供にバレずにキャッシングしたいなども女性オペレーターに相談すれば、カード等の自宅郵送以外の方法も含めて適切なアドバイスをもらうことができます。

メリット3「最短60分で融資実行」

21時までの契約手続き完了で、当日中の融資実行が可能となっています。最初に女性専用相談ダイヤルに連絡をして、希望額や借り入れ方法などについて相談し、WEB上から申し込みを開始します。

最短15秒ほどで記入した内容により仮審査結果が画面で表示されますから、問題がなければ本契約を行います。その際は職場に在籍確認の電話がかかってきますので、土日は即日融資に対応しないことに注意が必要です。

在籍確認が取れれば審査クリアなので、あとは必要書類を無人自動契約機で読み取る方法かスマートフォンなどで写真を撮影して送信、もしくは郵送やFAXを選びます。

借り入れ方法を口座振込かATMのどちらかを選択すれば融資が実行されます。無人自動契約機を使用すれば即日融資も可能なので、その日のうちにお金が必要な場合は心強いサービスです。

レディースレイクのデメリット

  • デメリット1「金利が高い」
  • デメリット2「専業主婦では審査に通らない」
  • デメリット3「限度額まで借り入れることは難しい」

デメリット1「金利が高い」

銀行系カードローンなのに、金利は消費者金融とほとんど変わりません。最高金利18%と消費者金融と同等になっています。

多くの銀行系カードローンの金利が14%から15%未満であるのと比較すると、どうしても金利が高いといわざるを得ません。

ただし銀行系カードローンでは無利息期間を設けているものはありませんので、多少金利が高くても、無利息期間内に完済することができれば利息ゼロ、つまり金利もゼロとなります。

とくに5万円までと少額ですが、180日間無利息サービスでの利用なら半年の間で計画的に返済する目処が立っている場合、さほど金利は気にならないかもしれません。

返済期間が長くなるほど金利の影響を受けますので、長期間借りたい場合は注意が必要です。

どちらの方がお得なのかを知るためには、無利息期間の有無を含めてシミュレーションしてみると総返済額で比較することができます。レディースレイク公式ホームページ上で簡単にシミュレーションすることができますので、借り入れ前に一度シミュレーションすることをおすすめします。

デメリット2「専業主婦では審査に通らない」

借り入れ申し込み条件に、本人に安定した収入があると明記されていますので、専業主婦では審査に通りません。

カードローンの中には配偶者の収入によって専業主婦でも借り入れ可能なものはありますから、その点では融通がきかないといえます。

ただしパートやアルバイト、派遣社員などの非正規でも借り入れ可能な例もありますから、決して審査基準が厳しすぎるというわけではありません。

デメリット3「限度額まで借り入れることは難しい」

レディースレイクの借り入れ実績を確認してみると、50万円を超える額を借り入れている人の数は、レディースレイクカードローン全体の中でも極めて少なくなっています。

50万円を超えるような額の借り入れを希望する人が、レディースレイクに申し込むことが少ないのか、50万円を超える額の借り入れを希望したものの、審査結果等で借り入れ限度額が減額されたのかは定かではありませんが、実績として50万円を超える融資を受けている人が少ないということから、レディースレイクで大きな金額を借り入れることはなかなか難しいといえます。

なお50万円を超える額を希望する場合は、収入証明書の提出が必須事項となっています。したがって審査に通るためにはそれなりの収入が必要といえます。

レディースレイクの審査基準は他社より甘い?

パートやアルバイトなどの方でも審査に通っていますので、さほど審査基準が厳格なわけではありません。

ただしレディースレイクでは審査の最後の段階で職場への在籍確認電話があります。これは必須事項なので電話がかかってこないということは原則ありません。

もちろん社名で電話がかかってくるわけではなく、個人名でかかってきますし、電話をかけてくるスタッフも男性か女性かを指定することも可能です。また日時を指定することも可能です。在籍確認電話で職場にキャッシングがバレるということはまずありません。

ただし借り入れ金額や借り入れ期間などの場合によっては在籍確認の電話がかかってこないということもあります。

なお審査に落ちる場合の条件をまとめると次のようになります。「基準よりも収入が低い、または現在の職場において勤続年数が短い」ことと「他社借り入れが多い」こと、そしてもちろん「金融ブラックになっている」ということです。この3点に該当しなければ問題ありません。

レイクALSAの審査基準には何がある?審査に落ちる人の共通点

レディースレイクの金利は他社より高い?

