消費者金融には総量規制がある事を覚えておこう

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

比較的にお金を借りやすい消費者金融を利用しようと考えている方も、現在では結構多いのかもしれません。
確かに審査基準も銀行に比べて低く設定されていますし、初めて借入をする方でも緊張することなく申し込めるので助かります。
現在では、アルバイトをしていて20歳を超えているのであれば学生でも消費者金融に申し込みが可能となっています。
もちろん、アルバイトをしている方でも大丈夫ですし、パートをしている方でもキャッシングの申し込みが出来ますから頼ってみて良いでしょう。
ただ、気を付けていただきたいのは総量規制についてなのですが、こちらの規制はすべての消費者金融が対象とされています。
総量規制とは、借入できる金額を自分の年収3分の1までとするもので、それ以上の借入は出来ませんし金融機関側も貸付が禁じられているのです。
そのため、年収が低い方々にとってはそれだけ借入出来る金額が減ってしまうという事になるのです。


・銀行系は総量規制の対象ですか?

通常の消費者金融は全てこちらの規制の対象となっているため、計画的な借入をしなければ困ることになってしまいます。
では、銀行系はどうなのかと言いますとその金融機関により異なってくるため、きちんと確認しておく必要があります。
銀行系といっても色々ルールが異なってきますから、公式サイトをご覧になってそれでも分からない場合は直接スタッフまでお問い合わせをしてみて下さいね。
SMBCモビットやプロミス、アコムでは総量規制の対象となっているため年収による制限がありますから、人によっては不便に感じてしまう事もあるかもしれません。
ただし、レイクだけは新生銀行となっているため総量規制対象外で3分の1までと制限されることなくキャッシングすることが可能です。
こちらは消費者金融というくくりなのですが、色々異なる部分が多いため事前に確認出来ることはしておいた方が良いでしょう。


・超えてしまったらどうなるの?

規制がありますのでそれ以上の借入は出来ないのですが、これを超えてしまった場合どうなるのでしょうか。
今すぐ全額返済した方が良いのかもしれない、そんなふうに考えて不安を感じている方も多いとは思いますがその必要はありません。
もしも、総量規制を超えてしまったとしても自分のペースで毎月返済していけば良いので、焦る必要もなければ不安になることもないのです。
返済をしていくことになるのですが、その間新規借入は避けるようにした方が良いと言えます。
先に自分が今まで借りてきた金額をしっかり返済してしまってから、必要な時にキャッシングをするようにしてみて下さい。
総量規制と上手に付き合っていくためには、常に利用したら速やかに返済することや少額に留めておくことが大事かもしれません。