SMBCモビットの申し込み方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

スマホとPCを見つめる男性

モビットには多様な申し込み方法がありますが、自分に適した申し込み方法を選ばなければ、借り入れまで時間がかかってしまいます。そのため申し込みの前に、各申し込み方法のメリットとデメリットを把握しておくことが大切です。
手軽に振込融資を受けたい方、好きなタイミングでATMを利用したい方、希望する借り入れ方法によっておすすめの申し込み方法は異なります。
そこでこの記事では、モビットの各申し込み方法を詳しく解説していきます。この記事を読むことで、自分にぴったりの申し込み方法がきっと見つかるはずです。

モビットの申し込み条件を確認しよう

モビットの申し込み条件.公式サイト

消費者金融は幅広い層のユーザーが利用できるのが大きなメリットです。しかし業者によって申し込み条件は微妙に異なるため、申し込み前に確認しておきましょう。

満20歳~69歳以下であること

年齢が申し込み条件から外れている方は、絶対審査には通りません。未成年は民法でキャッシングの契約ができず、70歳以上の方は返済中に亡くなってしまうリスクがあるため融資は行われません。また返済中に70歳になってしまった場合は、新たに借り入れができずに返済は続けることになるのでご注意ください。

安定した収入があること

安定した収入があると認められるには、最低でも3カ月以上収入があるといいでしょう。もちろん収入を得ている期間が長いほど、収入が安定していると判断されて審査は有利になります。
モビットの返済は借入後残高スライド元利定額方式のため、毎月の返済額が安い代わりに、返済期間は長期化する傾向にあります。そのため収入の安定性が重要視されているのです。

パートやアルバイトでも申し込みできる

モビットではアルバイトやパート、契約社員や派遣社員でも審査には通ります。最近では日本の雇用形態も変わり、非正規社員の割合も高くなっています。正社員ではないからと評価が大きくマイナスされることはなくなってきています。
またモビットでは個人事業主の方でも申し込み可能です。その場合は、別途必要書類があるので次の項目で確認しておきましょう。

モビットの申し込みに必要な書類を確認しよう

必要書類 必要となる条件
身分証明書 モビットに申し込む際には必要
収入証明書 基本的に必要
外国人証明書 外国籍の方が申し込む際に必要
営業状況確認のお願い 個人事業主の方には必要

モビットでは収入証明書が求められるため、申込む前に用意しておきましょう。
また外国籍の方は、永住権を証明する書類の提出が求められます。「在留カード」や「特別永住者証明書」を持っていなければ申し込みはできません。
個人事業主の方は、別途「営業状況確認のお願い」を提出する必要があります。モビットの公式サイトからダウンロード出来るため、事前に記入して用意しておきましょう。

モビットの申し込み対応時間は?

申し込み対応時間 審査対応時間
平日 24時間 9:00~21:00
土日 24時間 9:00~21:00

ネット申し込みの場合、24時間365日申し込みは受け付けられます。しかし審査回答できる時間には限りがあるため、即日融資を希望する方は早めに申し込むようにしましょう。

モビットの申し込み方法を確認しよう

申し込み方法 メリット デメリット
ネット申し込み 即日融資が可能 カードが届くまで数日かかる
自動契約機 即日融資が可能
その場でカード発行
店舗まで出向く必要がある
電話申し込み オペレーターが申し込みをしてくれる カードが届くまで数日かかる
郵送申し込み 借り入れまで時間がかかる
WEB完結申し込み 即日融資が可能
WEB上で手続きが完結する
申し込み条件がある

モビットには、ネット・自動契約機・電話・郵送と4つの申し込み方法があります。
どの申し込み方法でも審査時間自体には変わりはないですが、その他の手続きにかかる時間は大幅に異なるため、結果的に借り入れまでの時間も大きく異なります。

ネット申し込みの流れ

モビットネット申し込みの流れ

モビットのネット申し込みでは、本審査さえ終われば借り入れができるようになります。しかしカードが郵送で届くまでは、振込融資しか受けられないと覚えておきましょう。※本審査通過後に自動契約機でカード発行も行えます。
本審査に通ったあとに送られる郵送には、契約書や契約内容の証明書などが同封されています。契約書に記名して返送しなければ本契約が結べず、時間が経つと契約解除となってしまうので、送り忘れることがないようにしましょう。

自動契約機申し込みの流れ

モビット自動契約機申し込みの流れ

自動契約機申し込みでは、10秒簡易審査が終わればすぐにカードが発行されます。必要書類を提出すれば自動契約機から出ても構わないので、拘束時間が非常に短いのが特徴です。※一般的な消費者金融では審査が終わるまでカードは発行されません。
ただし、本審査が終わらない限り融資は受けられないので、借り入れまでにかかる時間はネット申し込みと大きな差はありません。

15:00以降は自動契約機を利用しよう!

ネット申し込みでは、申し込んだ当日は振込融資しか受けられません。そのため銀行の営業時間が過ぎてしまうと口座に反映されないため、即日融資を受けることができないのです。15:00以降や土日に申し込みをする際は、自動契約機で申し込みをして、モビットカードを手に入れるようにしましょう。

電話申し込みの流れ

モビット電話申し込みの流れ

電話申し込みのメリットといえば、あなたが自分で申し込み情報を入力せずに済む程度です。機械の操作がどうしても苦手という方でない限り、ネット申し込みの方が手間がかからずにおすすめです。

郵送申し込みの流れ

モビット郵送申し込みの流れ

郵送申し込みはモビットとの連絡に時間がかかるため、おすすめしていません。郵送で申し込んだ場合、最低でも借り入れまで1週間程度はかかると考えておきましょう。モビットの申し込み書類は店頭に置いているため、どうしても郵送申し込みがいいという方は、取りにいきましょう。

WEB完結申し込みとは?

WEB完結申し込みは、すべての手続きをWEB上で終わらせることができ、モビットからの電話連絡なしで融資を受けられます。周囲にばれたくない方にもおすすめの申し込み方法です。ただしWEB完結申し込みを利用するには条件があるので、気になる方はこちらの記事で確認しておきましょう。
モビットでWEB完結の審査を受ける方法とは?

申し込み方法を選ぶコツは?

申し込み方法を選ぶ際には、あなたの境遇にあわせて考えるようにしましょう。当日中に借り入れたいのであれば、ネット申し込みか自動契約機。時間にゆとりがあって機械操作が苦手であれば、電話申し込みか郵送申し込みがおすすめです。
また自動契約機は実際に店舗まで足を運ばなければならないので、移動時間も計算して考えるようにしましょう。

まとめ

今回はモビットの申し込みについて、大きく3つのポイントに分けて解説しました。

  • モビットの申し込み条件/必要書類/対応時間
  • モビットの各申し込み方法のメリットとデメリット
  • 各申し込み方法の流れ

また申し込み方法を選ぶコツも紹介しているため、この記事を参考にして、あなたに適した申し込み方法を見つけられることを祈っています。