確かに銀行系カードローンにしては最高金利18%は高めに見えます。ただしレディースレイクには無利息サービスがあり、とくに180日間無利息は、レディースレイク独自のサービスになっていますので、この無利息期間も込みで考えなくては実際の返済額で比較することはできません。

例えば「5万円を借り入れて1年間で完済した」場合の金利を比較してみると、レディースレイクの180日間無利息サービスを適用して返済額は51,735円であるのに対し、金利17.8%の消費者金融で30日間無利息サービスを適用した返済額は54,077円、金利14.5%の銀行系カードローンでは53,641円となります。

したがってレディースレイクが一番お得に借り入れることができるということになります。

ただし20万円を借り入れて6ヶ月で完済したとすると、同じく180日間無利息サービス適用で返済額は207,163円、金利17.8%の消費者金融では30日間無利息サービス適用で206,426円、金利14.5%の銀行系カードローンでは207,943円となります。

このように借り入れ額と返済期間によって支払う利息が異なってきます。

レディースレイクは10万円くらいまでの借り入れを1年程度で返済するという人が最も得をするサービスといえます。

レディースレイクの利息一覧

1万円 1800円
5万円 9000円
10万円 18000円
20万円 36000円
50万円 90000円
100万円 180000円
150万円 270000円
200万円 360000円
300万円 540000円
500万円 900000円

レディースレイクは返済しやすい?

レディースレイクの返済方法は口座振替の約定返済以外に「インターネットの利用」「レイクATM」、「提携ATM」「銀行振込」の4種類があります。

このうち銀行振込では手数料がかかってしまいます。約定返済では毎月の最低返済額が口座から自動振替されます。

この約定返済は毎月14日か27日のいずれかを契約時に自分で選択することが可能です。また返済方法も「定額リボルビング方式」と「残高スライドリボルビング方式」の2種類が用意されていますが、定額リボルビングは郵送契約が必須になるので、多くの人は残高スライドリボルビング方式を利用しています。

カードローンは返済期間が長くなればなるほど利息が大きくなってしまうので、約定返済を行いつつ、インターネットやATMを利用して追加入金することで借り入れ残高を減らしていく方法がおすすめです。

追加入金は1円から受け付けてもらえます。まとめるとレディースレイクは返済しやすいカードローンであるといえます。

また約定返済日に支払いが厳しそうな場合は、コールセンターに連絡すると返済日の3日前までであれば返済日の変更が可能です。

この場合は同じ月内での変更であれば延滞扱いにはなりません。返済日まで3日間の猶予がない場合や返済そのものが厳しいという場合もコールセンターに連絡することで返済額の減額等を相談することも可能です。

ただしこの場合は延滞扱いになってしまうので遅延損害金が発生してしまいます。

返済方式

返済方式は「定額リボルビング方式」と「残高スライドリボルビング方式」の2通りが用意されています。

多くの利用者が郵送契約のいらない「残高スライドリボルビング方式」で返済する契約をしています。

自分で選択した約定返済日に最低返済額を口座からの自動振替にて返済していきます。ただし最低返済額では返済期間が長くなってしまい、どうしても金利が大きくなってしまいますから、余裕のある時にATMやインターネット上で「pay-easy」を利用して追加で入金していき、借り入れ残高を減らしていくことが大切です。

なお「無利息期間中でも返済が必要なこと」と「追加入金のタイミング」に注意しなくてはなりません。

無利息期間中でも返済が必要ですが、この間に延滞や遅延が起こってしまうと、無利息期間がその瞬間に終了してしまいます。

また約定返済日が毎月27日だった場合は当月の14日から27日の間に最低返済額を入金するとその月の約定返済と見なされます。

逆に前月28日から当月13日の間に入金すると追加入金と見なされます。追加入金のタイミングを確認することも大切です。

返済日

約定返済日は毎月14日もしくは毎月27日のいずれかを任意で設定することが可能です。

希望する金融機関の本人名義の口座から最低返済額が自動振替にて引き落とされます。

この場合14日、27日以外の日程を設定することはできませんし、最低返済額以外の金額を設定することもできません。

もちろん毎月銀行振込やATMでの振込を選択して返済することも可能です。

この場合は返済日を任意で設定することが可能です。

例えば毎月15日を返済日と設定した場合は、当月2日から当月15日の間に入金する必要があります。また毎月1日を返済日に指定した場合は前月19日から当月1日の間(前月末日が31日だった場合)に入金しなくてはなりません。

