SMBCモビットは派遣・契約社員でも審査に通る?いくらまで借入可能?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

派遣社員や契約社員で働く方で、収入が増えずに悩んでいる方はいませんか?
給料が少なくては、資格やスキル修得の資金も用意することが出来ません。また正社員と同じように働いているのに、贅沢も許されずにストレスはたまる一方です。

そんな悩みを抱える方は、SMBCモビットを利用してお金の悩みを解決するといいでしょう。
10万円を一カ月借りても利息は1479円程度で済むので、将来の投資やたまの贅沢に活用することで、人生をより豊かにできるでしょう。

そこで、今回は派遣・契約社員でもSMBCモビットを利用出来るのか。またSMBCモビットの審査に通りやすくなるコツ。そしていくらまでなら借入できるかをご紹介していきます。

SMBCモビットの申し込み条件は?

SMBCモビットの申し込み条件.公式サイト

SMBCモビットは公式サイトで、わざわざ派遣社員でも申し込み出来ると明記されています。アルバイトやパートの方でも申し込み出来るので、もちろん契約社員の方でも大丈夫です。SMBCモビットの申し込みについては、こちらの記事でも詳細に紹介されているのでぜひご覧ください。(SMBCモビットはパート・アルバイトでも利用できる?申し込み条件に迫る!

派遣・契約社員でも申し込み可能!

SMBCモビットは雇用形態によって申し込みを制限していません。大切なことは安定した収入を持っているかどうかです。
安定した収入とは、毎月給料日が設定されており、一定額のお金を貰える状態のことを指します。そのため派遣社員や契約社員でも申し込みが出来るのです。

派遣や契約社員でもWEB完結申し込みを利用できる?

派遣や契約社員であっても社会保険証を持っていれば、SMBCモビットのWEB完結を利用できます。WEB完結であれば電話連絡なしで申し込みできるので、職場への電話が不安という方にもおすすめです。WEB完結でSMBCモビットを利用したいという方は、事前に三井住友銀行か三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行の口座を開設しておきましょう。
WEB完結申し込みの詳細はこちらをご覧ください。(SMBCモビットでWEB完結の審査を受ける方法とは?

SMBCモビットに申し込む際の注意点

ここからは派遣社員や契約社員の方が、SMBCモビットに申し込む際の注意点を紹介していきます。

収入証明書の提出が求められます

SMBCモビットでは申し込みの際に収入証明書の提出が求められるので、事前に給与明細や源泉徴収票など用意しておくようにしましょう。収入証明書を提出することで、SMBCモビットから信用を得ることができます。

嘘の情報で申し込みをしないこと

派遣社員や契約社員では審査に通らないと思い込んで、正社員と嘘をついてしまう方は多くいます。しかし在籍確認や収入証明書の提出でばれてしまう可能性は高いのでやめておきましょう。SMBCモビットだけの話ではなく、消費者金融に申し込む際には嘘をついてしまうのが一番いけません。審査に落ちるだけでなく、業界内のブラックリストに登録されて、今後一切にローンを利用出来なくなる可能性があります。

勤務先は派遣元と書いておこう

申し込みの際には勤務先を入力しなければなりませんが、派遣社員の方は派遣先ではなく派遣元を記入するようにしましょう。あくまで雇用しているのは派遣元の会社なので、勤務先も派遣元の派遣会社で申請しなくてはいけません。契約社員の場合は、契約している会社を勤務先として申し込みしましょう。

派遣・契約社員はSMBCモビットの審査に通りにくい?

正社員と比べると雇用の安定性は低いので、派遣や契約社員の方は審査に通りづらいといえます。しかしアルバイトやパートの方と比較すると、収入と雇用は安定しているので審査は有利です。最近では正社員以外の雇用形態で働く人も増えているため、一昔前と比べると雇用形態が審査に与える影響は少なくなっています

派遣・契約社員がSMBCモビットの審査に落ちる理由?

ここからは派遣や契約社員がSMBCモビットの審査に落ちる理由を説明していきます。理由を事前に把握して対策を考えておきましょう。

収入が安定していないと判断された

毎月の給料が安定していなかったり、時々収入のない月があったりすると、収入が安定していないと判断される可能性があります。大切なのは一カ月にいくら給料を貰っているかではなく、どれだけ安定して給料を貰っているかです。収入が安定していないと思う方は、まずはそこから改善するようにしましょう。

勤続年数が短すぎる

派遣・契約社員だけでなく、正社員やアルバイトの方でも勤続年数が半年以内だと、審査は厳しくなります。勤続年数が半年以内であれば離職率も高く、収入の安定性が保証されないからです。あと少しで勤続年数が半年超えるという方は、申し込むのを少し待ってもいいかもしれません。

在籍確認ができない場合

SMBCモビットではWEB完結申し込みでない限り、職場に電話を掛ける在籍確認が必要です。派遣社員の場合、派遣元の業者の対応次第では在籍確認が出来ない場合もあります。そのためSMBCモビットに申し込む前に、派遣元へ在籍確認が可能か訊いておくといいでしょう。派遣元が在籍確認に対応できないといった場合には、SMBCモビットへ相談してみるようにしましょう。

派遣・契約社員が審査に通りやすくなるコツは?

ここで紹介する条件に当てはまっている方は、派遣・契約社員でも審査には通りやすいでしょう。

半年以上同じ勤務先で働いている

半年以上同じ職場で契約社員、もしくは派遣社員として働いている方は、SMBCモビットの審査ではかなり有利です。半年以上働いていれば正社員として登用される可能性もあるため、そういった点も審査ではプラスになります。勤続年数が長くなればなるほど審査は有利になります。

社会保険に加入している

社会保険に加入しているということは、フルタイムで働いていることの証明になります。そのため社会保険に加入しているだけでSMBCモビットの審査は有利になります。また社会保険証を持っていれば、WEB完結申し込みを利用出来るメリットもあります。

契約・派遣社員の在籍確認について

契約社員であれば、勤務(契約)している会社に在籍確認の電話が入るので、事前に職場へ「クレジットカードの在籍確認があるかもしれない」と言っておけば普通に対応して貰えるでしょう。
ただし派遣社員の場合は派遣元へ電話がかかるので、自分が対応することは出来ません。事前に派遣元へと連絡して対応してもらうようにしておきましょう。もし派遣元から対応できないと言われた場合には、SMBCモビットへ相談してみましょう。場合によっては派遣先の会社に在籍確認がいく可能性もあります。

契約・派遣社員はいくらまで借りられる?

SMBCモビットでは基本的に、初めての借入では限度額が50万円以内で設定されることが多いです。しかし契約・派遣社員であれば更に限度額は低くなる可能性もあります。また限度額を高く申し込むと審査に落ちる可能性もあります。確実に審査に通りたいなら、最初は限度額を低めに申し込むようにしましょう。SMBCモビットでは半年程度継続的に利用していると、限度額を増額させることも可能です。

まとめ

SMBCモビットは派遣社員や契約社員でも審査には通ります。しかし正社員と比べて若審査は厳しくなり、限度額も低めに設定される可能性もあります。審査が不安という方は、この記事を参考にしてしっかり対策を練るようにしましょう。