モビットの10秒簡易審査とは?仮審査と本審査の違いとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日] [最終更新日]

4枚の一万円札と腕時計

モビットは10秒簡易審査が話題となり、現在、最も注目される消費者金融の一つです。しかし、本当に10秒でキャッシングの審査が終わるの?と疑問に思う方もいると思います。
最初にお答えすると、残念ながらすべての審査が10秒で終わるなんてことはありません。
10秒簡易審査が終わっても、本審査に通らなければ融資を受けることが出来ないのです。

そこで、今回はモビットの10秒簡易審査にスポットを当てて、審査内容や本審査との違いなどを徹底解説していきます!
10秒簡易審査と本審査があるといっても、審査はすぐに終わるので急いでお金を借りたい方にもおすすめです。

モビットの10秒簡易審査とは?

モビットの10秒簡易審査とは、機械が自動的に行う審査のことです。
機械が申し込み情報・信用情報を読み取り、統計的なデータに照らし合わせて、融資可能かどうか10秒で判断しています。
申し込みを終わらせて10秒後には審査結果が表示されるため、審査の結果を待つ不安な時間もありません。

注意しなくてはいけないのは、プロミスやアコムなどがやっている「お借入診断」や「3秒診断」などのシミュレーションとは違って、モビットの10秒簡易審査は正式な審査であるということ
そのため、審査に通るかどうか知りたい、というお試し気分で申し込まないようにしましょう。

モビットの仮審査は信用情報に記録が残る

モビットの仮審査(10秒簡易審査)では、信用情報の開示まで行われます。
信用情報とは、ローンやクレジットカードなどの審査の際に確認される個人情報のことです。信用情報にはこれまで利用した金融商品の履歴が細かく記録されており、業者から情報開示された際には、「申し込みの事実」があったとして、信用情報に記録が残ります
そのため、以降の信用審査でも、「この人はモビットに申し込みをしたことがある」と判断されるようになります。
キャッシング業者を利用した履歴があっても、きちんと返済していれば信用情報の評価が下がることはありません。
しかし、申し込み件数が多くなると、よっぽどお金に困っていると思われてしまいます。
そうなると、審査にも悪影響を及ぼすので、利用する意思がない方は仮審査に申し込まないようにしましょう。

モビットの審査システムとは?

10秒簡易審査のシステムは、プロミスの「属性スコアリングシステム」がもとになっています。
属性スコアリングシステムとは、年齢や年収や職業などを細かく点数化し、合計スコアで属性をつける審査方法です。
一番の利点は、機械が自動的に審査を行えるようになったことです。
統計的なデータをもとに、機械が点数をつけていき、属性によって審査の可否を自働的に決定します。この方法によって審査スピードは格段に向上されました。
モビットの10秒簡易審査では、申し込み情報だけでなく、信用情報も機械が合わせてチェックし、10秒でより本審査に近い正確な審査結果を出せるようになりました。
そのため、モビットの仮審査に通れば、本審査に通る可能性も非常に高いのです。

モビットの審査システムについては、こちらの記事で詳細に紹介しているので参考にしてみてください。
(モビットの審査時間はキャッシング業界最速!?独自の審査システムに迫る!)

モビットの審査の流れとは?

モビットの審査の流れは極めてシンプルです。
WEB完結申し込みであれば、書類によるやり取りもないので、家族に内緒にしたいという方などにもおすすめです。
申し込みに時間がかかったとしても、十分に即日融資を受けられる見込みは高いでしょう。

仮審査と本審査の違いについて

仮審査(10秒簡易審査)は機械、本審査では人間の目によって審査が行われます。
また、本審査では提出された書類のチェックも行われ、申し込み情報に誤りがないかなど細かにチェックされます。
10秒簡易審査に通れば、高い確率で本審査にも通りますが、人間は機械が読み取れない数字の裏側も読み取ることが出来るので、何か問題を抱えている方は本審査に引っ掛かってしまう可能性もあります。

10秒簡易審査についてよくある質問

ここからは、モビットの10秒簡易審査についてよくある質問を紹介していきます。

10秒簡易審査でも在籍確認はある?

モビットの10秒簡易審査では、在籍確認はまだ行われないのでご安心ください。
10秒簡易審査はあくまで情報をもとに審査が可能かどうか判断するだけ。在籍確認や本人確認の電話などは本審査に進んでからとなります。

本審査で落ちるケースとは?

本審査で落ちるケースとして多いのが、過去に信用情報に事故情報が記録されたことがある方です。事故情報とは、返済の遅延や債務整理を行った際に、正しく返済が行われなかったとして残される情報のことです。
信用情報に事故情報が残っていると、審査に通らなくなってしまいます。
事故情報は理由によって異なりますが、一定期間経つと信用情報から消えるようになっています。

現在でも、事故情報が残っている場合であれば、10秒簡易審査の段階で機械が審査不可と判断できます。一定期間経って事故情報が消えてしまうと、信用情報には何の記録も残らないので、機械は融資可能と判断します。
しかし、人間の目でチェックすると、一定期間信用情報がまっさらというのは怪しいものです。「もしかすると、過去に事故情報があったのかも…」と判断されてしまい、本審査に落ちてしまう可能性もあります。

その他にも、申し込み情報と提出書類の情報が違うなど、本審査で落ちてしまう理由は様々です。モビットの10秒簡易審査に通ったとしても、本審査に落ちる可能性はあるというのは忘れないでください。