つまり原則として14日間の返済期間が設けられていることになります。

毎月の返済額

1万円 3000円
5万円 3,000円
10万円 3,000円
20万円 5,000円
50万円 12,000円
100万円 25,000円
150万円 33,000円
200万円 42,000円
300万円 62,000円

レディースレイクの借り入れ方法

女性専用ダイヤルへ電話

まずは話を聞くだけでも女性専用ダイヤルへ電話して相談します。

とくに初めてのキャッシングで不安や疑問などがある場合は、遠慮することなくどんどん質問して疑問を解決しておくことが大切です。

この電話でキャッシングを申し込むことも可能ですが、インターネットで申し込みをした方が時間が短縮できます。

ネット上で申し込む

レディースレイク公式サイト上で必要事項を入力していき、仮審査結果を確認します。

とくに問題がなければ仮審査通過の画面表示が出てきます。

逆にここで仮審査に通過しなければ本審査にはまず通りません。

仮審査に通過したら本審査へ進みます。その後本審査通過の連絡がきます。

在籍確認の電話が来る

本審査の最後に、「在籍確認の電話」が職場にかかってきます。

その前に本審査通過の連絡を兼ねて事前確認の電話がありますから、職場への連絡について希望する日時や担当者が男性になるのか女性になるのか、レディースレイクと名乗るのか名乗らないのか等について確認されます。

在籍確認が取れれば審査はほぼ完了です。

なお場合によってはこの電話がかかってこないこともあります。その場合は本審査通過の連絡でその旨を確認できます。

必要書類の提出

運転免許証などの本人確認書類および場合によっては、収入証明書などの必要書類はレディースレイクの無人自動契約機についているスキャナで読み取って提出するか、スマートフォンなどのカメラで撮影した写真を送信するなどして提出します。

もちろんFAXや郵送での提出でも問題ありません。

自動契約機で借り入れるか銀行振込で借り入れるかを選択

インターネット上で契約すると無人自動契約機まで出向く必要がありませんので、便利な方法ですが、この場合は振込まで多少時間がかかる場合があるということと、後日自宅にカードが郵送で届くという点に注意しなければなりません。

無人自動契約機での契約なら、その場でカードが発行され、すぐにお金を引き出すことができるので、最寄りにレイクの無人自動契約機がある場合は、その方が時間がかからず、また家族の誰にも知られずに契約することができます。

なお銀行振込を選択した場合、実際に入金されるのは平日の9:00から15:00の間となっています。

レディースレイクへ申し込んだ人の口コミ

申込年 2014年
年齢 24歳
職業 会社員
年収 250万円
利用目的 レジャー
希望限度額 9万円

友人と旅行に行くためにレディースレイクを利用しました。魅力だったのは180日間の無利息期間で、レイクのホームページで実際に計算できるようになっていたので、返済のイメージも湧きやすく、また計算してみると他のキャッシングよりも多少利息が安かったので、レイクに決めました。返済でコンビニATMを利用していましたが、手数料無料だったことも助かりました。

申込年 2016年
年齢 47歳
職業 パート
年収 120万円
利用目的 教育資金
希望限度額 20万円

子供の進学で想定していた以上にお金がかかってしまい、主人とも相談した結果、レディースレイクを利用することにしました。パートなので審査に通るか正直不安でしたが、おかげさまで希望額を融資していただくことができました。返済も最低返済額で負担も少なく、私のパート代から捻出することができています。

申込年 2018年
年齢 32歳
職業 会社員
年収 350万円
利用目的 趣味・教育
希望限度額 30万円

仕事のスキルアップのために、プログラミング教室に通う学費としてキャッシングを申し込みました。自分への投資なのでたとえ借金をしてでもと思っていましたが、やはり無利息期間が180日もあるレディースレイクが魅力的でした。女性専用の相談窓口があるのも助かりました。